精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

脱法ドラッグ

光市母子殺害事件の真相 その2

資料が示す、少年が薬の副作用によって「18歳の幼児」にさせられた事実


光市母子殺害事件について新たな資料を見つけた。元ネタが週刊誌の記事なのでどこまで信頼できるものなのかはわからないが少年の父親と義母へのインタビューだという。

それによると少年は劣悪といわれるほどの家庭環境にはなかったというのだ。確かに母親は自殺していて父親はフィリピン人の妻と再婚しているがそれ以上でもそれ以下でもない。父親は悪い事をした時には叩いたりしたが日常的に暴力を振るっていたわけではない。義母に異常に甘えていたという話も否定されている。さらに少年は「普通の子」だったというのだ。特別な優秀さはもちろんなかったろうが乱暴だったという事実もなく性格が異常だったという事実もないというのだ。

けして良いとは言えぬ家庭環境が少年の心に影を落としていなかったとは言えないだろうが、劣悪な環境によって異常人格が形成されるほどの背景はないといっていいだろう。本来は弁護側が主張する「劣悪な家庭環境によって正常な発達が阻害され形成された幼児性が事件の原因である」という理論を根拠が無いとする記事なのだが、逆に少年が突然こんな事件を起こし訳のわからぬ供述をする理由も無いという矛盾点も浮き彫りにしている。

「嘘をつくならもっとましな嘘をつけ」少年が供述した「ドラえもん・・・」というような内容に対して多くの人が抱いた気持ちである。そう、18歳の少年がそんな嘘をつく必要はないのだ。少年に「劣悪な成育環境が正常な脳の発達を阻害する」という知識があったとも思えないし、罪を逃れようとして精神異常を演ずるならもっと別の方法を取るのが「当たり前」なのである。友人への手紙の中で「環境のせいにして・・・」というくだりがあるのは弁護士からの情報をもとにしたのだろう。事件そのものも唐突に残虐な犯行を行うべき背景が存在しない。

大きなストレスがあったのなら話は別だが、このバラバラなパズルを結び付けるのは「薬による副作用」以外にはない。少年は精神科の薬、麻薬、覚醒剤、違法・脱法ドラッグ(ハーブ)などのいづれかの薬を口にし、副作用である「感情記憶の喪失」を起こした事によって犯行に至った可能性は高い。睡眠薬は精神科でなくても処方される。この副作用はたった一粒の薬で前頭葉が萎縮し一般記憶、知識は何一つ欠けることなく「感情記憶」だけが失われ半永久的に幼児や赤ん坊並みの「感情」に戻ってしまうのだ。幼い感情は理性を失い正常な知識や記憶をコントロールする事が出来なくなる。つまり「人を殺す事はいい事か悪い事か」という質問には間違いなく「悪い事」と答えることができるのだが、欲望を抑える事が出来ずそのために人を殺しても虫を殺す程度の気持ちしか持てないということになる。もちろん「甘えたかった」という心理も幼児なら当然のことである。犯行内容、供述内容、後悔・反省する感情を持たないことのすべてが少年が幼児の感情しか持っていなかったと考えればつじつまが合う。

この副作用は精神科医も専門家も誰一人認めていないし知識も持っていない。だが私の息子に間違いなく起き、すべての不可解な事件のつじつまが合う。この事件も当初は「疑い」しか持っていなかったのだが調べれば調べるほど肯定する材料しか出てこない。

何度も言うが少年を擁護したいがために主張しているのではない。犯行自体は残虐だが少年は自分のしたことの意味さえわからず後悔も反省も出来ない「幼児」でしかない。そんな少年を殺して恨みがはれるのだろうか。この事件の背景には巨大な、余りにも巨大な悪が隠れている。少年一人殺して一件落着とはならないのだ。二度とこんな悲しみを作らぬため真実が暴かれる事を願っている。


私の息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい

http://toshio1131.web.fc2.com/

 

脱法ハーブ、合法ドラッグの罠


感情脳を萎縮させる薬の副作用が凶悪事件を起こす


大阪の暴走事件で脱法ハーブによる錯乱状態が原因と報道されている。

脱法ハーブとは何なのか?あまりその世界に詳しいわけではないので間違いがあるかもしれないが、ハーブとは名ばかりの違法ぎりぎりの薬物である。脱法、合法ドラッグもほぼ同じものを示す。境界にある麻薬や覚醒剤といってもいいだろう。それが一般市民が買える場所やネットでも販売されその拠点は年々増えているという。薬事法では「薬」として売ることは禁止されているので別の用途として売られているが麻薬代わりに使用される。もちろん違法ではないから取り締まられる事もないが幻覚作用があるとされ、こうして危険な副作用も起きる危険性を持っているのは間違いない。

その他にも精神科の薬が処方箋無しで出回っている。流出ルートは処方された患者が横流しするものや医師が絡んでいるものもあるらしいが国や製薬会社は追及する気がないようだ。こちらは病院でもらうのと同じ安全性が高いとされるものではある。

これらのものは覚醒剤や麻薬に比べて手に入れる事が容易で安価なことから主婦や学生にまで広まっているらしい。大きな違法性が無いことから罪悪感も抱く事はないのだろう。

ストレスから逃れたい、ハイな気分を味わいたい、快楽感にひたりたい・・・安易な気持ちで手を出してしまうハーブやドラッグ、しかしそこには大変な落とし穴がある。この程度の薬では少しハイになるくらいで副作用など無いと誰もが思っているのだろうが実際には脱法ハーブでさえ「錯乱」が起きている。錯乱は「幻覚」とは違う感情脳の急激な萎縮による脳のパニックだと私は考えている。膨大な感情記憶がグチャっとつぶされショートするのだ。それがどれだけ恐ろしいことかとても想像がつかない。萎縮は数日で元に戻り錯乱自体は収まるが一度破壊された神経細胞のネットワークは元に戻らない。つまり「錯乱」の後には感情記憶が消失し「感情」だけが幼児化する「退行」が後遺症として半永久的に残る事になる。これが麻薬や覚醒剤によって脳が破壊されるという一つの現象だと思われる。まるで別人のように乱暴でわがままでおぞましい人間が出現することになる。錯乱が起きなくても脳の萎縮や退行は起きる。その確率は十数人に一人程度の高確率である。

理性が崩壊し過去の記憶の内容によっては自殺、他殺、凶悪犯罪などを引き起こす可能性が高くなる。また、幼児化した感情は子どもが育つように愛情豊かな穏やかな環境のもとで再成長しなければ歪んだ性格が形成されることになるが、多くの場合そのことに誰も気づかず社会的に疎外されて行く。その行きつく先は見えている。もちろん成分のより強力な麻薬や覚醒剤でもこの副作用が起きるのは間違いない。専門家や精神科医は認めていないが私の息子に現実に起きた副作用である。

ほとんどの不可解な凶悪事件は精神科と関係しているが例外もある。光市母子殺害事件や秋葉原事件、埼玉千葉通り魔事件などである。これらの事件は劣悪な成育環境によって形成された人格異常とされているがどうも腑に落ちない。そういう例があることを否定するつもりはないが、彼らが「羊たちの沈黙」のような異常性格者とは異なる「大きな体と知識を持った幼児」にしか私には見えない。「心の病」を持って精神科に行き、幼児化させられた多くの凶悪犯罪者と共通した特徴を持った彼らが脱法ハーブ、違法ドラッグ、合法ドラッグを手にした可能性は極めて高いと私は考えている。人格異常がいつの段階で起きたのか、生来のものなのかよく見極める必要があるのではないだろうか。

 

息子に起きたこの副作用の詳細については下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ