葉山で起きた子どもを殺した事件で母親は統合失調症(旧称精神分裂病)で07年まで入退院を繰り返し、1年半前頃まで通院し薬を服用していたという報道があった。また、子どもが道路で遊んでいるのを近所の人や警察に注意され「子どもに何をされるかわからない」というような被害妄想を抱いて短絡的に「子どもを守るため」という強迫観念から殺したのではないかとも言われている。

まあ、常識的に考えれば統合失調症であればそのようなわけのわからぬ考えを持っても当然だし、そうであれば責任能力が問えるはずもないので事件はそれで終わってしまうだろう。

しかし、この母親は本当に統合失調症だったのだろうか?近所の評判では「温厚で普通の人」という証言もある。一時入院するまでひどかった症状が普通の生活が送れるようになるまで回復したのだろうか。

うつ病などで通院し薬の副作用で「おかしく」なった人は、成人の場合「発達障害」ではなく「統合失調症」と診断されることも多い。実際は前頭葉の萎縮(脳梗塞)が起き、感情だけが半永久的に幼児化し正常な知識、記憶をコントロールできずに奇言、奇行などの異常行動が表れるのだが医師はそれを副作用と判断する知識を持っていない。
1999年に起きた全日空ハイジャック事件の犯人は当初自殺未遂を繰り返す「うつ病」で精神科を受診している。しかしその後「精神科の治療を受けながら統合失調症へと悪化」し入退院を繰り返し事件を起こした。この犯人は統合失調症になったのではなく、副作用によって前頭葉が萎縮し記憶と知識のコントロールができなくなったことで「統合失調症に悪化した」ことにされたのではないか。

息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい
toshio1131.web.fc2.com