精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

反社会性人格障害

相模原事件 犯人を死刑にして次の事件を防げるか?

相模原事件の犯人が起訴された。昨年の9月から行われた鑑定留置の結果は「人格障害はあるものの責任能力はある」という予想通りのものであり、誰もが極刑を望んでいるだろうから裁判で死刑が確定するのも間違いないだろう。

この犯人を殺して得られるものは何だろう?殺されたり怪我をした障害者の家族の恨みは晴らせるだろうし、こんな男の存在を許す国民もいないだろうから死刑自体は仕方ないのかもしれない。しかしこの男を殺すことが「次の事件を防ぐ」ことに果たしてつながるのだろうか?

死刑が存在するのは刑罰としてはもちろんだが「死にたくないから死刑にはなりたくない」という人間の当たり前の考え方に基づく「犯罪抑止効果」が狙いでもある。確かに「まともな」人間にとっては抑止につながるだろうがこの犯人は違う。

普通の人間は人を殺したいとは思わない。やむにやまれぬ憎しみの果てに殺意を覚えたとして、仮に相手が殺されて当然のひどい人間だとしても殺すには何らかのためらいがあるだろうし、ナイフを刺して血が飛び散れば自分のしたことの恐ろしさにうろたえるのが「当たり前」だろう。そして捕まり死刑になる恐怖に怯え後悔の念にさいなまれるのが「普通の人間」である。

しかし、この犯人は「初めて」人を殺すにも関わらず「ためらうこと」も「うろたえること」もなく笑みを浮かべながら次々と人を刺していった。逮捕されてからも笑みを浮かべ後悔も反省も一切することがない。この犯人は人間の感情を持たないモンスターでしかないのだ。おそらく死刑判決が出ても死刑台に立っても笑みを浮かべることだろうし、死刑を望みさえするだろう。果たして死刑になることを知っていたらこの男は犯行に及ばなかったのか?答えはもちろんNOである。死刑はこの手の犯人にとっては「抑止力」として機能しない。さらに犯人が望む「死」を与えて刑罰になるのか?という疑問が浮かぶ。社会的には死刑以外の選択肢はないが、それは全く「無意味」でしかないのだ。

犯人を極刑にするとともに障害者の生きる権利や差別について議論し、啓蒙することが次の犯罪を抑止すると信じている方もいるが、この事件の本質は全く次元の違うところに存在する。

この事件は池田小事件や秋葉原事件と同じ「キチガイ」(差別用語だというなら反社会性人格障害=サイコパスと呼んでもいい)による無差別殺傷事件である。今回はたまたま犯人に障害者への憎悪があったから障害者が標的になっただけに過ぎない。池田小事件では小学生でなければならない理由、秋葉原事件では秋葉原でなければならない理由があったというだけで基本的に「人を殺したかった」という事件なのである。ゆえにこの事件の本質的な問題は障害者差別というレベルの問題ではなく、なぜこのような「キチガイ」が生まれるのかということである。この問題を解決できなければ次の事件を防ぐことなど「不可能」なのにそれを論ずる専門家は「皆無」でしかない。

このような事件は「自分の置かれた不幸な状況を他人のせいにして歪んだ憎悪を募らせた」というありきたりの心理学者の見解が述べられる。しかし、不幸な状況に置かれた人間は山ほどいるのに「人を殺して笑っている」ような人間になるものが多いわけではない。いくら自暴自棄になったって後になれば後悔するものだろう。

この男が「ある時期」までは普通に社会生活を送っていたことがわかっている。つまり、性格がよかったとまでいうつもりはないが普通の常識が通じるまともな人間が「ある時期」を境に「キチガイ」になっているのだ。歪んだ憎悪を募らせると「キチガイ」になる、という心理学者や精神科医の言うことをあなたは本当に信じることができるのだろうか?

この症状は診断基準を満たしてはいないものの精神病である「統合失調症」の範疇である。ストレスなどの要因によって感情や人格を司る前頭葉の記憶回路「シナプス」の「過剰な刈込」が起きることによって生ずる病気である。前頭葉が顕著に萎縮し脳波が「爬虫類」の特性を示すようになる。この犯人もきちんと検査すれば間違いなくこの特徴が計測される。この現象はストレス適応反応である沈静性情報伝達物質GABAが過剰分泌されることによって働く「抗不安作用」が過剰に働くことによって起きことが東京大学大学院の最先端研究によって明らかにされている。この「抗不安作用」はストレス時に起きるだけではなく「睡眠薬」「安定剤」「抗不安薬」「抗うつ薬」「麻酔薬」など精神科で処方される薬、麻薬・覚せい剤・危険ドラッグなどの違法薬物などによっても引き起こされる。

もちろんすべての人にこの症状が現れるわけではなくCOMT遺伝子多型などの「ストレスに弱い遺伝特性」、さらに思春期、産前産後など多いことがわかっていて、この特徴は「統合失調症」の特徴に合致する。「ストレスに弱い遺伝特性」は白人黒人に比べ日本人には10倍以上存在する可能性が高い

この事件の犯人は「大麻」を使用していたことがわかっている。普通の人間にとっては「大麻は鎮静作用の強い「強いたばこ」程度のものでしかないが「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ方にとっては十分「キチガイ」にさせる薬として作用する。措置入院で躁病と診断され「安定剤」を処方されたことによってさらに症状は悪化し事件を起こしたのだ。この作用は一時的なものではなく「半永久的」なものである。社会を震撼させてきた多くの不可解な事件が精神科の薬によって引き起こされたこの症状が原因であることが簡単にわかる。

少し前まで精神科医は「そんなことはあり得ない」と豪語してきた。しかしここ数年の研究によって十分あり得ることが科学的に証明されている。次の事件を防ぐ唯一の手段はこの事実を公表し精神科医療を根本から変えることだけである。
詳細は下記を参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

飲んではいけない「悪魔の薬」睡眠薬

フジテレビで「追跡オンナ!の大事件」という番組が放送された。偶然見ただけではあるが改めてこれらの事件を見た時に「共通点」が存在することに気付いた。

共通点は「睡眠薬」、そして「性格が変わった」という点である。

「首都圏連続不審死事件/木嶋佳苗」と「鳥取連続不審死事件/上田美由紀」の事件は男に金を貢がせたり、脅したりした上で殺害してしまうというという事件内容も同じで被害者に睡眠薬を飲ませてから殺害するという手口も同じである。もちろん睡眠薬は自分が病院で処方されたものであるから日常的に睡眠薬を使用していたことが伺える。

睡眠薬は眠くなるだけの薬だと思っている方がほとんどだろうが実は「性格を変えてしまう」薬である。2012年東京新聞で「睡眠薬で性格が変わる?」という記事が掲載されている。この時は被害者の訴えを載せ「疑い」として取り扱っている。

「性格が変わる」というのは「悪い方」へ変わることを示している。わがまま・自己中心的となって相手の心情を思いやることができなくなって、言葉遣いが悪くなる、悪口を言うようになる、口汚くののしる、キレやすくなる、暴力的・攻撃的になる・・・というようなものである。「睡眠薬でそんなことが起きるはずがない」多くの方が思うように精神科医も否定し、医学的科学的根拠もその時点では明らかになっていなかった。

しかし、2013年東大大学院医学系研究科が睡眠薬をはじめとする抗不安薬、抗うつ薬、など精神科が処方する薬及び麻酔薬が「統合失調症」を引き起こす科学的根拠を解明した。「性格が変わる」のは「統合失調症」の症状だったのだ。

統合失調症は理性・社会性・人格などの「感情」を司る前頭葉神経細胞を繋ぐ「シナプス」と呼ばれる回路が崩壊することによって正常なものの考え方ができなくなってしまう病気である。知識や記憶には全く損傷がなく「性格」だけが「半永久的」に変わって行き妄想や幻覚に支配されわけのわからぬ言動や行動を生み出す。明らかに病的な状態であれば診断は容易だが「性格が変わった」としか感じられない「初期」の段階では病気だと診断されることはない。睡眠薬をはじめとする薬は情報伝達物質「GABA」の分泌を促す。このGABAが鎮静・安定・睡眠作用をもたらすことが効果に繋がるのだが、このGABAこそが「統合失調症促進薬」であることを東大大学院医学系研究科が「解明」したのである。国立精神・神経医療研究センターの最新の研究もこの事実を裏付けている。木嶋佳苗の裁判の様子が再現されているがその話しぶりは「統合失調症」の特徴をよく表している。これを見て「統合失調症」だと気づかない精神科医(ほぼ全員だろうが)は医師免許を返上すべきだろう。強め、多めの薬を飲ませれば明確な統合失調症の症状が間違いなく現れることで証明されるだろう。

もちろん膨大な数に上るこの薬の服用者全員に症状が出るわけではない。アレルギーと同じように遺伝的に症状の出やすい人がいて「ストレスに弱い遺伝特性」として科学的に証明されている。この遺伝を持つ人が欧米に比べて日本人に特別多く存在することを示す多くの根拠があり、6~15人に1人は発症の危険性が高いと考えられる。

睡眠薬は依存性があることから30日を超えて処方しないようにWHOが勧告しているが睡眠薬を「稼ぎ頭」と位置付けている精神科医が守ろうはずもない。

この容疑者たち本当は「性格の良い善良な人間だった」というつもりはないが「睡眠薬」と関わることがなければこの事件は100%「起きることはなかった」と私は断言することができる。一粒の薬が人をまるで別人に変えてしまうという事実を信じる人はほとんどいないだろうが、私はその一部始終を目の前で見た。抗不安薬を飲んだ12歳の息子は恐ろしい別人に変貌し、睡眠薬を飲んだ妻は精神的に不安定となり自殺未遂を繰り返し、私はこの世の地獄を経験した。この地獄をもたらしたものが「薬」であることを私は長い間訴え続けたが最先端の研究によって裏付けられるまで「馬鹿げた妄想」と言われ続けた。

残る二人については睡眠薬の報道はないが「大阪2児餓死事件/下村早苗」に関しては夜の仕事を始めてから「性格が変わった」とされている。夜の仕事をしている方に睡眠薬はある意味「不可欠」なものとされているから服用していた可能性は極めて高いだろう。「大阪東住吉幼児6年遺棄事件/大滝ちぐさ」に関しては大学入試に失敗してから「性格が変わった」とされているから最初はストレスによる自然発生の「統合失調症」だと考えられる。それから夜の仕事に就いたのだから「薬」とも無縁ではなかったろう。

この病気は「病気」であるにもかかわらず「歪んだ瀬角による身勝手な犯行」としか見られない事が何より悲惨である。「これほどの犯罪を犯した人間を擁護する気か!」と叫ぶ方も多いだろう。脳の病気による犯行なのだから結果的に無罪にされるべきものだとは考えるが私は「次の事件を止めたい」がために発言している。真相が明らかにされなければまた次の事件は必ず起きる。精神科の薬がバラまかれ続ける限り次の事件が必ず起きる。次の事件の被害者そして加害者はあなたの家族ではない、という保証は何一つないのだ。

番組はもちろんそんな背景に触れることも事件の背景を掘り下げることもなく週刊誌的視点に終始し、歪んだ性格の極悪人として処刑されるべきだと構成されていて多くの方は「その通りだ」と受け止めただろう。しかし、この犯人たちを死刑に処しても次の事件は止められない。この病気は「死刑になるのが嫌だから犯行を行わない」という論理回路を破壊してしまうからだ。何より死刑にされるべきなのは真実が明らかになっているにもかかわらず「悪魔の薬」をバラまき続ける精神科医と製薬会社の方なのだ。

 不眠はつらい。薬で眠れたらどんなに楽だろうと誰でも思う。しかし眠りと引き換えに失っていい人生などない。息子は長い時間をかけて回復し、妻は薬をやめることで人生を取り戻した。今も眠れぬ夜はあるが「あきらめる」ことで済むこと知っているから困らない。

 詳細は下記を参照していただきたい。(本文は部分的に間違いがあり修正中)http://toshioy001.wix.com/tougou
東大の研究論文はこちらを参照
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/29/176/

相模原殺傷事件 精神病は措置入院では治らない

相模原市で起きた事件は私の目測通りの展開になっている。テレビにうごめく精神科医や心理学者たちは反社会性人格障害という言葉さえ知らず、なぜ急に性格が変わったのか、なぜあれだけの事件を起こしたのに不敵な笑みを浮かべているのか誰一人説明できていない。これで専門家を名乗っているのだからあまりにも情けない。私にとってはすべてがわかりきったことで「不可解」なことなど何一つない。今さら薬物検査してみたところで何の意味もないことさえ知らない。中には「大麻は気持ちを落ち着かせるものだから事件にはつながらない」などとおめでたいことを言っている方もいるのだからあきれてしまう。

事件がなぜ起きたのか誰も説明できないから話は意外な広がりを見せている。障碍者の権利をめぐる話が出たり、警備体制を見直せ、措置入院を見直せという声もでている。それで次の事件を防ぐことができるのだろうか?

「他人に危害を加える可能性がある」という精神状態が精神科への措置入院で治るのか?という基本的なことを考えてみよう。「性格が悪いのが入院で治るのか?」という疑問を持つ方は多いだろう。結論から言えば「治るはずがない」というのが正解で、さらには「悪化する」というのが「事実」である。

措置入院では基本的に「薬物治療」が行われる。「殺してやる」と興奮していたり、不安定な状態を落ち着かせるため「睡眠薬」「抗不安薬」「精神安定剤」「抗精神病薬」、反動としてうつ状態が見られれば「抗うつ薬」といった薬が処方される。薬が額面通りの効果を発揮するとしても「性格」や「ものの考え方」は変わらない。激高し「キレた」状態になっているのであれば「落ち着かせる」ことは可能だがそれ以上の効果はないし、一時的なものでしかない。つまりこの精神状態が「一時的なもの」であることを前提に措置入院の「治療」は行われるということだ。多くの方はご存じないだろうが精神科の薬はすべて「対症療法」のためでしかなく、「精神病を治す薬」は「存在しない」のだ。

反社会性人格障害は統合失調症と同じ「半永久的」な脳障害である。基本的に考えても「措置入院」では「絶対に治らない」ものでしかない。精神科医も警察も「無駄なこと」をしているということに気付いていないのが余りにも愚かだ。反社会性人格障害や統合失調症がなぜ起きるのかを解明できていないお粗末な精神科医療がこの事件を引き起こしたと言っても過言ではないだろう。

この病気の正体がわかってしまえば薬による治療が症状を「悪化させる」ことが「当たり前だ」ということが簡単にわかる。この犯人は「ストレスに弱い遺伝特性」を持っていて「違法薬物の摂取によって発症し、措置入院でさらに悪化して事件に至った」のである。ストレスに弱い遺伝特性を持つ方には違法薬物と精神科の薬は同じ効果をもたらし前頭葉のシナプスや神経細胞を「半永久的」に破壊してしまうのだ。

つまり、現在の精神科医療の中では措置入院をいくら見直してもこういった事件を防ぐことはできない、ということである。じゃあ治す方法は全くないのかというとそうではない。薬を使わない精神療法によって治る可能性があるのだがそれには数年~十数年という長い時間が必要になる。

詳細は下記を参照してほしい
http://toshioy001.wix.com/tougou

ドローン犯人の反社会性人格障害



首相官邸にドローンが侵入した事件で犯人が逮捕された。

警備上の問題点も指摘されたがホワイトハウスでさえ小型ヘリコプターが侵入出来てしまうのだから防ぎようはないのだろう。

動機は反原発を訴えたかったからということらしいが、そんなことをすれば反原発派のイメージを損ねてしまうことは間違いない。首相が反原発派の意見に耳を傾けるようにはならない。つまり「意味のない行動」でしかない。組織的なものではなくただの個人的主張にすぎない。

その意味の無い行動をあえて行ったのか?それは犯罪心理学的にいえば自己顕示欲が強く誇大妄想の傾向があるとされる「反社会性人格障害」の例ということになるだろう。

犯人は自分の誇大妄想的主張を全国民に聞いてほしかった。その方法論としてドローンを首相官邸に飛ばした。同時に主張をブログでアップし自ら出頭する手段を取った。計画は的中し注目されブログには多数のアクセスがあった。警察もマスコミも犯人の思うつぼの行動を取らされたにすぎない。そういう意味ではとても「頭がいい」と言えるだろう。逮捕されるのなど覚悟の上であり、それよりも「誰もが自分の名前を知ることになるだろう」というフランス飛行機事故の副操縦士と同じ妄想を実現させたのだ。

目立つことなくおとなしい性格だったという幼少時代、突飛な事をしでかすといわれた青年時代、仕事をやめどこで何をしているのかわからないという現在、そのすべては「ストレスに弱い遺伝特性」に繋がる。重症ではないが統合失調症によって「まともに」ものごとを考えられなくなっていることは間違いない。

残念ながら大した背景のある事件ではない。このような事件に大騒ぎする世間を犯人は喜んで見ている。病気なのだから仕方がない。

詳細は下記を参照してほしい。

http://toshioy001.wix.com/tougou


 

フランス墜落事故 統合失調症が引き起こす惨事

フランスで起きた墜落事故が副操縦士によって故意に起こされたものである可能性が高くなっている。過去にうつ病で精神科への通院歴があり、最近も症状が悪化していて就業不可の診断が出されていたという報道がある。

「うつ病による自殺に巻き込まれた」と言う考え方はちょっと違っている。自殺したいならビルから飛び降りればそれでよいはずで多くの乗客を道連れにするのには別の意味がある。

パイロットが故意に旅客機を墜落させる事件は過去にも起きている。1997年にインドネシアで起きたシルクエア―機の事故である。公式には「原因不明」とされているが他に原因が考えられないこと、フライトレコーダーのスイッチが故意に切られていることなどから精神的に追いつめられていた機長が故意に墜落させた可能性が高いと言われている。少し状況は異なるが日本でも1982年羽田で日航機が着陸前に逆噴射して墜落し24人が死亡する事故が起きている。

日航機の事故では機長が幻覚や妄想を伴う「統合失調症」であったことがわかっている。精神状態に問題のあるパイロットに操縦させたことが問題なのだが、自己申告に頼らざるを得ない面もあり周囲の人間が状態を100%把握することは難しいのかもしれない。

これらの事故は「統合失調症」によるものである。多くの方はうつ病=自殺、統合失調症=キチガイ、という概念をお持ちだろうが実際は少し異なる。どちらの病気もストレスによって起きるのだが、うつ病は気持ちが落ち込みうつ状態になる症状で「死んでしまいたい」とは考えるが「死なない」状態である。「自殺」という行為そのものは発作的にする場合、正気を失った場合に起きることが多く、これは「統合失調症」の症状ということになる。自殺が統合失調症の症状?と疑問を抱かれる方も多いだろうがこれは著名な精神科医が臨床での研究を基に発表していることだから確かなことである。うつ症状と自殺未遂を起こす時の精神状態が異なるものであることは妻の様子を見ていた私にはよくわかる。

統合失調症は「キチガイ」になることだけが症状ではなく、幻聴幻覚、妄想に囚われ、物事を正しく認識・判断する能力が失われる状態を示す症名である。ストレスなどによって後天的に発症し、「性格が変わる、わけのわからぬ言動・行動、自殺、摂食障害、攻撃性、幼児性愛、反社会性人格障害」などの症状に繋がる。

人格や社会性を司る前頭葉が「萎縮」することによって起きることがわかっていて、爬虫類の脳波が観測されることも明らかになっている。つまり前頭葉が哺乳類から爬虫類へ「退化」することによって起きる「病気」なのだ。これまでなぜストレスが前頭葉を萎縮させるのかよくわかっていなかったのだが、私はその原因がストレス時に分泌される自前の「麻酔薬」「抗不安薬」「覚せい剤」による「中毒症状」であることを突き止めた。この症状は「ストレスに弱い遺伝特性」を持っている人に多発し、日本人はその割合が極端に高い。

麻薬や覚醒剤によって同じ症状が起きる原因もここにある。多少毒性は低くても麻薬や覚醒剤と同じものである精神科が処方する「抗不安薬」「睡眠薬」「抗うつ薬」が統合失調症を引き起こすのも当然の結果である。

詳細は下記を参照してほしい。

フランスでの事故は「会社や社会から阻害されている」「自分の今置かれている状況が周囲のせい」だという「被害妄想」が多数の乗客を巻き込む原因となったと考えられる。「墜落させろ」という幻聴、神の声を否定する「良心」が失われる「反社会性人格障害」の特徴である。搭乗時に薬を飲んでいた可能性も高い。ストレスを和らげるはずの薬は「ストレスに弱い遺伝特性」を持った人間に対しては逆にストレス状態を作り出してしまう。症状を悪化させ一時的に発作を起こしやすくしてしまうのだ。
http://toshioy001.wix.com/tougou

和歌山小学生殺害 爬虫類の脳が生み出す不可解なしぐさ

和歌山小学生殺害事件の犯人が逮捕時に顔を隠そうともせず口をすぼめたり頬を膨らませる不可解なしぐさが繰り返し流されている。ワイドショーの司会者が「これは癖なんでしょうか?」と質問しているが答えられる人は誰もいない。

このことを明確に説明できるのがどうして私一人なのか?精神科医は何をしているのだろう?

22歳の極悪非道な犯人には不似合いなこのしぐさが何を意味するのか?この表情は「幼児」のもの、そう言えば合点が行くだろう。しかし22歳の男が幼児の表情?と別の疑問が沸いてくる。これは「統合失調症」によって現れるものなのだ。

統合失調症は発症のメカニズムも何が起きているのかも基本的に「よくわかっていない」という段階でしかない。ストレスによって前頭葉の萎縮が起き脳内情報伝達物質の均衡が崩れて発症する、というのがこれまでの主流の見方だったのだがNMDA受容体仮説という新しい見方によって大きくその解釈が変わろうとしている。つまりこれまでの考え方は「間違っていた」ということである。まだ完全に解明されたわけではないが真実に近づいている。

私は一足先にその先の結論を見つけてしまった。すべてのつじつまが合うこの理論を根本的に否定できる専門家はいないはずだ。その根拠がこの犯人のしぐさにある。

このしぐさは「幼児」のものである。22歳がなぜ幼児のしぐさなのか?この現象は彼の前頭葉が幼児以下の状態に半永久的にリセットされることによって起きる。これが「統合失調症」である。
人間の感情(理性、人格、人間性、愛情)は一般知識や記憶とは別に前頭葉に記憶される。この記憶の集積が人格を作り情動・行動のすべてを司る。いわば人間のOSとも言える最も重要な部位である。この前頭葉が「萎縮」するというのは脳細胞が壊死する「脳梗塞」を意味する。萎縮した脳は赤ん坊や胎児の状態に「退化」し感情が「赤ん坊」や「幼児」に半永久に「リセット」されるのだ。感情と共に神経や表情までが退化し思考、反応、表情のすべてが幼児化赤ん坊化し、統合失調症のすべての症状がこのことによって説明できるのだ。
この犯人は極悪非道の殺人犯、などではなく22歳の記憶と知識を持つ「赤ん坊」なのだ。理性も社会性も愛情も持たない赤ん坊が正常な記憶と知識、本能が生み出す妄想をコントロールできずに起こしてしまうのが「動機があいまい、猟奇的、反省や後悔の念が無い、感情が無い」という犯罪なのだ。

反社会性人格障害の研究者がこのような犯人の前頭葉に萎縮異常が見られ、脳波が「爬虫類」の状態を示すことを指摘している。なぜ爬虫類なのか?人間は受精から進化の過程を経て成長すると言われている。胎児や赤ん坊の前頭葉の状態はまだ「爬虫類」の状態でしかないのだ。この世に生まれ母親や家族の愛情の中で成長することで「人間性」が生まれて行く。
この犯人は高校生まで普通の子供だった。一度成長した前頭葉がなぜ爬虫類まで「退化」したのか?
生物としての人間はストレスを感じると自前の麻薬、覚醒剤、麻酔薬を過剰に分泌することで適応しようとする。一般的な人間はストレスが収まれば何事も無いのだが、日本人に多く存在する「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人間はこれらの物質を分解できずNMDA受容体の機能を低下させることによって前頭葉神経細胞のアポトーシス(自殺現象)を引き起こす。その結果が前頭葉の萎縮である。言うまでも無く外的な麻薬、覚醒剤、睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬、一部の麻酔薬も同じ現象を引き起こす。これはすでに証明されている科学的「事実」である。
詳細は下記を参照していただきたい。この男を死刑にしても次の事件は防げない。ばかげているとも思えるこのことがこれから起きる事件を防ぎ犠牲者を減らす唯一のヒントなのだ。
http://toshioy001.wix.com/tougou

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ