不可解な凶悪事件は精神科薬と違法ドラッグなどによる驚愕の副作用が原因だ

 不可解な凶悪犯罪が相次いでいる。
 動機があやふやで短絡的、直接因果関係の無い一般市民をターゲットにする。犯行を隠そうとするそぶりも無く、捕まっても悪びれず、全く反省する様子がない。意味不明な妄想のような供述をし、反省しているわけでもないのに死刑を望んだりする。
 少年を含むこのような犯罪はここ十数年特に目立つようになったように思う。
 ストレス社会が生んだ歪んだ人間像として定着しつつあるこれらの犯罪は本当に時代が生んだものなのだろうか。共通点の多いこれらの犯罪にあなたは何かおかしな臭いを感じないだろうか。
 ほとんどの犯罪にどういうわけか「精神科(心療内科、メンタルクリニック)」が関係しているのはどういうことなのだろう。「精神科に行くような頭のおかしな《キチガイ》の起こした事件」精神科とは無縁のエリートであるだろうあなたはそう考えているのかもしれない。しかしそのほとんどが不登校だったり、うつ病だったりという「心の病」で受診していただけだということがわかっている。週刊誌的にほじくり出せば弱みのない人間などいるはずもないが、凶悪犯罪と直接結び付く要素を抱えていると思われる人は少ない。
 ではなぜ「おとなしい普通の人」が凶悪犯罪を起こしてしまうのか?精神科の薬には「異常行動」や「攻撃性を増す」という副作用があることが知られている。米コロンバイン高校の銃乱射事件や全日空機ハイジャック事件などで話題にはなったが明確な関連が示されたわけではなく「可能性」の域を出ていなかった。
 2009年に厚生労働省は欧米よりもはるかに遅れて抗うつ薬の一部に「攻撃性が増す危険性がある」ことを正式に認め注意書きを改訂した。だがその確率は極めて小さなものにされていて、「関連が疑われるので注意するように」というレベルでしかなく凶悪犯罪との関連も触れられていない。患者がどんなに訴えても副作用だと認める医師がほとんどゼロに近いことを考えたら本当はどれだけの副作用が起きているか計り知れないのにである。この改訂さえも患者には一切知らされず医者もほとんどがその知識もないのが現状だ。
 製薬会社が1%以下としているこれらの副作用は薬によって7%を超える物があることが英国の研究データで確認されている。つまり十数人に一人は発症するというとんでもない数字である。
 凶悪事件と副作用との関連を疑う人は少なからずいるが、それでもこれらの異常行動を伴う副作用を医学的に明確に説明できた人はいない。脳内物質のコントロールを行う薬が暴走して分泌異常を起こすというのがこれまでの考え方だが矛盾する点が多い。
 4年前、私の12歳の息子が精神科で処方された抗不安薬によって重い副作用に見舞われた。その詳細な記録を3年間取り続けた結果これまで誰も指摘しなかった驚愕の副作用が異常行動の原因であることが明確になった。そしてそれが凶悪事件に結びつく理由をおそらく世界で初めて理論づけることができたと思っている。すべてのつじつまがあうこの説は専門家も誰一人口にしたことがない、一部の患者がそれらしい可能性を口にしてきただけのものだった。素人がどんなに真実を語っても誰も見向きもされないだろうことはわかっている。だが凶悪犯罪を止めるにはこの説を検証するしかないことを知ってほしい。
 劇的な効能を持つわけでもない一粒の薬が感情脳を萎縮させ感情記憶を半永久的に消滅させる「非可逆性退行」を発症させる。不可解な凶悪事件はほとんどがこの副作用が原因である。
 くわしくは記録と考察を公開しているのでご一読願いたい。
http://toshio1131.web.fc2.com/