精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

山口放火殺人事件 食い違う証言の謎 精神科の薬が招く凶悪犯罪

山口で起きた放火殺人事件で犯人に対する証言の食い違いが明確になってきた。

不気味で気性の荒い暴力的な人間との証言がある一方で、実の姉からは「やさしい人」という言葉が飛び出し、父親の介護をしていたヘルパーも「やさしそうな人だった」、犬をあげたという人からも「礼儀正しく誠実そうな人」という証言が出ている。身内や、一度会っただけの人の証言などあてにならないという人もいるだろうが「まじめでおとなしい人間が豹変して猟奇的な事件を起こす」というこれまでに起きている不可解な凶悪事件のパターンと一致している。
父親の介護のために故郷に戻ってきた犯人。3年前に父親が死んだ後に大きく性格が変わっていることがさまざまな証言から浮かび上がってくる。
おそらく父親の死で生きる目的を失いうつ病を発症したのだろう。「薬を飲んでいる」と本人が言っているのだから精神科に通っていたことは間違いないだろう。

精神科医はストレスによって性格が変わってしまう精神疾患だと言い張るだろう。確かに精神科がかかわっていなければ秋葉原事件と同じ「アモック」の可能性がないわけではない。しかし、精神科がかかわっているほとんどの事件で「精神科に通うようになってから」性格が変わったという証言がある。これは偶然なのか?なぜ精神科に通って治療を受けながら「精神疾患が悪化」するのか?

答えは簡単である。精神科の処方する「薬」が人間を「悪魔」に変えるからである。ばかばかしい・・・多くの人がそう考えることが実際に私の息子に起きた。目の前で起きなければ到底信じることができない数々の出来事を私は3年間記録した。そしてそれが前頭葉の萎縮によって「感情」だけが半永久的に赤ん坊の状態にリセットされることによって起きることがわかった。性格が悪くなる、暴力的になる、社会性を失う、理性が無くなる・・・これらの症状は幼児化した感情が、何の損傷も無い知識や一般記憶をコントロールすることができなくなって起きる現象なのだ。
この副作用は5%を超える確率で発症する。

この犯人は10年前酒の席で口論となり傷害事件の被害者となっている。これだけではもちろん断定できないが分解酵素欠損症の特徴である「酒癖の悪い」人間である可能性も高い。

薬の添付文書にさえ記載されているこの副作用の存在を精神科医は否定し続けた。その結果どれだけの罪の無い命が犠牲になったことだろう。ジャーナリストよ、30年前にはほとんど存在しなかったこの種の事件が1ヶ月に3件も連続する不思議さにいい加減気付け!
精神科に行かなければ自分が死んだだけで済んだのに残虐な放火殺人犯にされてしまったこの男の人生と殺された罪もない人の命の重さも精神科医とってははどうでもいいことなのだろう。

「謎、謎、謎・・・」いや、謎など何一つない、犯人はすでに「同じ記憶知識を持った別人」なのだ。ここにすべての謎を解明した人間がいる。

息子に起きた驚くべきこの副作用の記録は下記を参照してほしい。

toshio1131.web.fc2.com

山口放火殺人の犯人は「精神科の薬」だ

山口県周南市で起きた放火殺人事件。わずか10軒の集落で2軒が全焼5人が殺害されるという惨劇が起きた。警察が行方を追っている独り暮らしの63歳の男はこの集落の出身だが一度関東地方に出て10数年前に戻ってきた。集落の自治会活動には一切参加せず、回覧板を持っていくと「ゴミになるからいらん」と受け取りを拒否。犬のふんを片付けるよう注意されると「血が見たいのか」とすごんだり「薬を飲んでいるから10人や20人殺しても罪にならん」と暴言を吐くこともあったという。全焼した民家の隣家には「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」と書かれた不気味な張り紙が残されていた。

・・・

山中の集落で起きた「キチガイ」による犯行。異様な自宅の様子や不気味な張り紙が映し出され「キチガイ」感が盛り上げられている。秋葉原事件のようにストレスによって精神破綻を起こした事件、誰もがそう考えるであろうこの事件の真相は全く違う。ポイントは「薬を飲んでいるから10人や20人殺しても罪にならん」という発言である。この「薬」は精神科の薬であることは疑う余地が無い。つまり、またしても「精神科通院者」の起こした「猟奇的殺人事件」ということになる。練馬で起きた斬りつけ事件、札幌市で起きた金属バット殺人事件、そしてこの事件、7月に入って連続して起きているこの3件の事件が「キチガイ」による偶然の犯行だとあなたは本当に思うのだろうか?精神科が関係しれば状況は全く異なってくるのだ。

過去30年以上遡った時点でこのような事件がどの程度発生していたか調べてみれば簡単に答えは出る。30年以上前にこのような事件はごくまれにしか起きていないはずである。その理由は精神科の治療が一般化していなかったからだ。これらの事件は精神科の処方する抗不安薬、抗うつ薬による副作用なのである。

何をバカなことを、「薬を飲んでいるから10人や20人殺しても罪にならん」と暴言を吐く凶悪なキチガイ男が起こした事件が副作用のはずはないだろう。誰もがそう思うだろうが精神科の薬によって「性格が変わった、悪くなった」という事例は膨大な数存在しているのだ。精神科医は認めていないが、実は薬の添付文書にも記載があり、厚生労働省もごく一部であるが認めている「攻撃性が増す」副作用なのだ。

しかしこれまで実際に何が起きているのか、なぜ性格が変わるのか突き止めた人間は誰もいなかった。一部の精神科医や専門家は薬が脳内化学物質の分泌異常によるものではないかという仮説を立てているが、最近起きた3件の事件を始め精神科通院者によるほとんどの事件ではつじつまが合わず弁護側からさえ副作用の疑いは出ていない。

私の息子は5年前精神科で「抗不安薬」を処方された直後に「おかしく」なった。わがままで言葉が汚くなり、暴力をふるい、動物を虐待し、刃物に興味を示した・・・。くれぐれも言っておくが、ストレスによって「神経発作」を起こすようになったから精神科にいったのであって、その日までは多少わがままな所があっても「ごく普通の子」だったのである。薬の副作用だと訴えたが医師は認めることなく回復までに3年を超える時間を要した。不思議なことに記憶や知識には全く問題が無く、性格(感情、心、理性、人格)だけが変り、様々な検査の結果「赤ん坊」の脳波か観測され、憤怒失神という「赤ん坊」の発作が起きたことから感情だけが「半永久的」に「赤ん坊」になる「退行」という症状だと診断された。中学1年生の息子が「心」だけ赤ん坊になったのだ。誰もが信じがたいであろうその症状の一部始終を私は3年間記録した。詳しくは下記を参照してほしい。

toshio1131.web.fc2.com
薬を飲んで起きたこの症状が「副作用」でないはずはない。私は5年間様々な資料を集め研究した。その結果次のような恐るべき結論が導き出された。

・この症状は感情に関わる前頭葉の萎縮によって「感情記憶」が赤ん坊や幼児の状態に半永久的にリセットされることによって起きること
・わがまま、暴言、暴力、猟奇的な行動は幼児化した感情が何の損傷も無い知識記憶をコントロールすることができずに起きる症状であること。
・雅子様の異常行動もこの副作用によるものであること。
・全日空はハイジャック事件、福島母親殺害事件、秋田連続児童殺傷事件、米の銃乱射事件など「不可解」と言われる猟奇的事件はすべての特徴が一致すること。
膨大な症例が存在し、幾人もの被害者からメールをいただいている。妄想やでまかせでは無い。スウェーデンの大学研究チームが「抗不安薬が魚の性格を変える」という発表をし、ピック病や脳血管性認知症と症状が一致していることは偶然では無い。
30年前に類似の事件が存在しないのは精神科薬の処方量がごくわずかだったからである。いい加減この事実に気付いてほしい。「精神科に通うようなキチガイが起こした事件」などではない。事件を起こした人間が精神科に通い始めたきっかけはうつ病や強迫性障害などごく軽い心の病気だったことは調べればわかるはずだ。うつ病が悪化して猟奇的殺人犯になるなどということがあるわけがないのだ。精神科に通うようになってから「悪化」し、性格が悪くなっていることは疑う余地がない。
記憶知識には全く問題がないから「薬をのんでいるから・・・」という悪態をつくことは十分可能である。罪から逃れるため計画的に精神科の薬を飲み犯行に至った、という考え方は的外れである。過去に起きたこの副作用による事件で心神耗弱が認められたのは全日空ハイジャック事件だけであり、
この事件でも精神鑑定で心神耗弱が認められる可能性はない。それは「一時的な症状ではない」「薬の血中濃度が下がっても状態が変わらない」という特徴によるものだ。半永久的な副作用が存在することを誰も知らない。
彼らに必要なのは「精神鑑定」ではなく徹底的な脳の検査である。脳波検査で「赤ん坊特有」の脳波が観測される。PET検査で感情に関わる脳の部位の働きの異常が確認される。薬の使っての治験ではMRIで萎縮が確認される。誰もそれを試みようとしなかっただけなのだ。

もう誰も犠牲者を出したくない。私はこの悲しみの連鎖を止めたい。



 

博多通り魔事件は薬物の副作用



 20日にJR博多駅で5人が重軽傷を負った通り魔事件。犯人は26歳の男で「人を切りたかった」などと話しているという。ネット上には茶髪のいかにも悪いことをしそうな顔写真が流れているが、その原因はおそらく麻薬・覚醒剤・脱法ハーブなどの薬物の副作用として「攻撃性が増す」症状が表れたものだろう。薬物の服用が明らかになれば「心神耗弱」として終わって行くのだろう。

 死者が出なかったから良かったものの一つ間違えば取り返しのつかない事件になったかも知れない。このような作用を起こすことがわかっていながら薬物の取り締まりはあまりにもお粗末なものでしかない。

もちろん精神科の薬の可能性もある。一部の人間にとって精神科の薬は覚醒剤などと同じ副作用を引き起こす。錯乱、半錯乱状態を作り出し、理性を失い妄想、被害妄想が拡大し全く別の人格となって事件を起こしてしまう。直接の副作用であるこの症状は薬が抜ければ基本的には収まり、自分がとんでもないことをしたことを後悔することになる。

しかし、このパターンに一致しないものは解決が難しくなってくる。この数日中に薬物の服用がなかったり、いつまでたっても意味不明の供述を続けたり、後悔の意思が見られなかったりする場合である。この場合本人のもともと持っている異常性格が原因とされるか、統合失調症や発達障害などの精神疾患ということにされてしまうのだが実際はほとんどの場合違っている。

一度でも薬物や精神科の薬を服用した人は前頭葉が萎縮し(一種の脳梗塞)、知識記憶には全く異常がないまま感情記憶が失われ半永久的に幼児化してしまう副作用を起こす可能性がある。この副作用は周囲の人間にとっては「性格が変わった」としか受け止められないが、理性を失い、知識記憶の内容やそれまでの人生の中で積み重ねられた「負の記憶」によっては「攻撃的な性格」を持つようになって事件へとつながっていくのである。

この副作用は普通の人を「悪人」にし、もともと性格の悪い人間を「凶悪犯」にする「悪魔の薬」である。世界中で起きている異常性格者によると言われる事件の少なくない数がこの副作用によるものであることは間違いない。バカバカしいというのは自由だが実際に私の息子に起き、わずか2キロ先にも同じ症例があり発症率は十数人に一人程度と異常に高く、脳梗塞後遺症と同じ症状であることもわかっている。ほとんどの不可解な凶悪事件の謎がすべて解けるのに、精神科医はこの事実を認めようとしない。

精神科の薬の処方量はここ十数年で異常に増加し、覚醒剤や麻薬、脱法ハーブなどの裾野は中学高校にまで及んでいる。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの先進国ではドラッグは学生をはじめに広く浸透していて暴力事件が多発しているのはこの副作用によって人間が「悪魔」に変えられるからなのである。この驚愕の事実にほとんどの人間が気付いていない。

博多の事件は死者が出なかったことで多くの情報が流れることなく終わってしまうのだろう。犯人のこれまでの行動、供述や態度などの詳細が知りたい。

息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい
toshio1131.web.fc2.com

光市母子殺害事件の真相 その2

資料が示す、少年が薬の副作用によって「18歳の幼児」にさせられた事実


光市母子殺害事件について新たな資料を見つけた。元ネタが週刊誌の記事なのでどこまで信頼できるものなのかはわからないが少年の父親と義母へのインタビューだという。

それによると少年は劣悪といわれるほどの家庭環境にはなかったというのだ。確かに母親は自殺していて父親はフィリピン人の妻と再婚しているがそれ以上でもそれ以下でもない。父親は悪い事をした時には叩いたりしたが日常的に暴力を振るっていたわけではない。義母に異常に甘えていたという話も否定されている。さらに少年は「普通の子」だったというのだ。特別な優秀さはもちろんなかったろうが乱暴だったという事実もなく性格が異常だったという事実もないというのだ。

けして良いとは言えぬ家庭環境が少年の心に影を落としていなかったとは言えないだろうが、劣悪な環境によって異常人格が形成されるほどの背景はないといっていいだろう。本来は弁護側が主張する「劣悪な家庭環境によって正常な発達が阻害され形成された幼児性が事件の原因である」という理論を根拠が無いとする記事なのだが、逆に少年が突然こんな事件を起こし訳のわからぬ供述をする理由も無いという矛盾点も浮き彫りにしている。

「嘘をつくならもっとましな嘘をつけ」少年が供述した「ドラえもん・・・」というような内容に対して多くの人が抱いた気持ちである。そう、18歳の少年がそんな嘘をつく必要はないのだ。少年に「劣悪な成育環境が正常な脳の発達を阻害する」という知識があったとも思えないし、罪を逃れようとして精神異常を演ずるならもっと別の方法を取るのが「当たり前」なのである。友人への手紙の中で「環境のせいにして・・・」というくだりがあるのは弁護士からの情報をもとにしたのだろう。事件そのものも唐突に残虐な犯行を行うべき背景が存在しない。

大きなストレスがあったのなら話は別だが、このバラバラなパズルを結び付けるのは「薬による副作用」以外にはない。少年は精神科の薬、麻薬、覚醒剤、違法・脱法ドラッグ(ハーブ)などのいづれかの薬を口にし、副作用である「感情記憶の喪失」を起こした事によって犯行に至った可能性は高い。睡眠薬は精神科でなくても処方される。この副作用はたった一粒の薬で前頭葉が萎縮し一般記憶、知識は何一つ欠けることなく「感情記憶」だけが失われ半永久的に幼児や赤ん坊並みの「感情」に戻ってしまうのだ。幼い感情は理性を失い正常な知識や記憶をコントロールする事が出来なくなる。つまり「人を殺す事はいい事か悪い事か」という質問には間違いなく「悪い事」と答えることができるのだが、欲望を抑える事が出来ずそのために人を殺しても虫を殺す程度の気持ちしか持てないということになる。もちろん「甘えたかった」という心理も幼児なら当然のことである。犯行内容、供述内容、後悔・反省する感情を持たないことのすべてが少年が幼児の感情しか持っていなかったと考えればつじつまが合う。

この副作用は精神科医も専門家も誰一人認めていないし知識も持っていない。だが私の息子に間違いなく起き、すべての不可解な事件のつじつまが合う。この事件も当初は「疑い」しか持っていなかったのだが調べれば調べるほど肯定する材料しか出てこない。

何度も言うが少年を擁護したいがために主張しているのではない。犯行自体は残虐だが少年は自分のしたことの意味さえわからず後悔も反省も出来ない「幼児」でしかない。そんな少年を殺して恨みがはれるのだろうか。この事件の背景には巨大な、余りにも巨大な悪が隠れている。少年一人殺して一件落着とはならないのだ。二度とこんな悲しみを作らぬため真実が暴かれる事を願っている。


私の息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい

http://toshio1131.web.fc2.com/

 

祇園暴走事件 血液検査では何もわからない


血中濃度でわかる薬の直接の副作用で凶悪事件は起きない

祇園の暴走事件で男性が11種類の薬を常用していたことが報道されている。警察は薬の血中濃度を調べるらしい。服用していた薬はほとんどが精神科特有の薬だから興奮、せん妄、焦燥、攻撃性が増すなどの副作用があることは間違いない。動機が特定できないことからこれらの副作用による心神耗弱の可能性も視野に入れるつもりなのだろう。秋葉原事件とは違って今のところ計画性は確認できず直接繋がる原因も特定されていない。

「薬の直接の副作用では不特定多数を標的にする凶悪事件は起きない」というのがこれまでの事件解析の結果私が出した結論である。凶悪事件の根本原因は感情脳の萎縮によって感情記憶が半永久的に消失する「非可逆性退行」が原因だ。高頻度で発症するこの副作用を精神科医も専門家も認めようとせず研究しようともしない。

週刊誌ではお得意の「過去暴き」が始まった。「品行方正で悪意など一度も持った事が無かったのであろう」素晴らしい記者が重箱の隅をつついて事件と結び付けようとする醜悪な個人攻撃である。この事件には「巨大な悪」が隠れているのに疑いを持とうとさえしない最低のジャーナリストしかこの国にはいないのだろうか。

調べなければならないのは血液ではなく脳だ。感情脳に脳梗塞と同じ何らかの痕跡があるはず。それが調べられる方法があるかどうか今の段階ではわからないが抗うつ薬の副作用ではPET検査で脳梗塞の痕跡を証明した方がいるらしい。いずれにしても息子に起きた副作用は紛れもない事実である。


息子に起きたこの副作用の詳細については下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ