精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

2014年02月

六本木 同僚に斬りつけた事件 また起きた不可解な事件の真相 

7日午前、東京・六本木のオフィスビルに入っているゲームソフト開発会社で、この会社で働く派遣社員の男が同僚の男性2人を刃物で切りつけた事件で、傷害の疑いで逮捕された男が意味の分からない話をしていることなどから、警視庁は医師の診察を受けさせるなど刑事責任が問えるかどうか捜査しています。 (ニュースより)

・・・

さあ、またしても不可解な事件。お決まりの「意味の分からない話」。これ以上の報道があるとは思えないが「精神科に通っていた」という事実が浮かび上がってくるのだろう。精神科医による精神鑑定では事件後も精神状態が変わらないので心神耗弱は認められないということになり、うつ病やストレス障害といった「もともとの精神疾患が悪化した」もので病気ではあるが責任能力が無いとは言えない、というお決まりの結論が待っている。

一般市民はそんなバカげた話で騙されても仕方ないが、こんなワンパターンの事件ばかりなのに専門家やジャーナリストはどうして疑問を持とうとしないのだろう。

軽いうつ病やストレスによる不安障害や適応障害などの症状が、わずかな期間で医者の治療を受けながら殺人や傷害事件を起こす凶悪犯に悪化する、はずがないではないか!そもそもこんな話を信じる「バカ」がいるのか?

そりゃあ凶悪犯罪者の肩を持つような報道をすれば大変な抗議が来るのは目に見えている。しかしそうやって及び腰になっている間にどれだけの人が犠牲になりどれだけの人が凶悪犯にされたことだろう。真面目にこの症状に向き合っていれば雅子様の10年は失われることがなかったのに。

抗不安薬、抗うつ薬は軽いうつ病や軽いストレス障害の症状をたった一粒で極端に「悪化」させる。強いストレス状態を脳に起こし前頭葉を破壊、知識記憶には全く損傷がないままに「感情」(理性、社会性、人格、愛情)だけが赤ん坊の状態にリセットされる。わがままで、欲望を抑えること、負の記憶をコントロールすることが出来ない。あなたの愛する家族がたった一粒の薬で同じ記憶を持った「悪魔」に変わってしまうのだ。スウェーデンの大学研究チームが魚の実験で立証し、発症のメカニズムはすでに解き明かされた。

企業の健康診断に心の診断が加えられるそうだ。ごく軽い心の悩みを「病気」にして精神科に送るシステムができるということだ。日本中を凶悪犯罪者があふれる社会にしたいのか?ジャーナリストよ、いい加減に気付け!もう犠牲者を出すな。
息子に起きたこの副作用の記録と考察は下記を参照してほしい(一部未更新)

http://toshioy001.wix.com/tougou

札幌女児監禁事件 精神科が作り出す異常性癖者

札幌で起きた幼女監禁事件の犯人が捕まった。

逮捕された26歳の男は少女漫画を持ち歩くなど挙動不審で通報され、逮捕後も意味不明な発言をしたりしているという。男は以前から家庭内暴力などで騒ぎを起こしていて警察が出動する騒ぎになったこともあるという。

この事件に関して「ロリコンの変態野郎がキチガイのふりをして罪から逃れようとしている」とか「こんなキチガイ野放しにするな」とかいう書き込みがネット上に溢れている。まあほとんどの方はそんな風に考えるのが当然だろう。

しかし、事はそう簡単ではない。

この手の事件は類似のものがたくさんある。1昨年広島と名古屋で連続して起きた誘拐、監禁事件、2005年に起きた足立少女監禁事件、宇治市塾教師による女児殺害事件、2004年奈良幼女誘拐殺害事件、2000年に発覚した9年も監禁を続けた新潟少女監禁事件・・・。

ロリコンマニアというのは相当数いるらしいし、幼児ポルノも市場があるのだからそういう性癖の人は少なくないのだろうが、これらの事件には性癖だけではない異常性がある。

26歳の男が9歳を誘拐監禁すること自体が異常だが、それにもまして事件の無計画性、ずさんさが目立つ。アパートからわずか350mしか離れていない場所での誘拐、挙動不審、少女漫画を見えるように持つなど、捕まらないように配慮する姿勢が全く見られない。これでは捕まるのが当たり前だが26歳が起こす事件はこれほどずさんなものなのだろうか?

今回の事件についてはまだ関連が明らかになっていないが、これらの事件にはすべて「精神科」が関連している。精神科に行くような「キチガイ」が起こした事件、というのは全く的が外れている。家庭内暴力があったりとけして良い性格とは言えないが異常な性癖は精神科の治療を受けてから表れている。精神科の治療を受けているのなら良くなって当然のはずなのだがこのような事件を起こしてしまうのだから悪化しているとしか言いようがない。精神科医はもともとの精神疾患が悪化したと言ってはばからないし、精神科の治療から何年もブランクがある例も存在していて副作用論は全く語られることがない。しかし、副作用を経験した者にとってこれは副作用であることを全く「疑う余地がない」事件なのだ。

これらの事件が副作用だなどと発言すると「ふざけるな!」「凶悪犯を擁護する気か!」というようなご批判を受けることは間違いないだろうがこれは残念ながら事実だ。

「警察は責任能力の有無を慎重に調べている」というお決まりの文章が新聞に載っているが精神鑑定を行う精神科医にはこの副作用の知識がない。したがってアスペルガーとか境界性人格障害とかわけのわからぬ鑑定結果を出し、「精神が未成長で正常な状態とは言い難いが責任能力はある」という結論に至るのは目に見えている。時々意味不明な言葉を発するものの会話は普通に成り立ち年齢並みの知識を持っている、反省や後悔はないものの自分のしたことが犯罪であることも自覚することができる、という事実からすれば精神科医でなくてもその程度の結論は出る。

 精神科で処方される抗不安薬や抗不安薬にはほとんど誰も知ることのない副作用が存在する。薬は前頭葉を破壊し記憶知識には全く異常がないまま「感情」(理性、社会性、人格、愛情)だけが赤ん坊や幼児の状態に「半永久的」にリセットされる。善悪の判断ができなくなり、欲望や本能を抑えることが出来なくなる。攻撃性が増し暴力的になる。嗜好自体も幼児化し、アニメやゲームに夢中になり大人の女性には興味を持てなくなる・・・(もちろんオタクが全部そうだなどというつもりはない)。今現在精神科の薬を飲んでいるかどうかは関係せず、それが何年前であっても、たった一粒であってもこの副作用は事件に繋がっていく。麻薬や覚せい剤、脱法ハーブ、睡眠薬でも同じことが起きる。

そんなバカなことあるわけが無い!100人中100人がそう思うだろうがこれは生物学的に見て極めて正しい理論でしかない。スエーデンのウメオ大学の研究チームがすでに魚の実験で実証済だ。

薬は強いストレス状態を脳に与える。ストレスを生命の危機と勘違いした脳は生き残るため究極の攻撃モードを作りだす。極限状態で生存を果たすためには理性や社会性、愛情などは邪魔になる。理性を無視して攻撃しなければ生き残れないからだ。この目的のために「感情」は初期状態にリセットされてしまう。これが「幼児性」を生む理由である。もちろんすべてが事件に繋がるわけでは無いが精神科通院者に対しては50%を超える可能性さえある。

事件の被害者の家族からは「ふざけるな!」という怒号が飛んで来るだろうが、自分の犯した罪の重ささえ認識できないこれらの犯人をたとえ極刑にしたとしても何の解決にならないばかりかもちろん抑止にもならない。こういった事件を防ぎ同じ悲しみを作らないためにはこの事実が明らかにされなければならないことをどうかわかってほしい。彼らは同じ記憶を持った「別人」であって、たとえどんなに性格の悪い人間であっても精神科にさえいかなければ事件は起こらなかった。真犯人は精神科医と製薬会社なのだ。これまでどれだけの人を殺し、どれだけの人に恐怖を与え、どれだけの人の人生を奪ってきたか。この事実は犯人の脳を精密検査することで証明できる。インチキ精神鑑定をしている暇があったら脳波、PET、薬の投与試験をしてみればすぐに結果は出る。だれもそれを試みようとしないだけなのだ。

息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい。

http://toshioy001.wix.com/tougou


 皇太子妃雅子様もこの副作用によって夫婦である事は認識できても皇太子を「男性」として愛する事ができなくなった。皇太子の苦悩はどれほどのものだったろう。愛を奪ったものが病気ではなく薬だったことに皇太子は気づいていたのだろうか?

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ