加害者が被害者の精神鑑定を行うというバカげた茶番劇
佐世保同級生殺害事件で少女の鑑定留置が始まった。3ヶ月の時間をかけて少女の精神状態を鑑定するのだという。この鑑定結果によって処遇が左右されることになる。

この事件は精神科で処方された抗不安薬あるいは抗うつ薬の副作用によって引き起こされた。麻薬や覚醒剤によって起きる「統合失調症と酷似」した副作用と同じことが起きているのである。

私の息子にも間違いなく同じ副作用が起きた。確かな事実を多くの人に訴えたが誰も信じなかった。この副作用は人家もまばらな田舎で2キロ先に同じ症例があるほど多発し、私の友人にも起きた。うつ病患者の自殺に関しては私の周りだけですでに3人の人が亡くなっている。このあまりにもおかしな現象に何の疑問を持とうとしなかった専門家やマスコミ・ジャーナリストが佐世保の事件を生んだ。

この事件の加害者は少女Aではなく「精神科医」である。精神鑑定をするのは無論精神科医であって、加害者が「被害者」の精神鑑定をするという理不尽な「茶番」が行われる。3ヶ月鑑定留置をしても心理の変化はない。事件の重大性を認識することも謝罪の意志も起きない。一方で「人を殺す」ことが「悪いこと」だという認識は持っている。犯行時の心神耗弱も認められず明確な統合失調症の症状も認められるとはいえない。計画的に犯行を実行したことも間違いない。よって精神鑑定の結果はこうなる。

「精神面での発達に問題があり、発達障害やアスペルガーの疑いがある。しかし事件を明確に認識しており責任能力が無いとは言えない」

弁護側は独自に別の精神鑑定をするということだが鑑定医が変われば結果が異なるというのではどちらも信じるに値しない程度のものでしかないことを示している。そんないい加減なものを根拠にして有罪無罪が決められていく。こんなバカげた話は無い。

最終的には神戸連続児童殺傷事件と同じ「行為障害」というわけのわからない症名をつけられて医療少年院へ送られることになるだろう。もっと厳罰を与えなければ、というバカがいなければだが・・・。どんなに厳罰を与えてもこの副作用による犯罪には一切歯止めとならない。罪の認識さえできない人間に刑罰を与えても何の解決にもならない。少女に必要なのは愛情に包まれたストレスの無い場所で長い時間をかけて育まれるべき「人格」である。私の息子のようにいずれ「人間」に戻れる日がやってくる。しかし少女は「記憶に残ることさえない」人殺しの十字架を背負って生き続けなければならない。それが精神科医によってもたらされたことを知ることもなく・・・。

少女が抗不安薬・抗うつ薬によって16歳の知識・記憶を持つ「赤ん坊」にされたことを知る者はいない。少女の脳を精密検査すればすべてが明らかになるはずだが、そんなことをされたら精神科医の犯罪が明らかになってしまうから行われることはない。

世界で初めて明らかにされたこの副作用の発症メカニズムを信じてみたい方は前のブログを参照されたい。
この理論ですべての謎は消えて行く。今は誰も信じなくても、素人が導いた理論がやがて精神科医療を根底から覆す日がやってくる。なぜならこれが明確な科学的根拠に基づいた紛れもない「真実」だからである。

息子に起きた副作用の3年の記録と詳しい考察は下記を参照してほしい。

http://toshioy001.wix.com/tougou