精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

サイコパス

横浜患者中毒死事件 睡眠薬が招く不可解な凶悪事件

2016年、横浜市の病院で患者2人が点滴に消毒液を混入され中毒死した事件で、元看護師の女が逮捕された。

多くの方が考えていたように内部の人間の犯行だったことは間違いないが、睡眠薬を常用していた看護師の犯行に間違いないだろうと私は予見していた。というより、動機・手口・被害者などの不可解な状況から「夜勤があり、睡眠薬を常用している看護師以外には不可能な犯行」だと確信していた。

睡眠薬は性格を変え、不可解・猟奇的な殺人犯を作り出す。馬鹿げた話でも冗談でもなく、最先端の研究によって科学的に解明されている事実に過ぎない。精神科医がそれを受け入れようとしないだけなのだ。

2012年スウェーデンの大学で睡眠薬とほぼ同じ成分の「抗不安薬」が魚の性格を変える事実を突き止めている。魚の性格を変える薬が人間の性格を変えないという根拠などあるはずがない。
1魚の性格が変わる




























2013
年にはその科学的根拠が東大大学院の研究によって解明されている。

GABA1GABA2
































「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きることが統合失調症の原因であり、それをもたらすのが睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬によって過剰分泌されるGABAという情報伝達物質だということである。つまり「性格が変わる」というのは日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きる軽い統合失調症の症状であり、ストレス時に起きる「抗不安作用」という脳の不思議なシステムによってもたらされる、という事実を私は世界で初めて突き止めた。私は精神病・サイコパスを人為的に作り出すことができる。もちろんそれができた人は世界中で誰もいない。

2012年「睡眠薬が性格を変える」という事実を告発した東京新聞の記事は、製薬会社・医療関係者の圧力によってデータベースから削除された。私たちは真実を知る手段もないまま「殺人犯」にされ「標的」にされる。
「何を考えているのかわからないようなところがあった」という病院関係者の証言が「ストレスに弱い遺伝特性」の特徴を示している。けしてすべての人に起きるわけではないが発症率は日本人では全人口比で少なくとも6%以上、10~15人に1人は起きるとんでもない副作用なのだ。

いったいどれだけの人生と命を奪ったら精神科医は本当のことを言うのだろう?それとも本当にこんな簡単なことがわからぬほど「バカの集団」なのか?
詳細は下記動画、ホームページを参照していただきたい。


ホームページhttps://toshioy001.wixsite.com/tougou


大阪弟殺害 睡眠薬が殺人犯を作り出す!

 

大阪で弟に睡眠薬を飲ませ練炭自殺に見せかけて殺害するという事件が起きた。逮捕された姉は否認しているというが状況からみて間違いないだろう。睡眠薬と練炭の組み合わせは2009年に起きた首都圏連続殺人事件と同じで、おそらく模倣犯であろう。先日起きた座間市の連続殺人事件でも睡眠薬が使われた。

睡眠薬を犯罪に使うとんでもない奴が増えたものだ・・・というような簡単な話ではない。睡眠薬は犯罪を誘発するのだ。これらの事件の犯人は睡眠薬を服用しなければ事件を起こすことはなかった。

「何を馬鹿なことを」と思われる方がほとんどだろうがこれは科学的に証明された「事実」である。例えば睡眠薬ハルシオンの添付文書には「重大な副作用」としてこう記載してある。

 

1. 薬物依存(頻度不明)、離脱症状(頻度不明)連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること。

また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には徐々に減量するなど慎重に行うこと。特に、痙攣の既往歴のある患者では注意して減量すること。

2. **精神症状(頻度不明)刺激興奮、錯乱、攻撃性、夢遊症状、幻覚、妄想、激越等の精神症状があらわれることがあるので、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には投与を中止すること。

 

眠くなるだけの睡眠薬にこれだけの副作用が「起きる」こと自体は製薬会社も認める「事実」だ。もちろん起きることは認めても起きたことはけして認めようとはしないのだが・・・。さあ、これらの副作用が起きる理由を説明できる人がいるだろうか?これまでその理由を説明出来た人は世界中で誰もいなかった。私は初めて科学的につじつまの合う形でこの副作用の起きるメカニズムを解明した。

要点は次のようなものである。

・反社会性人格障害・サイコパスと同じ症状

・理性、良心、人格を司る前頭葉の委縮による機能低下が原因

・過剰な「シナプスの刈込」によって起きる半永久的な症状

・統合失調症が起きるメカニズムと同じである

・過剰な「シナプスの刈込」を引き起こす原因物質がGABAであること(東大大学院)

・過剰な「シナプスの刈込」は抗不安作用によって起きること

・睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科の薬はGABAの過剰分泌を促進する

・精神科の薬はストレスホルモンと同じものであり精神病を悪化させる

・理性や良心は「不安要素」で構成されていて不安がなくなれば理性も崩壊する

・過剰なシナプスの刈込が起きやすい「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する

・ストレスに弱い遺伝特性は日本人特異的に多く存在する

私は機会が与えられ、人体実験が許されるのならこの事実をいつでも科学的に証明することができる。

睡眠薬をはじめ精神科の薬は「性格を変え」、普通の人間を悪人に、性格の悪い人を殺人犯に変えていく。ブロガー殺人、立てこもり、警察官殺害とサイコパスによる犯罪が相次いでいる。これらの事件が精神科の薬と関係していないことを願っている。何度も言うが自然発生のサイコパスによる犯罪はごくわずかでしかない。

詳細は下記動画及び本文を参照していただきたい。



ホームページhttps://toshioy001.wixsite.com/tougou


藤枝市小学生切り付け 18歳がなぜ小学校の復讐?

静岡県藤枝市で18歳の少年が小学4年生の頭を切りつけるという事件が起きた。「小学生の時にいじめられた復讐だった」と供述しているという。

18歳が小学校の時の復讐で見ず知らずの小学生を襲うなんてふざけるな!」と多くの方は思うだろうが、この病気の正体がわかればこの供述が「本当」であることがよくわかる。池田小事件の犯人が小学校を襲ったこと、西鉄バスジャック事件の犯人が本当は中学校を襲うつもりだったこと、新潟の事件をはじめ同様の事件の犠牲者に小学生や幼児が多いことは偶然などではない。

この少年は反社会性人格障害「サイコパス」である。この症状が前頭葉の萎縮によってもたらされることが多くの専門家によって解明されている。

サイコパス















この症状はDSMの基準は満たさないものの「前頭葉の萎縮・機能低下によって引き起こされる症候群」という先進的な考え方に照らせば「統合失調症」の範疇である。この病気が「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きることで発症することが最先端研究によって明らかになっている。

脳は脳細胞とそれを結ぶシナプスという複雑な回路によって構成されている。これはパソコンの半導体と回路のようなものでこの構成によって私たちはものごとを考え行動することができる。赤ん坊の時のシナプスはわずかで成長に伴い幾重にも重なる複雑なネットワークが構成されていく。

前頭葉はパソコンに例えるとOSに当たる重要な役目があり、理性・良心・人格・社会性・愛情など人間が人間として存在するための感情を司り、本能や欲望を制御する。

「シナプスの過剰な刈込」が起きるとそれまでに構成されてきたネットワークが半永久的に「消滅」する。これがどういうことか図で説明しよう。

シナプスの形成


















成長とともに構成されたネットワークが消えると・・・「最初の状態に戻る」ということになる。おわかりだろうか?彼らの前頭葉は「小学生・幼児・赤ん坊」にリセットされているということなのだ。小学生が理解できるのは「小学校でいじめられた記憶」でしかないということ、小学生が好きになるのは「小学生」でしかない、という当たり前のことなのだ。幼児性愛は「大人の女性に相手にされない不満を小学生で満たそうとしている心理状態」と精神科医や心理学者は発言してきたが、それは「とんでもない勘違い」にすぎかったということだ。

サイコパスや統合失調症の患者は前頭葉の萎縮と共に赤ん坊や爬虫類に近い特徴を持つ脳波が計測されることが何よりの証拠である。ほとんどの精神病が前頭葉・側頭葉の幼児化によって説明できる。

シナプスの刈込を引き起こす原因物質がGABAという鎮静性情報伝達物質であることを東大大学院の研究チームが解明している。この現象にはストレス後に起きる「抗不安作用」という不思議な脳の仕組みが関係し、日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する事実を私は世界で初めて解明した。思春期に起きやすいことはすでに解明されている事実である。

GABA1GABA2






























抗不安作用が「実は不安で構成されている」理性や良心を奪い、やっと理解できる「小学校でいじめられた復讐」を実行させるのだ。

GABAの過剰分泌を引き起こし抗不安作用を誘発する睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科の薬は当然この病気の発症を促進する。このような事件の犯人のほとんどが精神科通院者なのは「当たり前」なのだ。「精神科に通うような人間だから事件を起こしたのではなく、精神科に薬によって悪化し事件を起こした」というのが真実である。新潟、新幹線、そして今回の事件と青年期の犯人による事件が相次いでいる。自然発生することを否定するつもりはないが私が調べた限り精神科の薬が関係していない事例は極めて少ない。この3件がすべて自然発生である確率はまずありえない。精神科の薬は何の罪もない人を殺人犯に養成し、何の罪もない命を奪い去る。こんな医療が許されてはならない。

わかってみればこれほど簡単なことを精神科医はどうして気付こうとしなかったのか?頭が悪いのかそれとも金もうけしか頭にないのか?そろそろ真実を認めて次の事件を防ごうではありませんか?次の事件の犠牲者はあなたのお子さんかもしれないのですよ!

詳細は下記をご参照ください。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

新幹線無差別殺傷 サイコパスはなぜ生まれるのか?

東海道新幹線で22歳の男がなたを振り回すという無差別殺傷事件が起きた。奇しくも秋葉原無差別殺傷事件から10年という記事が掲載されたばかりだ。

無表情で馬乗りになりなたを振り下ろし、逮捕されても無表情で反省の様子も見られない。彼は典型的な「反社会性人格障害=サイコパス」である。しかし家族からは「どちらかといえば正義感が強く優しく親切だった」という証言がある。まじめで頭もよい普通の人間がなぜ「サイコパス」になったのか?古代からに似たような多くの事件が起きているにも拘らず精神科医や心理学者はその謎を解き明かせていない。報道には「なぜ?」という文字が飛び交う。

普通の人間にはなぜこんな事件を起こすのか全く理解できない。自殺したいのなら一人で死ねばいいし、どんなに不満があっても何の罪もない見ず知らずの人を殺すなんて・・・。残念ながら彼の脳には私たちの世界とは全く別の理解不能な世界が広がっている。彼の前頭葉が委縮し、脳波が爬虫類化していることが精密検査すればすぐにわかる。彼はもはや人間ではなく「爬虫類」にすぎないということなのだ。なぜそんなことが起きるのか?それを説明できる人間がいまだに世界中で私一人なのはどうしてなのだろう?

この事件に薬が関わっているという報道はないし、おそらくは自然発生によるものだろうがこの事件の原因はストレスによる「精神病」である。人間関係に躓き、仕事を辞めた時から彼の脳は狂い始める。

彼は頭もよくおとなしい反面「キレやすい」性格だったという同級生の証言がある。これは「ストレスに弱い遺伝特性」を持っている人の典型的な特性である。この特性を持つ方はストレスによって「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きやすく、精神病「統合失調症」を発症しやすい。

わかりやすく説明すれば理性・社会性・人格を司る脳の「前頭葉」の回路である「シナプス」が崩壊しエラーを起こしてしまうということ。「キカイダーが悪魔の笛で良心回路が働かなくなるのと同じこと」なのだ。この事実は東大大学院などの最先端研究によって明らかにされている。

確かに顔色一つ変えず馬乗りになって人を切りつけ続けるのだから「まともとは思えない」が統合失調症は違う病気では?と思われる方も多いだろうが、統合失調症が「前頭葉の委縮によって起きる様々な症候群」であることが先進的な研究者の間では常識になりつつある。前頭葉の委縮はシナプスの刈込の「結果」であり、統合失調症の一つの症状にすぎない。

この現象はストレス時に起きる「抗不安作用」という脳の不思議なシステムが関係している。本来は「不安を和らげる」作用が過剰に働くことで、不安によって構成されている「理性・良心」を崩壊させてしまうのだ。同じ作用を起こす睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬はこの病気を促進し「殺人鬼」を養成する。タミフルや子宮頸がんワクチンと同じように本来の体の自然な反応を促進させることが副作用を生み出す。「自然にも起きるのだから副作用ではない」というようなたわごとを言う専門家はヒトの体の仕組みを知らない「バカ」にすぎない。この関連を解明したのは私が「世界で初めて」である。詳細は本文をご参照いただきたい。

「無差別殺傷事件」は統合失調症という「病気」によって引き起こされる。残念ながら犯人にも両親にも直接の責任があるとは言えない。本人にはどうすることもできない病気なのだから。もちろんだからと言って無罪にしろというつもりはないしそれでは社会は成り立たないだろう。しかし、病気であれば防ぐこともできるし治すこともできる。次の事件を防ぐために必要なことはセキュリティの強化などではなくこの病気の解明なのだ。

「うまくいかない人生を社会のせい、他人のせいにし、自暴自棄になって起こした身勝手な犯行」という型通りのレッテルが張られ「病気ではあるが責任能力はある」という不可解な精神鑑定によって「極刑」が下されるのだろうがそれでは何も解決しない。

精神科医療の根本的な間違いはサイコパスや幼児性愛が統合失調症と同じ病気であること、それが「抗不安作用」によってもたらされること、精神科の薬がストレスホルモンと同じものにすぎないことに気づこうとしなかったあまりにも単純なミスにすぎない。

詳細は下記ホームページを参照のこと。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

コロンバイン高校銃乱射事件「本当」の真実

1999年にアメリカで起きたコロンバイン高校銃乱射事件についてのテレビ番組が放送された。犯人の一人であるディランの母親が語る「真実」という予告であったがいじめによる「心の闇」が原因というお決まりの結論が出されただけで「真実」には程遠いものでしかなかった。事件から20年近く経つというのにどうして誰も真実を解明できないのだろう?

もう一人の犯人エリックのサイコパスが抗うつ薬「ルボックス」の副作用によるものではないか?という当時アメリカでは大きく報道され裁判も起き一時発売中止に追い込まれた疑いには全く触れられていない。民放で放送されるこのような事件を扱った番組では「精神科に通っていた」「薬を服用していた」「別人のように性格が変わった」というCNNなら当たり前に報道されるような事実さえ意図的に削除される。大広告主である製薬会社に配慮しての事なのだろうがこんな歪んだ事実を「真実」として市民は見せられているのだから本当のことなど明らかになろうはずもない。銃乱射事件の犯人のほとんどが精神科に通っていたこと、日本で起きている「心の闇」が原因とされる多くの不可解な猟奇的事件の犯人が精神科に通院していたことさえ知らない人が多いのが現実なのだ。「精神科に通うような頭のおかしなやつが起こした事件」と考える方も多いだろうが良く調べればそれが全くの見当違いだということがわかるはずだ。

睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬に自殺や攻撃性が増すという副作用がある事自体は製薬会社も認めているが「科学的根拠が不明であり関連が明確に証明されているとは言えない」という現実が疑いの領域を超えられない壁となっていて発売中止に追い込まれたはずのルボックスも復活している。

事件と薬の関連を疑う人は少なくなかったがその科学的根拠を解明・立証できた人はいなかった。それは取りも直さず精神病がなぜ起きるのか「よくわかっていない」という情けない精神科医療の現実によるものだった。

しかし、2012年以降相次いで発表されている世界中の最先端研究によってこの副作用の正体が明らかにされつつある。これまでの常識を覆すその事実を精神科医も一般市民も受け入れられないだけに過ぎない。

この症状には「脳の可塑性」と「シナプスの刈込」というシステムが関係している。人間のOSである前頭葉は成長によって構成されたシナプス回路によって理性・良心・愛情・社会性など「人格」をコントロールしている。この前頭葉は可塑性、いわば「組み換え」が出来るシステムがあり「考え方が変わる」という事が起きる。これは成長における必要不可欠なバージョンアップのためのシステムであり、これをもたらすのが「シナプスの刈込」である。これは新たなシナプス回路を強化するのと同時に古い不必要なシナプス回路を「削除」するという現象である。この現象は思春期に活発となり子どもから大人へと「考え方を変えて行く」重要なシステムだ。

もちろん普通の人に当たり前に起きる分には何も問題が無い。問題は「ストレスがこの現象を過剰に起こす」という事実なのだ。シナプスの刈り込みを行うのがGABAという情報伝達物質であることを東京大学大学院が解明している。ストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンがGABAの過剰分泌を促しシナプスの刈込が過剰に行われてしまうことが理性・社会性を失い性格が変わる「統合失調症」の原因であることを突き止めたのだ。睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬はストレスホルモンと同じ働きをしGABAの

過剰分泌を促す、これが薬がサイコパスを作り出す原理である。

もちろん「薬で良くなっている人もいる」全員にこの現象が起きるわけではない。GABAの分泌分解に問題のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する。この遺伝特性は白人に比べ日本人にとても多く存在する。

点と点でしかなかった多くの研究を一本の糸でつなげたのは世界で私が初めてだ。私は精神病の謎をほぼ解明し精神病・サイコパスを作り出すことができる。

エリックは抗うつ薬によって「サイコパス」にされた。ディランはエリックに洗脳されたにすぎない。洗脳は強いストレスを与えてシナプスの刈込を強制的に起こしそこに新しい価値観を植え込むという「脳の可塑性」を利用した古代からある支配法であり、いじめというストレスとサイコパスエリックによる誘導が偶然同じ状況を作り出してしまったのだ。

本当の「真実」はここにある。医療による「殺人」を一刻も早く止めてほしい。

銃規制も重要だが精神科医療規制がもっと重要である。

詳細は下記を参照してほしい。
https://toshioy001.wixsite.com/tougou

ラスベガス銃乱射事件 犯人は抗不安薬を服用していた!

ラスベガス銃乱射事件の犯人が抗不安薬を使用していたことが明らかになった。
日本でも抗不安薬(=安定剤)を服用後に起きた事件は2003年長崎市駿君殺害事件、2007年福島県会津若松市母親殺害事件、2013年山口県周南市連続放火殺人事件、2014年佐世保市同級生殺害事件、2016年相模原市障害者施設殺傷事件など枚挙にいとまがない。雅子様が「性格が変わった」原因も抗不安薬である。
抗不安薬はシナプスの過剰な刈込を促進し「統合失調症」を発症させ、理性・良心・社会性を失い欲望と妄想に支配される。抗不安作用=統合失調症であることはすでに最先端科学が証明している。サイコパスの遺伝をもたらす「ストレスに弱い遺伝特性」に多発する。父親がサイコパスだったと言われているこの犯人に抗不安薬を服用させれば銃乱射事件を起こすのは「当たり前」でしかない。
薬の副作用で「攻撃性が増す」可能性は抗うつ薬では以前から語られていたが「興奮して攻撃性が増す」という理屈は科学的根拠がなく、睡眠薬・抗不安薬でも起きることや薬の服用が無い事件の説明ができなかった。ストレスと精神科の薬が同じ仕組みで統合失調症を起こすメカニズムを私は世界で初めて解明した。
抗うつ薬よりも実は抗不安薬の方が直接的な危険性が高い。「抗不安作用」が統合失調症そのものなのだから当然だ。
私の言うことに耳を傾けていれば多くの命は奪われずに済んだのにと思うと悔しくてならない。
私は精神病・統合失調症を簡単に作り出すことができる。お疑いの方はペットや思春期の家族に抗不安薬を飲ませてみればすぐに私の理論が正しいことがわかるだろう。この作用は「半永久的」なものだから薬の血中濃度は事件に関係しない。
精神科医よ、ジャーナリストよ、何の罪もないこれだけの人を殺してもまだ知らぬ存ぜぬを通し続けるのか!
ラスベガス









































詳細は下記を参照してほしい。
https://toshioy001.wixsite.com/tougou


銃乱射事件の犯人はサイコパス=統合失調症

アメリカでまた銃乱射事件が起きた。事件が起きる度「史上最悪」が更新されていく。「護身用」に47丁の銃、殺傷能力の高い自動小銃の所持が許されるのか?という疑問は議論される方も多いと思われるので、「どうしてこのような事件が起きるのか?」という核心に迫ってみよう。

銃乱射事件は大きく分けて2種類あって、一つは言うまでもなく「テロ」である。政治的、あるいは思想的な何らかの「目的」を持って事件を起こし、複数犯によって組織的、計画的に行われる。

もう一つは目的や動機がはっきりしない単独犯による単に「人を殺すこと」のみを目的としているとしか考えられない事件で1999年コロンバイン高校での事件、2007年バージニア工科大学での事件、2016年オーロラでの事件、サンディフック小学校での事件、2016年オーランドでの事件などがそれにあたる。

これらの事件の犯人はすべてに「精神的に何らかの問題があった」とされている。つまり銃乱射事件の原因は「精神病」にあるということだ。うつ病だった、統合失調症だった、被害妄想だった、引きこもりだった、いじめられていた、疎外されていた、差別されていた・・・というような報道が付きまとい精神科通院者も多い。これらの症状は「サイコパス」=「反社会性人格障害」と呼ばれている。政治的、思想的な目的を持つ「ローンウルフ」と呼ばれる単独犯によるテロも増えているが、組織的な背景がないものはこの類と考えるべきだろう。

サイコパスとは人を殺したり傷つけたりすることに対し何の感情も抱かず、むしろ快感を覚えるような異常な精神状態を指す。もともと性格が悪い人間もいるがほとんどは「後天的」に発症するもので、ある時期までは「普通」の「優しい」人だったという場合も多い。精神科医や心理学者は理想的ではない家庭環境やいじめ、疎外、差別などの「ストレス」によって「歪んだ性格」が作られると考えているが詳しいメカニズムは「よくわかっていない」とされている。

一般市民が銃を持てない日本では銃乱射はないものの通り魔事件や無差別殺傷事件は日常的に起きているから「銃」に問題があるわけではなく人の「精神」に原因があることは間違いない。なぜ「ストレス」が「人を殺す」ことに繋がるのだろう?

私たちは日上生活の中で相手を殺したいほど激怒することがないわけではない。しかし大抵は殺人事件には至らない。逆に私たちがそれでも人を殺さない理由は何だろう?

・法律違反であり捕まって刑を科せられるから

・人を殺すことは間違っているから、かわいそうだから

・殺しても何も問題は解決しないから

というような理性、良心、社会性が理由ということになる。

これらの犯人にはそのどれもが欠落している。もともと「無かった」のではなくある時点から「無くなった」のだ。これがサイコパスの「核心」であるが、記憶や知識がなくなるような脳の異常が起きているわけではない。憎しみ、欲望、被害妄想などマイナスの感情は「増幅」されているようにすら見えるのに、なぜこのような「人間的な感情」が失われてしまうのか?これは理性、良心、社会性といった人間的な感情を司る前頭葉が萎縮し機能低下を起こす現象による。この現象には脳の不思議な仕組みが関係していることが最先端研究によって明らかになっている。サイコパス

















ストレスは生物にとって「生命の危機」を意味する。それを回避するため「ストレスホルモン」が過剰分泌されることによって危機を回避しようとするシステムが備わっている。このシステムは身体能力を増強したり脳を興奮させて俊敏な行動を促すことに繋がるのだが、実は同時に「理性・良心・社会性」といった「人間性」を遮断する機能が存在する。その理由は「とっさの行動を促すため」、要するに「余計なことを考えずに行動しないと命が危ない」ということなのだ。通常は一時的な現象なのだがある特定の遺伝特性を持つ人間が大きなストレスにさらされるとこの現象が半永久的に起きる。これが「統合失調症」という精神病である。統合失調症は幻聴や妄想を特徴とする、以前は精神分裂病と言われた病気である。サイコパス・反社会性人格障害とは別の病気と考えられてきたが「前頭葉の萎縮」を原因とする同じ病気の範疇だという考え方が広まりつつある。

この病気は前頭葉のシステムを構成するネットワーク「シナプス」が「シナプスの刈込」という現象によって消滅し、前頭葉が善悪の判断ができない赤ん坊や胎児の状態に「退化」することによって起きる。男性の場合は1525歳くらいの思春期、女性の場合は2535歳くらいの妊娠出産期に起こりやすく、銃乱射事件の大半はこの年代によって引き起こされている。

シナプスの刈込は鎮静、抗不安作用を持つGABAという情報伝達物質によって引き起こされることが東大大学院の研究で明らかになっている。
GABA1GABA2






























GABA
はストレスホルモンのほか、麻薬や覚せい剤、アルコールや睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬などの精神科の薬によって過剰分泌される。精神科の薬は精神病を治すのではなく「促進」させるというとんでもない事実が浮かび上がってくる。銃乱射事件の犯人の多くが精神科に通院していながら事件を起こしているのは実は当たり前であり、銃乱射事件を引き起こしている本当の犯人は精神科医療だということである。多くの犯人が精神科に行くまでは引きこもりやうつ病などの軽い精神病だったものが通院とともに悪化し事件を起こしている。動物実験ではこの事実がすでに確かめられている。
1魚の性格が変わる1魚の性格が変わる2















































統合失調症を起こしやすい「ストレスに弱い遺伝特性」は100%遺伝であり、日本人を含むユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに多く存在する。今回の事件の犯人の父親が「サイコパス」だったと報道されているからこの犯人も「ストレスに弱い遺伝特性」であったことは間違いないだろう。もちろんこの遺伝特性を持っていてもすべてが統合失調症やサイコパスになるわけではない。思春期に発症しなければ発症する確率は低いのだが薬物等の摂取があれば高齢者であっても発症する。今回の犯人も「精神的に不安定だった」と報道されている。薬物や精神科の薬があふれているアメリカであれば何らかの薬が関係していることは間違いないだろう。精神科の薬を服用していたならkの事件の真犯人は精神科医ということになる。

17日に駅のホームで「攻撃しろ」と声が聞こえ見ず知らずの人間を線路に突き落とした事件、ナイフで通行人を刺した通り魔事件もすべてこの「精神病」が原因である。精神科の誤った治療をやめさせればほとんどの事件は防ぐことができる。精神科医よ、いい加減目を覚まして事実を正視し殺人犯を作り出すことをやめるべきではないか。

詳細は下記を参照してほしい。多くの科学的根拠によって裏付けられた真実を否定できる専門家は誰もいない。精神科医は事件を作り出すばかりで止めることはできない。私は止めることができる。どちらが正しいだろう。https://toshioy001.wixsite.com/tougou

相模原事件 犯人を死刑にして次の事件を防げるか?

相模原事件の犯人が起訴された。昨年の9月から行われた鑑定留置の結果は「人格障害はあるものの責任能力はある」という予想通りのものであり、誰もが極刑を望んでいるだろうから裁判で死刑が確定するのも間違いないだろう。

この犯人を殺して得られるものは何だろう?殺されたり怪我をした障害者の家族の恨みは晴らせるだろうし、こんな男の存在を許す国民もいないだろうから死刑自体は仕方ないのかもしれない。しかしこの男を殺すことが「次の事件を防ぐ」ことに果たしてつながるのだろうか?

死刑が存在するのは刑罰としてはもちろんだが「死にたくないから死刑にはなりたくない」という人間の当たり前の考え方に基づく「犯罪抑止効果」が狙いでもある。確かに「まともな」人間にとっては抑止につながるだろうがこの犯人は違う。

普通の人間は人を殺したいとは思わない。やむにやまれぬ憎しみの果てに殺意を覚えたとして、仮に相手が殺されて当然のひどい人間だとしても殺すには何らかのためらいがあるだろうし、ナイフを刺して血が飛び散れば自分のしたことの恐ろしさにうろたえるのが「当たり前」だろう。そして捕まり死刑になる恐怖に怯え後悔の念にさいなまれるのが「普通の人間」である。

しかし、この犯人は「初めて」人を殺すにも関わらず「ためらうこと」も「うろたえること」もなく笑みを浮かべながら次々と人を刺していった。逮捕されてからも笑みを浮かべ後悔も反省も一切することがない。この犯人は人間の感情を持たないモンスターでしかないのだ。おそらく死刑判決が出ても死刑台に立っても笑みを浮かべることだろうし、死刑を望みさえするだろう。果たして死刑になることを知っていたらこの男は犯行に及ばなかったのか?答えはもちろんNOである。死刑はこの手の犯人にとっては「抑止力」として機能しない。さらに犯人が望む「死」を与えて刑罰になるのか?という疑問が浮かぶ。社会的には死刑以外の選択肢はないが、それは全く「無意味」でしかないのだ。

犯人を極刑にするとともに障害者の生きる権利や差別について議論し、啓蒙することが次の犯罪を抑止すると信じている方もいるが、この事件の本質は全く次元の違うところに存在する。

この事件は池田小事件や秋葉原事件と同じ「キチガイ」(差別用語だというなら反社会性人格障害=サイコパスと呼んでもいい)による無差別殺傷事件である。今回はたまたま犯人に障害者への憎悪があったから障害者が標的になっただけに過ぎない。池田小事件では小学生でなければならない理由、秋葉原事件では秋葉原でなければならない理由があったというだけで基本的に「人を殺したかった」という事件なのである。ゆえにこの事件の本質的な問題は障害者差別というレベルの問題ではなく、なぜこのような「キチガイ」が生まれるのかということである。この問題を解決できなければ次の事件を防ぐことなど「不可能」なのにそれを論ずる専門家は「皆無」でしかない。

このような事件は「自分の置かれた不幸な状況を他人のせいにして歪んだ憎悪を募らせた」というありきたりの心理学者の見解が述べられる。しかし、不幸な状況に置かれた人間は山ほどいるのに「人を殺して笑っている」ような人間になるものが多いわけではない。いくら自暴自棄になったって後になれば後悔するものだろう。

この男が「ある時期」までは普通に社会生活を送っていたことがわかっている。つまり、性格がよかったとまでいうつもりはないが普通の常識が通じるまともな人間が「ある時期」を境に「キチガイ」になっているのだ。歪んだ憎悪を募らせると「キチガイ」になる、という心理学者や精神科医の言うことをあなたは本当に信じることができるのだろうか?

この症状は診断基準を満たしてはいないものの精神病である「統合失調症」の範疇である。ストレスなどの要因によって感情や人格を司る前頭葉の記憶回路「シナプス」の「過剰な刈込」が起きることによって生ずる病気である。前頭葉が顕著に萎縮し脳波が「爬虫類」の特性を示すようになる。この犯人もきちんと検査すれば間違いなくこの特徴が計測される。この現象はストレス適応反応である沈静性情報伝達物質GABAが過剰分泌されることによって働く「抗不安作用」が過剰に働くことによって起きことが東京大学大学院の最先端研究によって明らかにされている。この「抗不安作用」はストレス時に起きるだけではなく「睡眠薬」「安定剤」「抗不安薬」「抗うつ薬」「麻酔薬」など精神科で処方される薬、麻薬・覚せい剤・危険ドラッグなどの違法薬物などによっても引き起こされる。

もちろんすべての人にこの症状が現れるわけではなくCOMT遺伝子多型などの「ストレスに弱い遺伝特性」、さらに思春期、産前産後など多いことがわかっていて、この特徴は「統合失調症」の特徴に合致する。「ストレスに弱い遺伝特性」は白人黒人に比べ日本人には10倍以上存在する可能性が高い

この事件の犯人は「大麻」を使用していたことがわかっている。普通の人間にとっては「大麻は鎮静作用の強い「強いたばこ」程度のものでしかないが「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ方にとっては十分「キチガイ」にさせる薬として作用する。措置入院で躁病と診断され「安定剤」を処方されたことによってさらに症状は悪化し事件を起こしたのだ。この作用は一時的なものではなく「半永久的」なものである。社会を震撼させてきた多くの不可解な事件が精神科の薬によって引き起こされたこの症状が原因であることが簡単にわかる。

少し前まで精神科医は「そんなことはあり得ない」と豪語してきた。しかしここ数年の研究によって十分あり得ることが科学的に証明されている。次の事件を防ぐ唯一の手段はこの事実を公表し精神科医療を根本から変えることだけである。
詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



神戸連続児童殺傷事件 麻酔薬が酒鬼薔薇を生んだ!

神戸連続児童殺傷事件の犯人少年A(当時14歳)が手記を書いて発売された。予想よりはるかに高いレベルで「人間」を取り戻していることがわかって安堵した。鋭い洞察力を持って自分を分析する力に驚かされた。これほどの人間性と知性を持った人間がなぜあのような事件を起こさなければならなかったのか?この手記によって最後の謎が解き明かされることになった。

多くの国民に衝撃を与えたこの事件について再度検証したい。事件の詳細や背景などについては多くの資料があるので省略し、異なる視点から見て行きたい。

1.     両親の教育の誤り?

事件発生時から「親の育て方が悪い」と指摘する声が多かった。誰でも考えそうなことだが多くの少年事件のように劣悪な成育環境があったとは考えられない。母親の手記でもそう思ったが少年の手記でそれはより明らかになった。両親も兄弟もやさしく思いやりがあり愛情に溢れた家庭であったことは疑いようがない。事件後も見放すことなく愛情を持ち続けている家族の姿が手記には溢れている。「甘やかしすぎ」たのでは?という方もいるだろうが放任していたわけでもなくそれが事件に結び付くことはない。家庭環境に事件の背景は無いという結論である。

2.     発達障害であった事実

「怖がり」で「臆病」と母親が評していたこと。幼稚園の年長の頃3回ほど自家中毒(ストレスによって嘔吐、倦怠感、蒼白、腹痛、食欲不振、頭痛などの症状が現れる)にかかっていた事実。精神鑑定によって直観像素質者(瞬間的に見た映像をいつまでも明瞭に記憶できる)だったことがわかっていること。これらのことから少年が発達障害であったことは明らかである。発達障害は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ子どもに現れる症状である。

3.     統合失調症を発症していた事実

小学校3年生の時に父親に強く叱責されて訳の解らないことを口走るようになって精神科の診療を受けている。これは統合失調症の初期症状なのだが「軽いノイローゼ」と診断されている。投薬は確認されていない。

5年生の4月に祖母が死亡。祖母の死後、ナメクジや蛙を解剖し始めたと言われている。妄想が顕著に窺えるようになり、統合失調症が著しく悪化していることが読み取れる。このことから祖母の死のストレスによって人格に異常をきたしたのではないかと多くの心理学者が考えた。

4.     覚醒時興奮という統合失調症

祖母が亡くなって間もなく盲腸の手術を受けている。全身麻酔から覚める際に暴れ母親を罵倒している。これは「覚醒時興奮」と言って十代に多い症状だと言われている。本人はそれ以上でもそれ以下でも無いと思っているがこれが本格的な「統合失調症」の始まりだったと思われる。これはこの手記によって初めて明らかにされた事実で、このことによってすべての謎が解けた。この症状はタミフルの副作用と同じことでNMDA受容体の機能低下と前頭葉神経細胞のアポトーシスを示す。ストレスに弱い遺伝特性に多発し、思春期・ストレス時にはその発症率は極めて高くなる。理性や人格が半永久的に喪失する。タミフルの副作用が一時的なものではなく半永久的な「感情の異常」が続くことはほとんど知られていない。インフルエンザ脳症も同じメカニズムで起きる。麻酔薬はストレスホルモン「コルチゾール」と同じ働きをする。これを無害化する酵素に問題があるのが「ストレスに弱い遺伝特性」である。タミフルの副作用もインフルエンザ脳症も十代以下に多く「日本人に特異的に多発する」傾向がある。これは偶然の一致ではない。これが彼を「酒鬼薔薇」にした原因である。

5.     飲酒と喫煙の事実

中学に入ってから飲酒や喫煙を繰り返していたことがわかっている。思春期の飲酒や喫煙は「ヤングアルコホリック症候群」を引き起こし統合失調症を悪化させる。ストレスに弱い遺伝特性を持つ人間には顕著にこの症状が起きる。この症状が事件への直接の引き金になった可能性が高い。

6.     統合失調症は理性や社会性を失い、認知障害(物事を正しく判断し行動することができない)、妄想、幻聴などが起きる病気である。現在主流のDSM基準では少年が統合失調症であるという診断はできないし、治療薬である「抗精神病薬」は一時的に症状を抑えるだけで「治療」には全く役に立たない。

7.     文学的才能にあふれていた事実

事件における脅迫文や声明文からは中学2年とは思えない文章力、考察力、洞察力が窺える。国語の成績が悪かったことから冤罪では?という声があがったほどである。

しかし、国語の成績など何の指標にもならない。少年にとっては国語の授業など「子供だまし」程度のもので本気になる価値もなかったのだろう。少年の能力はそれをはるかに上回っていた。これは発達障害の一つの特徴でもある。少年にはすぐれた文学的資質があった。うまく育てられればそれを生かすことができたはずだった。手記にはその才能があふれている。

8.     脳に異常がないという誤診

精神鑑定の際に脳の検査も行われている。異常は確認されていないという結果であるが、多くの反社会性人格障害者には前頭葉の萎縮と脳波の異常(爬虫類に近い脳波)が見られることがわかっている。もちろん統合失調症でも同じことなので「異常なし」という結果はあり得ない。脳腫瘍などといった器質的に顕著な異常ではないので精密な検査が必要である。ずさんな診断が「責任能力はある」という誤った結果を生む。

9.     矯正教育の失敗

少年は医療少年院に送られ特別なプログラムの下矯正教育が行われた。しかし精神科医指導の下で行われた薬物治療を併用した治療は症状を悪化させ、いじめによって度々激しい発作が起き、一時は統合失調症の急性期を示す「錯乱」状態まで悪化したことがわかっている。

10.  家族の愛が更生させた

幸いにして精神科医から解放された社会復帰は人に恵まれて順調に進み、その中で豊かな人間性が養われていったようだ。彼が更生できた最大の要因は「家族の愛情」があったからだろう。誰かに愛されていなければ人間性は育たない。更生できるかできないかの差はそこにあると考える。劣悪な成育環境で育った人間は更生できる可能性は少ない。


バカげていると思われる方も多いだろうが学術的、科学的に十分な根拠がある。起きている事実はこの考え方が正しいことを示している。二度とこのような事件を起こさないために真実は明かされなければならない。
詳細は下記を参照してほしい。


https://toshioy001.wixsite.com/tougou


淡路島 5人刺殺 精神科医にキチガイにされた犯人

また精神科通院者による惨殺事件が起きた。

淡路島の5人刺殺事件で逮捕された40歳の男は「奇声を発し、大暴れして1日に3、4回警察を呼ばれることがあった」「ツイッターで殺された方への誹謗中傷、〈各地で電磁波犯罪と集団ストーカーを行っている〉〈電磁波兵器で他人を拷問〉など意味不明な書き込みをしていた」などという常軌を逸した「キチガイ」ぶりが報道されており、「統合失調症」による犯行であることは間違いない。

明確に診断できる精神科医はほとんどいないのだが症状からして「前頭葉に萎縮が見られ、爬虫類の脳波が観測される」統合失調症であることは検査すれば容易にわかることだ。

「ちっちゃな頃は弟思いの優しい子だった」という証言のように「キチガイ」になったのは後天的なものだ。中学生の頃、学校になじめず、イジメに遭って不登校になり、中学卒業後は進学もせず、以来、二十数年間ほとんど外出せず、自宅に引きこもっていた、というからストレスによって精神障害を発症していたことは間違いないだろう。統合失調症はもちろんストレスによって自然発生するのだが男を犯罪者にしたのは「精神科医」である。

「達彦容疑者は一昨年の10月まで精神疾患で入院した過去があった。今年に入ってからはネット上の書き込みや自宅で暴れることが増え、精神的にも不安定だった」とあるから現在も通院していて薬を飲んでいることは間違いないだろう。入院もし、薬も飲んでいる、「予兆があったのに犯罪を防げなかったのか?」という方もいるが家族は義務を果たしているし警察もことが起きなければ動けない、危険人物を収容していたら人権侵害になりかねないし収容施設が溢れてしまう。

問題は精神科に入院したり通院したりしているのになぜ「良くならなかった」のかということである。「統合失調症は対症療法だけで治す方法はない」と精神科医は言うのだろうが良くなるどころか人を殺すほどに悪化しているのはどうしてなのか?

それは精神科医が処方する抗不安薬、抗うつ薬の添付文書の副作用欄に「統合失調症の発症・悪化」が明記されているからである。統合失調症の治療薬「抗精神病薬」にさえ「脳の萎縮」という統合失調症の悪化を示す記載があるのだ。

これらの副作用は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きる。この犯人がこの遺伝特性を持っていたことは間違いない。この遺伝特性を持ち、引きこもりなどのストレス性疾患を発症している場合に精神科の薬(特に抗不安薬、抗うつ薬)を処方されれば100%「悪化」する。このことはNMDA受容体仮説に関連する理論で既に証明されている。その事実を精神科医が隠蔽し続けているだけなのだ。

この男を死刑にしても次の事件は防げない。精神科医が「よくわかっていない」とする統合失調症の正体も含め、なぜ起きるのか、何が起きるのか、どうしたら防げるのか、どうしたら治せるのかまで私は突き止めた。精神科医がまじめに検証さえすれば正しいことが証明されるはずなのだ。

詳細は下記ホームページを参照してほしい。次の事件を防ぐ唯一の鍵が記されている。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


 

人造人間サイコパス


凶悪犯罪を引き起こす異常性格者「サイコパス」は精神科の薬によって造られる人造人間だ


猟奇的、残虐な犯罪を抵抗なく行い罪悪感も持つ事の無い異常性格者を「キチガイ」、日本ではまだなじみが薄いが英語では「サイコパス(精神病質者)」と呼び、動機があやふやな凶悪犯罪はこの類の人間が起こすと言われている。

日常生活が不可能なほど脳が不完全なわけではなく、一部の思考が異常な方向性を持つ。これらの思考回路は生まれつきと言うわけではなく幼児期の劣悪な家庭環境や虐待、さらに社会的な疎外感やいじめによって形成されると言われており、反社会的で人の命も自分の命も何とも思わぬ冷酷で非情な特徴を持っている。

「羊たちの沈黙」に描かれたような狂気を持った犯罪者は残念ながら間違いなく存在するが、そういった事件が最近やたらと多い気がしないだろうか。報道される機会が多くなったから、ストレスの多い複雑な社会になったから・・・本当にそれだけの理由なのだろうか。

そもそも何故生育環境が悪いことがそういう思考を持つことに繋がるのだろうか。

ある精神科医は虐待が感情の正常な発達を阻害し後天的な発達障害を作り出すと言っている。これは有名な方なので私よりはかなり信用に値する理論だろう。また、ストレスによって生成されるホルモンが感情脳の一つである「海馬」を萎縮させPTSDなどの原因になるという説もかなり一般的な理論である。

これらの話を総合すると生育時のストレスが感情脳の発達を阻害、あるいは感情脳を萎縮させることによって「人」としての感情が形成されず、疎外などに対する報復意識だけが増幅することによって生み出されるのが「サイコパス」だと私は考えている。

しかし精神科が関係している凶悪事件の犯人は精神科に通うまでは「いい人だった」「そんなことするような人じゃなかった」という証言も多い。心の病を患い精神科に行って「症状が悪化」し「キチガイ」「サイコパス」になったと精神科医は言うが中途入社の「サイコパス」は果たしてあり得るのだろうか?

サイコパスは一度のストレスで形成されるわけではなく長い期間極端なストレスが繰り返し与えられ続けることによってそのごく一部の人間に発症する。中途入社で「サイコパス」になるには幼児期から蓄積されたストレスと同じ相当量の原因が必要だという理屈になる。それが抗うつ薬、抗不安薬などの精神科の薬であって、ストレスホルモンと同じ作用を及ぼす物質を数百倍、数千倍の濃度で脳に与えるのだと私は考えている。それによって感情脳が急激に萎縮し感情記憶が半永久的に失われ幼児化が起きる。幼児化した感情が正常な一般記憶、知識、悪意を持った負の記憶と幼児化してからの疎外感やストレスなどの負の感情をコントロールすることが出来ずに「サイコパス」と化してしまうのだ。

長い歳月をかけて形成されるはずのサイコパスを促成で誕生させる精神科の薬。この事実は専門家も誰一人指摘したことがない。しかし、精神科の関係した凶悪事件を検証するとその不自然さに一定の法則があることが判ってきて、それが偶然の一致だというには余りにも無理がある。少なくともサイコパスでなかった人間が精神科の治療を受けながらサイコパスに悪化するということは絶対にあり得ない。それは同じ記憶を持った別人という薬が作りだした「人造人間」である。

息子に起きた事は事実であり、それが頻発しているのも間違いない。そしてその事実を精神科の関係する事件に当てはめるとすべてのつじつまが合うことも間違いない。


息子に起きた副作用の詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

精神科医と製薬会社の巨大な犯罪が暴かれようとしている。素人のたわごとなど信じる者などいないと侮ってはいけない。真実は必ず明らかにされる日が来る。
 

 

記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ