精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

タミフル

インフルエンザ脳症と解熱剤・タミフルの副作用 発症のメカニズム

インフルエンザ脳症のメカニズム


子どもを中心にインフルエンザによって高熱が出ると脳に障害が起きることがありインフルエンザ脳症と呼ばれている。高熱が出ると危険だから解熱剤を使うよう小児科医は指示することが多い。

ところが解熱剤が同じ症状を引き起こすという事実があり、むやみに熱を下げることはよくないとする専門家も多い。さらにタミフルやリレンザといった抗ウィルス薬が引き起こす異常行動もおなじ「脳症」によるものと考える方も多い。

インフルエンザ脳症が起きるメカニズムを解明した専門家はいない。インフルエンザの高熱と解熱剤・抗ウィルス薬が同じ症状を起こすというのはいったいどういうことなのだろうか?

私も誤解していたのだから多くの方も誤解されていることと思うが、インフルエンザ脳症はウィルスが脳を冒すわけではなく熱が脳細胞を破壊するわけでもない。「脳炎」と表現されることもあるが「炎症」は起きていない。

高い熱が出ると起きるから「熱が原因」「熱を下げればよい」という誤解が生まれているのだがこれは「間違い」である。

この症状が実は「統合失調症」だと指摘する専門家がいる。なぜなら症状がほとんど同じものだからだ。

統合失調症は「ストレス」によって前頭葉が破壊され幻聴、幻覚などをはじめ人格障害、認知障害などが起きる、以前は「精神分裂病」とも呼ばれた「キチガイ病」である。差別用語と言われているが一般の方の認識はそんなものなのであえて使わせていただく。インフルエンザ脳症の家族の方は「うちの子はキチガイなんかじゃない」と反論されるだろう。しかし、多くの方の統合失調症の認識は間違っていて、症状が全く同じものであることがよく調べればわかるはずだ。

問題はなぜインフルエンザによる発熱が統合失調症を引き起こすかということだ。統合失調症が発症するメカニズムは「まだよくわかっていない」段階でしかないが、私は独自にそれを突き止めた。ストレスによって過剰分泌される情報伝達物質は「麻酔薬」「麻薬」「覚醒剤」に当たるものでこれらの分解によって「睡眠薬」が作られる。これはストレスから生命を守ろうとする生物的な「ストレス適応システム」である。

もちろん一般的な方においてはこれが一時的なもので大きな問題は起きないのだが、日本人多く存在する「ストレスに弱い遺伝特性」を持った方、子ども、思春期においては前頭葉神経細胞の重要器官であるNMDA受容体の機能低下を引き起こし神経細胞のアポトーシス(自殺現象)を引き起こしてしまう。結果、「人格、社会性、愛情、理性、自己認識」を司る、いわばOSとも考えられる前頭葉神経細胞が壊死し、前頭葉が「萎縮」することによって統合失調症が発症するのだ。この現象は前頭葉にだけ起き記憶や知識は破壊されない。素人の言うことを信じていただくのは難しいだろうがこれほどつじつまの合った説明ができた方はこれまで誰もいなかったことは「事実」である。また、先進的な精神科医が「否定できない」「精神科医療の流れを変える可能性」とコメントしていることも申し添えておこう。

統合失調症のメカニズムがわかってしまえばインフルエンザ脳症の説明はとても簡単だ。発熱はウィルスを追い出すための抗体反応によって起きる。ウィルスが熱に弱いことと抗体を作り出すために高温が必要という理由によるらしい。この時に全エネルギーを抗体反応に集中させるために身体的動きを抑制しようとして「睡眠薬」が過剰分泌される。熱が出ると意識が朦朧とし眠くなるのはそのためだ。一般の方にとってはこの「睡眠薬」は眠るだけで問題にならないのだが「ストレスに弱い遺伝特性を持つ人」「子ども~思春期の人」にとっては「劇薬」となって「統合失調症」を引き起こすのだ。これは「アルコール」が子どもや思春期の脳を破壊してしまうという事実と同じことなのだ。なぜ未成年や妊婦がアルコールを摂取してはいけないのか、よく考えてみればわかることだ。

インフルエンザ脳症は先進国中日本だけで多発している。その理由は日本人には「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人が飛びぬけて多いからだ。自殺率が先進国中解熱剤にはトップという理由もそこにある。
解熱剤には「睡眠薬」の成分が含まれている。同じことが起きるのは「当たり前」である。ただし、「抗ウィルス薬」には睡眠薬成分は含まれていないとされる。抗ウィルス薬が同じ現象を起こすメカニズムは現時点ではよくわからないのだが仮説として次のようなものが挙げられる。

1.     麻酔薬や覚醒剤成分が含まれる

麻酔薬や覚醒剤成分も統合失調症を起こすことが知られている。最終的には睡眠薬成分に変化すると考えられる。似た成分が含まれる可能性がある。

2.     睡眠薬成分の分解が阻害される。

睡眠薬成分が分解され無害化されていく能力が低い特性をストレスに弱い遺伝特性や子どもは持っている。低くても存在するこの過程が阻害されることによって過剰分があふれてしまうという現象が起きるのではないか?

3.     フィードバック寸断

ウィルスの侵入をとらえて発熱や睡眠の指令を出すシステムは、状態を監視して分泌量を調整したり、ウィルスが退治されたことを感知してスットプすることになるのだが、薬によってエラーが起き睡眠薬を出す指令が加速されてしまうのではないか?


この謎を解くためにさらに研究を進めて行きたい。

詳細は下記を参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

 

 

インフルエンザ脳症、タミフル脳症は日本人にだけ起きる統合失調症

インフルエンザによって高熱が出るとインフルエンザ脳症を起こすことがある。特に子供では発症率が高い。

初期症状は次のようなものである

 

意識障害

眠ったようになり、呼びかけや痛みにも反応しない

軽い場合・・・ボーッとしたり、ウトウトしていることもある

ケイレン

筋肉のこわばり、

手足がガクガクする

1分ぐらいのものから、20分以上続くこともある。

異常言動

人を正しく認識できない。

両親が分からない。

その場にいない人を“いる”という。

食べ物と食べ物でないものを区別できない。

自分の手を噛む。

何でも口に入れてしまう

幻視・幻覚を訴える

“アニメのキャラクターが見える”という

“ライオンが見える”という。

意味不明の言葉を話す。

ろれつが回らない

理由もなく・・・おびえる。

“こわい”と訴える

急に怒り出す。 泣き叫ぶ。 ニヤリと笑う

大声で歌い出す       

「ドクトルアウンの健康情報より引用」



これらの症状のほとんどが統合失調症の症状と酷似していることにお気づきだろうか?インフルエンザ脳症とは実は統合失調症だったのだ。

インフルエンザ治療薬タミフルやリレンザによっても意識障害など同じような症状が起きることが確認されている。インフルエンザ脳症と「同じ症状」だから副作用ではなく脳症が起きただけという専門家も多いが、それまで安定していた状態が薬を飲んだ直後に急変しているのだから副作用であること自体は疑う余地がない。インフルエンザとインフルエンザ治療薬が同じ症状を引き起こすというのは一体どういう事なのだろう?

タミフルだけでなくアスピリンなどの抗炎症剤も同じ症状を起こすことが知られている。原因はまだわかっていないが脳にウイルスが入り込む訳ではないのだという。

謎を解くカギは「日本でしか起きていない」という事実である。インフルエンザ脳症もタミフルの副作用も欧米ではほとんど起きていない。「日本人に特有の人種的な要因が関わっている可能性がある」と指摘する専門家もいる。

統合失調症、日本人に特有の遺伝特性・・・すべては繋がっている。妻や息子に続く家系には「ピリン系の薬」に対するアレルギーがあることも間違いない。インフルエンザ脳症もタミフルの副作用も日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」に発症する「統合失調症」の症状なのだ。なぜ子供や思春期に多いのかもわかってみればごく当然のことなのだ。

インフルエンザウイルスに対する抗体反応が何らかのメカニズムによってストレスと同じ情報伝達物質の過剰分泌を起こしNMDA受容体の機能を低下させ前頭葉神経細胞のアポトーシスを引き起こすのだろう。タミフルや抗炎症剤は意図せずそれと同じ現象を引き起こしてしまうのだ。

睡眠薬や抗不安薬が統合失調症を引き起こすことも抗うつ薬による自殺も日本特有の現象だということは疑いようの無い事実だろう。このことに気付こうとしなかった精神科医が余りにお粗末なのだ。

詳細は下記を参照して頂きたい

http://toshioy001.wix.com/tougou



ストレス性睡眠発作に見る「自前の抗不安薬中毒」統合失調症

私は以前から自然発生の統合失調症が「自前の抗不安薬」によって引き起こされる可能性を疑っていた。しかしそれを見つけられずL‐ドーパという「自前の覚せい剤」による中毒症状、NMDA受容体の機能低下と神経細胞のアポトーシスによるものではないかという仮説を立てた。もちろんこのこと自体が間違っていたわけではないが最近になってようやく「自前の抗不安薬」を見つけ、そちらの方がよりつじつまが合うことを確認できた。

強いストレスを受けると普通は眠れなくなる。これはドーパミンやノルアドレナリンという興奮をもたらす情報伝達物質が過剰に分泌されるからである。これらの物質の前駆体(分解されるひとつ前の物質)であるL‐ドーパという覚せい物質を分解できない「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人間が起こす「覚せい剤中毒」が「統合失調症」だと考えてきた。

ところがこれらの物質の分泌を促すカテコールアミンを分泌させる副腎皮質刺激ホルモンが分解されて「睡眠物質」になることがわかったのだ。

つまり強いストレスがかかると興奮性のドーパミン・ノルアドレナリン、麻痺性のコルチゾール、睡眠性の副腎皮質刺激ホルモン分解物という機能の異なる情報伝達物質が過剰分泌されることになる。

すべては「生命の危機」であるストレスに適応するための生物としての反応でそれぞれの目的はほぼ解明されている。興奮性物質は逃避・攻撃のための筋力増強・覚せい作用、麻痺性物質はいわゆる「死んだふり」のように行動を抑制する作用、鎮静性・睡眠性物質はストレス適応のために疲労した脳を休息させる作用である。しかし相反するようなこれらの物質が一緒に分泌されれば体や脳は混乱する。なぜこのようなことが起きるのかはよくわかっていないようだ。

ストレス時の情報伝達物質の流れを整理してみよう。


ストレス→下垂体刺激ホルモン(CRH)→副腎皮質刺激ホルモン(ATCH)→副腎皮質ホルモン(カテコールアミン・コルチゾール)→ドーパミン・ノルアドレナリン(L-ドーパの分解による)→アドレナリン


「ストレス性睡眠発作」という症状がある。強いストレスを受けた直後に眠ってしまう、というものだ。寝たふりをしているとか、寝ることでストレスから逃れようとしてとも言われているが副腎皮質刺激ホルモン分解物の作用によって起きると考えられている。通常は興奮性物質が同時に分泌されているので眠くとも眠れないのであるが「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人は興奮性物質のドーパミン・アドレナリンが分泌されにくいので「睡眠薬」の方が効いてしまうのだと考えられる。息子にも起きたことがあるこの症状は「ストレスに弱い遺伝特性」を示すものだろう。

睡眠性物質は抗不安薬・睡眠薬やアルコール・麻薬などと同じ特性を示す物質であると考えられ、「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人及び「子ども」「思春期」「ストレス性疾患発症時」に統合失調症を引き起こす可能性が高い。ストレスに弱い遺伝特性を持つ人に対して、睡眠性・抗不安作用を持つ物質及び興奮性・覚せい作用を持つ物質はNMDA受容体の機能を低下させ前頭葉神経細胞のアポトーシスを引き起こす。これがストレスが歪んだ性格を形成する理由、統合失調症を発症させる理由であり、総合的にではないまでも科学的に証明されている事実である。


インフルエンザ治療薬タミフルによって統合失調症にさせられた方からメールをいただいた。タミフルは含まれる抗不安物質あるいは覚せい物質によって、日本人に多く存在する「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に一時的、あるいは半永久的な統合失調症が発症する。

自殺や異常行動はそのほんの一例で、多くの人が「性格が変わる」統合失調症の症状を起こし人生を奪われた。厚生労働省は未成年への投与を禁止したにもかかわらず因果関係を明確にできず「薬害」は放置されたままだ。日本だけで多発する理由を専門家は解明することが出来なかった(あるいは故意に隠蔽した)。明確な因果関係を突き止めたのは世界中で唯一私だけのようだ。被害者は補償を受けて当然の「薬害」である。

詳細は下記ホームページを参照してほしい。

http://toshioy001.wix.com/tougou

 

 

 

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ