精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

抗てんかん薬

池袋暴走事故 不可解な事件の真相

17日に池袋で車が歩道に突っ込み1人が死亡4人がけがをする事故が起きた。運転していた医師がてんかんの持病を持っていたことから「てんかんの発作」で意識を失っての事故?とも報道されているのだがどうも様子がおかしい。

おかしいのは事故直後の医師の言動・行動である。意識を失って事故を起こしたのなら朦朧としているはずだし、正気に戻ったら「大変なことをしてしまった」と動揺したり慌てるはずなのだが、この医師は逆ギレしたかのように周囲や警察に暴言を吐いていたというのだ。それだけではない警察が医師の家宅捜索まで行っている。てんかんの発作なら通院と薬の服用の確認で済むはずだ。

てんかん患者の暴走事故は2012年4月に京都祇園でも起きている。この時は運転していた男は死亡しているが気を失っていたわけではなく「故意」に事故を起こしたことがわかっている。この二つの事件の特徴が一致するのはただの偶然なのだろうか?

暴走事故といえば危険ドラッグによるものが有名だ。多くの事件が起き先日事故を起こした女が警察に暴言を吐き暴れる様子がテレビで流されていた。これらのすべてに共通するものは「薬」である。

今回の事故で警察が家宅捜索を行ったのは「違法薬物」を使用していた可能性があったからだ。「てんかんの発作による事故」ではなく「故意に事故を起こした」可能性が高いと見たからだ。危険ドラッグなどの違法薬物は意識障害を起こし幻覚や幻聴を起こすのだが、医師の自宅からも車からも体からも違法薬物は検出されることはないはずだ。医師が服用していたのも祇園暴走事故の犯人が服用していたのも「抗てんかん薬」でしかなく、容量ももちろん守られていたはずだ。したがって事件は「不可解」なまま「危険運転致死」として処理される。

実はこの「抗てんかん薬」に大変な副作用があるのだ。抗てんかん薬にはバルブロ酸ナトリウム、クロナゼパム、ベンゾジアゼパムなどの薬が使用される。神経の過敏な働きを抑え発作を起きにくくさせるものである。これらの薬は興奮を抑える働きがあることから抗不安薬や睡眠薬としても使われる。一見「眠くなる」以外の副作用は無いように思えるのだが・・・。これらの薬には逆に「刺激・興奮」「激越・攻撃性が増す」「自殺企図」「錯乱」というような副作用があり、製薬会社も厚生労働省も認めている。しかし、このような事件でそのことが指摘されることはない。精神科医が責任の追及を恐れてその可能性を指摘することがないからだ。

これらの薬がこのような「効果とは全く逆の副作用」を起こす仕組みは実はとても簡単だ。実はこれらの薬は「麻薬」と同じものなのだ。危険性は少ないとされるが危険ドラッグなどと大差はないのである。覚せい剤ならいざ知らず麻薬は依存性があるだけでは・・・と思う人もいるだろうが「ストレスに弱い遺伝特性」という特殊な遺伝特性を持っている人にとっては「統合失調症」を引き起こす劇薬となるのだ。麻薬や覚せい剤には依存症や短期的な意識障害だけではなく「半永久的」に性格を変え「キチガイ」にしてしまう副作用があり「統合失調症に酷似した症状」と呼ばれている。もちろん使用した全員に起きるわけではなく一部の人にだけ起きる。この理由を明確にできた専門家はいないが統合失調症の発症に「ストレスに弱い遺伝特性」が関わっていることがわかっている。ストレスによって過剰分泌されるストレスホルモンと麻薬・覚せい剤・睡眠薬・抗不安薬・抗てんかん薬・抗うつ薬などの薬が「同じ働き」をし、統合失調症を発症させることがすでに発表されている事実を組み合わせて行けば簡単にわかる。

ストレスに弱い遺伝特性は特に日本人に多く610%程度存在する。今回のような「事件」は精神科が処方する薬を飲めば誰に起きてもおかしくないものなのだ。このことを精神科医は本当に気付いていないのだろうか?気付いていないのだとすればそれほど無能な方が医師免許をもらえるのだろうか?それとも気付いているが保身だけしか頭にない「悪魔」なのか?

詳細は下記を参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

祇園暴走事件と大阪暴走事件の違い

人を殺す狂気と恐怖から逃げる狂気


祇園での暴走事故の記憶が新しいうちに大阪でも暴走事件が起きた。若い男がレンタカーで狭い商店街を猛スピードで走り抜けたこの事件は防犯カメラの映像が繰り返し流された。多くの人は「また暴走?似たようなキチガイの犯行だろう」と思われたろうが二つの事件は全く異なっている。

大阪の事件は脱法ハーブの作用と報道されている。麻薬の原料と似たような成分を含む植物がネットなどで裏取引されているのだ。当然のことながら人によっては幻覚などの副作用が強く現れることがある。「誰かに追われているような恐怖に襲われて逃げた」と証言していることから「せん妄」と呼ばれる半錯乱状態だった事が窺える。この状態は息子が錯乱を起こした翌日の状態とほぼ同じで、ある程度の状況判断は可能であるものの精神状態は錯乱している。暴力などふるったことのない息子がこの時母親の首を本気で締めたのだ。つまり車の運転などはある程度可能だが精神状態は「人」ではないということである。

これは一時的な症状であって薬が抜ければ収まる直接の副作用だ。この時の記憶は明確なものは残らない。私の推論ではこの症状から「感情の幼児化」に移行することになるがそれはとりあえず別の機会に触れることにしよう。
この事件の場合は「追われる恐怖」から逃れるため走ったのであって誰かを跳ねたり殺したりする事が目的ではない。従って人がいたかどうかもはっきり記憶してはいないし自分が死ぬことも目的としていない。
対して祇園の暴走事件は「誰かを殺す事」と「自分が死ぬ事」を目的とした事件である。一時的な同じ錯乱状態である可能性も捨てきれないが、急に薬の量を極端に増やしたりしない限り錯乱の起こる可能性は低い。抗てんかん薬の副作用によって感前頭葉が萎縮し幼児化した感情がそれ以前の「負の記憶」と幼児化してからの「負の感情」をコントロールする事が出来ず破滅的行動に突き進む「キチガイ」「サイコパス」が形成されてしまったと考えるべきだろう。この副作用はいつもと同じ薬を飲んでいても突然発症する可能性があり、また以前に発症していて「負の記憶」が積み重ねられて暴走に至る可能性もある。
てんかんを持っていただけ、ほんの少し心が弱いだけの人間を精神科で処方される「たった一粒の薬」が「キチガイ」「サイコパス」へ変貌させていく恐怖を誰も知らない。



息子に起きた詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/


 

秋葉原連続通り魔事件 祇園に続く事件の謎

4・5カ月の赤ん坊から成長していない25歳は何が原因で生まれたのか

京都祇園で起きた暴走事件は20086月に起きた秋葉原無差別殺傷事件を思い起こさせる。

25歳の男が歩行者天国で賑う秋葉原の通りにトラックで人を跳ねながら突っ込み、トラックから降りてナイフで手当たり次第に通行人を刺した事件である。7人が死亡、10人が負傷、その悲惨な状況がテレビで流され日本中を震撼させた事件である。

男は小さな頃から厳格な母親によって虐待とも言えるような厳しいしつけを受けた。中学までは成績も良くスポーツも万能だったが高校に入学してからは成績が振るわず、母親の期待に応えられないストレスからか家庭内暴力や校内暴力が目立つようになる。

高校卒業後なぜか自動車短大に進み、警備会社の派遣社員を経て自動車関係の会社に派遣社員として就職するが一年で無断欠勤し連絡が取れなくなった。その後工場や運送会社などで働くものの続きせず無断欠勤などを繰り返している。200711月からは自動車関連工場へ派遣社員として働き始めたが翌年6月作業服が見当たらないと腹を立てて出て行った。翌日レンタカーを借りナイフを購入して事件へと向かう。

・・・

幼少期からの厳しいしつけと母親との確執が歪んだ感情を育て、思うように行かない人生と人間関係が社会に対する憎悪を生み犯行に至った・・・多くの有名大学教授や心理学者がそう分析したこの事件、本当にそうなのだろうか。

予め断わっておくがこの事件に関しては薬の副作用であることを断定できる材料がそろっていない。しかし事件前後の犯人の思考、行動はある心理学者が「4・5カ月の赤ん坊から成長していない」という程度の感情でしかない。家庭環境が悪い影響を与えて感情の発達が遅れていたとしても、中学までは成績も良くスポーツも万能だった25歳が赤ん坊程度というのはやはり不自然ではないか。

とはいえ精神科に通院していたという報道は無く、大きく性格が変わった時期も入手できる情報では特定できない。睡眠薬や薬物の可能性がないわけではないがこの事件はストレスによって起きたものと考えざるを得ない。つまりストレスは抗不安薬や抗うつ薬と同じ作用を起こすということになる。そう考えればすべてのつじつまが合うことになる。
ストレスとストレスをなくす筈の薬が同じ症状を起こす?この謎を考えていきたい。

息子に起きたこの副作用の詳細については下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

祇園暴走事件 血液検査では何もわからない


血中濃度でわかる薬の直接の副作用で凶悪事件は起きない

祇園の暴走事件で男性が11種類の薬を常用していたことが報道されている。警察は薬の血中濃度を調べるらしい。服用していた薬はほとんどが精神科特有の薬だから興奮、せん妄、焦燥、攻撃性が増すなどの副作用があることは間違いない。動機が特定できないことからこれらの副作用による心神耗弱の可能性も視野に入れるつもりなのだろう。秋葉原事件とは違って今のところ計画性は確認できず直接繋がる原因も特定されていない。

「薬の直接の副作用では不特定多数を標的にする凶悪事件は起きない」というのがこれまでの事件解析の結果私が出した結論である。凶悪事件の根本原因は感情脳の萎縮によって感情記憶が半永久的に消失する「非可逆性退行」が原因だ。高頻度で発症するこの副作用を精神科医も専門家も認めようとせず研究しようともしない。

週刊誌ではお得意の「過去暴き」が始まった。「品行方正で悪意など一度も持った事が無かったのであろう」素晴らしい記者が重箱の隅をつついて事件と結び付けようとする醜悪な個人攻撃である。この事件には「巨大な悪」が隠れているのに疑いを持とうとさえしない最低のジャーナリストしかこの国にはいないのだろうか。

調べなければならないのは血液ではなく脳だ。感情脳に脳梗塞と同じ何らかの痕跡があるはず。それが調べられる方法があるかどうか今の段階ではわからないが抗うつ薬の副作用ではPET検査で脳梗塞の痕跡を証明した方がいるらしい。いずれにしても息子に起きた副作用は紛れもない事実である。


息子に起きたこの副作用の詳細については下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

祇園暴走事件 噛みあわない証言の謎 誰も知らない抗てんかん薬の副作用

抗てんかん薬=抗不安薬=前頭葉の萎縮→感情の幼児化→「負の記憶」の暴走



4月12日京都市祇園で軽ワゴン車が暴走し、歩行者7人が死亡、30歳の男性運転手も死亡した事故。当初はてんかんの発作ではないかと言われたが、電柱に激突して停止するまでアクセルを踏んだりハンドルを操作できる意識状態で暴走した可能性があるとみられている。故意だとすれば秋葉原事件を彷彿させるような事件だが、運転していた男の姉は「優しい子で故意に人をはねたりするようなことは考えられない」と証言しているし、もちろん性格が悪かったという悪評も前科も今のところない。テレビではいかにも不良そうな茶髪の写真を見つけてもともとアブナイ人間だった事を印象付けようとしているが騙されてはいけない。状況と証言が結び付かないこの事件の真相はどこにあるのだろうか。

キーワードは「てんかん」である。てんかんの発作ではなかったと言われているではないかと思われるだろうが重要なカギは「薬」である。抗てんかん薬は抗不安薬でもあり、息子が飲んだのも抗不安薬としての抗てんかん薬なのだ。薬さえ飲んでいれば安心というわけにはいかない。

つまり抗てんかん薬は息子と同じ感情記憶を消去し感情だけを半永久的に幼児化してしまう「感情記憶の喪失」を発症する可能性が極めて高いのである。彼はすでに同じ記憶を持った自己中心的でキレやすく性格の悪い別人になっていたのだ。幼児化した感情が正常な知識や一般記憶をコントロールする事が出来ず、仕事上で注意されたり、面白くないことがあったりしたことがきっかけとなって被害妄想のような「負の記憶」が暴走してしまったのだろう。

以前に触れているが他にも1999年に山口県下関市、2010年に広島市でも暴走事件は起きている。 



この副作用は劇的な効能を持つわけでもないたった一粒の抗てんかん薬、抗不安薬、抗うつ薬をはじめ、覚醒剤、麻薬、違法ドラッグなどでも5~10%程度の高確率で発症する。しかしこの事件も動機が不明なまま「キチガイ」が起こした事件として葬り去られて行く。家族だけが違和感を持ちながら人目を避けて生きて行く事を強いられる。
いったいどれだけの罪の無い人を犠牲にしたらこの副作用は認められるのだろう。精神科医も専門家も副作用説を唱える識者も誰一人気付かなかった驚愕の副作用が全ての不可解な凶悪事件の原因なのだ。
私が嘘を言っていない事は副作用の症例と凶悪事件の詳細を検証すれば誰にでもわかるはずだ。マスコミやジャーナリストにいくら訴えてもその事を調べようともしない。専門家が誰一人認めなくてもこれほどすべてのつじつまが合う理論は他には存在しない。それは間違いなく私の息子に起きたのだ。
真実はここに明らかになっている。ジャーナリストよ、いい加減疑問を持て!



息子に起きた副作用の詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/


 


 

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ