「強きを助け弱気をくじく」ゲスな二大出版社の一つ新潮社が雑誌「新潮45+」で「子宮頸がんワクチンの副作用はでっち上げ」というとんでもない記事をぶち上げた。モラルも良識もない出版社のやることに大して驚かないのだがこれには面食らった。国の進めた政策を「安全」だと信じて受けたワクチン接種で人生を奪われた上、被害をでっち上げた「嘘つき」呼ばわりされるのだから被害者の絶望的な悲しみと怒りは如何ばかりか・・・。

同じワクチン接種を受けた人に同じような副作用が起きている時点で100%「クロ」である。一人や二人では誰も副作用だなどと言わないのだから「副作用ではない」と言い張る方が「非科学的」である。科学的・疫学的な関連性が証明されないこと自体は事実でもそれが「副作用ではない」という証拠にはならない。なぜならば科学、特に医学の分野では「まだよくわかっていない」ことが多すぎるからだ。すべてわかっているのなら難病など存在しないし病気で死ぬ人など存在しないはずではないか?「今の時点では解明できない」というのは正しいがそれを持って副作用ではないと言い切るのは科学というものをわかっていない「バカ」の発言としか言いようがない。

バカな専門家の言うことを真に受けて国民を扇動しようとするのにはもちろん理由がある。このワクチン接種がストップしていることで製薬会社と医療機関には「莫大な損害」が発生している。副作用が「でっち上げ」でワクチンが「安全」となれば得をするのは誰か?どちらかが嘘をついている時には「嘘をついて得をする人間」を疑うのが常道だろう。それが「組織」や「会社」である場合はなおさら怪しい。加害者と被害者という関係でも嘘をつくのは加害を認めたくない「加害者」であることがほとんどだ。

いつの時代でも被害者、少数派は発言することさえ許されず泣き寝入りを余儀なくされる。イタイイタイ病、水俣病、薬害エイズ、サリドマイド・・・加害者が初めから認めた例はないことに気付くだろう。そんな物言えぬ被害者を救うのが「ジャーナリズム」ではないのか?国、製薬会社、医療関係者からいくらもらっているのか知らないが率先して「安全神話」を作り上げる原発と同じ愚をまた繰り返すのか?「そんなウソを信じるバカな国民などいない」と言いたいのだがこの出版社が存続できているのは支持する方が多いことも示しているのだろう。

睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科が処方する薬に「自殺」「性格が変わる」「攻撃性が増す」というような副作用が起きると言われて久しい。精神科医は「そんな副作用はあり得ない」と公言し続けてきた。しかし、最先端の研究によってそれが十分起こりうることだということが証明された。医学はまだまだ分かっていないことだらけなのだ。

いずれこのワクチンの副作用が証明された時この出版社の方々は被害者に土下座して謝罪するつもりがあるのだろうか?

精神科薬の副作用については下記をご参照ください
http://toshioy001.wix.com/tougou