精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

千葉

千葉睡眠薬混入 睡眠薬が性格を変え犯罪者を作り出す

千葉県の老人ホームで准看護師が職員の飲み物に睡眠薬を混入して逮捕された。上司や同僚に不満や妬みがあったという供述をしているらしいが、会社での評判も近所の評判もけして悪くない人間がなぜこんなことをしたのか疑問が残る。

睡眠薬を犯罪に使う事例は昏睡強盗から殺人までとても多い。身勝手で性格の悪い犯罪者と誰でも思うだろうがこれらの事件では重大な視点が抜けている。「犯人が睡眠薬を服用している」と言う点である。最初から犯罪目的で薬を入手した人間は少ない。自分が服用しているうちに「犯罪に目覚める」のだ。ほとんどの犯人が睡眠薬を服用する前に犯罪歴がないことが調べればわかるはずだ。

何をバカなことを言ってるのだ?と多くの人は思うだろうが、2012年東京新聞で「睡眠薬で性格が変わる?」という特集記事が組まれいくつかの症例が紹介されている。医者は「そんなことはあり得ない」と言うが被害を訴えている人は多い。

「眠くなるだけ」のはずなのだが、眠りつくまで、あるいはうまく眠れなかったりするとさまざまな「異常行動」が起きる。私の妻に起きた実例を挙げてみよう。

・二階の窓から飛び降りる・無言で洗濯物をたたみ出し声をかけても反応しない・パジャマのままどこかへ出かけてしまう・饒舌になり話し続ける・泣いて不平不満をこぼす・わけのわからない話を始める・・・いずれも薬を飲む直前までは「普通」だった。

実はこのような副作用はすべて「添付文書」に記載してある。短期的に「性格を変え」「別人になってしまう」ことは「事実」なのだ。

このような症状がなぜ起きるのか?これらの症状が「泥酔」した時に起きる症状と同じだということはよく考えればわかることだろう。製薬会社は「お酒とは違って身体的な弊害がなく心地よい眠りを提供します」などと言っているが睡眠薬が効く理由は実は「泥酔して眠くなる」のと同じで、身体的酩酊なしに脳に「泥酔状態を作り出す薬」なのである。睡眠薬が脳にアルコールと同じ効果をもたらすことをアルコール依存症研究の第一人者眞先敏弘氏が著書「酒乱になる人ならない人」の中で明らかにしている。

毎日泥酔するほどのお酒を飲むと何が起きるか?その一つは当然「依存症」である。睡眠薬が依存症を起こすことは旧知の事実でWHOは「30日を超えて服用しないように」勧告しているが守っている医者はいない。依存症が起きること自体睡眠薬が「アルコール」と同じだという事実を表している。睡眠薬依存の禁断症状がアルコールを飲むと緩和されるから実験してみるといい。

お酒がもたらすもう一つの症状が「酒乱」である。普段は優しく大人しい人が怒りっぽくなったり暴力をふるったり犯罪を犯してしまったりする。毎日大量の飲酒を繰り返しているとお酒を飲んでいない時でも性格が悪くなってしまうことはよく知られている。実はこれは「統合失調症」の初期症状である。お酒や睡眠薬には「抗不安効果」があることがわかっていて、それが「前頭葉シナプスを過剰に刈込む」という「統合失調症」の発症原因によってもたらされることが東大大学院などの最先端研究によって明らかになっている。

睡眠薬が理性・社会性を失わせ「性格を変える」ことによって「犯罪者を作り出してしまう」ことはもはや否定しようがない「事実」である。お疑いの方はペットや10歳前後の家族に連続して睡眠薬を飲ませるとどうなるか実験してみるといい。私の話が嘘でないことを目の前で確かめることができるはずだ。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

大分子ども園襲撃、リンちゃん殺害 共通する「キチガイ病」の正体

大分の子ども園に男が木刀やナイフを持って押し入り子どもや保育士がけがをする事件が起きた。奇声を上げながらめちゃくちゃな暴れ方をしたというこの犯人にはもちろん動機と言える動機などない。頭のおかしな「キチガイ」による犯罪がまた起きたということである。

今のところ精神科に通院していたかどうかは報道されていないが長い間引きこもりだったということからして「精神病」であることは間違いない。

東南アジアには何かつらいことや悲しいことがあってふさぎ込んだ後に周囲の人間を見境なく攻撃するという風土病「アモック」という精神病が存在すると言われてきた。今回の事件がそのものであることは疑う余地がないだろう。「自暴自棄になって」と供述しているという報道があるがこれは捜査員に言わされた言葉であって的が外れている。犯人は正気を失って得体の知れないものに操られるように事件を起こしただけなのだ。

この症状は理性や社会性、人格を司る前頭葉のシナプス構成が崩れることで起きる「統合失調症」の一症状である。脳の精密検査をすれば前頭葉の萎縮や脳波の異常が間違いなく計測される。

ストレスが前頭葉のシナプス構成を崩すのには「シナプスの刈り込み」という作用が関わっていて、ストレス時に過剰分泌される鎮静性情報伝達物質GABAがシナプスの刈り込みを行うことが東京大学大学院の研究ですでに明らかになっている。

この作用はGABAの分解に関わる遺伝子に異常のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、さらに思春期や妊娠出産子育て期に多発する。この遺伝特性には民族的偏りが大きくユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニなどに多く存在する。アモックが風土病である所以であり日本人には少なくとも白人の数倍存在する。

前頭葉のシナプスが崩壊すると物事を正しく認識し判断することができなくなる。脳波が爬虫類の特性を示すことからわかるように「人間ではなくなる」ということであり、この作用が理解不能な凶悪犯罪を引き起こすのだ。記憶や知識には全く異常は見られないので話もできるし携帯も使える。これが「キチガイ」の正体である。

同じ頃千葉県で小学生が誘拐され遺体となって発見された。この犯人が幼児性愛者であることは間違いないだろう。幼児性愛もまた前頭葉のシナプス崩壊によって引き起こされる統合失調症の一症状である。この重大な共通点に精神科医は気付こうともしない。あまりにも頭が悪すぎる。

シナプスが崩壊することは「退化」「幼児化」を示すものである。成長によって形成されたシナプスが消去されるのだから「当たり前」の話でしかない。つまり人間という存在をコントロールするOSである前頭葉が「初期化」されるということである。幼児性愛者は「変態」などではなく、彼らの前頭葉は幼児でしかないということなのだ。幼児が幼児を好むのは「当たり前」にしかすぎない。けして「大人の女性に相手にされない欲求を幼児で満たしている」わけではないのだ。大分の犯人が犯行場所に「子ども園」を選んだのにも「理由」があるということである。

この症状はストレスによっても起きるが睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬といった精神科の薬、麻薬・覚せい剤はもちろん麻酔薬によっても引き起こされることを東大大学院の研究は指摘している。その理由はこれらの薬物がストレスホルモンと同じものだからという「当たり前の理由でしかない。自殺、攻撃性が増す副作用がこの現象によって引き起こされることはもう疑いようのない「事実」である。精神科医療は「殺人産業」に他ならない。

詳細は下記を参照していただきたい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ