川崎の殺傷事件から幾日もたたない中で「事件を起こしかねない息子を殺した」として父親が逮捕された。

「なにも殺さなくても・・・」「誰かに相談すればよかったのに・・・」などというのはこのような子供を持ったことのない方の「何もわかっていない」感情論でしかない。

行政?このような問題は家族の問題として踏み込まないのが基本姿勢い、相談窓口があっても警察や病院を紹介されるだけ。警察は事件にならないと動かないし病院はとりあえず「おとなしくさせる薬」を出すだけで治すことなどできないし監禁入院させるには金がかかる・・・世間からは親の育て方が悪いと言われるから何とか自分で解決するしかない・・・というのがこの結果につながる。私も同じ立場なら同じことをするだろう。他人を殺して人殺しの親と非難され首をくくるよりは殺人犯になってでも自分で始末をつけるしかないのだ。

引きこもりの子を持つ親は身につまされるだろう。恫喝や暴力に耐え、いつか自分の子も事件を起こすのではないかとおびえ続けているのだから。引きこもりが事件を起こすわけではないと擁護する方もいるが、残念ながら引きこもりと事件には深いかかわりが存在するのは事実である。

いじめなどが原因で引きこもるのはわかるが「性格の歪み」「家庭内暴力」「事件」になぜつながるのか?疎外感、自尊心のなさ、心の闇・・・などと心理学上の解析はされているものの明確なメカニズムは解明されていない。

引きこもり、さらには「性格の歪み」「家庭内暴力」「事件」も間違いなく同じメカニズムで起きる「精神病」である。親の教育の問題でも考え方の問題でもない。病気なら病院で治せるはずだがこんな簡単なことにさえ精神科医は気づいていないから治せるはずがない。

引きこもりはいじめなどストレスを感じることが不安で外に出られなくなる症状、と誰でも思うだろうがそうではない。

ストレス時における脳の反応を見ていくとストレスホルモンCRH2型受容体回路に「抗不安作用」が発生する。この作用の不足やノルアドレナリンが足りないことが引きこもりの原因ではないかと精神科医は考え抗不安薬や抗うつ薬によって「改善されるはずだ」と思い込んでいる。しかし、引きこもりが改善された事例はほとんどない。どうしてなのか?答えはとても簡単で根本的な考え方が間違っているのだ。

実は引きこもりを起こすのは不安そのものではなく「抗不安作用」なのだ。「何馬鹿なことを」と思う方がほとんどだろうが「抗不安作用」の正体がわかればその言葉は出なくなる、

詳細はこちらの動画を参照していただきたい。すでに最先端研究によって導かれている科学的事実である。

引きこもりは「抗不安作用」をもたらすGABAの過剰分泌によって起きストレス、アルコール、睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬、抗アレルギー薬、鎮痛剤、違法薬物などによって発症・促進される。引きこもりの薬物治療は症状を「悪化」させるのだ。中高年の引きこもりの多くは精神科の治療を経験している。これほど引きこもりを増加させたのはほかでもない「精神科の治療」なのだ。

無差別殺傷事件や子殺しの事件を起こさないためにはもちろん引きこもりを治すことが重要だ。そのために必要なことは

精神科の薬は飲んではいけない

抗アレルギー薬などGABA過剰分泌を促す薬を飲んではいけない

違法薬物はもちろんアルコール、たばこは20歳を過ぎても厳禁

ゲーム、特に戦う要素の強いものは症状を悪化させるのでできるだけ避ける

何も強制せず楽しいことを見つけながら少しづつ社会と接点を持たせる

カウンセリングなどの精神療法は有効

小さい子供を育てるような愛情と見守りが重要

恫喝や暴力は一時的なもので恐れずに向き合えばやがて収まる

脱出には数年以上の長い時間が必要

長期間放置すると脱出は困難

 

早めにメカニズムを知って少なくとも悪化させないように努力すれば社会参加とは言わないまでも家族の負担にはならないはずで、「生き地獄」は避けられる可能性が高い。私はそれを経験している。
精神科治療全般の間違いについては下記を参照してほしい

https://toshioy001.wixsite.com/tougou