精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

放火

大分放火事件 わが子を殺した精神科の薬

75日に大分で起きた8人の子供を持つ自衛隊員の父親が自宅に放火した事件。

父親は職場でパワハラにあいうつ病を発症していたことがわかった。転職をも考えていたようだとされている。診療内科に通っていたという報道があったことが読者からの情報で明らかになった。

事件の状況からおそらくそうだろうと考えていたがやはり、である。うつ病というのは「玄関まで見送りに来ないからといってキレて放火する」というものではない。これは薬による「副作用」である。

診療内科で処方されている薬は抗うつ薬ないしは睡眠薬か抗不安薬だろう。
抗うつ薬には「自殺」や「攻撃性が増す」副作用があることが知られている。

睡眠薬や抗不安薬はベンゾジアゼピン系などが中心で長期連用によって依存症に陥ることは明らかになっているが「副作用は少ない」とされている。少なくとも「キレて放火する」ような副作用を起こすはずが無いと誰でも思うだろう。

一般的な方には抗うつ薬はうつ症状を改善し、抗不安薬は睡眠作用、抗不安作用、鎮静作用をもたらすことは間違いない。しかし日本においては1015人に1人は存在する「ストレスに弱い遺伝特性」を持った人間にだけ、どちらの薬も恐ろしい副作用を起こす。理性や社会性を司るNMDA受容体の機能を低下させ、キレやすい性格の悪い人間を作り出してしまうのだ。その積み重ねによって半永久的に「悪魔」のような性格に変わる「統合失調症」が発症する。子どもや思春期、精神疾患発症時には一粒の薬でも発症する。

これは嘘でも冗談でもない。ストレスを無くすはずの抗不安薬が「ストレスと同じ状態を作り出すこと」、ストレスがNMDA受容体の機能を低下させ、さらに前頭葉神経細胞のアポトーシス(自殺現象)を起こすことはすでに専門家の手によって明らかにされている「事実」である。自分たちの間違いを認めたくないので直接的に「抗不安薬が統合失調症を起こす」という真実を明かそうというまともな精神科医がいないだけのことである。

一般の方には想像もつかない脳の仕組みによって「キレる」現象と「キチガイ」は生み出される。精神科医はその本当のメカニズムを知らない。

以前の家族を知る人は悪いことを言う人はいない。突然別人のように性格が変わってしまった父親に多くの人が首をかしげる。8人の子供を持つ心優しい「ビッグダディ」は抗不安薬によって子殺しの悪魔にされてしまった。真相を知る者はいない。こんなことが許されていいのだろうか?

詳細は下記を参照してほしい。

すべてはすでに科学的に明らかにされている。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



タクシー強盗母親殺害放火 また起きた精神科通院者の犯罪は偶然?

タクシー強盗 警官に撃たれ重体

31日江東区で起きたタクシー強盗事件。職務質問した警視庁の警察官をナイフで刺し警察官が拳銃を発砲して重体となった。前日夜にこの犯人宅で火災が起き、母親が死亡、体に複数の刺し傷がありこの犯人が母親を刺し放火したものとみられている。

犯人は27歳の男性で精神科に通院していたという。

・・・
またしても起きた精神科通院者による凶悪事件。精神科に行くようなキチガイが起こした事件・・・多くの人が考える方向性は全く違っている。大体にして「精神科に通っていた」というがどういう意味なのかと考えると「精神科に通っている人間は凶悪犯罪予備軍」という差別的悪意が感じられる。うつ病や心の病で通院している方々はそういう目で見られているのだから精神科などにはそれだけでも行かない方がいい。
「もともと持っている精神疾患が悪化した」と担当医は発言するだろうが、このような事件の場合もともと通院し始めた症状はほとんどがうつ病や不安障害などの「軽い」精神疾患がほとんどである。冷静によく考えてみよう、うつ病や不安障害が「精神科の治療を受けながら」凶悪犯罪者に「悪化」するものなのだろうか?
凶悪犯罪を引き起こす精神疾患が無いわけではない。統合失調症の急性期に現れる「錯乱」「せん妄」といった一時的な心神耗弱状態、解離性障害の一種である「キレた」状態、ピック病などである。これらの症状はまかり間違えば凶悪犯罪に繋がらないわけではないがそれは「ごくまれ」であって月に何件もの事件が新聞をにぎわすことはありえない。
精神疾患の発症原因はほとんどの場合「ストレス」である。ストレスによって脳が破壊することによって症状が起きる。要するに急激に症状が悪化するにはそこに「大きく継続した」ストレスが必要不可欠だということである。今回の犯人は警官に撃たれ重体となっているのでどのような経緯かはかり知ることはできないがこれらの病気はおそらく当てはまらないだろう。
それなら副作用かというと山口の放火殺人事件でも明らかなように犯人の精神状態は犯行時もその後もほとんど変化がない。一時的な心神耗弱状態という唯一の副作用的要素はその時点で当てはまらなくなってしまう。抗うつ薬などに「攻撃性が増す」副作用があること自体は知られているが「脳内化学物質の混乱で起きるのではないか」という仮説からすれば多くの凶悪事件は当てはまらない。
おそらくこれ以上の報道はされないだろうが「おとなしく内気な性格だった」「そんな大それたことをするような人間ではなかった」というような証言も飛び出してくるのがお決まりのパターンである。犯人は精神科に通院するようになって「まるで別人のように」性格が変わったのだ。
抗うつ薬や抗不安薬の添付文書には脳の萎縮、錯乱といった「性格を変える」要素を持った副作用が明記してある。前頭葉の萎縮、損傷が半永久的に「性格を変える」ことは既成の事実なのだからこの症状が副作用であることは疑う余地などない。このことを精神科医が「知らない」ふりをしているだけなのだ。いや本当に知らないバカばかりなのかもしれないが・・・。
精神科通院者が起こす不可解な凶悪事件は前頭葉の萎縮によって引き起こされる「感情記憶の喪失」が原因である。知識記憶には全く異常がなく感情(理性、人格)だけが幼児や赤ん坊の状態にリセットされることによって「悪意」「欲望」「感情の暴走」に歯止めがかからなくなって引き起こされる「統合失調症」の範疇とも考えられる症状なのだ。いまだかつて誰もそのことに気付かなかった。脳内化学物質の変化しか起こさないとされてきた薬が前頭葉を破壊してしまうことに誰も考えが及ばなかったのだ。いつまでたっても真実が明らかにされないのは大きな勘違いをしていたからだ。この副作用はある特定の遺伝体質を持った人間に現れる。
私は息子が同じ記憶知識を持った別人に一晩で変わって行く様を目の前で見た。その間ストレスは何一つ存在していない。3年という長い地獄のような日々を記録しそこから答えを導き出した。どんな専門家の理論よりもつじつまが合う恐るべき結論は下記を参照されたい。
この犯人はおそらく死ぬだろうと思われる。母親殺しの罪を背負わされて生きなければならないことよりはまだ救われるかも知れないが、真犯人の精神科医は今日もふてぶてしく生きている。正義はどこにあるのだろう。母親を殺し自宅に火をつけ、タクシーを奪い警官を刺した・・・この凶悪犯が実は27年の人生を奪われた哀れな被害者にしか過ぎないことを誰も知らないし、知ろうともしない。次の犠牲者はあなたの家族かもしれないのに。
ここ20年ほどの間に数えきれない不可解な凶悪事件が起き多くの命が失われた。「精神科に通うキチガイの犯行」という精神科医とマスコミが作り上げた真っ赤な嘘を疑うことなく信じてきた方々、よく考えてみよう、これは紛れもない副作用である。素人には証明できないことをいいことに世界中を欺き続ける精神科医の犯罪を私は許せない。この事実が公にならない限りまた犠牲者が出る。私はそれを止めたい。それ以外の目的は何も無い。



http://toshioy001.wix.com/tougou


 

山口放火殺人事件の真相 津山事件と異なる精神科の介在

山口放火殺人事件で犯人が逮捕され事件の詳細が明らかになってきた。

要点をまとめてみよう

・男はこの集落出身であるが関東地方で働いていて20年前に親の面倒を見るために戻ってきた。

・男の評判はやさしくて面白い人と以前の職場でも悪くない。この集落に戻った当時の評判も悪くはなく、集落に溶け込もうと努力した形跡が見られる。

・男は集落で孤立し、どちらに非があるのかは定かでないがいじめのような行為を受けていた。

・10年前酒の席で刺されるという傷害事件の被害者となった。

・この事件のあたりから「安定剤」を飲んでいたとされ、様子がおかしくなったのもこの頃からだという証言がある。


この事件は1938年に起きた「津山事件」の再来だという方がいる。
津山事件とは、現在の岡山県津山市にあった全23戸の村の集落で発生した大量殺人事件です。わずか2時間ほどで30人もの村民が死亡し日本の犯罪史上前代未聞の殺戮事件(さつりくじけん)である。
犯人は友人が皆無に等しく、自宅の屋根裏に部屋を作ってほとんど外出しなかったという、現代で言う「ひきこもり」で、人付き合いをほとんどせず、「周りの村民が自分のことを悪く言っている」というような被害妄想を募らせたことが動機だったと見られている。

おそらく山口の事件も集落の中で孤立したことでストレスが募り精神的に破たんしたという結論を出されるのだろう。確かに似てはいる。しかし大きな違いは10年前までは評判も悪くなく、外部との交流もあったことである。10年前、そして父親が死んだ3年前を節目に性格が大きく変わっていることがうかがえる。
津山事件は典型的な東南アジアの風土病「アモック」の症状だ。秋葉原事件と同じく被害妄想を募らせ極度のストレスにさらさた後、錯乱状態に陥り見境なく相手を攻撃するというものである。山口の事件も状況はとてもよく似ているがそこに「精神科」が介在していることが大きな違いである。

6月末に起きた練馬小学生斬りつけ事件、7月に入って起きた札幌金属バット殺人事件、そしてこの事件、すべてが「精神科通院者」による犯行で、常軌を逸した「キチガイ」的な猟奇的犯行である。これほど同じパターンの事件が起こるのは本当に偶然なのだろうか?
30年前の新聞を調べて見れば、このような事件が年間を通しても数えるほどなのが確かめられるはずだ。ここ20年程度の間にこのような事件が急増していて特に少年の犯行が目立っている。専門家は社会の変化がストレスを増加させ精神疾患が増やしていると言っているが、そんなことで本当にこれだけ急増するものだろうか?
さらなる疑問はほとんどの事件が精神科の治療後に起きている不思議さである。犯人とされる方々が精神科に通い始めたのは発達障害、不登校、引きこもり、強迫性障害、不安障害、神経発作、うつ病などの「軽い」精神疾患で、「暴力的で危険」などという理由はほとんど見当たらない。それが精神科の治療を受けながら猟奇的殺人犯に「悪化」したというのはおかしくないか?自然に悪化することがないとは言えないだろうが、それなら精神科が介在しない類似の事件が極端に少ないのはどうしてなのか?精神科の治療が一般化しているとはいえ症状を訴えている総数の半分も通院してはいないはずだ。それなのにほとんどが通院者の犯行というのはおかしすぎるだろう。
精神科の薬によって「性格が変わる」副作用が起きることが多くの家族によって訴えられている。ネットを検索すればいくらでも出てくる。それなのに精神科医は「そういう副作用は存在しない」と言い切っている。NHK「クローズアップ現代」フジテレビ「とくダネ」などでも紹介された症例があるのに、である。
性格が変わる副作用があるか、ないか?どちらかが嘘をついていることになる。たいていの場合被害者の言う方が正しい。家族の病気が悪化した恨みを精神科医に向けている、という解釈もできないわけではないが、一様に「薬を飲んで」それまでと異なる症状が突然起きたといっているのだから話が違う。薬を飲んで起きたことは普通「副作用」と呼ぶものである。精神科医は責任を追及されたくないし、自分たちの過ちを認めたくないから薬の添付文書にも記載されている副作用を「存在しない」など「真っ赤な嘘」を平気でつくのである。
NHKやフジテレビの番組ではこの副作用がどうして起きるのかについては詳しく触れていない。一部の専門家が脳内化学物質の異常による可能性を指摘しているにとどまっているがよく考えればつじつまが合わない。長い間この副作用はなぜ起きるのか何が起きるのかを説明できる人間は皆無だった。
私の息子は12歳の時ストレスから神経発作を起こすようになり「抗不安薬」を処方され薬を飲んだとたん「わがまま」で「性格の悪い」「別人」になった。さらに別の「抗不安薬」によって錯乱を起こし、その結果「感情」だけが半永久的に「赤ん坊」にリセットされる「退行」を起こした。知識記憶に何の問題も無く「感情」だけが赤ん坊になるという信じがたい症状がどれほどおぞましく恐ろしい状況を作り出すかは下記を参照してほしい。
toshio1131.web.fc2.com
私は何が起きるのか、どのように回復していくのかを3年間記録した。その結果、前頭葉が薬によって萎縮し、脳細胞が破壊されることによって症状が起きることを突き止めた。これによって性格が変わる副作用、精神科が関係するすべての「不可解」な凶悪事件を明確に説明することが可能となり、すべてのつじつまが合うことが確認された。精神科の薬は人為的に「アモック」を引き起こすのである。
山口の事件では10年ほど前「安定剤」を飲み始めたころから犯人の様子がおかしくなっている。安定剤というのはほとんどの場合「抗不安薬」のことである。犯人は副作用によって「感情」だけが幼児化し正常な知識記憶をコントロールすることができなくなった。やさしくおとなしい性格がまるで子供のようにわがままで自己中心的になり、攻撃的で暴力的なものに変わって行くのである。暴力的で怒りを抑えられないから精神科に行ったのではない。さらに3年前父親が死んだあたりから精神的な不安定さが増して薬が増えたことが考えられ症状が悪化したのだろう。

犯行時の記憶もあり、動機ももちろん説明できる。知識記憶は正常なのだから一見しておかしなところなど見当たらない。発作的犯行ではあっても心神耗弱は認められず責任能力は十分あるとされ極刑判決が下されるのは間違いないだろう。

精神科に行かなければこの事件は起きなかった。それが津山事件との違いである。お疑いの方は私が言っている一つ一つの事を検証してみるといい。NHKクローズアップ現代「うつ治療常識が変わる」はユーチューブで視聴できる。番組の中での精神科医のコメントと私の言っていることのどちらがつじつまが合っているかはすぐにお判りになるだろう。


どうも世界中で初めての理論らしい。素人が言い出したそんなことを信じていただくのは難しいのは当然だろう。「知識記憶に何の問題も無く感情だけが半永久的に幼児化する」そういうことが起きる事実は目の前で見なければ信じることができない「常識を超えた」ものである。感情の記憶が知識記憶とは関連しない「全く別のもの」であることは脳科学的には常識でも精神科医にも専門家にも発想できない、「素人」である被害者の家族にしか訴えることができない事実なのだ。


 


 


 


 


 

山口放火殺人事件 食い違う証言の謎 精神科の薬が招く凶悪犯罪

山口で起きた放火殺人事件で犯人に対する証言の食い違いが明確になってきた。

不気味で気性の荒い暴力的な人間との証言がある一方で、実の姉からは「やさしい人」という言葉が飛び出し、父親の介護をしていたヘルパーも「やさしそうな人だった」、犬をあげたという人からも「礼儀正しく誠実そうな人」という証言が出ている。身内や、一度会っただけの人の証言などあてにならないという人もいるだろうが「まじめでおとなしい人間が豹変して猟奇的な事件を起こす」というこれまでに起きている不可解な凶悪事件のパターンと一致している。
父親の介護のために故郷に戻ってきた犯人。3年前に父親が死んだ後に大きく性格が変わっていることがさまざまな証言から浮かび上がってくる。
おそらく父親の死で生きる目的を失いうつ病を発症したのだろう。「薬を飲んでいる」と本人が言っているのだから精神科に通っていたことは間違いないだろう。

精神科医はストレスによって性格が変わってしまう精神疾患だと言い張るだろう。確かに精神科がかかわっていなければ秋葉原事件と同じ「アモック」の可能性がないわけではない。しかし、精神科がかかわっているほとんどの事件で「精神科に通うようになってから」性格が変わったという証言がある。これは偶然なのか?なぜ精神科に通って治療を受けながら「精神疾患が悪化」するのか?

答えは簡単である。精神科の処方する「薬」が人間を「悪魔」に変えるからである。ばかばかしい・・・多くの人がそう考えることが実際に私の息子に起きた。目の前で起きなければ到底信じることができない数々の出来事を私は3年間記録した。そしてそれが前頭葉の萎縮によって「感情」だけが半永久的に赤ん坊の状態にリセットされることによって起きることがわかった。性格が悪くなる、暴力的になる、社会性を失う、理性が無くなる・・・これらの症状は幼児化した感情が、何の損傷も無い知識や一般記憶をコントロールすることができなくなって起きる現象なのだ。
この副作用は5%を超える確率で発症する。

この犯人は10年前酒の席で口論となり傷害事件の被害者となっている。これだけではもちろん断定できないが分解酵素欠損症の特徴である「酒癖の悪い」人間である可能性も高い。

薬の添付文書にさえ記載されているこの副作用の存在を精神科医は否定し続けた。その結果どれだけの罪の無い命が犠牲になったことだろう。ジャーナリストよ、30年前にはほとんど存在しなかったこの種の事件が1ヶ月に3件も連続する不思議さにいい加減気付け!
精神科に行かなければ自分が死んだだけで済んだのに残虐な放火殺人犯にされてしまったこの男の人生と殺された罪もない人の命の重さも精神科医とってははどうでもいいことなのだろう。

「謎、謎、謎・・・」いや、謎など何一つない、犯人はすでに「同じ記憶知識を持った別人」なのだ。ここにすべての謎を解明した人間がいる。

息子に起きた驚くべきこの副作用の記録は下記を参照してほしい。

toshio1131.web.fc2.com

山口放火殺人の犯人は「精神科の薬」だ

山口県周南市で起きた放火殺人事件。わずか10軒の集落で2軒が全焼5人が殺害されるという惨劇が起きた。警察が行方を追っている独り暮らしの63歳の男はこの集落の出身だが一度関東地方に出て10数年前に戻ってきた。集落の自治会活動には一切参加せず、回覧板を持っていくと「ゴミになるからいらん」と受け取りを拒否。犬のふんを片付けるよう注意されると「血が見たいのか」とすごんだり「薬を飲んでいるから10人や20人殺しても罪にならん」と暴言を吐くこともあったという。全焼した民家の隣家には「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」と書かれた不気味な張り紙が残されていた。

・・・

山中の集落で起きた「キチガイ」による犯行。異様な自宅の様子や不気味な張り紙が映し出され「キチガイ」感が盛り上げられている。秋葉原事件のようにストレスによって精神破綻を起こした事件、誰もがそう考えるであろうこの事件の真相は全く違う。ポイントは「薬を飲んでいるから10人や20人殺しても罪にならん」という発言である。この「薬」は精神科の薬であることは疑う余地が無い。つまり、またしても「精神科通院者」の起こした「猟奇的殺人事件」ということになる。練馬で起きた斬りつけ事件、札幌市で起きた金属バット殺人事件、そしてこの事件、7月に入って連続して起きているこの3件の事件が「キチガイ」による偶然の犯行だとあなたは本当に思うのだろうか?精神科が関係しれば状況は全く異なってくるのだ。

過去30年以上遡った時点でこのような事件がどの程度発生していたか調べてみれば簡単に答えは出る。30年以上前にこのような事件はごくまれにしか起きていないはずである。その理由は精神科の治療が一般化していなかったからだ。これらの事件は精神科の処方する抗不安薬、抗うつ薬による副作用なのである。

何をバカなことを、「薬を飲んでいるから10人や20人殺しても罪にならん」と暴言を吐く凶悪なキチガイ男が起こした事件が副作用のはずはないだろう。誰もがそう思うだろうが精神科の薬によって「性格が変わった、悪くなった」という事例は膨大な数存在しているのだ。精神科医は認めていないが、実は薬の添付文書にも記載があり、厚生労働省もごく一部であるが認めている「攻撃性が増す」副作用なのだ。

しかしこれまで実際に何が起きているのか、なぜ性格が変わるのか突き止めた人間は誰もいなかった。一部の精神科医や専門家は薬が脳内化学物質の分泌異常によるものではないかという仮説を立てているが、最近起きた3件の事件を始め精神科通院者によるほとんどの事件ではつじつまが合わず弁護側からさえ副作用の疑いは出ていない。

私の息子は5年前精神科で「抗不安薬」を処方された直後に「おかしく」なった。わがままで言葉が汚くなり、暴力をふるい、動物を虐待し、刃物に興味を示した・・・。くれぐれも言っておくが、ストレスによって「神経発作」を起こすようになったから精神科にいったのであって、その日までは多少わがままな所があっても「ごく普通の子」だったのである。薬の副作用だと訴えたが医師は認めることなく回復までに3年を超える時間を要した。不思議なことに記憶や知識には全く問題が無く、性格(感情、心、理性、人格)だけが変り、様々な検査の結果「赤ん坊」の脳波か観測され、憤怒失神という「赤ん坊」の発作が起きたことから感情だけが「半永久的」に「赤ん坊」になる「退行」という症状だと診断された。中学1年生の息子が「心」だけ赤ん坊になったのだ。誰もが信じがたいであろうその症状の一部始終を私は3年間記録した。詳しくは下記を参照してほしい。

toshio1131.web.fc2.com
薬を飲んで起きたこの症状が「副作用」でないはずはない。私は5年間様々な資料を集め研究した。その結果次のような恐るべき結論が導き出された。

・この症状は感情に関わる前頭葉の萎縮によって「感情記憶」が赤ん坊や幼児の状態に半永久的にリセットされることによって起きること
・わがまま、暴言、暴力、猟奇的な行動は幼児化した感情が何の損傷も無い知識記憶をコントロールすることができずに起きる症状であること。
・雅子様の異常行動もこの副作用によるものであること。
・全日空はハイジャック事件、福島母親殺害事件、秋田連続児童殺傷事件、米の銃乱射事件など「不可解」と言われる猟奇的事件はすべての特徴が一致すること。
膨大な症例が存在し、幾人もの被害者からメールをいただいている。妄想やでまかせでは無い。スウェーデンの大学研究チームが「抗不安薬が魚の性格を変える」という発表をし、ピック病や脳血管性認知症と症状が一致していることは偶然では無い。
30年前に類似の事件が存在しないのは精神科薬の処方量がごくわずかだったからである。いい加減この事実に気付いてほしい。「精神科に通うようなキチガイが起こした事件」などではない。事件を起こした人間が精神科に通い始めたきっかけはうつ病や強迫性障害などごく軽い心の病気だったことは調べればわかるはずだ。うつ病が悪化して猟奇的殺人犯になるなどということがあるわけがないのだ。精神科に通うようになってから「悪化」し、性格が悪くなっていることは疑う余地がない。
記憶知識には全く問題がないから「薬をのんでいるから・・・」という悪態をつくことは十分可能である。罪から逃れるため計画的に精神科の薬を飲み犯行に至った、という考え方は的外れである。過去に起きたこの副作用による事件で心神耗弱が認められたのは全日空ハイジャック事件だけであり、
この事件でも精神鑑定で心神耗弱が認められる可能性はない。それは「一時的な症状ではない」「薬の血中濃度が下がっても状態が変わらない」という特徴によるものだ。半永久的な副作用が存在することを誰も知らない。
彼らに必要なのは「精神鑑定」ではなく徹底的な脳の検査である。脳波検査で「赤ん坊特有」の脳波が観測される。PET検査で感情に関わる脳の部位の働きの異常が確認される。薬の使っての治験ではMRIで萎縮が確認される。誰もそれを試みようとしなかっただけなのだ。

もう誰も犠牲者を出したくない。私はこの悲しみの連鎖を止めたい。



 

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ