精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

錯乱

川口トッラク暴走斬りつけ事件 不可解な凶悪事件は精神科の薬が起こす錯乱、せん妄が原因

川口市で民家にトラックが突っ込み車から降りた男がのこぎりで切りつけるという事件が起きた。男は事件の事は覚えていないなどと話しているという。

秋葉原事件を彷彿させるこの事件、さらに先日京都で起きたわが子をたたきつけて殺した事件はどちらも「錯乱」という症状が原因だ。

「錯乱」は意識障害の一種で精神的な混乱が生じ通常とは全く異なる人格が現れる。恐ろしい幻覚・幻聴・妄想に支配されて極端な被害妄想・攻撃性・暴力などが起きるものである。

激しい錯乱時は叫びのた打ち回るだけでそこに意識は存在せず記憶も残らない。著しい心神耗弱状態であるこの時には「意志」「殺意」は存在せず「事故」はあっても「事件」には至らない。

「事件」に繋がるのは半錯乱状態である「せん妄」と呼ばれる状態である。激しい錯乱の後に現れる症状であったり、せん妄だけが現れる場合もある。異常な興奮状態であり、あやふやで幻想や妄想に満ちたものであっても「意志」が存在し記憶も残る場合が多い。しかし人格は全くの別人でふだん「おとなしくやさしい人」であっても極端な「被害妄想」や「敵意」に満ち「攻撃性」が非常に強い「モンスター」と化してしまう。やがて興奮状態は落ち着くものの人格は完全に元に戻らず後悔や自責の念が現れることは少ない。

不思議なことにこの状態でも知識や記憶には何も損傷がなく、人やモノの名前、家族との関係などは明確に認識でき答えることが可能である。知識や記憶が紛れもない「本人」であるにもかかわらず「人格」だけが全く別人であるこの状態を理解できる人間は少なく、精神科医でさえ「性格は異常だが責任能力はある」というバカな判断しか下せないことが多い。

錯乱やせん妄の起きる原因は大きく分けて4つある。

1.     統合失調症

統合失調症は幻覚や幻聴、妄想などが特徴とされる精神疾患で、記憶や知識には何の損傷も無いのに「感情」だけが異常な状態に陥るものである。ストレスなどによって発症し急性期と呼ばれる急激に悪化する段階でこの症状が現れることが多く、歴史に残る殺人事件や秋葉原事件などもこの症状だと考えられる。

2.     薬物による副作用

覚醒剤、ドラッグ、ハーブなどの薬物は覚醒、興奮作用などとともに一部の人間に「錯乱、せん妄」を起こすことが知られている。2005年仙台でトラックに乗った男が歩行者天国に突入した事件は覚醒剤によるせん妄が原因だった。最近頻発している脱法ハーブによる暴走事件も同じものである。

3.     アルコール中毒者に起きるせん妄

アルコール中毒者の一部に暴力や意識障害を伴うせん妄が起きることが知られている。これはアルコールによる酩酊が起こすものではない。

4.     抗不安薬、抗うつ薬による副作用

精神科で処方される抗不安薬(睡眠薬、安定剤)や抗うつ薬には副作用として錯乱が起きることが明記されている。覚醒剤や麻薬と似たものが成分に含まれるのだから当然と言えば当然である。ただし、発症率は1%以下とされている。

アルコールや明らかな薬物使用を除いた事件のほとんどは統合失調症、あるいはそれに類する精神疾患が原因とされ、抗不安薬や抗うつ薬による副作用が認められた例はほとんどない。ほとんどの犯人が精神科に通院し薬を飲んでいるにもかかわらずにである。さらに当初の通院理由は「統合失調症」ではなく不眠、不安障害、うつ病などでしかない。これらの病気が「精神科の治療を受けながら」「統合失調症」に悪化し事件を起こしたと精神科医は判断しているがそもそもこの理論がおかしすぎる。

錯乱が起きる理由はいまだに明らかにされていない。起きること自体は間違いないが何が起きているのか明確に説明できる専門家はいない。知識や記憶には異常がないことから前頭葉に異常が起きることは間違いない。

私は何らかの脳内化学物質が過剰に分泌されることによって前頭葉などを急激に萎縮させることによって錯乱が起きると考えている。統合失調症の原因がストレスによるもの(統合失調症のすべての原因ではない)、PTSDの原因が海馬の萎縮によるものであることを考えれば簡単に導くことの出来る答えである。さらにピック病など性格を変える病気が存在し、その原因が前頭葉の萎縮、損傷によるものと考えれば錯乱後に「感情」に半永久的な後遺症を残る可能性が高い。
薬物による錯乱も原因は同じ原理によるものと考えて間違いないだろう。似たような成分が含まれる抗不安薬や抗うつ薬も同じ理由で錯乱を起こすと考えられる。
統合失調症の障害調整生命年(2004年の100,000人あたり、wikipedia参照)の数値がモンゴロイド居住地域で高いという事実があり(その中で日本だけが異常に低いが統計法などの問題によると考え方が自然)、東南アジアにはアモック、朝鮮民族には「火病」という風土病とされる精神疾患が存在する。これらの事実を重ね合わせて行くとモンゴロイド特有の遺伝体質に原因があるのではないかという結論になる。添付文書では1%以下とされる副作用が、住宅もまばらな田舎なのにわずか2キロ先で同じ症例があるほど多発しているのは欧米から輸入された精神科医療がモンゴロイド特有の遺伝特性を考慮してこなかったからだと考えられる。

抗不安薬、抗うつ薬は前頭葉を萎縮させ「錯乱」「せん妄」を引き起こすとともに、脳細胞あるいは神経ネットワークを破壊することによって「感情記憶」を消去するし、記憶知識には何の欠落も見られないのに「感情」だけを幼児や赤ん坊以下の状態にリセットする。赤ん坊の感情は正常な記憶知識をコントロールすることができずに異常行動を起こし、凶悪事件に繋がって行く。これは人為的な「統合失調症」である。この明らかな事実を専門家は誰も認めようとしない。

埼玉の事件がいずれの原因によって起きたものか判断できる報道はないが、それまでに何のトラブルもないことから考えると自然発生の統合失調症の可能性は低いと思われる。
私の息子に起きたこの副作用の3年の記録は下記を参照してほしい。すべての事件の「不可解な謎」が解けて行くはずだ。
toshio1131.web.fc2.com

京都 わが子をたたきつけて殺した犯人は精神科の薬だ

また精神科医の手によって凶悪犯罪者が生み出された


3日京都で起きた奇怪な事件。

34歳の男が車で事故を起こした後男の子を連れて空き家に侵入し、さらに近くの河原で男の子を石にたたきつけて殺した。逮捕後も興奮状態で奇怪な言葉や意味不明の言葉を発しているという。

精神科に行くような「キチガイ」が起こした事件?ではない。これはまさに息子に起きた錯乱状態と同じだ。息子は精神科で処方された「抗不安薬」を飲み錯乱状態に陥った。叫び、暴れ、のた打ち回った後、母親の首を本気で締め付けた。私が止めなければ「母親殺し」になっていたかも知れない。親バカでも何でもなく、絶対にそんなことをする子ではなかったと誓うことができる。間違いなく「薬」で「悪魔」にされたのだ。

この状態でも「知識」「記憶」には何の損傷も起きない。自分の名前も、親の顔も子どもの顔も認識できる。それなに何故母親を殺そうとしたり、わが子を殺したりしてしまうのか?誰もが「そんなバカなことはありえない」としか思わない、目の前で起きなければ信じることなどできないようなことが起きる。それは「知識」「記憶」とは全く別の「感情」(人格、理性)だけに異常が起きるからである。

錯乱状態は数日で収まるが母親の首を絞めた記憶や子供を殺した記憶は残りあやふやで意味不明ではあっても動機を説明することもできる。「人を殺すのがいいことか、悪いことか?」という質問には「悪いこと」と答えることができるが自分がしたことを後悔する様子も反省する様子も見られない。したがって精神鑑定では「心神耗弱」の状態であったことは認められることはほとんどなく「異常な精神構造ではあっても責任能力はある」とされてしまう。もちろんこれまでに言われている一時的な脳内化学物質の異常による「攻撃性が増す」という症状では説明することができない。これはどういうことなのか?

錯乱は前頭葉の急激な萎縮によって起きる。萎縮自体は数日で収まるが、萎縮によって脳細胞が破壊され「感情記憶」だけが幼児や赤ん坊以下の状態に「半永久的」にリセットされる。錯乱時はもちろん錯乱後も「同じ記憶と知識を持った赤ん坊」という全くの別人になってしまう。赤ん坊の感情は正常な記憶知識をコントロールすることができない。善悪の「知識」はあってもそれをもとに行動を制御することができないのだ。「悪霊が取りついているから殺した」というような意味不明な言動はすべて幼児化した感情が生み出すものなのである。

この症状は統合失調症の一つの症状でもあるが錯乱が自然発生して殺人事件まで至ることはめったに起きない。精神科に通院して薬を飲んでいる限り100%薬による「副作用」だと断言できる。

精神科で処方される抗不安薬(安定剤、睡眠薬)抗うつ薬には前頭葉を萎縮させる副作用があり添付文書に明記されている。
白人、黒人の多い欧米では起きにくいこの副作用がモンゴロイドには多発すると考えられる。そのことを考慮せず精神科医療をそのまま輸入した大きな過ちが多くの罪も無い人間を「殺人鬼」に仕立て上げているのだ。
これほど繰り返される類似の事件を「精神疾患」が悪化したとして副作用であることを否定し続け研究しようともしなかった精神科医、専門家、何度情報を送っても無視し続けたマスコミ、ジャーナリストの責任である。
山口で起きた連続放火事件もこの事件も、単なるうつ病や不安障害で精神科に行き、性格が変わって事件を起こしていることが調べればすぐにわかる。精神科で治療を受けながら殺人犯に「悪化」するというバカバカしい話を信じている国民もマスコミもどうかしている。
人生を奪われた上わが子を殺してしまったこの男性の哀れさをどうすればわかってもらえるのだろう。
息子に起きたこの副作用の一部始終は下記を参照してほしい。3年に渡るその経過を見ればあの時の息子に「責任能力」を求めることがどれだけバカバカしいことなのかがよくわかるはずだ。
toshio1131.web.fc2.com


 

脱法ハーブの罠 錯乱後の後遺症「感情記憶の喪失」

また脱出法ハーブによる事件が起きた。
これほど危険なものをなぜ放置しておくのだろう。取り締まりが強化されてもまだまだ手ぬるいとしか言い様のない実態だ。
無関係の市民が巻き込まれるのだから、そんなものに手を出す方が悪いというレベルの問題ではない。 簡単に手に入るものを試してみたくなるのは人間の弱さであり怖さを知らぬ無知である。
小学校に乱入した男は錯乱状態で記憶が無いという。従来錯乱は脳内物質の異常によって情報伝達が阻害されることによって起きると言われてきた。しかし薬物による錯乱は感情脳が急激に萎縮することによって起きる脳のパニックなのだと私は考えている。錯乱自体は一時的なものだが後遺症として半永久的に感情記憶が 失われ感情だけが幼児化する感情記憶の喪失という症状が起きる。性格が大きく変わりわがままで乱暴、攻撃的な人間になっていく。
息子の場合もそうだったが精神科の薬を服用したり薬物に手を出した人間が性格が変わってしまいその後もなかなか社会復帰ができない例を何件か見てきている。その理由がこの後遺症で、あなたのまわりにも必ずそういう人がいるはずだ。専門家や精神科医はその事に気づこうともしない。

息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい
toshio1131.web.fc2.com

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ