精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

キレる

抗アレルギー薬が精神病を引き起こす!

桜の季節が終わり花粉症も収まってホッとしている方も多いことだろうが、この時期に心の不調を訴える方があなたの周りにいないだろうか?

26になる娘の様子がおかしく精神の不調を訴えた。うつ病の再発?とも考えたがそれほどのストレスがあるとは思えない。原因を探るべくよくよく話を聞いてみるとどうも花粉症の治療に服用していた抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)が原因ではないかという結論に至った。今回の不調も昨年うつ病らしき症状が表れたのも長期間抗アレルギー薬を服用していた時期と重なるようなのだ。

抗アレルギー薬に関しては精神に影響を与える可能性があるのではと疑いを持っていたが、娘に発達障害の傾向はなく「薬が無いと仕事にならない」という言葉に押されて口を挟む余地がなかった。副作用を調べてみると「神経過敏」という項目が間違いなくあった。この単語だけではどのような症状を指すのか具体的なものを思い描くのは困難だが、思考回路が短絡的になり些細なことで泣いたり、怒ったり、落ち込んだりという感情の起伏が激しくなるということなのだ。

アレグラ副作用


















「何でもかんでも薬のせいにしている」と思うのは自由だがもちろん十分な科学的理論が成り立つし、実際に副作用として記されているのだからこれ以上確かなことはないだろう。

「8年越しの花嫁」の項でも触れているが、もともと免疫や抗体反応というアレルギーに関する体のシステムは精神病の原因である「シナプスの刈込」という現象と深いつながりがある。つまり花粉症そのものが精神に影響を及ぼす可能性があるということだ。ちなみに抗ヒスタミン薬は人体では副腎皮質から分泌される物質なのだが、副腎皮質はコルチーゾール、カテコールアミンなどの「ストレスホルモン」も分泌する器官でもある。関連がないはずはないだろう。

抗アレルギー薬は過剰な免疫反応を抑制する薬であるが、「正常な神経の情報伝達を阻害する薬」であり、その意味では睡眠薬・抗不安薬や鎮痛解熱剤、抗ウィルス薬と同類の作用を及ぼすということになる。一方でこの反応は鎮静性情報伝達物質GABAを過剰分泌させる。これらの薬に共通して「眠気」という副作用があるのはそのためである。このGABAが実はシナプスの刈込の原因物質であり統合失調症を引き起こす事実を東大大学院の研究チームが解明している。

GABA1GABA2






























つまりアレルギー症状を起こしている時に抗アレルギー薬を服用するとシナプスの刈込の相乗効果が起きるということになる。同じ抗体反応であるインフルエンザ発熱時に解熱剤を使うとインフルエンザ脳症が起きやすいのも同じ理屈によるものだ。

インフルエンザ脳症2







インフルエンザ脳症は東アジア地域で特異的に多発している。これは白人黒人に比べて日本人を含むユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに過剰なシナプスの刈込が起きやすい「ストレスに弱い遺伝特性」が極端に多く存在することによる。日本人は抗体反応や薬によって精神病を起こしやすい民族ということになる。この遺伝特性を持つ人は発達障害の傾向を示しアルコールによって「酒乱」を発症する。


インフルエンザ脳症







抗アレルギー薬や鎮痛解熱剤は睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬に比べればGABAの過剰分泌は小さいと考えられる。ストレスに弱い遺伝特性を持たない普通の大人が短期間使用する分には大きな問題はないだろうが、ストレスに弱い遺伝特性を持つ人・子供は注意が必要で長期の連用は「極めて危険性が高く」、同時に大きなストレスがあれば本格的な精神病の発症につながっていく。

キレる老人が増えている、キレる女性が増えている、うつ病・精神疾患が増えているのは紛れもない事実だ。時代のせい、社会のせいとうそぶく専門家が多いが人類の歴史の中でストレスが無かった時代はない。本当は何が変わったのか?よく考えればわかるはずだ。精神病の入り口はストレスだけではなく痛みや苦しみから逃れようとする「医療」にも存在するという大きな矛盾を正面から議論する必要があると私は思う。キレる老人
























抗アレルギー薬で心の不調を感じた人はすぐに薬を止めることをお勧めする。漢方や他の方法を探ることをお勧めする。アレルギー症状はつらくても精神病になるよりはるかにましだということ知ってほしい。この症状は薬の血中濃度は関係ないので薬を止めてもすぐには治らない。数か月薬を抜けば以前の状態に戻れるだろう。

心療内科や精神科に行けば「うつ病」「双極性障害」などと診断され投薬によってさらに悪化することは間違いない。多くの精神病がこうして作られていくのだ。詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


キレる女性が急増!その本当の原因は精神科の薬

仰天ニュースで「キレる女性が急増」という話題を取り上げていた。女性からのDV被が6年間で13倍に増えているというのだという。

番組ではその「心の闇」が「母親からの虐待」による心理学上の理由によるものだと結論付けていたが、行き過ぎた躾、服従、強制というような親の虐待というのは昔から変わらずあることでそれが6年で13倍になることはあり得ない。

女性はもともと生理周期によってイライラしたりという感情変化が大きく一昔前は「女性のヒステリー」という言葉があったくらいだから不安定要素は大きいのかもしれないが、それも昔から変わっているわけではない。

残念ながら私にも経験がある。普段は優しく明るい妻がキレて攻撃的になりひどい言葉や暴力をふるったりしたことが何度もある。どうしてこんなことをされなければならないのか理解に苦しんだ。今はほとんどなくなったし、あっても一時的なものだから驚くことはない。ずっと昔、結婚する前に付き合っていた女性にも暴力や脅迫を受けたことがある。若い時にはとても恐怖だった。

この二人に共通するのが「精神科の薬」である。もちろん若い頃には何も気づくことはなかったが妻の感情の変化に睡眠薬や抗不安薬など精神科の薬が関連していることを突き止め薬を止めさせたところ症状は治まったのだ。

女性の生理周期による感情の変化は卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量の変化が原因だと言われている。私はこの変化が「発情期」によるものだと考えている。避妊手術を受けていない雌猫を飼った経験のある人はお解りだと思うが「発情期」になるとあからさまな変化が起きて困ってしまう。人間も「生物」でありその目的は「子孫繁栄」とプログラムされているから同じことが起きるのは「当たり前」であり、社会性より本能を優先し子孫繁栄につなげようとするシステムが働くということなのだ。

似たようなことが妊娠出産、子育て時にも起きる。これは子育てに適応した変化で「子連れの熊は警戒心が強く狂暴」ということと同じである。この現象が「前頭葉の萎縮」によって起きることがスペインの大学の研究によって明らかになっている。

妊娠




















この変化と同じ変化がストレス時にも起きる。ストレスが生理周期によるイライラを重症化させることは周知の事実である。ストレスは生物にとっては「生命の危機」と認識され、生命の危機を回避するためストレスホルモンが過剰分泌されることによって本能を優先させ逃避や攻撃に備えるシステムが働く。

この「社会性をダウンさせ本能を優先させる」システムは社会性を司る「前頭葉」を委縮させ機能を低下させることによって実行される。ストレス時この指令を行う物質がCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)で、このCRHが過剰分泌されると「キレる」という現象を起こす。この現象は日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きやすい。つまり「キレやすい」人はストレスに弱い遺伝特性を持っている可能性が極めて高いということである。

1ストレス情報伝達































CRH受容体2型























さらにCRHが分解されるとGABAという鎮静性情報伝達物質となり催眠作用をもたらす。軽いストレスは睡眠に良いとされる理由でもある。ところが、このGABAが「前頭葉シナプスの刈込」という現象を引き起こすことが東大大学院の研究で明らかになっている。これが実は睡眠薬・抗不安薬などGABAを過剰分泌させることで効果を発揮する精神科の薬のもたらす「抗不安作用」の正体である。シナプスの過剰な刈込は理性・良心・社会性と言った前頭葉のシステムを崩壊させ「統合失調症」を引き起こすことがわかっている。精神科の薬は普通の人をキレやすく、キレやすい人をさらにキレやすく変え最終的には善悪の判断のできない統合失調症を発症させるということである。「睡眠薬によって性悪が変わる」という記事が2012年の東京新聞に掲載されている。

GABA1GABA2































1.
「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人はキレやすい。

 この遺伝特性を持つ人は虐待やDVを起こしやすい。テレビでの女性の母親もこの遺伝特性を持っていたと考えられ女 
 性はその特性を受け継いでいる可能性が高い。

2.この特性を持つ人は十分な愛情によって育まれないと(ストレス環境下で育つと)社会性が育ちにくい

3.女性は生理周期や妊娠出産で前頭葉の萎縮が起きやすい

4.GABAの過剰分泌を促すアルコールや睡眠薬・抗不安薬(安定剤)・抗うつ薬など精神科の薬は前頭葉の萎縮を促進しさらにキレやすくなり、キレた状態が継続しやすくなる。

5.看護師・夜の職業の方は睡眠薬を多用する
6.出産後の精神的不調を「産後うつ」と診断し抗不安薬や抗うつ薬を処方する

 

キレる女性が急増した原因は精神科の薬にある。DV加害者を調べれば簡単にわかる。「キレる老人」が増えたのも睡眠薬の影響である。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


石巻殺人事件死刑判決 思春期はなぜキレやすいのか?

石巻市で3人を殺した少年の死刑判決があった。

少年法の意味を反故にしてしまうこの判決は情けないとしか言いようがない。

そもそも人を殺した罪を「殺す」ことで償わせるという考え方が前近代的、非文化的、非人道的で野蛮なものでしかないことにどうして気が付かないのだろう?日頃「命は大事」「かけがえのない命」などと合唱している方々が「人殺しは殺してしまえ!」と言うのだから矛盾しすぎている。それがどんな人間であってもこの世に生まれてきた命を奪う権利は誰も持っていない。もちろん凶悪事件の犯人でも、である。誰かの「正義」によって人を殺すことが許されるなら戦争は永遠になくならない。

1819は大人だとして選挙権が与えられたが、ほとんどの場合まだまだ「ガキ」でしかない。自分のその頃を思い出せばよくわかる。バカなことをする若者が絶えないのが何よりの証拠だろう。まだまだ善悪の判断そのものが未熟なのだ。

確かに何の罪もない3人の命が奪われたのだから責任自体は免れないだろう。しかし、その事件がなぜ起きたのか?何が少年を殺人犯にしてしまったのかをよくよく考えなければ次の事件は防げない。死刑になることがわかっていたら少年は犯行を行わなかったか?この答えは確実に「否」である。少年犯罪において「死刑になるから事件を起こさない」という考え方は現実的に「ありえない」から「抑止」にはならない。つまりこの「死刑」は「復讐」以外の意味を持たないということだ。

少年法を反故にする考え方が「当たり前」なってしまったのには二つの要因がある。もちろん「凶悪な少年事件が増えたから」なのだが、なぜ少年が凶悪な事件を起こすのか?という根本的な謎を精神科医や心理学者が「いまだに解明できていない」というのが一つの要因なのだ。「性格が歪んでいる」「生育環境が悪い」と言うのは簡単だが、どうしてそういうことが起きるのかを全く解明できていないのだ。

この事件は交際相手に振られたことに端を発して「キレた」「自暴自棄になった」状態で起きた。心理的ストレスが脳に何を起こすのか?その解明が何より重要なことだ。

大きなストレスはストレスホルモンを過剰分泌させ、「理性、社会性、人格」を司る前頭葉の機能を停止させる。これは生命の危険から身を守るために備わっている生物としての機能である。この機能によって「怒り」や「欲望」を制御できない「別人」になってしまうのだ。この機能は思春期青年期に「過度」に働くようプログラムされている。これは「子孫」を残すためだと考えられる。動物が発情期に気性が荒くなることはよく知られている。同じことが人間にも起こるのは「当たり前」のことにすぎない。

つまり①ストレスがかかると感情のコントロールができなくなる。②思春期青年期はその傾向が顕著になる。ということなのだ。通常はストレス時の一時的な反応なのだが「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ方はこの状態が半永久的に起きる。これが「統合失調症」である。この一連の現象が間違いなく繋がっていることはすでに証明されている。

「ストレスに弱い遺伝特性」というのはストレスホルモンの分泌分解に関係する遺伝子が先天的に不活性である方で民族的偏りがあってユーラシア大陸のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに多く存在する可能性が高い。

この少年は母親に虐待されていた。子どもを過度に虐待する親は「ストレスに弱い遺伝特性」を持っている可能性が高い。もちろん明確な根拠がある。したがって少年が「ストレスに弱い遺伝特性」を持っていたことは間違いないだろう。その少年が思春期に大きなストレスを抱えれば「おかしくなる」のは残念ながら「当たり前」、これは思春期の「病気」なのだ。病気だから許される、とは思わないが「本人にもどうしようもない」状態での犯行である。少なくとも死刑にする理由はない。

アルコールや精神科の薬は人工的にストレス状態を作り出し同様の犯罪を作り出す。その理由はとても簡単で統合失調症の原因である「ストレスホルモン」と同じ物質だからだ。すでに科学的に証明されている「事実」である。

詳細は下記を参照してほしい

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



うつ病では死なない!精神科の大嘘・・自殺を科学する1

うつ病では死なない!精神科医療の大嘘!・・「自殺」を科学する1



うつ病は「死の病」。「自殺」はうつ病の結末。ほとんどの人がそう考えている。しかし、これはとんでもない「勘違い」なのである。

その最大の根拠はうつ病の発症率と自殺者数が「比例しない」ことだ。

日本でのうつ病発症率は実は「低い」のである。製薬会社と精神科医によって煽られる「心の病早期発見キャンペーン」が行われると増えるという現象はあるようだが、それでも欧米と比べると明らかに低いレベルでしかない。多数の専門家が認めている事実で、お疑いの方がいたら調べていただければ間違いないことがわかるはずだ。日本人にうつ病が少ないのには理由があるのだがそのことについては後述する。

しかし、自殺率は先進国中「ダントツ」であり、ワーストの領域である。うつ病発症率の高い米国の自殺率ははるかに低い。うつ病と自殺は全く比例しないのだ。うつ病が「死の病」というのは「真っ赤な嘘」なのである。

それではなぜうつ病患者の自殺が相次いでいるのか?私の狭い交際範囲の中でも3人が自殺している。実はこれにはとんでもないからくりが隠されているのである。

「自殺は統合失調症の一症状」だという精神科医が存在する。その代表が函館市の多田直人医師である。「?」と思われる方がほとんどだろう。統合失調症は少し前まで精神分裂病と呼ばれた幻聴や妄想を特徴とする「キチガイ病」である。その病気と自殺に関連があるとは誰も思わないだろう。

妻が「うつ病」と診断されていた時期に何度も自殺未遂を起こしている。しかし、その様子は「うつ病が悪化して自殺した」とは思えないふしがあるのだ。本人は「正気じゃなかった」と話している。「発作的に」「正気を失って」・・・自殺の際によく使われる言葉である。この状態が「統合失調症」なのである。

普通の人間は「死ぬこと」を恐れる。人は生きるために食事をとり、生きるために仕事をし、生きるために病院へ行き不老長寿の薬を追い求める。それは「死にたくない」からである。生物は「生きるために」プログラムされている。よって死は「恐怖」であり「痛み」であり「悲しみ」となる。自殺するにはこのプログラムの「変更」が必要であり、それが「正気を失う」という行程なのである。「正気を失う」というのは「死ぬのは怖い」「死んではいけない」「家族を悲しませてはいけない」「生きていれば必ずいいことがある」・・・というような理性的な考えを失うことである。

「キレる」「プッツンする」という現象をご存じだろうか?大きなストレスがかかるとおとなしかった人が突然暴力的になったり暴れ出したり、別人のようになったりする現象である。これはストレス適応反応によって一時的に理性を司るNMDA受容体の機能が低下して起きる現象なのだ。NMDA受容体の機能が低下して「理性、社会性」を失う状態が実は「統合失調症」なのである。一時的なものと半永久的なものがあることは間違いないが「キチガイ」は「NMDA受容体の機能低下」がもたらす症状なのだ。お疑いの方は多田直人氏のホームページ、岡田尊司氏の著書「統合失調症」をご参照いただきたい。私たちが持っている統合失調症のイメージと実際がかけ離れていることがわかるだろう。

だからといってもちろん統合失調症患者が全員自殺するか?と言えばそんなことはない。そこには統合失調症ならではの特性が関連している。さらに精神科の処方する薬が実は「統合失調症促進薬」であるというとんでもない事実は次回に。

詳細は下記をご参照ください


https://toshioy001.wixsite.com/tougou




 

キレる老人が増えた本当の理由 睡眠薬がもたらす驚愕の副作用!

 キレる老人が増えている。雑誌で特集が組まれるほどなのだから増えていることは間違いないのかもしれない。確かに60代以降の高齢者(といっては失礼な方もいる)によるご近所トラブルや事件の報道が増えているように思う。社会の変化や高齢者を取り巻く環境の変化などが原因ではないか?と言われているがそんなことでキレる人が増えるのだろうか?

 まず「キレる」ということがどういうことなのか考えてみよう。

 「キレる」というのは「怒りに我を忘れて」平常心を失ってしまう心理状態であり、科学的な根拠があって起きる脳の「ストレス適応反応」である。「怒り」は一つの「ストレス」で「生命の危機」と脳では判断されストレスホルモンが過剰に分泌される。「生命を守るため」脈拍が上がり逃避や攻撃に適応できるよう準備されるのだが、同時に「考えずに本能的に行動できるよう」NMDA受容体という「考えて行動する」回路が遮断される。これが「キレる」という状態で、「社会性」「理性」「愛情」といった人間的な感情が一時的に無くなってしまうことで起きる。

 キレる状態は子どもや思春期に起きやすい。子どもが駄々をこねたり泣くのが止まらなくなったりするのも家庭内暴力もこの現象である。その理由はNMDA受容体が年齢とともに機能が高まり安定するものだからである。「大人になる」なるというのはNMDA受容体の機能が高まることなのだ。思春期は性ホルモンの影響を受けてNMDA状態の機能が低下し不安定になることによって「キレやすく」なる。発情期に動物が攻撃的になったり警戒心が強くなったりするのと同じ現象である。

当たり前に考えれば年齢を重ねるごとに「キレにくくなる」はずだから、それまでキレることなどなかった高齢者がキレるのはおかしいことになる。高齢者がキレる一つの理由には「認知症」が考えられる。脳細胞が死んでいく認知症ではNMDA受容体を持つ前頭葉の細胞も死んでいくので子どものように「キレやすくなっていく」可能性はある。認知症が「子どもがえり」のような症状を示すのにはこの理由があるのだが知識や記憶も同時に欠落していくのが常であって、キレる高齢者に認知症の症状はほとんど見られないし、もちろん認知症が「増えている」事実はない。それでは他に増える要因が何かあるのだろうか?

「高齢者は不眠症になり易い」という事実がある。加齢により催眠物質メラトニンなどの分泌に不具合が生じることが原因らしい。この対策として精神科医は「睡眠薬」の服用を積極的に勧めている。眠れなくてイライラするよりは薬で眠れるのならそれに越したことはないと誰でも思うだろう。事実、それまで数パーセントでしかない睡眠薬使用率が60台代以降急激に上がり80代では男性で10%女性では実に22%を超えている。高齢者の5~10人に1人は睡眠薬を常用しているという異常な実態が存在する。
 ベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬は依存性が高い為WHOが「30日を超えて使用しないように」と呼び掛けているがそれを守っている精神科はいないし、内科など専門知識があるとは思えない他の診療科でも簡単に処方される。
 「眠り薬」など大した薬では無いと誰でも思う。それがとんでもない間違いであることを知る人はほとんどいない。「キレる」高齢者が増えた理由は実は「睡眠薬」にある。「バカげてる」と思う方がほとんどだろうが、実は「科学的」にちっとも「バカげていない」ことがすでに証明されているのである。
 妻は数年にわたり睡眠薬を使用していたのだが、飲んだ直後を中心に「異常行動」があった。異常にハイになる、夜中だというのにしなくてもよい家事をする、二階から飛び降りる、部屋中の壁に落書きをする、わけのわからないことを言う、自分のことをだめな人間だいない方がいいなどと言い始める、つまらないことに怒りだす・・・・その状態の記憶の無いことも多かった。精神的に不安定な状態は日中にも及び、仕事をボイコットしたり自殺未遂を繰り返すこともあった。それでも眠れない恐怖で薬を止められない妻を長い時間かけて説得し薬を止めさせた。すると異常行動も精神的な不安定さも「消えた」のだ。すべては薬の副作用であって精神疾患の類ではなかったのである。薬を止めた直後こそ不眠もあったが数週間すぎると波はあるものの問題のある程ではなくなった。不眠よりも副作用の方が「とんでもなく恐ろしい」のである。薬の添付文書を読んでみると全ての症状が書いてあった。精神科医はそれを説明することもなく異常を訴えても薬を変えることしかしなかった。
 鎮静性の情報伝達物質GABAの分泌を促進し「鎮静」「精神安定」「睡眠」をもたらすはずの薬がなぜそのような副作用を起こすのか?そこにはほとんどの人が知ることのない脳の不思議なメカニズムと遺伝特性が関わっている事実が帝京科学大学教授の眞先敏弘氏の著書「酒乱になる人、ならない人」(新潮新書)に記されている。
 なぜ「酒乱」と関係があるのか?酒乱とはアルコールの大量摂取により性格が変わったり、暴力的になったりする症状なのだが、キレて暴力的になる症状と似ていないだろうか?妻に起きた「異常行動」も「記憶が無くなる」症状も考えてみれば「酩亭状態」こそないものの泥酔した時とよく似ている。眞先氏は「アルコールと抗不安薬(=睡眠薬)が脳に与える影響が同じである」という事実を明らかにしている。さらにアルコールが「ヤングアルコホリック症候群という「精神異常」を引き起こす事実も明らかにしている。これが「子どもがお酒を飲んではいけない」科学的根拠である。この症状がNMDA受容体の機能低下と脳神経細胞のアポトーシス(自殺現象)によってもたらされることも明らかにされている。これは「統合失調症」の定義(まだ一般的に普及していない新しい定義)に合致する。つまりアルコールや睡眠薬・抗不安薬は「統合失調症を引き起こす」と言う事なのである。統合失調症は「幻聴・妄想が現れるキチガイ病で不治の病」というイメージはとうに崩れているのだが多くの精神科医にはその知識がない。「性格が変わる」「キレやすくなる」「攻撃性が増す」というのは「統合失調症」の症状なのだ。お疑いの方は岡田尊司氏の「統合失調症」(PHP出版)をご参照いただきたい。
 この副作用は子どもや思春期に起きやすい特徴があるのだが全ての人に雄起こるわけではない。そこには「ストレスに弱い遺伝特性」が関連している。しかもこの特性は欧米に比べて日本には特異的に多く存在する。欧米では1%に満たない発症率が10%程度に上る可能性が高いのだ。
 もちろん高齢者にも「ストレスに弱い遺伝特性」は存在する。高齢者の10%が睡眠薬を服用している×10%に統合失調症が起きる=高齢者の100人に1人は「キレやすくる」「性格が変わる」「キチガイになる」 という結果になるのだ。アルコールが関係していない、以前はそんな人じゃなかった、という場合は間違いなく睡眠薬や抗うつ薬が関わっている。
 真面目に生きてきた後の「余生」を棒に振り子や孫に迷惑をかける副作用が起きることに比べれば眠れないことなど大したことではない。

詳細は下記をご参照いただきたい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ