精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

8年越しの花嫁 彼女の脳に何が起きたのか?

8年越しの花嫁 奇跡の実話 という映画が公開されている。

「感動を呼ぶ奇跡の物語」というのはつい「怪しくてマユツバ物」と思ってしまう癖があるのだが実際の主人公である青年があまりにも実直そうなので許してしまおう。

物語は結婚式を控えた女性が突然未知の病に侵され生死の境をさまよい、一年半後に意識は戻ったものの記憶も感情も失われてしまうというあり得ない現実を8年という歳月をかけて乗り越え結婚したという話である。この青年の実直、力強さと逞しさには頭が下がる。これは単に難病を乗り越えたという話ではない。皆さんには経験がないだろうが愛情を育んだ記憶が失われるということがどれほどの絶望と喪失感を生むか私にはよくわかる。この青年はそれに耐え、自分の顔も名前も憶えていない相手に対してさらに長い時間をかけ愛を育んだのだから頭が下がる。

この病気は「卵巣腫瘍を原因とする抗体」が脳を攻撃してしまう「抗NMDA受容体脳炎」だとされている。症状を記録した映像を見ると何が起きたのかよくわかる。

NMDA受容体というのは「学習」によって構成された脳細胞を結ぶ回路の組織で、現在の脳科学のレベルではこの機能が失われることで症状が起きると考えることしかできないのだろうが、記憶がなくなることの説明ができないなど矛盾があり、実際に起きているのは受容体の破壊ではなく脳細胞間の情報伝達回路であるシナプスの「切断」だと私は考えている。
シナプスの形成neuron_synapse001-1


















赤ん坊の時シナプスは未発達で、生後「見る・聞く・感じる・考える」という「学習」によって回路が形成され「記憶」や「感情」として人間という生物をコントロールしていく。赤ん坊が言葉を話せるようになるのも歩けるようになるのもすべてシナプスが構成する回路のおかげなのだ。このシナプスには「可塑性」という特性があって不要なものは消去され新たな回路が上書きされるという、言ってみれば「バージョンアップ」のような機能がある。この「消去」を担う物質が過剰な活動を行ってしまうとシナプスは消え赤ん坊の状態にリセットされてしまう。前頭葉にこの作用が起きるのが「統合失調症」で、初めに起きていた「奇声や暴言」はその特徴を示している。通常この作用は感情を司る前頭葉にしか起きないのだが、この女性の場合は大脳すべてのシナプスが消去され赤ん坊の状態にリセットされたことによって「記憶・知識」の領域まで消去されてしまったのだ。

言葉を発することも食事をすることもできなかったのは筋力の衰えによる運動障害ではない。ゆえに赤ん坊が育つようにリハビリを繰り返すことによって「人間」を取り戻していったのだ。彼女には青年の記憶も愛した感情も残っていない。たとえリハビリによって感情を取り戻してもそれは過去の彼女ではなく「別人」の感情である。その感情が青年を愛するようになる、ということが本当の奇跡なのだ。

この病気は前頭葉の「シナプスの刈込」を担うGABAとは別の、おそらく若年性アルツハイマーと共通する物質が関連しているのではないかと私は考えている。

統合失調症についての詳細は下記を参照してほしい。

ストレス×アルコール=悪魔の方程式 古尾谷雅人はなぜ性格が変わったのか?

偶然見たテレビで自殺した俳優古尾谷雅人の妻の苦難が放送されていた。

子煩悩で優しかった夫が仕事が減ったことをきっかけに酒に溺れ暴力をふるうようになり挙句に多額の借金を残して自殺しまう。その後の妻の苦労は言うまでもなく、心労で心臓に負担がかかり大動脈剥離で死の淵をさまよったという話だった。

さて、古尾谷雅人は結婚当時と比べれば明らかに「性格が変わって」いることは誰も否定しないだろう。「性格が変わる」現象はもちろん実在している。問題は「何が」性格を変えるのか?ということだ。

「薬で性格が変わることなどあり得ない」と豪語する精神科医と一般の方々、古尾谷雅人はなぜ性格が「悪く」変わったのか説明できますか?

ストレス?ストレスでなぜ性格が変わるのですか?

自暴自棄になって?自暴自棄でなかった人が自暴自棄になるって性格が変わるってことでしょう?

お酒?お酒でなぜ性格が変わるのですか?

酔っぱらうから?酔っぱらうと全員性格が悪く変わるのですか?

酒癖が悪い?酒癖が悪いというのはどういうことですか?

うつ病?うつ病はなぜ性格が変わるのですか?うつ病でDVは起きますか?

さあ、まともに答えられる人はいますか?いるはずがありませんよね。ストレスがなぜ性格を変えるのか?お酒がなぜ性格を変えるのか?うつ病がなぜ起きるのか?専門家の答えはすべて「まだよくわかっていない」というレベルでしかないのですから。

「性格が変わる」という現象を起こすものに共通点を探せば謎は解けるはずである。この現象を起こすとされているのは専門家が認めていないものまで含めると「ストレス」「アルコール」「麻薬・覚せい剤などの違法薬物」「睡眠薬・抗不安薬(安定剤)・抗うつ薬など精神科の薬」「麻酔薬・抗ウィルス薬・禁煙薬・認知症治療薬などの薬」ということになる。

薬類は何か共通点がありそうな気はするが、ストレスとストレスによる病気を治すはずの薬に共通点などあるはずがないし、アルコールだってストレス解消になるのだから・・・と多くの方は思われるだろうが事実は大きく異なっている。

アルコール依存症専門病院である元国立久里浜診療センターの医師眞先敏弘氏の著書「酒乱になる人ならない人」を基にアルコールが脳に何を起こすのか考えてみよう。

P1050651アルコールは「酔っぱらう」作用があるのは誰でも知っている。これは脳の情報伝達を阻害する働きがあるからだ。感覚や運動神経はもちろんだが特に理性や抑制系の働きを阻害し「開放的になる」「はめをはずす」ということに繋がる。さらに「鎮静」「催眠」「抗不安」「食欲増進」などの作用などの作用があることがわかっている。同時に全く逆の「興奮」「怒りっぽくなる」「暴力的になる」というようないわゆる「酒乱」と呼ばれる現象も起きる。「鎮静」「催眠」「抗不安」という作用が精神科の薬と同じであることは言うまでもなく、眞先氏も認めている。

それでは酒乱はなぜ起きるのか?眞先氏は遺伝的な要素によるものとしか結論づけていないが実はこの本の中にすべての答えがある。アルコールを摂取した未成年者に起きる「ヤングアルコホリック症候群」が幻聴幻覚・妄想・摂食障害といったストレスによる「精神病」と同じ症状を示すことが記されていて、よく考えればこれらの症状が「酒乱」と共通することがよくわかる。食欲が増すことがストレス太りに繋がることは誰でもわかるだろう。これらの事実はアルコール=精神科の薬=ストレスという信じがたい事実を表している。

ストレス時にはストレスホルモンが過剰分泌され「生命の危機」としてのストレスに適応する反応が起きる。このストレスホルモンが実は「覚せい剤・麻酔薬・抗不安薬・睡眠薬」として機能することが科学的に解明されている。ストレスが精神病を起こす理由はストレスホルモンの過剰分泌にあることは間違いない。精神科の薬がストレスホルモンと同じだというあまりにも簡単な事実を「優秀な」精神科医は誰一人気付こうとしなかった。

アルコールがマウスの脳細胞にアポトーシス(自殺現象)を起こすことも記されている。実際の人間の脳では「シナプスの刈込」という現象が起きるのだが脳が破壊されることは間違いない。これは沈静性情報伝達物質GABAによる「抗不安作用」が暴走することで起きる。前頭葉を初期化し理性・良心・愛情・人格が半永久的に破壊される「統合失調症」が発症することになる。この現象は日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する。

理性を失った古尾谷雅人は暴力的な別人に変貌し自殺した。

ストレス×アルコールは正気を失う「悪魔の方程式」である。一度アルコールに手を出すと理性による抑制が効かなくなりデススパイラルに陥る。ストレスに弱い遺伝特性を持たない人でも依存症に陥り人生を失う。どんなにつらいことがあってもけしてアルコールに逃げてはいけない。一時的に苦しみから逃れられても更なる地獄があなたを待っている。

×精神科の薬はさらに悲惨な結果を生む。藤圭子の自殺も睡眠薬が原因だった。多くの自殺者とともに凶悪犯罪者が生み出されている。精神科の薬で依存症が起きるのはアルコールと同じ作用を起こすことの紛れもない証拠である。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


奈良小2殺人未遂 母親は統合失調症

奈良で起きた小2女児殺人未遂事件。同級生の母親が包丁で刺すというショッキングな事件に「なぜ?」というコメントが相次いでいる。

この事件がなぜ起きたのか説明できる人間は世界中で私一人だけだ。女児に恨みがあったわけでも明確な殺意があったわけでもない。まともな「動機」など見つけようとしても無駄である。母親の見ている世界はこの世のものではないからだ。

母親は「統合失調症」を起こしている。ものごとを正しく見て判断する回路が欠落している。妄想や幻聴と言ったこの世のものではない意識に突き動かされて犯行を行ったに過ぎず、もはや「人間」ではない。そんなことはない、話もできるし女児が誰なのかも知っている、と言うだろうが人間の「理性、良心、人格」というような「感情」はそういうものとは全く別のもので、その部分だけが欠落してしまうのが「統合失調症」なのだ。

なぜそんなことが起きるのか?それは「抗不安作用」という不思議な脳の仕組みが不具合を起こすことによる。人間の感情を構成しているシナプス回路(フラッシュメモリーのようなものを想像するといいだろう)には重要な回路を残し、不要なものは整理していく機能がある。この働きが過剰に起き必要なものまで削除されてしまうという現象が「統合失調症」という病気である。この現象は理性、良心、人格、社会性、愛情というような「感情」を司る前頭葉に限定して起きる。統合失調症患者には通常記憶や知識の欠落は見られない。人格といういわばOSにエラーが起きることによって記憶や知識を正しく読み込むことができない状態がこの病気である。この病気がなぜ起きるのか?ご存知のように「ストレス」がその主因とされる。ストレス時に分泌されるストレスホルモンがGABAという沈静性情報伝達物質の過剰分泌を促し、GABAが「シナプスの刈込」という現象によって統合失調症を引き起こすことを東大大学院医学系研究科が解明している。GABA1GABA2

































実はこのGABAはストレスだけでなく睡眠薬・抗不安薬(安定剤)・抗うつ薬など精神科の薬によっても過剰分泌されることがわかっている。つまり、精神科の薬は「統合失調症を促進する」ということなのだ。「バカげている」と言う方が多いだろうが精神科の薬が実はストレスホルモンと同じものに過ぎないことが明らかになっている。同じものを足せば悪化するのは「当たり前」ということにすぎない。

もちろんストレスのある方全員が統合失調症になるわけではないように誰にでも起きるわけではない。GABAの分解などに関わる遺伝子に異常のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ方に多発し、さらに思春期・産前産後に多発する。ストレスに弱い遺伝特性はモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに特異的に多く存在し、日本人には白人(コーカソイド)に比べ数十倍から数百倍多く存在する。

この母親の発症原因がストレスなのか薬なのかはわからないがいずれにしても病気であってそれを防ぎ治す方法を考えて行かなければ次の事件は防げない。6日に愛知で起きた母親が2歳児に睡眠薬を飲ませた事件も睡眠薬が引き起こした事件に他ならない。精神科医よもう少し真面目に仕事をすべきではないか?いつまでもこんな素人に説明させるな。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

コンサータは覚せい剤 恐ろしい副作用が起きる

精神科医の大塚明彦氏が「精神病の正体」という本を出版した。「精神科医療に巨石を投ずる」というサブタイトルがつけられたこの本は確かにこれまでの精神科医の考え方とは異なる方向性を示してはいる。

 基本的な考え方は「ほとんどの精神病は同じ素因がもたらすもので現れ方が異なるだけではないか?」「精神病の種とも言える遺伝要因が存在し、それは発達障害の諸症状をもたらす」というものである。

 このブログを読んでいる方お気づきだと思うが精神科医療の世界では新しいこの考え方は私が何年も前に解明している事実でしかない。まるでコピペしたのでは?と思うような似た表現がいくつもある。精神科医もやっとここまで来たか、と思ったのも束の間でこの後がいけなかった。なぜこの遺伝特性が発達障害の傾向を示し、なぜ精神病を引き起こす要因になるのかという科学的根拠を示さないまま「発達障害の治療に効果がある中枢神経刺激薬コンサータを服用することでほとんどの精神病の症状は改善する」という無茶苦茶な結論を導いてしまったのだ。「製薬会社とは関係が無い」とわざわざ注釈はつけているもののとても素直には受け取れない。

 コンサータを服用した妻に何が起きたかお話ししよう。うつ病と診断され睡眠薬や抗不安薬を処方されていた妻はその副作用である眠気、だるさ、やる気・集中力のなさに悩み、私の知らない間に病院を変えコンサータを処方してもらった。効果は顕著に表れ「生まれてこの方こんなに頭がすっきりしたことはない」と喜々とし夜もろくに眠らず仕事をし始めた。発達障害とも共通する症状は劇的に改善したことは間違いない。しかし、ちょっとしたことで激高したかと思えばすぐに悲観的になるというように感情の起伏が激しくなり、首を吊ったり、灯油をかぶったりという自殺未遂を何度も繰り返した。それまで「死にたい」とは言っても行動に移すようなことはなかったのに、である。あまりにも様子がおかしいので薬のせいに違いないと考えやめさせたところ異常行動も極端な不安定さも消えた。「正気じゃなかった」と後になって妻は言った。あの時死んでいても何の不思議もなかった。

 さあ、コンサータは何を起こしたのか?コンサータは覚せい剤そのものである。私が大げさなことを言っているわけではない。成分も効果も覚せい剤と何も変わらないことは少なからぬ精神科医も認め、考え深い精神科医はその使用をためらう代物である。

なぜ覚せい剤が発達障害の治療に使われるようになったのか?それは製薬会社の策略に他ならない。ノルアドレナリンなど興奮性情報伝達物質の分泌を促す覚せい剤が発達障害の諸症状を緩和・改善することに目を付けた製薬会社が、依存症が起きないよう量と間隔を管理すれば「薬」として使うことができると考えたのだ。当初はうつ病の治療にも使われたが依存症が起きやすいなど問題が多く使われなくなった経緯がある。原則として18歳以下の子どもに対してのみ使用が認められてきた。親の管理の下「適切」に使用されれば問題ないということなのだ。

覚せい剤の何がいけないのか?実はほとんどの人は「違法だから」「依存症になるから」という程度しか知らない。依存症にならなければ問題ないんじゃないの?と思う方も少なくないだろう。覚せい剤で逮捕される芸能人も何でもないようだし、「使用時にハイになるだけ」と思っている人が多いから手を出す人が後を絶たないのだろう。精神科医も警察も本当のことを言おうとしないが覚せい剤の恐ろしさは依存症などではない。実は依存症が起きる以前の段階で「薬物性精神病」という、要は「頭がおかしくなる」症状が起きる人が少なくないのだ。幻覚・幻聴・妄想・性格が変わる(悪くなる)攻撃性・自殺といった症状が現れ、血中濃度が下がっても消えない。これらの症状は「統合失調症」と酷似する。覚せい剤は麻薬とともに統合失調症の発症を促進するということなのだ。そのメカニズムは東大大学院医学系研究科によって明らかにされた「沈静性情報伝達物質GABAによるシナプスの過剰な刈込」によって起きる。麻薬など沈静性物質は直接、覚せい剤など興奮性物質は間接的に統合失調症を引き起こす。GABA1GABA2

































逮捕された芸能人におかしな様子が見られないことからもわかるように全員にこの症状が起きるわけではない。この症状は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、つまり発達障害の傾向を持つ人に起きやすいのだ。おわかりだろうか?発達障害の傾向を持つ人にコンサータを処方すれば症状は改善する可能性が高いことは間違いない。引きこもりもうつ症状も一時的には「治る」可能性がある。しかし、一方で精神は不安定になり統合失調症を発症し幻聴幻覚・妄想・自殺・攻撃性が増すなどの症状が現れ、猟奇的な殺人事件などに直結していく。コンサータによる発達障害の治療を受けた少年が統合失調症を発症し、薬によってさらに悪化していった症例が寄せられた。これは「珍しいこと」ではなく当たり前のことでしかない。

公式に認めてはいないがあまりにも副作用の報告が多いことに危機感を覚えた製薬会社は発達障害の治療の主力をNRI(ノルアドレナリン再取込阻害薬)に密かに切り替えようとしている。副作用が少ないという触れ込みなのだが、コンサータにとんでもない副作用が無ければ切り替える必要などないということになる。そんな時代にこの精神科医はコンサータという覚せい剤を蔓延させ発達障害を持つ人を全員精神病にするつもりなのだ。もちろんその方が精神科医はもうかるだろうが・・・。

NRIはコンサータに比べれば確かに副作用は少ないと思われるが統合失調症を促進するメカニズムは変わらないことを付け加えておく。詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


インフルエンザ治療時の異常行動は薬による統合失調症

28日付朝日新聞にインフルエンザ治療中の「突然走り出す」「窓から飛び降りる」というような異常行動が後を絶たないことが掲載された。タミフルが原因ではないかと言われたが10代へのタミフル使用が原則禁止されたにもかかわらず「状況は何も変わっていない」ということである。立派な大学を出たはずの専門家がそろっているはずなのにいまだにその原因をつかめないのはあまりにも情けない。薬は関係ないと断言しているがとんでもない大嘘だ。

症状から見て脳、前頭葉の機能低下が影響しているのは間違いない。函館市の精神科医多田直人氏はずいぶん以前からこれが「統合失調症」の症状であることを指摘している。これは「正解」なのだがそのメカニズムは解明できていなかった。

タミフル







2013
年東大大学院医学系研究科が沈静性情報伝達物質GABAによるシナプスの過剰な刈込が統合失調症の原因であることを突き止めた。この事実によって異常行動のメカニズムが導かれることになる。

GABA1GABA2






























そもそもインフルエンザによる発熱はウィルスの増殖を防ぎ、抗体を作る働きを活発にするために起きる免疫反応である。この反応時にGABAの過剰分泌が起きる。これは全エネルギーを免疫反応に集中させるためだと考えられ、眠くなったり頭がボーとする現象を引き起こす。

抗ウィルス薬や解熱剤は細胞間の情報伝達を阻害することで効果を発揮し、その作用は麻酔薬と似たようなメカニズムで機能する。麻酔薬には「覚醒時興奮」という異常行動と共通するような副作用が起きることが知られている。麻酔薬もまたGABAの過剰分泌を起こすことが明らかになっている。

おわかりだろうか?

インフルエンザ+抗ウィルス薬・鎮痛解熱剤=GABAの過剰分泌×GABAの過剰分泌=統合失調症 という当たり前の答えなのだ。統合失調症は半永久的な精神病だから違うという方もいるだろう。確かに時間がたてば極端な異常行動は収まるが半永久的な精神の異常が残る場合が実は少なくない。関連性が立証できないためほとんど報道されないのが現実なのだ。

さあ、これでパズルのすべてのピースは埋まった。

統合失調症は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、思春期(特に10代の男子)に起きやすい。これが「すべての人に起きるわけではない」「10代の男子に発症が多い」原因である。ストレスに弱い遺伝特性は「発達障害の傾向を持つ人」と重なる。覚醒時興奮が「発達障害の傾向のある子どもに多い」こと「適応障害(統合失調症の初期症状)を発症していると発症率が高い」ことは専門家も認める事実である。これほどつじつまの合う話が事実でないということがあるだろうか?

インフルエンザ治療時の異常行動は日本でだけ特異的に多発している。その理由を遺伝的なものではないかと考える方もいるが「よくわかっていない」段階でしかない。この理由は「ストレスに弱い遺伝特性」が日本人に特異的に多いという事実を示している。詳細は別記事を参照していただきたいが先進国の中で日本だけ自殺率が特異的に高い理由もそこにある。自殺も統合失調症の一症状なのだ。ストレスに弱い遺伝特性を持つ人の割合は白人(コーカソイド)に比べると数十倍~百倍程度の差があると私は考えている。

2タミフル









基本的にインフルエンザは治療の必要が無いという専門家も少なくない。しかし高熱が出れば不安で病院に行かざるを得ないだろうし行けば抗ウィルス薬や解熱剤を処方されるのは確実である。知識のない一般の方は医者の言うことを聞くしかないのだが取り返しのつかないことが起きる前に自分の身は自分で守ってほしい。

・発達障害の傾向のある方

・覚醒時興奮、自家中毒を起こしたことのある方

・引きこもり、適応障害などストレス症状を起こしている方

・アスピリン系薬剤にアレルギーのある方

・酒乱が起きやすい方、家族に酒乱の傾向のある人がいる方

・家族に精神病、統合失調症の人がいる方

上記に当たる方は異常行動が起きる確率が「極めて高い」ことを知っていただきたい。インフルエンザは大抵の場合乳幼児や高齢者を除けば治療せずとも治る。わざわざ治療して異常行動、精神病を背負う必要はない。

詳細は下記を参照してほしい

基本的にインフルエンザは治療の必要が無いという専門家も少なくない。しかし高熱が出れば不安で病院に行かざるを得ないだろうし行けば抗ウィルス薬や解熱剤を処方されるのは確実である。知識のない一般の方は医者の言うことを聞くしかないのだが取り返しのつかないことが起きる前に自分の身は自分で守ってほしい。

・発達障害の傾向のある方

・覚醒時興奮、自家中毒を起こしたことのある方

・引きこもり、適応障害などストレス症状を起こしている方

・アスピリン系薬剤にアレルギーのある方

・酒乱が起きやすい方、家族に酒乱の傾向のある人がいる方

・家族に精神病、統合失調症の人がいる方

上記に当たる方は異常行動が起きる確率が「極めて高い」ことを知っていただきたい。インフルエンザは大抵の場合乳幼児や高齢者を除けば治療せずとも治る。わざわざ治療して異常行動、精神病を背負う必要はない。

詳細は下記を参照してほしい
https://toshioy001.wixsite.com/tougou

記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ