精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

皇太子

状況証拠による雅子様の症状が抗不安薬の副作用であることの立証

雅子様のオランダ外遊に絡んでまた芳しくない噂が週刊誌に流れている。しかし雅子様の奇言奇行が抗不安薬の半永久的副作用であることは疑う余地の無い事実である。数えきれない状況証拠が揃っているのに何も気づかない無能なジャーナリストに代わって明確な副作用を立証してみよう。

〇雅子様の芳しくない噂が流れ始めたのはいつからか

奇言、奇行などの噂が流れ始めたのは.適応障害と発表された後のことであってそれ以前には何の前兆も無い。結婚前の人間関係の中で「性格が悪い人間」という噂があったという話は聞かれない。ということは適応障害後に「性格が変わった」ということになる。

それ以前の問題として「性格の悪い」女性を皇太子が結婚相手として選ぶかということだ。悪い女にうまくだまされたとも言えないことはないだろうが皇太子は聡明で賢明な方であってそんな相手を選ぶことはないだろうし、宮内庁がそんな相手を許可するはずもない。

対外的には「いい人」を取り繕っていたが実は「悪い女」だったということも世の中にはあふれているが、それなら結婚後も適応障害後も同じことを続けるはずだろう。少なくとも第三者のいる場所で「性格の悪さ」を露呈するミスを犯すようなバカな女性には見えないし、皇室に嫁いだ女性が少なくともそのようなことをわきまえられないはずもない。

〇症状

 流れている噂を総合すると、「わがまま」「誰かの悪口を言う」「言葉遣いの悪さ」「品格の欠如」などという「子供じみた」言動、行動であることがわかる。少なくとも、立派な大学を出て立派な仕事をし、納得して皇室に嫁いだ女性のとる行動ではない。適応障害以前の姿と比べれば「別人」であることは明確である。

〇皇太子の「人格否定発言」の真相は?

皇太子が異例の人格否定発言をしたのは、人格を否定されるような言動、行動があったことは事実だが、それは本来の雅子様の姿ではない、という意思の表現である。家庭内で日常的に「性格の悪さ」が露呈していたのであればこのような発言はあり得ない。

〇皇太子は何故頑ななのか

 皇太子は天皇や皇后とも「確執がある」と言われているほど孤立している。これは雅子様の容態を天皇家や宮内庁も国民と同じ目線で見ていて「悪いのはわがままな雅子様とそれを放置している皇太子」という目線で見ていることに他ならない。雅子様が適応障害発症前の雅子様と明らかに別人であることを知っているのが皇太子だけであって、雅子様を守ろうと必死に身構えているからなのだ。

〇病気で性格が変わったのでは?

 「性格が変わる」病気は存在するが雅子様の症状には一致しない。「精神障害が悪化して性格が変わる」というのは精神科医が良く使う言葉だが科学的根拠に乏しい。適応障害が悪化して「性格が悪くなる」ことなどあり得ない。

〇薬の一時的副作用では?

薬の一時的な副作用で「性格が変わる」ことは間違いなくあるが、脳内物質の異常によると言われるこの症状は薬を止めれば回復する。何年も同じような症状が続くことはない。

〇新型うつ病なのでは?

 そもそも新型うつ病などというものが存在するのかという疑問もあるが、自分の興味のあることは普通に行動できるが仕事などいやなことに向き合うと気持ちが落ち込むというこの病気の症状は全く一致しない。


 これまで語られているすべての解釈はこれらの疑問や不可解さを解決していない。しかし、雅子様の症状が薬の副作用によって前頭葉が萎縮、「感情記憶」が消失し、知識記憶はそのまま「感情(人格、理性)」だけが半永久的に「幼児化」したことによるものと考えるとすべてのつじつまが合う。これ以外の答えは存在しない。抗不安薬の添付文書に明記されているこの副作用を「精神科医が否定するから」という理由だけで疑おうともしないジャーナリストはどうかしている。私の息子に同じことが起きたのだから疑う必要さえない。この副作用は雅子様の症状はもちろん福島母親殺害事件、秋田連続児童殺害事件、米の銃乱射事件など多くの不可解な凶悪事件の原因であることは明白だ。
 発症から10年、雅子様の「心」はまだよく見積もって中学生か高校生程度と考えるべきだろう。この間に薬を処方されていればさらに幼いことになる。公務などまだできないのが当たり前であって、無理をさせれば適応障害が再発する可能性が高いのに・・・。

息子に起きた驚愕の副作用の3年間の記録は下記を参照してほしい。
toshio1131.web.fc2.com


 

皇太子は何も悪くない

抗不安薬の驚愕の副作用によって「別人」にさせられた雅子様を必死に守ろうとする皇太子の愛の深さを理解しようとしない皇室と国民


雅子様が公の席に顔を出すようになったら週刊誌の批判の的は皇太子となったようだ。

天皇が懸念を口にされたとか、公務より静養色の強いスペイン外遊の批判など・・・。

どう考えても皇太子が悪者にされているとしか思えない。その理由は皇室の慣例や周囲の進言を無視してかたくなに雅子様をかばうように行動する姿なのだろう。確かに天皇家の歴史の中ではこのような行動をとった方はいないはずだ。

その本当の理由を知らない者にとっては「象徴たるものの身勝手な行動」はゆゆしき問題なのだろう。妻が病気だろうが仕事を優先し、立場をわきまえて行動するのが男尊女卑の日本の伝統、天皇家の常識ということなのだろう。

だが、時代は変わった。男女平等、厨房男子、イクメンの時代である。同じ人間であることを認めた天皇家が変わっても悪くはない。妻が病気ならば付きっ切りで看病するのが現代の夫婦の一つの姿だろう。

問題は雅子様が病気なのかどうかということだ。公の場に顔を出すようになり、一目見には元気そうにも見える・・・という国民目線と同じく担当医も皇室関係者も天皇皇后も「もう回復しているのではないか」という考え方をしていることがうかがえる。それなのに必要以上に雅子様をかばうように、隠すように、いや、雅子様の言うなり行動しているようにも見える皇太子に不信感を募らせているというところなのだろう。

なぜ皇太子は身勝手な行動を続けるのか?その理由は雅子様が「回復していない」から、しかもそれを知るのが皇太子以外にはいないからだ。

???・・・という方がほとんどだろう。

人の良い皇太子は、すでに回復している「性格の悪い」雅子様に支配され、いいように操られている・・・わけでは無い。強い意志を持って「回復しない」雅子様を支え、守り、回復に導いているのだ。ますますわからない?

雅子様が「適応障害」であった時期はとても短い。治療が行われて精神科医によって「抗不安薬」が処方され、それまでの「適応障害」は姿を消した代わりに新たな症状が現れた。抗不安薬の副作用である。

この副作用は十数人に一人程度の高確率で発症する。従って全国では数万を超える被害者が存在することになるが、精神科医も専門家も製薬会社もその存在を知らない。「そんなバカなことあるわけない」と誰でも思うだろうがこれは「事実」である。なぜなら皇太子の行動がすべてを物語っているからだ。

抗不安薬はある特定の体質を持った人間の感情を司る前頭葉に直接作用し、脳梗塞と同じ現象、を起こし脳細胞や神経細胞ネットワークを破壊する。それによって人間の「感情」(人格、理性)だけが赤ん坊や幼児の状態に「半永久的」にリセットされる。その結果、全く同じ体と知識記憶を持つが、「理性」を失い「人格」を奪われた「別人」が形成されることになる。これは一種の「統合失調症」である。現れる症状は、性格が悪くなる、品格を失う、言葉遣いが汚くなる、わがままになる、欲求を抑えられなくなる、責任感・義務感の喪失、甘えん坊になる、喜怒哀楽が激しくなる、攻撃的になる、暴力的になる・・・といったものである。

「バカバカしい」ほとんどの方がそう思う事は間違いないだろうがこれは私の息子に間違いなく起きた副作用である。12歳の息子は2粒の抗不安薬で「赤ん坊」にされた。赤ん坊の脳波となり「憤怒失神」という赤ん坊の症状が現れたのだから間違いない。もちろん医師は「もともと持っていたものが薬で促進された」といって副作用である事を認めなかったが、促進するのなら「副作用」以外の何者でもないだろう。さらに人家もまばらな田舎でわずか2キロ先に同じ症例の子どもがいた事、脳梗塞を起こした伯父の後遺症が酷似していた事、雅子様の奇行が同じ症状である事、皇太子の言動・行動が私の思いと同じことを知った時、紛れもない副作用であり、とんでもなく多発している事実に気付いた。

そんな話聞いたことも無い。医師、専門家が否定し、精神科医療を批判する人権団体も認めていない副作用など存在するわけがない。そう言われてしまうのも無理は無い。

しかし、それなら起きている事実をどう説明するのか?雅子様の状態も、人権団体が副作用である事を告発しながらもつじつまの合わない不可解な凶悪事件も、この副作用を当てはめればすべての疑問点が解決されるのはどういうことなのか。

「バカバカしい」「あり得ない」そういう人間の常識と既成概念を超えたところにこの副作用は存在している。多くの人は「記憶」と「感情」が脳の別の場所に記憶された「全く別のもの」であることにさえ気づいていない。抗不安薬、抗うつ薬といった「安定剤」としか思われていない薬が「半永久的な脳のダメージ」を引き起こすという想定を持っていない。以前の状態を知る家族以外にはたとえ医師であってもその症状を読み取る事が出来ない。家族の訴えは警察でも信用されない、医療でも同様である。こうして多くの被害者は副作用である事にさえ気づかず、気付いた一部の人たちも誰にも認められず口を閉ざしていくことになり闇から闇に葬られてきたのだ。

皇太子が批判され、孤立してもなお頑なに雅子様を守ろうとするのは、誰も皇太子の訴えを認めないからだ。医師も宮内庁も天皇も誰も信じようとしないからだ。皇太子は必死に訴えてきた、薬を飲んでからおかしくなった事、もともとの性格などではないこと、一見何でもないように見えても公務など出来るような状態ではないこと、自分以外に守ってあげられる人間がいないこと・・・しかし誰もそれを信じようとしなかった。どんなに悔しい思いをされたであろう皇太子は口を閉ざし、いつか雅子様が自分が愛した女性に戻る事を信じ、何を犠牲にしても雅子様を守ろうとした。天皇家よりも人間である方を選んだ素晴らしい夫であり、本当の人格者である。

皇太子を孤立から救う唯一の方法はこの副作用を認めることだ。雅子様も皇太子も悪くない事、何も間違った事をしていない事を証明することなのだが道のりは遠い。皇太子は何が起きているのかすでに理解している。理由は判然としなくても「子供」になったことを受け入れ、再成長の途上にあることを認識し見守っている。

この副作用は治療法が無く、ただ再び成長するのを待つしかない。反抗期や思春期を経て再び「大人」へと成長していく。そのスピードは通常の成長よりはやや早いと考えられるもののとてつもなく長い時間を必要とする。雅子様は副作用を発症してから10年になるが、その間薬を再投与された可能性もあるので感情年齢はまだ20歳には達していないと思われ、ストレスの多い環境では正常な成長が阻害される可能性も高い。いくら皇太子が守ろうとしても周囲の無知と無理解がストレスを生む事は間違いないだろう。

息子に起きた副作用の3年の記録とそこから導かれた驚くべきその正体の考察は下記を参照してほしい。検証手段を持たない素人には仮説としてしか表現するしかないがすべてのつじつまが合う事だけは確かである。

toshio1131.web.fc2.com 

拝啓 皇太子様 皇太子の愛した雅子様の行方

拝啓 皇太子様


「私の愛した雅子はどこへ行ってしまったのか」
太子が何千回も何万回も繰り返した問いに私はおそらく唯一答えることができる人間です。
一般参賀に雅子様が出席されたとことで安心されたのでしょう、久しぶりに心からの笑顔を拝見することができたことうれしく思います。雅子様も外見からはお元気そうに見え、最近は公用へのご出席も増えているようで何よりですが、まだ完治されたという発表はされていないようですし、まだ発言も聞かれません。
孤独で悲しく、苦しい、長い歳月を過ごされて来られたことと思います。雅子様が天皇家という化石のような世界に適応できず、ストレスによって帯状疱疹を発症し、その後適応障害と診断されたまではほぼ国民が知る通りでしょう。
 公の行事や人に会うことに恐怖を感じるようになり、ふさぎ込み、時には泣きながら自分はここに来るべきではなかった、皇太子にふさわしい人間ではなかったと繰り返したことと思います。天皇家の人間が神経症を発症したことを認めたくない周りの人間が適応障害というあやふやな表現にしてしまいましたが、具体的には強迫性障害、軽度のうつ病の症状を示されていたのだと思います。自分が結婚を望んだことで雅子様を追い込み、苦しめてしまった自責の念を強く感じられていたことでしょう。もちろんそのような症状があっても雅子様は皇太子の知る雅子様には違いありませんでした。
 ところがある日を境に雅子様の様子が一変しました。国民が知ることはほんの一部ですがご家庭の中ではかなり悲惨なことが起きていたはずです。それまでのように泣いたり、ふさぎ込んだりすることはなくなりましたが、そのかわり異常な興奮状態となり、不可解な言動や行動が見られるようになりました。言葉遣いが乱暴になり、欲求を抑えることができず、食べたいものを食べたいだけ食べ、欲しいものを次から次に買ってしまう・・・あまりの傍若無人ぶりをたしなめると怒りを露わにし、一度も向けたことのない敵意を向け、時には暴力を振るうようなこともあったのではないでしょうか。ニュースや国際問題に興味を示されなくなって品があるとは言えない民放の番組を見るようになり、自分の立場ややるべきことを認識することができず公の行事や人に会うことをあからさまに拒否されるようになり、周囲の人間の悪口を公然と口にするようにもなりました。家事や育児に興味を示さなくなり自分の脱いだ服さえ片付けることもできなくなってしまったかも知れません。皇太子はあまりの出来事に呆然とし何が起きているのか理解できぬまま言うことを聞き面倒を見ることしかできなかったことでしょう。もちろん雅子様は自分がおかしいことに全く気が付いていません。
 あまりにも様子がおかしいことから前日処方された抗不安薬の副作用なのではと疑われ、医師にそのことを伝えると笑いながら「そのような副作用はありません、安全な薬ですからご心配には及びません。万一副作用であれば数日で収まりますから様子を見てください」と言われました。しかし2日、3日、一週間・・・いつまでたっても症状は改善することはありませんでした。診察後は自分の悪口を言いつけられたような心理が働き怒りをぶつけてくるようなこともあったと思います。
 まるで子供のようにわがままで喜怒哀楽の激しい性格になってしまいましたが、身体的には健康で寝込んでいるわけでもありません。雅子様の異常な状態を誰にも悟られないように慣れない家事や育児、雅子様の身の回りの世話を皇太子自身がこなされたのだと思います。皇太子に対する尊敬や異性としての愛情を示すことは全くなくなりました。「私の愛した雅子はどこへ行ってしまったのか」そう頭の中で繰り返しながら甲斐甲斐しく世話をされる悲しみはどれほどのものだったでしょう。
 ある朝目覚めたら以前の雅子様がいて、やさしく「お早うございます」と声をかけてくれる。雅子様の寝顔を見つめて何度そんなことを思われたことでしょう。それが叶うことはなく、何が起きているのかわからぬまま時は過ぎて行きました。愛された雅子様を失った喪失感、焦燥感、何もできない無力感、自分が追いつめた自責の念に押しつぶされそうになりながらもよくご自分を保たれました。
 愛子様のお世話もほとんどされなくなりました。朝起きるのも遅くなり学校の準備も皇太子がされていたのだと思います。本を読み聞かせることもお勉強を見てあげることもできず、その一方で愛子様にそれまでとは違う異常な執着を見せるようになり、遊びとなるとまるで友達と遊ぶように本気になって遊ばれるようになりました。次第に雅子様の愛子様への異常な執着が母性によるものではなく、幼い友情のようなものであること気付かれたと思います。
 信頼できる方に雅子様の状態を話しましたが「そんなバカな話聞いたことが無い」「何かの思いすごしなのでは」と相手にしてもらえず、それから誰にも話そうとされなくなりました。皇室関係者はもちろん、秘密など持ったこともない天皇や皇后、ご兄弟にも固く口を閉ざすようになりました。固く口を閉ざすことで様々な憶測を呼び「人格否定」発言に繋がりました。雅子様の状態が「もともとの性格」なのではという一部の関係者の発言に対して「私の愛した雅子はそんな性格などではなかった、今は病気で異常な状態にあるだけなのだ」という叫びだったのでしょう。しかし言葉と裏腹に雅子様は元に戻ることはありませんでした。
 一見上は健康で何事も無いように見え、話もとりあえずは合わせることもできる、どこがどのように悪いのか第三者は首をひねるしかなく、「わがままで性格の悪い雅子様を皇太子が甘やかしているだけ」そう陰口をささやかれ、どれほど口惜しい思いをされたことでしょう。誰に話しても信じてもらえず、雅子様のプライドを守るため口をつぐむことを選ばれたのでしょう。できるだけ人に会わず、外出も避け、雅子様が人目に触れないように腐心なさいました。とはいっても寝込んでいるわけでもないのにすべての行事を避けることも、本人が出かけたいというのを止めることも難しかったでしょうから何か不測の事態が起きないか不安な毎日だったろうと思われます。第三者の前では多少の緊張が働き極端に異常な状態は見られないのですがすべてを隠すことは難しく週刊誌などに情報が漏れだしてしまったのでしょう。何をしでかすかわからない雅子様を置いて公用で出かけなければならない時は気が気ではなかったと思います。天皇家内での沈黙は不信感を呼び孤立は深まっていくばかりでした。どれだけ孤独でお辛い日々だったことでしょう、最大の理解者であるはずの雅子様がその苦しみを理解することが叶わぬ存在になってしまったのですから。自分を愛してくれることのない雅子様を愛し続け、二人の子供を育てるように面倒を見続ける皇太子の愛の深さに胸を打たれます。
 多くの国民はこの話をバカバカしいつくり話だと思うでしょう、皇太子のおっしゃることすら信じてもらえなかったのですから無理もありませんが、これまでの経過や漏れている情報を重ね合わせてみれば、もはや適応障害でもなく新型うつでも、もともとの性格でもないことくらいは誰にもわかりそうなものなのですが。
 皇太子だけは何故自分しか知らないはずのことを知っているのかと愕然とされることでしょう。まるで見ていたように話ができるのは私の息子に同じことが起きたからです。12歳の息子はある日突然人格を奪われ同じ記憶を持つ赤ん坊にされてしまいました。同じ絶望、喪失感、苦しみ、悲しみを長い間味わいました。私は3年の間何が起きているのか記録を取り、調べ、研究しました。それによって導かれた驚くべき結論は下記をご参照ください。
toshio1131.web.fc2.com
 最初の問いの答えを出します。皇太子の愛された雅子様はもうこの世に存在していません。そこにいらっしゃるのは同じ体と同じ記憶を持った別人です。雅子様は抗不安薬(または抗うつ薬)の副作用によって人格を奪われたのです。具体的には前頭葉が萎縮して脳梗塞と同じ現象が起き、神経細胞の死滅あるいは神経細胞ネットワークの破壊によって、知識記憶はそのまま「感情(人格、理性)」だけが幼児か赤ん坊の状態にリセットされるのです。脳梗塞の後遺症に同じ症状があるのを確認しています。わがままで聞き分けのない幼児が大人の体と記憶を持つとどうなるかという恐ろしい人体実験です。リセットされた感情は新しい環境の下で子供が成長するようにゆっくりと成長します。40歳の雅子様に戻るには40年近い歳月が必要ということになり、しかも成長した人格は以前の人格とは全く別のものになって行くので、成長した雅子様が皇太子を愛するような人格を持つかどうかはわからないのです。
 皇太子の愛した雅子様は抗不安薬によって殺されました。この副作用は510%という高い確率で発症していると思われますが精神科医は一切認めることはありませんし、ほとんどは知識さえありません。多くの症例がありながら家族でさえ「おかしくなった」「性格が変わった」というような認識しかできず副作用であることに気づかない場合がほとんどです。息子の場合もたくさんの精神科医や関係者と話をしましたが副作用であることは誰一人認めず、このようなことが「起こりうる」という知識を持っていたのは医大の医師一人だけでした。世界的に見ても知識がある専門家はごくわずかでまともな研究もされたことがありません。しかし薬の添付文書には控えめな記述があり、日本で急増している不可解な凶悪事件やアメリカで起きている多くの銃乱射事件の原因であると私は考えています。
 たった一粒の薬が半永久的に人格だけを奪ってしまう?そんな映画やアニメのようなことがあるわけ無い、医師であろうと専門家であろうとそういう既成概念から抜け出すことができないのですから国民は誰でもそう思うに違いありません。私や皇太子のように目の前でそれを見ない限り信じることができないことは仕方ないことなのでしょう。しかし実際には何万という数の人達が雅子様のように「もともとの悪い性格」「発達障害」「人格障害」とされて人生を失っているのです。
 雅子様にも皇太子にも何の落ち度も罪もありません。すべてはこの副作用を否定し続けた精神科医と製薬会社の責任です。この手紙を直接手渡すことができたらいくらかでも皇太子の心が安らぐのではと思いますがそれは叶わぬことなのでしょう。
 大分回復された様子が見受けられます。いつか皇太子の愛を受け入れることができるまで成長されれば皇太子を愛するようになれるかもしれません。その日が来ることを私も心から願っています。それまで少しでもストレスから遠ざけて穏やかな心を育まれるよう見守ってあげていただければと思います。もう身構える必要も口を閉ざす必要もありません、すべては明らかにされます。これまで十分ご努力されました、どうぞご自愛ください。

敬具

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ