精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

神戸

神戸5人殺傷事件 前頭葉の異常が性格を変える

神戸で26歳の男が家族を含め5人を金属バットや包丁で殺傷する事件が起きた。「誰でもいいから攻撃したかった」と話しているという。家族への恨みなら家族だけを殺せば十分で何の関連もない近所の人を巻き添えにする理由はない。動機らしい動機もない「不可解な凶悪事件」がまた起きた。

繰り返される「誰でもいいから」殺人事件がなぜ起きるのか説明できる人間がいまだに世界中で私一人なのが不思議でならない。精神科医は何をしているのだろう。

「引きこもりが自暴自棄になって起こした事件」ではない。このような事件は人間の「OS」である「前頭葉」の「萎縮」によって引き起こされる「病気」による症状である。詳細な検査をすれば前頭葉の萎縮と脳波の「爬虫類化」が計測されるのだがそれは行われない。当然精神鑑定は行われるが「正常ではないが責任能力はある」というわけのわからない診断が下されるのが常である。なぜこのようなことが起きるのか精神科医は究明しようとしないから次の事件を防ぐ方法論も導くことができない。

これらの事件に共通するのが

・もともと殺人事件を起こしかねない凶悪な性格だったわけではない

・「ある時」から性格が変わった

・事件を起こしても平然としていて、後悔や反省の意思がない

というような点である。

前頭葉は理性・社会性・人格・愛情など人間の「原点」ともいえる「精神」を司る。ここに異常が起きれば「人間」でなくなってしまうのだ。「性格が悪いだけ」と思われがちだが、まともじゃない、イカれてる、正気じゃない、狂ってる・・・後天的に表れるこのような症状はすべて前頭葉の萎縮による「統合失調症」によるものである。統合失調症という名前は実に的を得ていて知識や記憶には全く損傷がないのにそれを正常にコントロールすることができなくなる病気である。この犯人の前頭葉は「人間以下」で「爬虫類」の処理能力しかないのだ。

この病気の原因は3つしかない。

    ストレス

    大麻、麻薬、覚せい剤、危険ドラッグなどの違法薬物

    睡眠薬、抗不安薬、安定剤、抗うつ薬など精神科の薬(麻酔薬、鎮痛解熱剤、抗ウィルス薬などでも起きる)

ストレスはわかるがなぜ薬物が統合失調症を起こすのか疑問に思う方も多いだろう。その理由はこれらの薬物がすべてストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンと同じものだからである。

統合失調症が「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きることによって起きることが最先端研究によって明らかにされており、その現象を引き起こすのがストレスホルモンや薬物によって過剰分泌される沈静性情報伝達物質GABAであることが東大大学院の研究によって解明されている。これには「抗不安作用」という脳の不思議は仕組みが関係している。

統合失調症はCOMT遺伝子多型などの特性を持つ、日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きやすい。この特性を持つ人は発達障害の傾向がありいじめに遭いやすく「引きこもり」になりやすい。「引きこもりが事件を起こしやすい」のではなくこの遺伝特性を持つ人にストレスや薬が加われば間違いなく統合失調症を発症するということなのだ。

今回の事件の原因が何であるかはまだ断定できる情報がないが、いずれにしても「病気」でしかなく「人間以下の生物」に責任を負わせるのはナンセンスでしかない。

精神科の薬は「統合失調症促進薬」である。この事実を認め間違った治療を改めればこのような事件の大半を減らすことができる。「人の命は何よりも重い」という人は多いのに次の事件を防ぐことができる私の話に耳を傾ける人が少ないのはどういうことなのだろう。この犯人を死刑にしても次の事件は防げない。どうしてこんな簡単なことがわからないのだろう。詳細は下記を参照していただきたい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

神戸小学生殺害事件判決 幼児性愛の正体

神戸で小学生を殺した犯人に死刑の判決があった。将来ある子供を殺された親の気持ちを考えればごく当然のものであるだろうし、栃木の事件とは違って物証もそろっていて犯行も極めて悪質で同情の余地は無いに等しい。

私はこの犯人を擁護するつもりはないだが、ただ一つ確かなことはこの事件が「なぜ起きたのか?」を突き止めなければこの犯人を死刑にしても次の事件を防ぐことはできない、ということだ。

この犯人がいい年をして小学生に性的興味を持つ「変態」「異常性格者」であることは間違いない。「性格の歪んだ異常性格者による事件」と結論付ければ何の疑問もないように思える。しかし、これが単なる「性格」というレベルの問題でなく「病的」なものであることは多くの識者が指摘するところである。

この性癖は「幼児性愛」「ペドフェリア」と呼ばれる。いい年をした大人が幼児や小学生程度の「子ども」に性的な興味を抱く異常な心理は多くの専門家が解明を試みているが明確な答えを出せていない。

多くの心理学者は「大人の女性に相手にされない満たされない思いを、簡単にいうことを聞く[子ども]で満たしている」と結論付けているが、そうとは思えない「異常さ」がつきまとう。この性癖を持つ犯罪者が「子供のころから異常だった」わけではないことが事件の背景から浮かび上がってくる。思春期までは「普通の子」で同世代の異性に興味を持っていたことも窺える。思春期以降にストレスを伴うトラブルがあって引きこもり、うつ症状や不登校などの経過を経てこの性癖が顕著になる傾向がある。このことについて心理学者は「思うように行かない人生の壁に突き当たり、自らそれを解決できずに歪んだ考え方を持つようになる」と考えてきた。要するに本人の「性格・考え方の問題」だということなのだが、その過程は矛盾に満ち疑問を感じざるを得ない。

この犯罪者たちは「ものごとを正しく判断できない」状態にある。大人になれば大人の異性に興味を持ち子孫を残そうとするのが「生物学的」にも正しい行動である。つまり、人間としてはもちろん、生物としても「異常」だということである。

人間の情動・行動・思索の根幹は「自我」であり「人格」である。これは知識や記憶とは全く次元の違う問題だということはお解りだろう。脳の領域が分かれていることがこの現象を作り出し、「人格」を司るのは「前頭葉」であることが明らかになっている。

「前頭葉」に「萎縮」が起きることで発症する病気の代表が「統合失調症」という病気である。さらに不可解な犯罪を引き起こす「反社会性人格障害」という症状が「前頭葉」の萎縮によってもたらされることもわかっている。前頭葉の萎縮という同じ現象が別の病気を作り出すとは考えにくい。要するに反社会性人格障害は統合失調症の一症状だということになる。

バカなことを言っている、統合失調症は以前は精神分裂症と呼ばれた「幻聴、妄想などを特徴とする不治の病」だから「性格が悪い」のは関係ない、と思われることだろう。だが多くの著書がある精神科医岡田尊司氏などは「性格が変わる・悪くなる」ことを含めほとんどの精神疾患が統合失調症あるいはその前兆現象だと指摘している。つまり人として正しい精神状態である「正気」を失うすべての現象が「統合失調症」でありその原因が前頭葉におけるNMDA受容体の機能低下及び前頭葉の萎縮にあるということなのだ。つまり、「後天的に性格が変わる・悪くなる」という現象は統合失調症という「病気」だということになる。要するに「幼児性愛」は統合失調症の一症状なのだ。

破壊型統合失調症の特徴に「退行した子供のような症状」と記載してあることがその証拠である。お解りになるだろうか?子どもに性的な魅力を感じてしまうのは犯人が「変態」だからではなく「子ども」だからなのだ。「幼児の感情」しか持たない犯人が大人の女性でなく幼児に関心を示すのはごく「当然」のことなのだ。

「???何バカなことを言ってるんだ」と思われるだろうが統合失調症は人間のOSである前頭葉が「初期化」されることによって起きる病気なのだ。すべての症状がそのことによって「完全に」説明できることを下記のホームページでご確認いただきたい。OSが初期化されれば大人のから体と知識を持った赤ん坊や幼児という「モンスター」が形成されてしまう。この手の犯人が幼児性愛だけではなく、「キレやすい」「怒りっぽい」「人間関係がうまく作れない」「トラブルメーカー」「ごみを片付けられない」「依存症」「不可解な行動・言動」「酒癖が悪い」というような日常があることがほとんどであることがこの事実を明確に表している。単なる趣味嗜好の問題ではなく「前頭葉の病気」なのである。なぜそんなことが起きるのか?わかってみればとても簡単な理屈でしかない。

「病気、統合失調症なら精神科に行けばよい」と思われる方も多いだろうが精神科医は統合失調症を治すことができない。なぜなら「絶対に薬では治らない」からである。それどころか精神科の薬は統合失調症を発症・悪化させるのだ。それは精神科の薬がストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンと同じ働きをするからだ。

統合失調症は思春期に多発し、「ストレスに弱い遺伝特性を持つ人」に多発する。「ストレスに弱い遺伝特性を持つ人」は日本人を含むユーラシア大陸のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに特に多く存在する。

この病気を的確に診断し、絶対に薬を使わない治療を施すことがこの種の犯罪を防ぐ「唯一」の方法である。アルコール、睡眠薬、抗不安薬、安定剤、抗うつ薬は間違いなく「統合失調症促進薬」であるから思春期や子ども、精神疾患の治療に用いてはいけない。誰も突き止められなかった真実は下記を参照してほしい。「まだよくわかっていない」と言われている精神病の正体を突き止めたこの理論を否定できる精神科医はいない。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



神戸 女児殺害事件 犯人は異常性格者?

神戸市で起きた小学生誘拐殺害事件で47歳の男が逮捕された。

幼児性愛、ずさんな犯行から考えれば男が「幼児の感情」しか持っていなかった事自体は間違いない。知識や記憶は47歳を疑うものは感じられないのに「人格」としての「感情」が赤ん坊や幼児程度のものでしかない。誰も47歳が「幼児の感情」しか持っていないとは思わないから「異常性格者」の犯行とされるだろう。

どうしてこのような年齢と「感情」のアンバランスが起こりうるのか?この症状は先天的ないわゆる「知恵遅れ」とは異なり、後天的なものだと考えられる。この症状は精神科医療における診断基準には満たないので明確に診断される事はないが「統合失調症」という「病気」である。脳のNMDA受容体の機能低下及び神経細胞のアポトーシス(自殺現象)による典型的な症状である事は間違いなく、その発症原因が何であるのかが重要な点である。

この症状の発症要因は脳梗塞の後遺症などを除けばストレス、麻薬・覚醒剤などの薬物、抗不安薬・抗うつ薬などの精神科薬の3つしかない。

ストレスによるものであれば仕方ない。ストレスによって統合失調症が起きること自体は精神科医も認めている。ただし、この症状が統合失調症であることを診断できるまともな精神科医はほとんど存在しない。この男を死刑にした所で何一つ問題は解決しないがそれがこの男の定めだったと諦めるしかないだろう。薬物が原因なら結果がこうなる事はわからなかったとしても自分の責任だからこれも仕方ない。しかし、精神科の薬が原因であればこの男には何一つ責任は存在しない。なぜなら精神科にさえ行かなければ事件は起きなかったからだ。

この犯人がストレスに弱い遺伝体質「COMT遺伝子多型(正常ではないタイプ)」であることは間違いないだろう。どのような原因でも成人がこの症状を発症するにはこの前提が不可欠だ。

この遺伝特性を持つ人間はストレスに弱く精神疾患を発症しやすく、このことは統合失調症のNMDA受容体仮説によって明らかになっている。ストレスによって適応障害、不安障害、うつ症状などを発症し、精神科に行くことになるのだが、これらの症状が前頭葉の萎縮を伴う「統合失調症」が誤診されていることを少なくない専門家が指摘している。これらは初期の統合失調症の症状でNMDA受容体の機能が低下する事によって起き、ストレスが繰り返されることによってストレスに対する脆弱性が増し、少しのストレスでも悪化、重症化するようになる。

精神科で処方されるのは抗不安薬や抗うつ薬である。「ストレスを緩和する」はずのこれらの薬は「統合失調症」には効かないばかりか悪化、重症化させる。なぜなら添付文書の副作用欄に「統合失調症の発症・悪化」が明記されているからだ。発症率は1%以下とされているが遺伝特性やストレスによる脆弱性は考慮されていない。

なぜストレスを緩和する薬がストレスで発症する統合失調症に効かないか?それは薬がストレスと同じ役割を果たすからだ。ストレスによって過剰分泌されるホルモンの一種L-ドーパはCOMT遺伝子が関連する働きによってドーパミンやノルアドレナリンに分解されるがCOMT遺伝子多型はこの働きが弱くL-ドーパが脳に滞留することによってNMDA受容体の機能を低下させ最悪の場合大規模な前頭葉神経細胞のアポトーシス(自殺現象)を起こし前頭葉を破壊する。これが統合失調症発症の原理である。L-ドーパはいわば自前の「覚醒剤」であり、抗うつ薬の成分の一つである。つまり抗不安薬や抗うつ薬はCOMT遺伝子が正常な方には「効果」があると考えられるが、COMT遺伝子多型ではストレスと同じ働きによって統合失調症を発症・悪化させるのである。ストレスによって起きる諸症状が抗不安物質、覚醒物質の不足によって起きるというとんでもない「勘違い」が諸悪の根源である。

COMT遺伝子多型は日本人を始めユーラシア大陸に多く存在し、純粋な白人、黒人には少ないと考えられる。欧米から輸入された精神科医療は日本人には適合しないということだ。

アポトーシスによって破壊された前頭葉は「初期化」される。要するに赤ん坊や幼児の状態にリセットされるということであり、統合失調症の症状は幼児化した前頭葉が正常な記憶知識、本能・欲望をコントロールする事が出来ずに起きる。

この症状は一度起きれば何年も影響を及ぼし、精神科による投薬やストレスによって回復が阻害される。今現在薬を飲んでいなくても症状は継続する。子どもの頃に精神科の薬を飲んだ後ストレスの多い環境に置かれた場合も同じ傾向を示す場合がある。もちろん精神科医は副作用である事を否定し、本人のせい、家族のせいにして何の責任も取る事はない。

この症状は間違いなくストレスによっても起きる。しかし精神科の薬は間違いなく「悪化」させるので精神科通院歴があれば「副作用」以外の何者でもない。

この事件が精神科薬の副作用であるという根拠はまだない。しかし膨大な数の事件が精神科の薬を服用した後に起きている。間接的ではあるがすでに科学的な裏付けは多くの専門家によってされている。いつまで隠し通す事が出来るか、という問題だ。この副作用が明らかにされればこのような犯罪は激減する事は間違いない。

誤解のないように付け加えておくが統合失調症がすべて事件に繋がるわけではない。薬の副作用によって起きる「性格が変わる」という典型的な症状と負の性格、被害妄想などが結び付く事によって事件に至る事がある、ということだ。適切な環境を作る事によって赤ん坊が育つように前頭葉は回復して行く。

これは妄想ではなく科学的に裏付けられた「事実」である。

息子に起きた副作用の記録と詳しい考察は下記を参照してほしい。

http://toshioy001.wix.com/tougou

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ