4月8日の朝刊に精神病にまつわる二つの事件が載った。一つは鹿児島で起きた5人殺害事件。精神病?と思う方もいるだろうが、棒を振り回すなどの「奇行」が見受けられていたことから考えれば程度は軽くても「反社会性人格障害=サイコパス」であることは間違いないだろう。これは人格を司る前頭葉の「萎縮」によってもたらされる症状で診断基準は満たさないものの「統合失調症」の一症状である。理性・良心が欠落し「善悪の判断ができない・怒りをコントロールできない」状態で事件を起こしたのだ。

もう一つは兵庫で精神障害の息子を「監禁」していた事件。少し前に同じような事件が起きたばかりだが今回は健康状態には問題なかったようだ。「あばれるから監禁していた」というこの精神障害は間違いなく「統合失調症」である。

この二つの事件について「家族を殺すなどとんでもない息子だ」「障害があったとはいえ息子を監禁するなんてなんて親だ」などという模範解答をする方は精神病患者の苦しみを何もわかっていないということだ。

監禁せずに我が子に殺され我が子を殺人犯にすることと監禁して事件を防ぎ逮捕されるかの二者択一ならあなたはどちらを選ぶだろう?精神病患者の家族はこの選択を迫られていると言っても過言ではない。

誤解のないようにお断りしておくが統合失調症・精神病の患者が全員犯罪者になるわけではない。もともと持っている性格や負の記憶、負の妄想によって一部の人たちが暴力をふるったり犯罪者になったりするのだが残念ながらその数は少ないとは言えない。

精神科に行けば?と思われる方もいるだろうがおそらくどちらも病院には行っているはずだ。精神科医はこの病気を治すことができない。なぜならこの病気がなぜ起きるか「よくわかっていない」からだ。薬による治療がこの病気を治すどころか「悪化」させる事実を私は世界で初めて解明している。

監禁しなくても他に方法があったはず、などというのは精神病を知らない人のセリフでしかない。何をしでかすか近所にどんな迷惑をかけるかも知れず24時間目を離すことができない。仕事も生活もままならず、何か注意すれば暴力をふるう恐怖に怯えなければならない。病院に行っても治ることはなく入院させるには大金がいる。行政サービスは「暴力などの症状が無い」ことが条件でとても利用などできない。「誰も助けてくれない」というのが「暴れる・暴力をふるう精神病患者」の現実でしかない。

親が逮捕されたこの息子はどうなるのか?施設や病院をたらい回しにされ最終的にはカギの付いた病室に入院させられる。親による監禁とどちらがこの息子にとって居心地がいいのだろう?

多少わがままな所はあっても優しい心も持ち合わせていた息子は精神科の処方した薬によって暴力をふるう悪魔に変わり果てた。薬を飲むまでは間違ってもそんなことをするような子ではなかった。

睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬・抗精神病薬などの薬はストレスと同じメカニズムによって「統合失調症」を発症させる。世界中の最先端研究がすでにそれを証明している。もういいかげん精神科医はこの現実を受け入れるべきだろう。私の理論を受け入れていればこの悲惨な事件を防ぐことができたはずなのに。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou