先にうつ病による自殺は統合失調症の悪化が原因で抗うつ薬、抗不安薬の副作用であることを書いた。「そういう例もあるかもしれないがうちの場合は違うだろう」と思っている方も多いと思うが結論から言うと100%が副作用によるものである。

警察庁の統計によると日本の一年間の自殺者は約3万人でそのうち原因がうつ病と統合失調症によるものを合わせると約1万人で実に3分の1を占める。ここで注意しなければならないのはうつ病、統合失調症とされるには精神科の診断が前提となること、つまり精神科の治療を受けながら年間1万人が自殺しているということなのだ。(この数字は役人によって都合よく操作されていて実際の数字は数倍という噂もある)

もちろん精神科の治療を受けずにいたらそのまま悪化して自殺してしまうということもあるだろうが、それと「治療を受けながら自殺する」ということは全く次元の違う問題である。精神科の治療を受け抗うつ薬や抗不安薬を処方されれば症状が「改善する」か「悪化するか」の二者択一であって「効かない」ということはほとんどない。改善する確率は「本来のうつ病患者」のみで10%程度と言われ、統合失調症が誤診されているその他の症例は「悪化」しそのうち多くの人が自殺する。薬が効かず自然に悪化するということはまずあり得ない。それには明確な理由が存在する。

実に年間1万人が「殺されている」。戦争以外でこんなことがあるだろうか。このとんでもないスキャンダル、いや犯罪を誰も追及してこなかったこと自体驚きである。

日本の自殺率は先進国の中で異常に高いと言われている。不景気、暮らしにくさなど社会的背景や国民性が原因ではないかと言われているがどうも合点がいかない。人口10万人当たりの世界的な自殺率ランキングは次のようになっている。

1 グリーンランド 45.0

2 リトアニア 31.5

3 大韓民国 28.1 

4 カザフスタン 26.9 

5 ガイアナ 26.4

6 ベラルーシ 25.3

7 ロシア 23.5 

8 ウクライナ 22.6 

9 中華人民共和国 22.23

10 スロベニア 21.8 

11 ハンガリー 21.7

12 日本 21.7 

13 スリランカ 21.6 

14 ラトビア 19.9 

15 セルビア・モンテネグロ 19.5

16 フィンランド 18.8

17 ベルギー 18.2 

18 クロアチア 18.0 2006

19 スイス 17.5

20 モルドバ 17.4

出典 国の自殺率順リスト - Wikipedia(統計年は同一ではない、東南アジアやアフリカの統計は含まれていない)

全体的に見れば旧社会主義国ならびにカザフスタンや韓国における自殺率が高く、ラテンアメリカ諸国や自殺が宗教的に禁じられているイスラム諸国では自殺率が統計上低い傾向がある。また、国として見れば自殺率が低い国であっても、地域別や民族別に見ると隔たりがある場合もあり、カナダでは平均の自殺率は10万人あたり12人程度だが、先住民のイヌイットに限れば10万人あたり135人と、カナダ全体の11倍を超えておりグリーンランドやリトアニアを抜き1位ということになる。分布図を見ると西ヨーロッパを除くユーラシア大陸から北アメリカ大陸の北部にかけて高確率地域が広がっており民族的、遺伝的要素が要因であることが覗われる。また、医療水準はほぼ高い地域であり精神科医の診断によってうつ病が多いことが明確となっており、抗うつ薬、抗不安薬の投薬ももちろん行われている。

日本も順位は高いがこの資料では韓国や中国は日本を超えている。イヌイットが高いことを考えればこれまで私が主張してきた「モンゴロイドの遺伝的特徴が関係している」ということもできそうだが旧社会主義国が高いことの理由付けができない。ソ連崩壊後の社会的不安が原因だという方もいるがそんなことでは説明できない。さらにこれらの地域に多いスラブ人と呼ばれる民族は白人(コーカソイド)であり、その中でもアルコールに強いことが有名な民族である。アセトアルデヒド脱水素酵素欠損症との関連も間違っていたのではないかと考えるようになった。

疑問を感じて調べを進めると日本人のアセトアルデヒド脱水素酵素欠損症(ALDH多型)とアボリジニのALDH多型はタイプが違うことがわかってきた。日本人の場合このタイプの方はお酒に弱い、飲めないということになるがアボリジニの場合は「飲めない」わけではなく「酒癖」が悪いということなのだ。これにはALDHだけでなくアルコール脱水素酵素ADHが関係していて、この組み合わせによって「酒癖の悪いタイプ」が出来てしまうのだという。着目点は間違っていなかったのだが難しすぎて理解できていなかったようだ。「酒乱」と呼ばれる方はもちろんお酒が飲めないわけではなく、私も周りにいるストレスに弱いタイプの方もお酒に弱いわけではない。薄々感じていた矛盾が解決されたことになる。

自殺=統合失調症=性格が変わる=酒乱という図式が成り立つと私は考えていて同じ遺伝特性が関係している可能性が高い。

真先敏弘著 「酒乱になる人、ならない人」(新潮新書)   によると

 酒乱にはADHとALDHが関係していることは間違いないとのこと。ただしALDH多型の人は体がお酒を受け付けないので非常に酒乱にはなりにくいという。

 まともに研究されたことのない分野なので明確に理由付けができる段階でなないらしいが、アルコール脱水素酵素多型の中でADH2*2と呼ばれる酵素を2つ持っている人は酒乱に近い飲み方をし、酒量はかなりいける酒豪タイプということなのだ。ADH2*1という酵素タイプの人間はおとなしい飲み方をするのだが依存症になりやすい。

酒に弱いタイプがストレスに弱く精神疾患になりやすい、うつ病や自殺とも関連している、という私の考え方は間違っていた。研究不足を深くお詫びする次第です。
ストレスに弱い遺伝特性はCOMT遺伝子多型というタイプであることが同じ本の中に記載してある。これは2003年にサイエンスに掲載された論文で私の妄想ではないので間違ってはいないだろう。この遺伝特性が多い地域ではうつ病(ほとんどが前頭葉の萎縮による初期の統合失調症を誤診されている)が多発、抗うつ薬や抗不安薬を飲んで「統合失調症」が悪化し自殺していくのである。統合失調症と診断されても抗うつ薬や抗不安薬が処方されている例も多く抗精神病薬にも脳を萎縮させるものがあるとも言われている。
日本で一番自殺率が高いのは新潟、山形、秋田、青森、岩手にかけての地域である。この地域には白人の遺伝子を受け継いだ色白の方が多いと言われていて、妻やその父親の家系はそのタイプだと思われる。高知や宮崎も自殺率が高いので別の遺伝ルートも考えられる。

息子に起きたこの副作用の記録と考察は下記を参照してほしい(一部未更新)

うつ病による自殺は100%抗うつ薬、抗不安薬の副作用です

http://toshioy001.wix.com/tougou