精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

2012年05月

2003年 長崎 中学生による幼児殺害事件の真相 

余りに幼稚で不可解なこの事件の真相は「感情」だけが幼児化する驚愕の副作用が原因だ

2003
7月、4歳の幼稚園児が長崎市内の大型電気店で行方不明になり、翌日午前、4km離れた同市万才町の駐車場ビル脇で全裸の遺体が見つかった事件。容疑者として補導されたのは12歳の少年だった。

いたずらをしようと駐車場に連れていった後、裸にし、性器をカッターナイフで傷つけるなどしたため幼児は泣きだすか、激しく抵抗して手に負えなくなりパニック状態に陥り屋上から投げ落としたという。

・・・

多くの人に衝撃を与えたこの不可解な事件は何なのだろう。特別支援を必要とする少年ではなく一部にはキレやすいとか乱暴だとかいう証言もあるが度を外れた範囲ではない。家庭環境も母親が過干渉だったという程度で特別悪い環境だったというほどでもない。

取り調べに対しては悪びれた様子もなく、淡々として学校や家庭、社会に対する文句や不満めいた言葉はない。涙を見せたり、落ち込んだりする様子もない。明確な後悔や反省の意思も見られない。これが初めて人を殺した中学生の態度に見えるだろうか。

この少年は精神科に通院していたという。いつどのような経緯かは情報が確認できないが、この少年もまた薬の副作用によって前頭葉が萎縮し感情記憶だけが半永久的に失われ幼児化する「感情記憶の喪失」を起こしていたことは間違いない。事件を起こしたから精神科に行ったのではなく精神科に行って薬を飲んだ後に事件を起こしているのである。根本的にここからおかしい。
他の不可解な凶悪事件と同じく

・動機があいまい

・取調は「幼い」感じがするというだけで違和感はない

・後悔や反省の気持ちがない

・せん妄、攻撃性などこれまでの副作用の概念が当てはまらない

などの特徴があてはまる。

心理学者、精神科医などが論争を繰り返した事件の真相は単純である。幼児化した感情が負の性格と誰にでもある小さな負の記憶をコントロールすることが出来なくなって起きた事件である。少年にとっては少年を殺すことは虫を殺すのと大差ない事でしかない。いたずらする理由も殺す理由も自分で理解出来る感情を持ち合わせてはいないのだ。

警察、精神鑑定をする精神科医、司法は少年に初めて出会う。薬が「同じ記憶を持った別人」を作り出すことを知らず、以前の精神状態がどのようなものであったかを知らぬ人間にとっては余りに不釣り合いな幼い感情を持っていたとしても「発達障害」「もともとそういう人間」として見ることしかできない。
少年による凶悪事件が増えた理由は社会のせいではなく精神科の薬が少年に処方されるようになったからである。そのグラフは完全に一致することは間違いない。広汎性発達障害とかアスペルガ―とかいう精神鑑定がここでも出てくるが無知な精神科医はそう診断することしかできない。

少年は矯正教育を受け成長し結婚もしたという。それが何よりこの誰も知らない「副作用」が原因だったことを証明している。

私の息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい

http://toshio1131.web.fc2.com/

光市母子殺害事件 再審請求

少年が19歳の体と知識を持った幼児だったことを証明する唯一の方法


光市母子殺害事件は死刑が確定したが弁護側が再審請求するという。

死刑が執行されればすべてが闇に葬り去られてしまうだけだから是非ともお願いしたいが道は険しいだろう。

19歳の少年は本当に2.3歳の感情しか持っていなかった。その理由と証明はとてつもなく困難だ。

そこにとてつもな大きなストレスが存在していたのでなければ他の理由は「薬」しかない。過去のどの段階でか精神科の薬か麻薬、覚せい剤、脱法ドラッグなどとの接点があったはずだ。薬によって前頭葉が萎縮し感情記憶が半永久的に失われ幼児化する「感情記憶の喪失」が起きたのだ。理性がなくなり「負の記憶」に支配され「命」というものが何なのか、生きるということ、死ぬということがどういう意味をもつのか、強姦がどういう意味を持つのか、悲しみとはどういうものか・・・すべてがわからなくなってしまったのだ。勘違いしないでいただきたいが「人を殺すことはいい事か」と聞かれれば「悪い事」と間違いなく答えることができる。知識はあってもその意味を理解する心が存在していないのだ。だからこそ責任能力はあるとされてしまうのだ。

少年にとっては人が死ぬことも虫が死ぬことも大差がない。もちろん自分の将来や生死もその意味を理解することはできない。

劣悪な成育環境によるストレスによって「キチガイ」「サイコパス」が生まれることを否定するつもりはないが、そこにストレスが存在したのか?というのが最大の問題である。

副作用としての「感情記憶の喪失」は頻繁に起きているがすべてが凶悪事件に繋がるわけではない。多くはわがままや理性が失われた欲望をあらわにはするが社会生活や家庭生活が困難になる程度だ。すべては生まれながらにして持っている「負の性格」と蓄積された「負の記憶」が支配するということは、弱い性格で自殺することを考えた記憶を持っている一部の人が自殺へ向かい、疎外されたり否定され続けたりして歪んだ感情を持ちいつか報復したいとかダークヒーローになりたいとか考えた記憶を持つ一部の人が事件へと向かっていく。もちろんそれは誰の心にでもしまわれているほんの小さな悪魔の心でしかない。それが「薬」によって解き放たれるのだ。いわば「悪魔の薬」である。

このことを知っている人間は私だけかもしれない。どんな専門家も精神科医も認めないこの副作用がほとんどの凶悪事件の原因である。心理学者や精神科医、社会学者がああでもないこうでもないと理屈を述べた事件の真相は全く違うものの可能性が高いのだ。

ではこのことをどうやって証明するか?もし何らかの薬と関わったことが明白ならもう一度その薬で何が起きるか実験すればいい。同じ薬を飲めば必ず同じことが起きる。どうせ死刑なのだし命にかかわることは無く刑務所内では他人に危害を及ぼす恐れも無い。精神科医は何も起きないとするのだから問題は何もない。本人に詳細は知らせず脳の測定機器をつけて薬を飲ませ、脳の変化と感情の変化をリアルタイムで観察すれば私の言っていることが正しい事が証明される。

少年が「責任」がない事を証明するそれが唯一の手段である。責任はこの副作用を認めようとしなかった精神科医、製薬会社、国にある。くれぐれも言っておくが少年を擁護したいわけではない。この真実が明らかにされることが被害者の家族にとっても大きな意味がある。憎むべき相手はこんな一人の少年ではなく「巨大な悪」なのだ。

この真実を弁護団に伝えるすべが私には無いのがくやしい。まあ、たとえ伝わっても素人の言うたわごとを信じる聡明な弁護士がいるとも思えないが。

私はこの悲しみの連鎖を止めたい。

私の息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい

http://toshio1131.web.fc2.com/

2006年吹田市タクシー運転手殺害事件の真相

20069月大阪府吹田市で個人タクシーの運転手が殺された事件である。行方不明から一週間後にスーパー強盗で逮捕された35歳の郵便局員が犯行を自供した。動機について「タクシーを奪って、別の強盗に使うつもりだった」と供述しているという。遺体は犯人の社宅近くでコンクリートが流し込まれた形で発見された。
犯人はうつ病で精神科に通院し7月末から仕事を休んでいた。犯人を知る関係者は、一様に「あのまじめな人が…」と言葉を失ったとされる。
・・・
誰もが「あのまじめな人が…」という犯人が強盗と殺人事件を起こす。これは誰がどう考えても精神科薬の副作用である。それなのに裁判では心神耗弱すら認められなかったのはどうしてなのだろう。
「タクシーを奪って、別の強盗に使うつもりだった」という動機も、結局は途中で乗り捨て自分の車で強盗を行っていることからつじつまが合わず、殺人事態が目的だったのではないかとも言われている。強盗についても「うつ病を治すために金が欲しかった」と供述しているがその必要があったとは思えない。事件を起こす必然性も背景も何一つない。ちぐはぐな供述とあやふやな動機、衝動的なその犯行は何を意味するのか。
心神耗弱が認められなかったのは犯行時に錯乱やせん妄が認められず明確に記憶があり、犯行に至った状況も供述している。また、犯行前後に心理状態の大きな変化が認められない・・・というような理由で「これまでの抗うつ薬の副作用」では説明がつかないと判断されたからなのだろう。取り調べでの会話は多少わけのわからない部分はあっても「子供っぽい」「幼稚」ということ以外違和感が無い話は通じるから、精神異常と考えることは難しい。
これはまさしく「退行」による犯罪である。精神科の薬によって前頭葉が萎縮し、感情記憶が半永久的に失われ幼児化する「感情記憶の喪失が引き起される。幼児化した感情は正常な知識記憶をコントロールできず、理性で抑えられていた小さな欲望が具現化する。人を殺す事も自分の将来が無くなることの意味も考える感情が失われているのだ。
これまでこの空白を説明する理論は存在しなかった。似たような事例で副作用が疑われても弁護側でさえ口にすることができなかった。専門家も精神科医も認めないこの副作用が不可解な凶悪事件の原因である。私の息子に起きたこの副作用の詳細は下記を参照してほしい
http://toshio1131.web.fc2.com/
かくしてまじめな郵便局員は凶悪犯罪の犯人にされ無期懲役を言い渡され、裁判中に自殺も図っている。彼は精神科医によって同じ記憶を持った別人にされただけなのだ。無論精神科医も製薬会社も何の責任を取ることもない。
これほど明らかな副作用が認められなかったのは何故なのか?
 

脱法ハーブ、合法ドラッグの罠


感情脳を萎縮させる薬の副作用が凶悪事件を起こす


大阪の暴走事件で脱法ハーブによる錯乱状態が原因と報道されている。

脱法ハーブとは何なのか?あまりその世界に詳しいわけではないので間違いがあるかもしれないが、ハーブとは名ばかりの違法ぎりぎりの薬物である。脱法、合法ドラッグもほぼ同じものを示す。境界にある麻薬や覚醒剤といってもいいだろう。それが一般市民が買える場所やネットでも販売されその拠点は年々増えているという。薬事法では「薬」として売ることは禁止されているので別の用途として売られているが麻薬代わりに使用される。もちろん違法ではないから取り締まられる事もないが幻覚作用があるとされ、こうして危険な副作用も起きる危険性を持っているのは間違いない。

その他にも精神科の薬が処方箋無しで出回っている。流出ルートは処方された患者が横流しするものや医師が絡んでいるものもあるらしいが国や製薬会社は追及する気がないようだ。こちらは病院でもらうのと同じ安全性が高いとされるものではある。

これらのものは覚醒剤や麻薬に比べて手に入れる事が容易で安価なことから主婦や学生にまで広まっているらしい。大きな違法性が無いことから罪悪感も抱く事はないのだろう。

ストレスから逃れたい、ハイな気分を味わいたい、快楽感にひたりたい・・・安易な気持ちで手を出してしまうハーブやドラッグ、しかしそこには大変な落とし穴がある。この程度の薬では少しハイになるくらいで副作用など無いと誰もが思っているのだろうが実際には脱法ハーブでさえ「錯乱」が起きている。錯乱は「幻覚」とは違う感情脳の急激な萎縮による脳のパニックだと私は考えている。膨大な感情記憶がグチャっとつぶされショートするのだ。それがどれだけ恐ろしいことかとても想像がつかない。萎縮は数日で元に戻り錯乱自体は収まるが一度破壊された神経細胞のネットワークは元に戻らない。つまり「錯乱」の後には感情記憶が消失し「感情」だけが幼児化する「退行」が後遺症として半永久的に残る事になる。これが麻薬や覚醒剤によって脳が破壊されるという一つの現象だと思われる。まるで別人のように乱暴でわがままでおぞましい人間が出現することになる。錯乱が起きなくても脳の萎縮や退行は起きる。その確率は十数人に一人程度の高確率である。

理性が崩壊し過去の記憶の内容によっては自殺、他殺、凶悪犯罪などを引き起こす可能性が高くなる。また、幼児化した感情は子どもが育つように愛情豊かな穏やかな環境のもとで再成長しなければ歪んだ性格が形成されることになるが、多くの場合そのことに誰も気づかず社会的に疎外されて行く。その行きつく先は見えている。もちろん成分のより強力な麻薬や覚醒剤でもこの副作用が起きるのは間違いない。専門家や精神科医は認めていないが私の息子に現実に起きた副作用である。

ほとんどの不可解な凶悪事件は精神科と関係しているが例外もある。光市母子殺害事件や秋葉原事件、埼玉千葉通り魔事件などである。これらの事件は劣悪な成育環境によって形成された人格異常とされているがどうも腑に落ちない。そういう例があることを否定するつもりはないが、彼らが「羊たちの沈黙」のような異常性格者とは異なる「大きな体と知識を持った幼児」にしか私には見えない。「心の病」を持って精神科に行き、幼児化させられた多くの凶悪犯罪者と共通した特徴を持った彼らが脱法ハーブ、違法ドラッグ、合法ドラッグを手にした可能性は極めて高いと私は考えている。人格異常がいつの段階で起きたのか、生来のものなのかよく見極める必要があるのではないだろうか。

 

息子に起きたこの副作用の詳細については下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

2008年青森母子殺害放火事件の真相

福島母親殺害、西鉄バスジャックに共通する狂気は精神科薬が生みだす「サイコパス」


2008年1月青森県八戸市で18才の少年が母親(当時43)二男(当時15)長女(当時13)の三人をサバイバルナイフで殺害しアパートに放火した事件。

少年は殺害した3人を居間の布団の上に「川の字」に並べ母親の腹部「心を探すため」に十文字に切り裂きその跡にオルゴール付きの人形を詰めた。その後、風呂場の浴槽に小説や雑誌や自らノートに書いていたという小説などを入れ、灯油をかけて火をつけた。

精神障害があり責任能力が無かったとする弁護側と人格障害がみられるが刑事責任能力はあるとする検察側とで争われたが責任能力はあるとされ無期懲役が言い渡された。

元露天商の父親は恐喝未遂事件などで幾度も逮捕されており少年が小学生の時に離婚。少年を含め母子4人は市内などを転々とした。母親はスナックで働いたが深酒をするようになって子どもの面倒を見れなくなり一時期福祉施設に預けられたこともあったという。

小学5年生の頃転居をきっかけに不登校になる。この時は民生委員の働きかけにより再び学校に通い始めたが、中学校で再び不登校になり、2年の時に犯行現場となったアパートに引っ越してからは引きこもりがちになった。次第に家庭内暴力が目立つようになり2004年に「火を付けてやる! 死んでやる!」と叫び精神科に半年間入院させられたことがある。以降精神科に通院を繰り返している。

サバイバルナイフやエアガンを購入し、猟奇的な殺人を扱った漫画本や漫画雑誌を集めていたという少年。複雑で悲惨な家庭環境が歪んだ性格を形成し「長年にわたり家族への愛憎や疎外感などを募らせたが、適切に表に出すことができず、明確には意識されない攻撃性、衝動性として内面に蓄積され、殺人衝動として自覚されるようになった。自作の小説で無差別殺人や家族殺害の場面をつづり、空想上で殺人や死体損壊の疑似体験を繰り返し、何らかの契機で殺人衝動が家族に向けられ、空想で思い描いた行為を実現させた」と結論付けられた。

・・・

この事件は家庭の悲惨さでは比較にならないほどであるが福島の母親殺害事件によく似ている。まずは精神科に通院していること。動機があやふやであること。責任能力について「当時、幻覚や妄想に支配されておらず、意識障害にも陥っていない」とほぼ同じ解釈がされていること。これでこれまでに言われている精神科の薬の副作用、アクチベーションシンドロームなどの可能性は無くなった。猟奇的な犯行については「犯行も猟奇的とはいえ、書き留めた文章からうかがえる空想に照らせば了解不可能ではない」とされホラービデオや反社会的ロックバンドの影響とされた福島の事件と同じパターンであり、猟奇的な犯行を平然とこなし事件後も反省の意思を示すことはない。初めて人を殺した少年が怯えることもうろたえることも無く死体を切り刻む、そんなことが本当にありえるのだろうか。

悲惨で愛情に欠けた家庭環境が歪んだ人格を形成したと言われている。確かにこの上なく状況は悲惨としか言いようがないものがある。しかしこの犯行内容は異常である。「キチガイ」だから「サイコパス」だからといってしまえばそれまでだが小学校を卒業した人間が「お腹に心がある」とは普通は考えないだろう。もちろん少年は本当にそう考えたのだ。

少年は薬によって感情記憶を奪われ感情だけが幼児化したのだ。正常な知識と記憶、積み重ねられた負の記憶をコントロールすることが出来なくなり、幼児化した心に降りかかる母親に対するストレスからの負の感情が抑える物無く吹き出したのだ。

火をつけてやると暴れた時までは思春期の叫びだった。この点では西鉄バスジャック事件と共通するものがある。そこから先は同じ記憶を持つ別人の仕業なのだ。確かに家庭環境は劣悪でサイコパスが形成される素因は否定できないが、精神科に通うまでは家庭内暴力はあってもサイコパスではなかった。それまでサイコパスでなかった人間が精神科の治療を受けながらサイコパスになることはあり得ない。
いくら社会が複雑になりストレスが多くなったとはいえこんなに同じパターンの事件が連続する不思議さに疑問を持たない方がおかしい。

少なくとも精神科に関わらなければこの事件は起きることはなかったし、猟奇的な事件にはなり得なかった。
精神科の薬は前頭葉を萎縮させ脳細胞ネットワークを破壊する。一般記憶、知識には全く問題ないまま「感情」だけを半永久的に幼児化させる。専門家も精神科医も口にしたことのないこの副作用が頻発し凶悪事件を起こしているのだ。この副作用によって今まで誰も説明できなかった精神科の関わった不可解な凶悪事件の謎がすべて解き明かされる。


息子に起きた副作用の詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

人造人間サイコパス


凶悪犯罪を引き起こす異常性格者「サイコパス」は精神科の薬によって造られる人造人間だ


猟奇的、残虐な犯罪を抵抗なく行い罪悪感も持つ事の無い異常性格者を「キチガイ」、日本ではまだなじみが薄いが英語では「サイコパス(精神病質者)」と呼び、動機があやふやな凶悪犯罪はこの類の人間が起こすと言われている。

日常生活が不可能なほど脳が不完全なわけではなく、一部の思考が異常な方向性を持つ。これらの思考回路は生まれつきと言うわけではなく幼児期の劣悪な家庭環境や虐待、さらに社会的な疎外感やいじめによって形成されると言われており、反社会的で人の命も自分の命も何とも思わぬ冷酷で非情な特徴を持っている。

「羊たちの沈黙」に描かれたような狂気を持った犯罪者は残念ながら間違いなく存在するが、そういった事件が最近やたらと多い気がしないだろうか。報道される機会が多くなったから、ストレスの多い複雑な社会になったから・・・本当にそれだけの理由なのだろうか。

そもそも何故生育環境が悪いことがそういう思考を持つことに繋がるのだろうか。

ある精神科医は虐待が感情の正常な発達を阻害し後天的な発達障害を作り出すと言っている。これは有名な方なので私よりはかなり信用に値する理論だろう。また、ストレスによって生成されるホルモンが感情脳の一つである「海馬」を萎縮させPTSDなどの原因になるという説もかなり一般的な理論である。

これらの話を総合すると生育時のストレスが感情脳の発達を阻害、あるいは感情脳を萎縮させることによって「人」としての感情が形成されず、疎外などに対する報復意識だけが増幅することによって生み出されるのが「サイコパス」だと私は考えている。

しかし精神科が関係している凶悪事件の犯人は精神科に通うまでは「いい人だった」「そんなことするような人じゃなかった」という証言も多い。心の病を患い精神科に行って「症状が悪化」し「キチガイ」「サイコパス」になったと精神科医は言うが中途入社の「サイコパス」は果たしてあり得るのだろうか?

サイコパスは一度のストレスで形成されるわけではなく長い期間極端なストレスが繰り返し与えられ続けることによってそのごく一部の人間に発症する。中途入社で「サイコパス」になるには幼児期から蓄積されたストレスと同じ相当量の原因が必要だという理屈になる。それが抗うつ薬、抗不安薬などの精神科の薬であって、ストレスホルモンと同じ作用を及ぼす物質を数百倍、数千倍の濃度で脳に与えるのだと私は考えている。それによって感情脳が急激に萎縮し感情記憶が半永久的に失われ幼児化が起きる。幼児化した感情が正常な一般記憶、知識、悪意を持った負の記憶と幼児化してからの疎外感やストレスなどの負の感情をコントロールすることが出来ずに「サイコパス」と化してしまうのだ。

長い歳月をかけて形成されるはずのサイコパスを促成で誕生させる精神科の薬。この事実は専門家も誰一人指摘したことがない。しかし、精神科の関係した凶悪事件を検証するとその不自然さに一定の法則があることが判ってきて、それが偶然の一致だというには余りにも無理がある。少なくともサイコパスでなかった人間が精神科の治療を受けながらサイコパスに悪化するということは絶対にあり得ない。それは同じ記憶を持った別人という薬が作りだした「人造人間」である。

息子に起きた事は事実であり、それが頻発しているのも間違いない。そしてその事実を精神科の関係する事件に当てはめるとすべてのつじつまが合うことも間違いない。


息子に起きた副作用の詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

精神科医と製薬会社の巨大な犯罪が暴かれようとしている。素人のたわごとなど信じる者などいないと侮ってはいけない。真実は必ず明らかにされる日が来る。
 

 

祇園暴走事件と大阪暴走事件の違い

人を殺す狂気と恐怖から逃げる狂気


祇園での暴走事故の記憶が新しいうちに大阪でも暴走事件が起きた。若い男がレンタカーで狭い商店街を猛スピードで走り抜けたこの事件は防犯カメラの映像が繰り返し流された。多くの人は「また暴走?似たようなキチガイの犯行だろう」と思われたろうが二つの事件は全く異なっている。

大阪の事件は脱法ハーブの作用と報道されている。麻薬の原料と似たような成分を含む植物がネットなどで裏取引されているのだ。当然のことながら人によっては幻覚などの副作用が強く現れることがある。「誰かに追われているような恐怖に襲われて逃げた」と証言していることから「せん妄」と呼ばれる半錯乱状態だった事が窺える。この状態は息子が錯乱を起こした翌日の状態とほぼ同じで、ある程度の状況判断は可能であるものの精神状態は錯乱している。暴力などふるったことのない息子がこの時母親の首を本気で締めたのだ。つまり車の運転などはある程度可能だが精神状態は「人」ではないということである。

これは一時的な症状であって薬が抜ければ収まる直接の副作用だ。この時の記憶は明確なものは残らない。私の推論ではこの症状から「感情の幼児化」に移行することになるがそれはとりあえず別の機会に触れることにしよう。
この事件の場合は「追われる恐怖」から逃れるため走ったのであって誰かを跳ねたり殺したりする事が目的ではない。従って人がいたかどうかもはっきり記憶してはいないし自分が死ぬことも目的としていない。
対して祇園の暴走事件は「誰かを殺す事」と「自分が死ぬ事」を目的とした事件である。一時的な同じ錯乱状態である可能性も捨てきれないが、急に薬の量を極端に増やしたりしない限り錯乱の起こる可能性は低い。抗てんかん薬の副作用によって感前頭葉が萎縮し幼児化した感情がそれ以前の「負の記憶」と幼児化してからの「負の感情」をコントロールする事が出来ず破滅的行動に突き進む「キチガイ」「サイコパス」が形成されてしまったと考えるべきだろう。この副作用はいつもと同じ薬を飲んでいても突然発症する可能性があり、また以前に発症していて「負の記憶」が積み重ねられて暴走に至る可能性もある。
てんかんを持っていただけ、ほんの少し心が弱いだけの人間を精神科で処方される「たった一粒の薬」が「キチガイ」「サイコパス」へ変貌させていく恐怖を誰も知らない。



息子に起きた詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/


 

2004年ドンキホーテ放火事件の真相


ピック病が「退行」と同じ症状を示すという謎



2004年12月、当時47歳の女性がさいたま市内の量販店4店舗で計7件の放火や放火未遂を繰り返し、このうちドン・キホーテ浦和花月店が全焼し従業員3人が死亡した事件。

事件前の11月強盗容疑で逮捕されたが、精神疾患での通院歴があり簡易精神鑑定で「刑事責任能力がない」との結果が出て処分保留で釈放されている。

弁護側は「被告は犯行当時、(認知症の一種で人格変化や異常行動を特徴とする)ピック病だった可能性が強く責任能力が無いとして争ったが無期懲役が確定した。

女性は離婚した元夫の家に強引に同居していた。工場勤務や看護師の経験があり高校生と中学生の子どもがいる。会えばあいさつをする普通の人で住人とのトラブルも聞いたことがないという証言がある一方鉢植えの花をたくさん買い無料で配ろうとしたりするような奇行も見られた。

・・・

子どももいる47歳の女性の犯罪にしては余りにも幼稚で短絡的なこの事件、強盗事件と同じように精神疾患による心神耗弱とされても不思議ではないがなぜ認められなかったのか?工場勤務や看護師をしていた彼女が以前からこのような性格だったとは考えられないし、精神科に通う以前の前科も無い。

犯行自体は覚えていない、わからないと供述しているが取調べに際して極端に異常なものが感じられなかったからなのだろう、「まるで子どものようだ」という点を除いては。

ピック病というのは脳細胞が消滅する原因不明病気なのだそうだが人格変化や異常行動を特徴とするその症状は「退行」と酷似している。私の友人もピック病と診断を受け認知症老人施設に入れられたが精神科の治療を受けた後のことである。その症状は「感情が幼児化した」という言葉がぴったり当てはまる。これは何を意味しているのだろうか?ずっと一人で介護していた認知症の両親が相次いで亡くなり、身寄りのない一人の寂しさから心を病み餓し死寸前の所を発見された。余命も短いと言われたが身体的には回復の方向にある。ピック病ではなく精神科薬による副作用「退行」と考えた方がつじつまがあう。もちろん私の言う事など信じてもらえないだろうし何の責任も取れないからどうすることもできないが。
女性は精神科の薬によって同じ知識と記憶を持った幼児にさせられたのだ。おそらく異常なわがままと理解不能で短絡的な行動が原因で離婚することになったのか、離婚が原因でうつの症状が出て精神科に行ったのだろう。
動機があやふやで短絡的、取調時には「子どもじみている」点を除いては大きな違和感はない。そんなことを起こすような人ではなかった・・・。感情の幼児化による犯罪の特徴が揃っている。もちろんこれまでの副作用の考え方やアクチベーションシンドロームでは説明することは不可能である。幼児化によって善悪の判断が出来なくなり、負の記憶や短絡的な感情の暴走を止める事ができなくなってしまったのだ。
三人の若い従業員を焼死させたこの大きな事件が間違いなく精神科薬による副作用前頭葉の萎縮による感情記憶の喪失によるものであったことを知る者はいない。彼女一人の責任にされ製薬会社も精神科医も全く責任を追及される事は無い。

息子に起きた詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/


 

不可解な凶悪事件 不都合な真実

不可解な凶悪事件の原因が誰も知らない精神科薬の副作用 「退行」によるものであることが証明されると都合の悪い方がたくさんいる


精神科の絡む凶悪事件の原因が感情脳の萎縮によって感情記憶が半永久的に消失し幼児化する「非可逆的退行」であることはこのブログやホームページを読んでいただけた方にはほぼ納得いただけた事と思う。

それではこの副作用があなたに起こる事を想定してみよう。一粒の薬を飲んで明日になれば自我が失われ幼児化した自分が存在し、その事に自分では全く気がつかない・・・。

「そんなことあるわけがない」と笑って否定されることだろう。

そう、私の文をよく読まれた方でも自分の目の前で起きなければ信じることなどできないのだ。気の遠くなるような時間を積み重ねて作り上げられた自分という感情がたった一粒の薬で消滅してしまうことを想像できる人などいない。言ってみれば「自分」が死ぬということ、明日の自分は同じ記憶を持った全くの別人であるということだ。想像しろと言う方に無理がある。

誰にでも起こりうるのに自分に起こる事が想像できないという感覚、想像力の欠如が真実を追求することを阻んできた最大の要因だと私は思っている。この感覚は知識階級になればなるほどその傾向が強くなる。つまり医師、専門家、警察、司法、弁護士、ジャーナリストといった知識階級の人種はもともとこの副作用を認める能力が欠落していると思われるのだ。目の前の事実から目をそむけ「あり得ない」としか考えられない貧弱な思考能力と「心の病」を持った人間を見下す差別意識が真実を埋もれさせてしまうのではないか。

 

そして、この真実が明らかにされれば困る方々が大勢いるというのも現実である。この副作用の存在が明らかにされれば犯罪史を塗り替え精神科医療を根底から覆すとんでもない騒動になる。

そうなると一番困るのは製薬会社と精神科医である。世界規模で天文学的数字の損失が出ることになり、事件の被害者や加害者から損害賠償訴訟が起きる。自業自得だがそうは考えないのがこの業界の人間だ。あの手この手の汚いやり方でも事実をもみ消そうとするだろう。原発の構図と良く似ているがそれよりも遥かに組織は大きい。

困る方はまだまだいる。警察、司法、国、謝罪する事を最も不得意とする方々が自分たちは間違っていたと認めなければならないのだから大変だ。すでに死刑で殺してしまった犯人もいるというのにである。

マスコミ、ジャーナリスト、専門家も困ったことになる。これまで不可解な事件についてたくさんの報道がなされ多くの出版物が刊行されている。それらがすべて「間違い」「インチキ」であることを認めなければならないのだから権威が失墜することは目に見えている。

しかもその事実を指摘したのが専門家でも大学教授でもなく大学さえ出ていない「父親」という肩書しかも持たない一般人だということになったらバツが悪い事この上ない。

お分かりいただけるだろうがこの真実が明らかになると都合が悪い人種がこの国、いや世界中を動かしているのだ。よってこの真実は明らかにされることは無いと思うべきだろう。

せめて一人でも多くの人に真実を知らせたいと願って今日も無駄な努力を続けているバカな父親がここにいることを覚えておいてほしい。

 

息子に起きた詳細な記録と考察は下記を参照してほしい。

http://toshio1131.web.fc2.com/

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ