精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

虐待

キレる女性が急増!その本当の原因は精神科の薬

仰天ニュースで「キレる女性が急増」という話題を取り上げていた。女性からのDV被が6年間で13倍に増えているというのだという。

番組ではその「心の闇」が「母親からの虐待」による心理学上の理由によるものだと結論付けていたが、行き過ぎた躾、服従、強制というような親の虐待というのは昔から変わらずあることでそれが6年で13倍になることはあり得ない。

女性はもともと生理周期によってイライラしたりという感情変化が大きく一昔前は「女性のヒステリー」という言葉があったくらいだから不安定要素は大きいのかもしれないが、それも昔から変わっているわけではない。

残念ながら私にも経験がある。普段は優しく明るい妻がキレて攻撃的になりひどい言葉や暴力をふるったりしたことが何度もある。どうしてこんなことをされなければならないのか理解に苦しんだ。今はほとんどなくなったし、あっても一時的なものだから驚くことはない。ずっと昔、結婚する前に付き合っていた女性にも暴力や脅迫を受けたことがある。若い時にはとても恐怖だった。

この二人に共通するのが「精神科の薬」である。もちろん若い頃には何も気づくことはなかったが妻の感情の変化に睡眠薬や抗不安薬など精神科の薬が関連していることを突き止め薬を止めさせたところ症状は治まったのだ。

女性の生理周期による感情の変化は卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量の変化が原因だと言われている。私はこの変化が「発情期」によるものだと考えている。避妊手術を受けていない雌猫を飼った経験のある人はお解りだと思うが「発情期」になるとあからさまな変化が起きて困ってしまう。人間も「生物」でありその目的は「子孫繁栄」とプログラムされているから同じことが起きるのは「当たり前」であり、社会性より本能を優先し子孫繁栄につなげようとするシステムが働くということなのだ。

似たようなことが妊娠出産、子育て時にも起きる。これは子育てに適応した変化で「子連れの熊は警戒心が強く狂暴」ということと同じである。この現象が「前頭葉の萎縮」によって起きることがスペインの大学の研究によって明らかになっている。

妊娠




















この変化と同じ変化がストレス時にも起きる。ストレスが生理周期によるイライラを重症化させることは周知の事実である。ストレスは生物にとっては「生命の危機」と認識され、生命の危機を回避するためストレスホルモンが過剰分泌されることによって本能を優先させ逃避や攻撃に備えるシステムが働く。

この「社会性をダウンさせ本能を優先させる」システムは社会性を司る「前頭葉」を委縮させ機能を低下させることによって実行される。ストレス時この指令を行う物質がCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)で、このCRHが過剰分泌されると「キレる」という現象を起こす。この現象は日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きやすい。つまり「キレやすい」人はストレスに弱い遺伝特性を持っている可能性が極めて高いということである。

1ストレス情報伝達































CRH受容体2型























さらにCRHが分解されるとGABAという鎮静性情報伝達物質となり催眠作用をもたらす。軽いストレスは睡眠に良いとされる理由でもある。ところが、このGABAが「前頭葉シナプスの刈込」という現象を引き起こすことが東大大学院の研究で明らかになっている。これが実は睡眠薬・抗不安薬などGABAを過剰分泌させることで効果を発揮する精神科の薬のもたらす「抗不安作用」の正体である。シナプスの過剰な刈込は理性・良心・社会性と言った前頭葉のシステムを崩壊させ「統合失調症」を引き起こすことがわかっている。精神科の薬は普通の人をキレやすく、キレやすい人をさらにキレやすく変え最終的には善悪の判断のできない統合失調症を発症させるということである。「睡眠薬によって性悪が変わる」という記事が2012年の東京新聞に掲載されている。

GABA1GABA2































1.
「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人はキレやすい。

 この遺伝特性を持つ人は虐待やDVを起こしやすい。テレビでの女性の母親もこの遺伝特性を持っていたと考えられ女 
 性はその特性を受け継いでいる可能性が高い。

2.この特性を持つ人は十分な愛情によって育まれないと(ストレス環境下で育つと)社会性が育ちにくい

3.女性は生理周期や妊娠出産で前頭葉の萎縮が起きやすい

4.GABAの過剰分泌を促すアルコールや睡眠薬・抗不安薬(安定剤)・抗うつ薬など精神科の薬は前頭葉の萎縮を促進しさらにキレやすくなり、キレた状態が継続しやすくなる。

5.看護師・夜の職業の方は睡眠薬を多用する
6.出産後の精神的不調を「産後うつ」と診断し抗不安薬や抗うつ薬を処方する

 

キレる女性が急増した原因は精神科の薬にある。DV加害者を調べれば簡単にわかる。「キレる老人」が増えたのも睡眠薬の影響である。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


寝屋川監禁事件 誰が助けられたのか?

寝屋川で統合失調症の娘を監禁していた事件は「両親の虐待」という方向性の報道がなされていて学校はそれを防げなかったのか?という問題にすり替えられているようだ。

両親の虐待の可能性を否定するつもりはないが娘が「統合失調症」であったことと精神科に連れて行ったことは間違いない。監禁と虐待の時系列を丹念に検証しなければ真相はわからない。統合失調症発症の原因が両親にあったのか、学校にあったのか、いじめがあったのか、教師にあったのか、それは今となってはわからないだろう。いつも悲しい顔をしていた、腕にあざがあったという証言もあるがそれが両親の虐待を証明することにはならないだろうし統合失調症の原因かどうかもわからない。

仮に両親の虐待があったとしてどこまでがしつけでどこまでが虐待なのかは「相対的」な問題であり、暴力やネグレクトが確実にあったという根拠がなければ誰かが手を差し伸べるのは難しいだろう。学校も何もしなかったわけではないだろうし「そっとしておいてあげて」というには理由があるはずで「助けられなかったのか?」というのはジャーナリストの思い込みによる結果論でしかない。精神病を発症した時点で助け出し精神科の治療を受けさせても思春期における精神病・統合失調症を精神科医は治せないどころか悪化させてしまう。精神科医は精神病がなぜ起きるか「まだよくわかっていない」と言っているのだ。わからない病気を治せるはずがないし薬による治療が「悪化させる」事実にも気付こうとしない。異常行動を繰り返し暴れる子どもを親以外のいったい誰が面倒見ることができただろう。「かわいそうに」という同情心だけでこの事件を見、「たら・れば」論を繰り広げても何の解決にもならない。もしこの両親が監禁せず、この子が何の関係もない人を殺すような事件を起こしたら「そんな危険な子をなぜ外に出したのか!」とあなた方は両親を責めることだろう。むしろそんな事件をこの両親は防いだとも言えるのだ。

統合失調症を治す方法論さえ知らない精神科医療と精神病患者ケアの体制が整っていないこの国ではこの子を助けることなど不可能でしかない。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

北海道で女子高生が母親と祖母を殺した事件 佐世保の事件との相違点

北海道南幌町で17歳の女子高校生が母親と祖母を包丁で刺し殺すという悲惨な事件が起きた。

多くの方が思い浮かべるのは佐世保の同級生殺害事件だろう。この二つの事件は似ているようで異なる点がいくつもある。

1.当初事件への関与を否定、室内を荒らして強盗殺人を装う工作を施し、凶器を姉に手伝ってもらって捨てた疑いのあること。

2.その後は殺害を認め、しつけが厳しく今の状況から逃れたかったと犯行理由を明確に説明し、意味不明な部分は見られない事、事件の重大性を認識できている事。

3.母親はしつけが厳しく「虐待」で児童相談所から指導を受けた事があることや離れで一人置かれたり、門限に遅れると怒られるからと走って帰るような異様な様子を近所の人が目撃している事。

などである。佐世保の事件との歴然とした違いがお分かりになるだろう。

明るく成績も良く、評判の良い生徒会長になるほどの人物のこの犯行は明らかに親の側に問題があると言えるだろう。余りにも過酷な親のしうちに耐えかねて17歳には他に方法論を見いだせなかったのだろう。この犯行はいわゆる「キレた」状態、ストレスによってNMDA受容体の機能が急激に低下した「一時的な統合失調症」によるものだと考えられる。一時的に正気を失い犯行に至ったものの正気を取り戻し犯行を隠そうと工作したものだろう。妹の置かれた状況を知る姉が何とか助けたいと思ったとしても不思議ではない。

これは家庭内暴力に類する精神的な症状で思春期に大きなストレスが繰り返されることによって起きやすくなる。この症状を「犯罪」として罰するのはあまりにも残酷だ。この親の犯罪とこの生徒の犯罪とどちらが罪深いのだろう?親を罰する法律は無いのに生徒を罰する法律は存在する。

私も子育てを間違った人間だから大きなことは言えないが、この親のしつけは愛情があってのこととは思えない。この生徒の悲しみの大きさは計り知れない。この環境にもかかわらず生徒は明るく優秀に育っていたというのに・・・。

この事件はもちろん精神科薬の副作用ではなく、親の理不尽なしつけが子どもの心を破壊した事によって起きたものである。心理学者は分析できても精神科医はこのことを説明できない。

詳細はホームページへ

http://toshioy001.wix.com/tougou

記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ