松居一代の言動が物議をかもしている。

長期間尾行されている、夫が不倫しているなどという嘘かほんとかわからないような話を次々とネット上に流出させ、出版社やテレビ局を批判したり、離婚調停を申請している夫に対して異常な攻撃的な発言を繰り返している。

夫の顔を血の出るほど殴ったり、包丁を向けたというような話も囁かれている。「おしどり夫婦」と呼ばれていた夫が離婚調停を決断するには理由があると考えればおそらく事実だろう。

「私の知っている松居一代さんじゃない」TOKIOの国分太一が発言しているように最近の様子はまるで「別人」としか思えない。「寂しいんだよ」と擁護する人もいるが明らかに「常軌を逸している。松居一代を知る人も知らない人も首をかしげる一連の行動は何を示すのか?

この症状は「初期の統合失調症」の典型的な症状である。私の妻にも起きたことがあるから間違いない。口を開けは家族への不平不満や他人の悪口があふれ、誰かが自分のことを悪く言っている、狙われているというような事実無根の被害妄想にとらわれ、マイナス思考の発言しかしなくなる。「いい加減にしろよ!」などと言ったらキレて暴れ出し包丁を持ち出したり自殺しようとしたりする。家族はいたたまれないし嫌気がさしてくる。離婚という選択肢があったら私だって離婚していただろう。離婚調停はとても冷静な話し合いができる状態ではないので泥沼になるのは仕方ない。夫がそのことについて寡黙になる気持ちもよくわかる。

これは理性・社会性・愛情を司る前頭葉に異常が起きることによって現れる病気の症状である。症状が進めば前頭葉の萎縮や脳波の異常が明確に計測される。

統合失調症であることを自認している泰葉の症状も同じである。ネット上にアップしている第三者に対する誹謗中傷は「常軌を逸している」としか思えない内容であり、被害妄想にあふれている。

もともと松居一代は「キレやすい」「ヒステリック」というような噂があった。これは統合失調症を起こしやすい「ストレスに弱い遺伝特性」の特徴を示すものだ。この特性を持つ方が「強いストレス」にさらされると性格が変わり「まるで別人」になってしまうということが起きる。

ただし、この件に関してはおそらく「睡眠薬」が引き金になった可能性が高いと私は考えている。ストレスが続いて最初に現れるのが「不眠」の症状だからほとんどの方は「睡眠薬」を使おうと考える。薬で眠れるならそれほど楽なことはないが、実は「睡眠薬」は「統合失調症促進薬」なのだ。「バカげてる」と思う方がほとんどだろうが東大大学院の最先端研究が証明している「事実」である。「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ方が「ストレスを感じている時に」「睡眠薬を飲めば」確実に統合失調症が発症する。十分な科学的根拠に裏付けられた理論である。

ここまで異常な状態が続けば「精神科」を受診するよう勧める人も多くなるだろう。精神科に行って「抗不安薬・安定剤」を処方されれば松居一代の名前は芸能界から消えることになるだろう。「抗不安薬・安定剤」の「統合失調症促進作用」は睡眠薬より強力だから症状は急激に悪化することになるからだ。

薬をやめた妻は長い時間をかけて「普通の人間」に戻り家族に笑顔が戻った。松居一代にその機会があることを願う。

詳しくは下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou