精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

2015年03月

フランス墜落事故 統合失調症が引き起こす惨事

フランスで起きた墜落事故が副操縦士によって故意に起こされたものである可能性が高くなっている。過去にうつ病で精神科への通院歴があり、最近も症状が悪化していて就業不可の診断が出されていたという報道がある。

「うつ病による自殺に巻き込まれた」と言う考え方はちょっと違っている。自殺したいならビルから飛び降りればそれでよいはずで多くの乗客を道連れにするのには別の意味がある。

パイロットが故意に旅客機を墜落させる事件は過去にも起きている。1997年にインドネシアで起きたシルクエア―機の事故である。公式には「原因不明」とされているが他に原因が考えられないこと、フライトレコーダーのスイッチが故意に切られていることなどから精神的に追いつめられていた機長が故意に墜落させた可能性が高いと言われている。少し状況は異なるが日本でも1982年羽田で日航機が着陸前に逆噴射して墜落し24人が死亡する事故が起きている。

日航機の事故では機長が幻覚や妄想を伴う「統合失調症」であったことがわかっている。精神状態に問題のあるパイロットに操縦させたことが問題なのだが、自己申告に頼らざるを得ない面もあり周囲の人間が状態を100%把握することは難しいのかもしれない。

これらの事故は「統合失調症」によるものである。多くの方はうつ病=自殺、統合失調症=キチガイ、という概念をお持ちだろうが実際は少し異なる。どちらの病気もストレスによって起きるのだが、うつ病は気持ちが落ち込みうつ状態になる症状で「死んでしまいたい」とは考えるが「死なない」状態である。「自殺」という行為そのものは発作的にする場合、正気を失った場合に起きることが多く、これは「統合失調症」の症状ということになる。自殺が統合失調症の症状?と疑問を抱かれる方も多いだろうがこれは著名な精神科医が臨床での研究を基に発表していることだから確かなことである。うつ症状と自殺未遂を起こす時の精神状態が異なるものであることは妻の様子を見ていた私にはよくわかる。

統合失調症は「キチガイ」になることだけが症状ではなく、幻聴幻覚、妄想に囚われ、物事を正しく認識・判断する能力が失われる状態を示す症名である。ストレスなどによって後天的に発症し、「性格が変わる、わけのわからぬ言動・行動、自殺、摂食障害、攻撃性、幼児性愛、反社会性人格障害」などの症状に繋がる。

人格や社会性を司る前頭葉が「萎縮」することによって起きることがわかっていて、爬虫類の脳波が観測されることも明らかになっている。つまり前頭葉が哺乳類から爬虫類へ「退化」することによって起きる「病気」なのだ。これまでなぜストレスが前頭葉を萎縮させるのかよくわかっていなかったのだが、私はその原因がストレス時に分泌される自前の「麻酔薬」「抗不安薬」「覚せい剤」による「中毒症状」であることを突き止めた。この症状は「ストレスに弱い遺伝特性」を持っている人に多発し、日本人はその割合が極端に高い。

麻薬や覚醒剤によって同じ症状が起きる原因もここにある。多少毒性は低くても麻薬や覚醒剤と同じものである精神科が処方する「抗不安薬」「睡眠薬」「抗うつ薬」が統合失調症を引き起こすのも当然の結果である。

詳細は下記を参照してほしい。

フランスでの事故は「会社や社会から阻害されている」「自分の今置かれている状況が周囲のせい」だという「被害妄想」が多数の乗客を巻き込む原因となったと考えられる。「墜落させろ」という幻聴、神の声を否定する「良心」が失われる「反社会性人格障害」の特徴である。搭乗時に薬を飲んでいた可能性も高い。ストレスを和らげるはずの薬は「ストレスに弱い遺伝特性」を持った人間に対しては逆にストレス状態を作り出してしまう。症状を悪化させ一時的に発作を起こしやすくしてしまうのだ。
http://toshioy001.wix.com/tougou

さいたま市 1歳孫殺害事件の真相

睡眠薬による統合失調症による事件の可能性

さいたま市で65歳の祖母が1歳3ヶ月の孫を刺し殺すという悲惨な事件が起きた。

日頃から性格が悪くて虐待をしていた・・・わけではない。やさしく気遣いのできる「普通の人だった」という証言が多くの人から聞かれるし危険な人物であれば母親も子どもを預けたりはしないだろう。

虐待の末に死なせたというわけではなく「刃物で刺し殺す」というおぞましい事件はなぜ起きたのか?この事件を明確に説明出来る人間が私しかいないことが不思議でならない。

この祖母は明らかに「統合失調症」を発症している。妄想と幻聴に支配され人格を失った末の犯行であることは間違いない。いわゆる「心神喪失」といわれる現象で、前頭葉の機能、NMDA受容体の機能が急激に低下することで起きる。逮捕された後ではやや正気に戻っているようにも見えるので極端な症状は「一時的」なものだったと考えられる。

この症状はストレス、あるいは薬物によって起きる。1、2ヶ月前から様子がおかしかったというような近所の方の証言がある。自然発生の統合失調症は強いストレスが継続することによって起きるが自分の子供を育てる時に発症しなかったのだから今さら子育てのストレスがあったとも思えないし、その他にも統合失調症を起こすほどのストレスがあったとも考えにくい。自然発生でこれほどの症状が「一時的」に現れることも考えにくい。

自然発生でなければ薬物によるものが考えられるが麻薬や覚せい剤の類と縁があったとも思えない。残るのは精神科の薬による発症だけということになる。今のところうつ病だったとか抗うつ薬を服用していたという報道は無いので「睡眠薬」の可能性が一番高いだろう。睡眠薬が人を悪魔に変えてしまう事実を知る人はほとんどいないが2012年に東京新聞が「睡眠薬で性格が変わる」可能性があることを報道している。

睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬は日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に「統合失調症」を発症させる。そのメカニズムはストレスが統合失調症を起こす理屈と実は同じものなのだ。これらの薬が麻薬や覚せい剤と大差ないものであること知る人は少ない。

最近老人の性格が変わってご近所トラブルに発展する事例が増えている。認知症が性格を変える事実ももちろんあるのだがこの場合は「性格が変わる」だけではなく物忘れや認知機能の障害が同時に現れる。この現象には「睡眠薬」が大きく関わっていると私は考えている。

大した薬では無いと考えられている睡眠薬が人を悪摩に変えてしまう事実とメカニズムは詳細は下記を参照して頂きたい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

淡路島 5人刺殺 精神科医にキチガイにされた犯人

また精神科通院者による惨殺事件が起きた。

淡路島の5人刺殺事件で逮捕された40歳の男は「奇声を発し、大暴れして1日に3、4回警察を呼ばれることがあった」「ツイッターで殺された方への誹謗中傷、〈各地で電磁波犯罪と集団ストーカーを行っている〉〈電磁波兵器で他人を拷問〉など意味不明な書き込みをしていた」などという常軌を逸した「キチガイ」ぶりが報道されており、「統合失調症」による犯行であることは間違いない。

明確に診断できる精神科医はほとんどいないのだが症状からして「前頭葉に萎縮が見られ、爬虫類の脳波が観測される」統合失調症であることは検査すれば容易にわかることだ。

「ちっちゃな頃は弟思いの優しい子だった」という証言のように「キチガイ」になったのは後天的なものだ。中学生の頃、学校になじめず、イジメに遭って不登校になり、中学卒業後は進学もせず、以来、二十数年間ほとんど外出せず、自宅に引きこもっていた、というからストレスによって精神障害を発症していたことは間違いないだろう。統合失調症はもちろんストレスによって自然発生するのだが男を犯罪者にしたのは「精神科医」である。

「達彦容疑者は一昨年の10月まで精神疾患で入院した過去があった。今年に入ってからはネット上の書き込みや自宅で暴れることが増え、精神的にも不安定だった」とあるから現在も通院していて薬を飲んでいることは間違いないだろう。入院もし、薬も飲んでいる、「予兆があったのに犯罪を防げなかったのか?」という方もいるが家族は義務を果たしているし警察もことが起きなければ動けない、危険人物を収容していたら人権侵害になりかねないし収容施設が溢れてしまう。

問題は精神科に入院したり通院したりしているのになぜ「良くならなかった」のかということである。「統合失調症は対症療法だけで治す方法はない」と精神科医は言うのだろうが良くなるどころか人を殺すほどに悪化しているのはどうしてなのか?

それは精神科医が処方する抗不安薬、抗うつ薬の添付文書の副作用欄に「統合失調症の発症・悪化」が明記されているからである。統合失調症の治療薬「抗精神病薬」にさえ「脳の萎縮」という統合失調症の悪化を示す記載があるのだ。

これらの副作用は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きる。この犯人がこの遺伝特性を持っていたことは間違いない。この遺伝特性を持ち、引きこもりなどのストレス性疾患を発症している場合に精神科の薬(特に抗不安薬、抗うつ薬)を処方されれば100%「悪化」する。このことはNMDA受容体仮説に関連する理論で既に証明されている。その事実を精神科医が隠蔽し続けているだけなのだ。

この男を死刑にしても次の事件は防げない。精神科医が「よくわかっていない」とする統合失調症の正体も含め、なぜ起きるのか、何が起きるのか、どうしたら防げるのか、どうしたら治せるのかまで私は突き止めた。精神科医がまじめに検証さえすれば正しいことが証明されるはずなのだ。

詳細は下記ホームページを参照してほしい。次の事件を防ぐ唯一の鍵が記されている。
http://toshioy001.wix.com/tougou


 

川崎中1殺害 ワル男を悪魔に変えるヤングアルコホリック症候群


川崎中1殺害事件で逮捕された18歳の少年が殺害を自供し始めたという。

この事件は殴る蹴るのリンチの末に死亡させたというよくある「リンチ殺害」とは違う。カッターナイフで頸動脈を切断するという明らかな「殺意ある殺害」である。まして殺害相手は5つも年下の子どもでしかない。

犯人はキレやすい子だったと言われているが万引きや窃盗などという軽犯罪はやっても明らかな殺意を持った殺人などできるような人物ではなかったという証言もある。

少年は以前から飲酒を繰り返していたようないわゆる「不良」であって同情の余地など無いに等しいのだが一つだけ気になる点がある。

少年の悪魔的な殺人行為が「ヤングアルコホリック症候群」の影響である可能性が高いのだ。というようなことを言うと「また訳の解らないことを言って犯罪者を擁護する気か?」という方がいらっしゃるだろう。この症名はアルコール依存症研究者くらいしか知らないものだからしかたない。直訳すれば「若年性アルコール中毒症」だが日本では症例が少ないからなのか日本名はない。

子どもが多量の飲酒を繰り返すと依存症、摂食障害、うつ症状、引きこもり、人格異常などの症状が起きることが解っていて「ヤングアルコホリック症候群」と呼ばれている。お疑いの方は帝京科学大学教授の眞﨑敏弘教授著「酒乱になる人ならない人」をご参照いただきたい。アルコールが理性や社会性を生み出すNMDA受容体の機能を低下させ脳神経細胞のアポトーシス(自殺現象)を起こす症状で、一種の「統合失調症」であることがすでに明らかになっている。この症状はストレスによって起きる精神疾患と同じで特に「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人間と「思春期」に非常に起きやすい。これは統合失調症の特徴でもある。

なぜ「飲酒は20歳になってから」なのか?「子どもが飲むものではないから」とか「飲んだら始末に負えないから」などという理由ではなく、「精神の発達に重要な影響を与える」からであってその科学的根拠がこの「ヤングアルコホリック症候群」なのだ。

普段おとなしい人間が酒を飲んで暴力をふるう「酒乱」は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人間に起きる「統合失調症」の症状である。症状が進むと酒を飲んでいない時も攻撃的で性格が悪く変化してしまう。ストレスに弱い遺伝特性は日本人を含むユーラシア大陸のモンゴロイド・スラブ人に多く存在し欧米には少ない。ヤングアルコホリックは思春期に起きる「酒乱」なのだ。おとなしい人間を攻撃的にするのだから不良の「ワル男」を悪魔にするくらいわけない。キレやすいという性格はストレスに弱い遺伝特性を示すものだから少年は飲酒を繰り返せばヤングアルコホリック症候群を発症することは間違いない。

ストレスに弱い遺伝特性の幼少期に見られる特性が「発達障害」だ。人と同じことが出来ない、コミニケーション能力が不足している、というような理由からいじめや疎外を受けやすく環境によっては「不良化」しやすい特性も持っている。ストレスを受けて不良化している所に飲酒が加われば「悪循環」が始まり抜け出すことが困難になる。

飲酒による統合失調症は軽いものであれば数日酒を抜くだけである程度回復する。初め犯行を認めなかった少年が数日してから犯行を認め反省の気持ちを口にしたのはこの作用によるものの可能性もある。

眞﨑教授はアルコールと抗不安薬が脳に同じ作用をもたらすことを指摘している。ストレス、アルコールとともにストレスを緩和するはずの抗不安薬(睡眠薬)が同じく統合失調症を起こすことがすでに明らかになっているのだ。

詳細は下記ホームページを参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

 

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ