精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

墜落

フランス墜落事故 境界性人格障害という統合失調症

フランスの墜落事故で副操縦士が統合失調症だったことが次第に明らかになってきている。元恋人の話として、「普段は優しかったが、仕事の話になると急変。《給料が安い》と怒りをぶちまける一方、契約が更新されるか、不安を見せていた。突然怒鳴り散らしたかと思えば、トイレに長時間こもったりした。《墜落する!》と叫んで目覚める夜もあり、ある時、《いつか僕は全てを変えることをしてみせる。誰もが僕の名前を知り忘れないだろう》と語った」と報道されている。キレやすい、誇大妄想、被害妄想など統合失調症の特徴が如実に現れていたことがわかってきた。医者が勤務不可という診断をしていたことが明らかになっているが薬を飲んでいた可能性は低くなっている。

一方で職場ではおかしな様子が見られなかった、という証言がある。これはどういうことなのだろう?考えられるのは「境界性人格障害」という症状である。異なる二つの人格が存在し、時として入れ替わってしまういわゆる「ジキルとハイド」のような症状である。解離性障害(多重人格)もほぼ同じものであるが多数の人格が存在するような例は特異なものだ。たいていは通常の人格と欲望の赴くままの「悪魔」という映画やアニメで同じ人間の中で葛藤する姿が描かれるようなものだ。わかりやすく言えば「キレた」状態、「プッツン」した状態で、その人であってその人ではない状態である。

精神科医療では統合失調症とは別な病気とされているが、私は息子の症状から読み取った事実から「統合失調症の一つの症状」だと確信している。

統合失調症は前頭葉の機能が低下する。前頭葉の機能が低下すると前頭葉に存在する「自我(アイディンディティー)」が希薄となり、その隙間に「別の人格」が入り込んでしまう現象だと考えられる。普通の人間にはけして理解できない現象なのだが言ってみれば本人にとっては「夢を見ている」状態なのだ。夢の中では通常の自分ではない自分が存在してしまうことはよくわかるだろう。その夢が現実の中で起きてしまうのが境界性人格障害なのだ。自分の意識がしっかりしていれば「これは夢だ」と認識できるのだが朦朧とした意識の中ではどちらが現実でどちらが夢なのか判断するのが「不可能」なのだ。夢を「意識」でコントロールできる人はいない。

ストレスの無い状態やある程度の緊張が働く状態では自分の意識を保てるのだが、眠くなったり、一人になったり、ストレスがかかったりすると別人格が侵入してしまう。息子の場合も病院の中や救急隊員の前では極端に異常な状態は起きず、家族の前や食後に眠くなったりすると現れることが多かった。この副操縦士も職場ではある程度の緊張が働いて平静を保っていられたものの、コックピットで一人になった時に別人格が現れ「誰もが僕の名前を知り忘れないだろう」という妄想を現実のものにしてしまったのだと思われる。計画的なものではない可能性が高い。

「動機がわからない」と関係者は口にしているが動機など無いに等しいのだ。誰でも抱くような会社への不満や社会への不満が別人格にとっては多くの乗客を道連れにしなければならない「動機」になってしまったのだ。1999年に起きた全日空機ハイジャック事件では「セキュリティシステムの甘さを指摘したが聞き入れてもらえなかったから」という動機だった。普通の人間にはとうてい「理解」することはできない。

理解できない動機を探すことよりもこの「病気」を解明し防ぐこと、このような責任ある仕事には「心の病」を持った人を就かせないことが重要だ。

詳細は下記を参照いただきたい

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


フランス墜落事故 統合失調症が引き起こす惨事

フランスで起きた墜落事故が副操縦士によって故意に起こされたものである可能性が高くなっている。過去にうつ病で精神科への通院歴があり、最近も症状が悪化していて就業不可の診断が出されていたという報道がある。

「うつ病による自殺に巻き込まれた」と言う考え方はちょっと違っている。自殺したいならビルから飛び降りればそれでよいはずで多くの乗客を道連れにするのには別の意味がある。

パイロットが故意に旅客機を墜落させる事件は過去にも起きている。1997年にインドネシアで起きたシルクエア―機の事故である。公式には「原因不明」とされているが他に原因が考えられないこと、フライトレコーダーのスイッチが故意に切られていることなどから精神的に追いつめられていた機長が故意に墜落させた可能性が高いと言われている。少し状況は異なるが日本でも1982年羽田で日航機が着陸前に逆噴射して墜落し24人が死亡する事故が起きている。

日航機の事故では機長が幻覚や妄想を伴う「統合失調症」であったことがわかっている。精神状態に問題のあるパイロットに操縦させたことが問題なのだが、自己申告に頼らざるを得ない面もあり周囲の人間が状態を100%把握することは難しいのかもしれない。

これらの事故は「統合失調症」によるものである。多くの方はうつ病=自殺、統合失調症=キチガイ、という概念をお持ちだろうが実際は少し異なる。どちらの病気もストレスによって起きるのだが、うつ病は気持ちが落ち込みうつ状態になる症状で「死んでしまいたい」とは考えるが「死なない」状態である。「自殺」という行為そのものは発作的にする場合、正気を失った場合に起きることが多く、これは「統合失調症」の症状ということになる。自殺が統合失調症の症状?と疑問を抱かれる方も多いだろうがこれは著名な精神科医が臨床での研究を基に発表していることだから確かなことである。うつ症状と自殺未遂を起こす時の精神状態が異なるものであることは妻の様子を見ていた私にはよくわかる。

統合失調症は「キチガイ」になることだけが症状ではなく、幻聴幻覚、妄想に囚われ、物事を正しく認識・判断する能力が失われる状態を示す症名である。ストレスなどによって後天的に発症し、「性格が変わる、わけのわからぬ言動・行動、自殺、摂食障害、攻撃性、幼児性愛、反社会性人格障害」などの症状に繋がる。

人格や社会性を司る前頭葉が「萎縮」することによって起きることがわかっていて、爬虫類の脳波が観測されることも明らかになっている。つまり前頭葉が哺乳類から爬虫類へ「退化」することによって起きる「病気」なのだ。これまでなぜストレスが前頭葉を萎縮させるのかよくわかっていなかったのだが、私はその原因がストレス時に分泌される自前の「麻酔薬」「抗不安薬」「覚せい剤」による「中毒症状」であることを突き止めた。この症状は「ストレスに弱い遺伝特性」を持っている人に多発し、日本人はその割合が極端に高い。

麻薬や覚醒剤によって同じ症状が起きる原因もここにある。多少毒性は低くても麻薬や覚醒剤と同じものである精神科が処方する「抗不安薬」「睡眠薬」「抗うつ薬」が統合失調症を引き起こすのも当然の結果である。

詳細は下記を参照してほしい。

フランスでの事故は「会社や社会から阻害されている」「自分の今置かれている状況が周囲のせい」だという「被害妄想」が多数の乗客を巻き込む原因となったと考えられる。「墜落させろ」という幻聴、神の声を否定する「良心」が失われる「反社会性人格障害」の特徴である。搭乗時に薬を飲んでいた可能性も高い。ストレスを和らげるはずの薬は「ストレスに弱い遺伝特性」を持った人間に対しては逆にストレス状態を作り出してしまう。症状を悪化させ一時的に発作を起こしやすくしてしまうのだ

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ