精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

殺人事件

大阪中央区 殺人事件 笑いながらスキップするキチガイの生まれるわけ

大阪市中央区で20代の女性が殺された。逮捕されたのは24歳の元交際相手。二人は交際していたが破局し、犯人のマンションに荷物を取りに来た女性をナイフで刺したとのこと。

驚くべきことに犯行のあと犯人は血だらけで笑いながらスキップをするように通りを走って行ったという。つい最近も血だらけで通りをうろうろする殺人犯の映像が流れたばかりである。

単なる別れ話のもつれというだけではなく、頭のおかしな「キチガイ」の犯行であることは誰にでもわかる。しかし女性と交際出来ていたのだからもともとのキチガイではない。精神科の通院歴や薬物使用の可能性は今の所報道されていない。

これはおそらく自然発生による統合失調症によるものだろう。精神科医は診断できないが前頭葉に萎縮の起きる「病気」である。女性にふられたストレスによって発症したと考えられる。交際が破たんしたにも関わらずベッドを注文するなど奇行は事件前から始まっている。「そんなバカなこと」が「ストレスに弱い遺伝特性」を持った人には頻繁に起きるのだ。ストレスによって過剰分泌されるホルモンがNMDA受容体の機能を低下させ前頭葉神経細胞のアポトーシスを引き起こすことによって発症する。前頭葉は萎縮し爬虫類の脳波が観測される。

他人事だなどと考えてはいけない。日本人には「ストレスに弱い遺伝特性」が特別多く存在し、10~15人に1人はいる可能性がある。強いストレスがあれば誰がこの犯人のような「キチガイ」になってもおかしくないのだ。自分ではどうすることも出来ない「病気」にしかすぎない。

お疑いの方々、それならなぜこの犯人が「キチガイ」になったのか説明してみるがいい。これまで誰一人なぜこのようなことが起きるのか明確に説明できた人はいない。誰も否定できないだけの根拠がすでに存在している。精神科医はそれに気付こうとしないしない「ヤブ医者」ばかりなのだ。

ストレスと同じことを精神科医が処方する抗不安薬(睡眠薬)、抗うつ薬、そして麻酔薬、抗ウイルス薬や解熱剤も引き起こす。メカニズムはすでにあきらかに明らかになっている。私は次の事件を私は防ぎたい。この犯人をキチガイと呼ぶだけでは何も始まらない。

詳細は下記を参照してほしい。

http://toshioy001.wix.com/tougou

中国人青年による殺人事件 睡眠薬が殺人鬼を作る驚愕の事実!

23日品川区で中国籍の20代女性とその両親が侵入してきた男に刃物で切りつけられた。父親は死亡し女性と母親もけがをした。逮捕されたのは25歳の中国人青年で女性と交際していたが別れ話になって逆上し犯行に至ったとされている。

この犯行の様子が尋常ではない。近所の人が撮影した動画がテレビで流されているがとてもまともな人間とは思えない。家族まで執拗にめった刺しにし、逃げる女性を血だらけになりながら路上まで追いかけまわすその姿は「殺人鬼」以外の何ものでもない。いくらふられて逆上し刃物を向けたとしても血を見た瞬間に我にかえり大変な事をしてしまったと考えるのが当たり前だろう。

別れ話のもつれが起こした短絡的で残虐な事件・・・誰もがそう思う事件の真相はまるで違う。それは前日の夜に酒と一緒に「睡眠薬」を飲んでいた、という事実があるからだ。

これは睡眠薬の副作用によって起きた殺人事件なのだ。

何をバカな事を言ってるんだ、睡眠薬で殺人事件など起きるはずがないではないか?100人中100人、いや1000人中1000人がそう思うだろう。睡眠薬(抗不安薬、安定剤)が人間を半永久的に恐ろしい「悪魔」に変えてしまう事実を目の前で見た人間以外には信ずることなど不可能なのは当たり前だろう。

7年前抗不安薬を飲んだ息子が目の前で恐ろしい悪魔に変貌した。やさしかった息子が母親の首を本気で締める様は地獄絵図以外の何ものでもなかった。薬以外にそんなことを起こさせる条件は全く存在していなかった。

睡眠薬・抗不安薬・安定剤と呼ばれる薬がそんな副作用を起こすとは私ももちろん考えもしなかった。抗うつ薬が自殺や攻撃性を増すという副作用を起こすらしいという話はあるが睡眠薬などに関してはあまり報道がない。しかし調べてみると同じような事例は膨大な数存在していた。福島県で起きた母親殺害事件、神戸連続児童殺傷事件、佐世保で起きた女子高校生による殺人事件、山口で起きた放火殺人事件など睡眠薬・抗不安薬・安定剤などを服用した後残虐な事件を起こした例も数多い。多くの場合薬を飲むまではそんなことを起こすような人ではなかったという証言がある。

なぜ眠りを誘うだけのはずの薬が「殺人鬼」を作り出してしまうのか?それは薬が前頭葉の萎縮を引き起こし「統合失調症」を発症させるからだ。統合失調症は記憶知識はそのまま感情(理性、社会性、人格、愛情)を半永久的に破壊してしまう事で起きる。

そのメカニズムはほぼ解明されているといっていい。精神科医はそれを知らないというだけの話なのだ。

もちろん意通の人には睡眠薬として機能する。それはストレス時に分泌される「抗不安物質」と同じ働きをするものだからだ。ところがこの物質を正常に分解できない「ストレスに弱い遺伝特性」を持った人間がいるのである。この方が強いストレスを受けると抗不安物質があふれることによって統合失調症が引き起こされてしまうのだ。そしてその遺伝特性は日本人、中国人には欧米の10倍以上存在する。この事実も精神科医は知らない。

欧米から輸入された精神科医療を何の疑問も感じることなく当てはめた精神科医の責任である。どれだけ人を殺し、どれだけ人殺しを作ったら真相は明らかにされるのか?

バカげているとは思わない方がいい。次の犠牲者はあなたやあなたの家族かもしれないのだから。

詳細は下記を参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

札幌金属バット殺人事件 また起きた精神科通院患者の殺人は偶然?

札幌金属バット殺人事件 また起きた精神科通院患者の殺人は偶然?いいえ精神科薬の副作用です!

札幌市で11日に起きた金属バットで3人が殺された事件。逮捕された31歳の男性は警察に意味不明の通報をし自宅にいた所を逮捕された。取り調べに対し「何も話したくない。放っておいてくれ」と話しているという。男性は精神疾患で精神科に通院しており、逮捕時は不可解な言動もあったと言われている。

・・・

先日練馬で起きたばかりの通り魔事件に状況がそっくりなこの事件。同じく精神科に通院していた患者が起こした同じパターンのこの事件を、あなたはまだただの偶然と言い張るのだろうか。精神科に通っていた(過去の通院歴も含む)患者が起こしたおびただしい数の凶悪事件には次のような共通点がある。

①精神科に通院していた。

②通院のきっかけは強迫性障害やうつ病など軽度の疾患だった

③薬を飲んで別人のようになった。言葉使いが悪くなった、攻撃的で乱暴になったという証言がある。

③子どもじみた抑制の効かない行為、仕草、行動、言動が見られる。

④犯行の一部始終を直後には明確に記憶している。

⑤善悪の知識は持っているが悪いことをしたという認識はない。

⑥動機があやふや、短絡的である。

⑦冷徹で感情の無いような行動や言動が見られる。

⑧犯行を隠そうとしたり逃げようとする意思が見られない。あるいは子どもじみた嘘で隠そうとする。

⑨取り調べに対しては淡々として子どもっぽい受け答えに終始する。

⑩つじつまの合わない話、理解できない話、空想のような妄想のような話をする。

⑪事件の重大性を認識できず、反省の気持ちや自責の念は長い間現れることはない。

⑫犯行を反省している様子が無いのに死刑を望む。

⑬精神鑑定の結果、心神耗弱ではないとされ、広汎性発達障害かアスペルガー、精神障害が悪化したなどと診断される。

これらの一致がただの偶然?のはずがあるわけないだろう。

精神科医はこれをもともとの精神疾患が悪化したと判断している。多くの人は「人を殺したくなる」精神疾患なんてあるの?と疑問を感じるだろうが、そういう精神疾患は現実に存在する。強いストレスを受けた後、気が狂ったように乱暴をふるい、その時の記憶がないという錯乱や心神耗弱状態を引き起こす、東南アジアで「アモック」朝鮮では「火病」と呼ばれる風土病があり、秋葉原事件などはこの症状と見るべきだろう。それと同じ現象が精神科の薬によって引き起こされるのだ。

多くの人はバカバカしいと言うだろうがすべてのつじつまが合うことを忘れないでほしい。他の誰がこれ以上につじつまの合う答えを出すことができるだろう。これまで事件と薬の関連を指摘してきた人権団体や一部の専門家の指摘している「脳内化学物質異常説」では多くの矛盾が生じる。
折しも練馬の事件で精神鑑定が始まるとのニュースが流れている。答えのわかりきっている精神鑑定に意味などない。加害者が被害者の怪我の程度を診断するようなものだから「茶番」以外の何物でもない。
必要なのは精神鑑定ではなく脳の検査である。
脳波検査によって「赤ん坊に特徴的な脳波」が観測されること。PET検査によって前頭前野と感情脳の働きに異常のあること。薬を投与した段階でのMRI検査で脳の萎縮が確認されること。

これらの事が間違いなく確認されるはずなのに誰も試みようとしなかっただけである。

いったいどれだけの命が失われれば真実は明らかにされるのだろう。ジャーリストよ、もうそろそろ気付け!真実はここにある。

息子に起きた驚くべきこの副作用の3年に渡る記録は下記を参照してほしい。(考察部分は未更新です)
toshio1131.web.fc2.com

 


 


 

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ