精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

子宮頸がんワクチン副作用はでっちあげ という「でっちあげ」

「強きを助け弱気をくじく」ゲスな二大出版社の一つ新潮社が雑誌「新潮45+」で「子宮頸がんワクチンの副作用はでっち上げ」というとんでもない記事をぶち上げた。モラルも良識もない出版社のやることに大して驚かないのだがこれには面食らった。国の進めた政策を「安全」だと信じて受けたワクチン接種で人生を奪われた上、被害をでっち上げた「嘘つき」呼ばわりされるのだから被害者の絶望的な悲しみと怒りは如何ばかりか・・・。

同じワクチン接種を受けた人に同じような副作用が起きている時点で100%「クロ」である。一人や二人では誰も副作用だなどと言わないのだから「副作用ではない」と言い張る方が「非科学的」である。科学的・疫学的な関連性が証明されないこと自体は事実でもそれが「副作用ではない」という証拠にはならない。なぜならば科学、特に医学の分野では「まだよくわかっていない」ことが多すぎるからだ。すべてわかっているのなら難病など存在しないし病気で死ぬ人など存在しないはずではないか?「今の時点では解明できない」というのは正しいがそれを持って副作用ではないと言い切るのは科学というものをわかっていない「バカ」の発言としか言いようがない。

バカな専門家の言うことを真に受けて国民を扇動しようとするのにはもちろん理由がある。このワクチン接種がストップしていることで製薬会社と医療機関には「莫大な損害」が発生している。副作用が「でっち上げ」でワクチンが「安全」となれば得をするのは誰か?どちらかが嘘をついている時には「嘘をついて得をする人間」を疑うのが常道だろう。それが「組織」や「会社」である場合はなおさら怪しい。加害者と被害者という関係でも嘘をつくのは加害を認めたくない「加害者」であることがほとんどだ。

いつの時代でも被害者、少数派は発言することさえ許されず泣き寝入りを余儀なくされる。イタイイタイ病、水俣病、薬害エイズ、サリドマイド・・・加害者が初めから認めた例はないことに気付くだろう。そんな物言えぬ被害者を救うのが「ジャーナリズム」ではないのか?国、製薬会社、医療関係者からいくらもらっているのか知らないが率先して「安全神話」を作り上げる原発と同じ愚をまた繰り返すのか?「そんなウソを信じるバカな国民などいない」と言いたいのだがこの出版社が存続できているのは支持する方が多いことも示しているのだろう。

睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科が処方する薬に「自殺」「性格が変わる」「攻撃性が増す」というような副作用が起きると言われて久しい。精神科医は「そんな副作用はあり得ない」と公言し続けてきた。しかし、最先端の研究によってそれが十分起こりうることだということが証明された。医学はまだまだ分かっていないことだらけなのだ。

いずれこのワクチンの副作用が証明された時この出版社の方々は被害者に土下座して謝罪するつもりがあるのだろうか?

精神科薬の副作用については下記をご参照ください
http://toshioy001.wix.com/tougou

飲んではいけない「悪魔の薬」睡眠薬

フジテレビで「追跡オンナ!の大事件」という番組が放送された。偶然見ただけではあるが改めてこれらの事件を見た時に「共通点」が存在することに気付いた。

共通点は「睡眠薬」、そして「性格が変わった」という点である。

「首都圏連続不審死事件/木嶋佳苗」と「鳥取連続不審死事件/上田美由紀」の事件は男に金を貢がせたり、脅したりした上で殺害してしまうというという事件内容も同じで被害者に睡眠薬を飲ませてから殺害するという手口も同じである。もちろん睡眠薬は自分が病院で処方されたものであるから日常的に睡眠薬を使用していたことが伺える。

睡眠薬は眠くなるだけの薬だと思っている方がほとんどだろうが実は「性格を変えてしまう」薬である。2012年東京新聞で「睡眠薬で性格が変わる?」という記事が掲載されている。この時は被害者の訴えを載せ「疑い」として取り扱っている。

「性格が変わる」というのは「悪い方」へ変わることを示している。わがまま・自己中心的となって相手の心情を思いやることができなくなって、言葉遣いが悪くなる、悪口を言うようになる、口汚くののしる、キレやすくなる、暴力的・攻撃的になる・・・というようなものである。「睡眠薬でそんなことが起きるはずがない」多くの方が思うように精神科医も否定し、医学的科学的根拠もその時点では明らかになっていなかった。

しかし、2013年東大大学院医学系研究科が睡眠薬をはじめとする抗不安薬、抗うつ薬、など精神科が処方する薬及び麻酔薬が「統合失調症」を引き起こす科学的根拠を解明した。「性格が変わる」のは「統合失調症」の症状だったのだ。

統合失調症は理性・社会性・人格などの「感情」を司る前頭葉神経細胞を繋ぐ「シナプス」と呼ばれる回路が崩壊することによって正常なものの考え方ができなくなってしまう病気である。知識や記憶には全く損傷がなく「性格」だけが「半永久的」に変わって行き妄想や幻覚に支配されわけのわからぬ言動や行動を生み出す。明らかに病的な状態であれば診断は容易だが「性格が変わった」としか感じられない「初期」の段階では病気だと診断されることはない。睡眠薬をはじめとする薬は情報伝達物質「GABA」の分泌を促す。このGABAが鎮静・安定・睡眠作用をもたらすことが効果に繋がるのだが、このGABAこそが「統合失調症促進薬」であることを東大大学院医学系研究科が「解明」したのである。国立精神・神経医療研究センターの最新の研究もこの事実を裏付けている。木嶋佳苗の裁判の様子が再現されているがその話しぶりは「統合失調症」の特徴をよく表している。これを見て「統合失調症」だと気づかない精神科医(ほぼ全員だろうが)は医師免許を返上すべきだろう。強め、多めの薬を飲ませれば明確な統合失調症の症状が間違いなく現れることで証明されるだろう。

もちろん膨大な数に上るこの薬の服用者全員に症状が出るわけではない。アレルギーと同じように遺伝的に症状の出やすい人がいて「ストレスに弱い遺伝特性」として科学的に証明されている。この遺伝を持つ人が欧米に比べて日本人に特別多く存在することを示す多くの根拠があり、6~15人に1人は発症の危険性が高いと考えられる。

睡眠薬は依存性があることから30日を超えて処方しないようにWHOが勧告しているが睡眠薬を「稼ぎ頭」と位置付けている精神科医が守ろうはずもない。

この容疑者たち本当は「性格の良い善良な人間だった」というつもりはないが「睡眠薬」と関わることがなければこの事件は100%「起きることはなかった」と私は断言することができる。一粒の薬が人をまるで別人に変えてしまうという事実を信じる人はほとんどいないだろうが、私はその一部始終を目の前で見た。抗不安薬を飲んだ12歳の息子は恐ろしい別人に変貌し、睡眠薬を飲んだ妻は精神的に不安定となり自殺未遂を繰り返し、私はこの世の地獄を経験した。この地獄をもたらしたものが「薬」であることを私は長い間訴え続けたが最先端の研究によって裏付けられるまで「馬鹿げた妄想」と言われ続けた。

残る二人については睡眠薬の報道はないが「大阪2児餓死事件/下村早苗」に関しては夜の仕事を始めてから「性格が変わった」とされている。夜の仕事をしている方に睡眠薬はある意味「不可欠」なものとされているから服用していた可能性は極めて高いだろう。「大阪東住吉幼児6年遺棄事件/大滝ちぐさ」に関しては大学入試に失敗してから「性格が変わった」とされているから最初はストレスによる自然発生の「統合失調症」だと考えられる。それから夜の仕事に就いたのだから「薬」とも無縁ではなかったろう。

この病気は「病気」であるにもかかわらず「歪んだ瀬角による身勝手な犯行」としか見られない事が何より悲惨である。「これほどの犯罪を犯した人間を擁護する気か!」と叫ぶ方も多いだろう。脳の病気による犯行なのだから結果的に無罪にされるべきものだとは考えるが私は「次の事件を止めたい」がために発言している。真相が明らかにされなければまた次の事件は必ず起きる。精神科の薬がバラまかれ続ける限り次の事件が必ず起きる。次の事件の被害者そして加害者はあなたの家族ではない、という保証は何一つないのだ。

番組はもちろんそんな背景に触れることも事件の背景を掘り下げることもなく週刊誌的視点に終始し、歪んだ性格の極悪人として処刑されるべきだと構成されていて多くの方は「その通りだ」と受け止めただろう。しかし、この犯人たちを死刑に処しても次の事件は止められない。この病気は「死刑になるのが嫌だから犯行を行わない」という論理回路を破壊してしまうからだ。何より死刑にされるべきなのは真実が明らかになっているにもかかわらず「悪魔の薬」をバラまき続ける精神科医と製薬会社の方なのだ。

 不眠はつらい。薬で眠れたらどんなに楽だろうと誰でも思う。しかし眠りと引き換えに失っていい人生などない。息子は長い時間をかけて回復し、妻は薬をやめることで人生を取り戻した。今も眠れぬ夜はあるが「あきらめる」ことで済むこと知っているから困らない。

 詳細は下記を参照していただきたい。(本文は部分的に間違いがあり修正中)http://toshioy001.wix.com/tougou
東大の研究論文はこちらを参照
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/29/176/

大麻の薬物利用は統合失調症を多発させる

元女優の高樹沙耶が大麻所持で逮捕された。その報道で初めて知った人も多いであろう「医療用大麻」について考えてみよう。

高樹沙耶の「まるでカルト宗教」のような異様な生活ぶりについては報道でご存知だと思う。おそらく同居している男が元俳優の知名度を利用しようとマインドコントロールを行った結果であろう。人を意のままに操るマインドコントロールはその存在を怪しむ人も多いが「宗教」の世界においては「当たり前」の支配方法として大昔から行われている。実は統合失調症が起きる仕組みを巧みに利用した「非常に科学的」な手法である。その手法を簡単にする役割を果たすのが「大麻」である。カルト宗教における洗脳に大麻や薬物を使うことは常識化している。

違法薬物である大麻を「薬として使う」というと驚かれる方も多いだろうが実は同じことを口にする専門家も少なからずいて、アメリカではすでに実際に行われている州もある。大麻など「麻薬」と呼ばれる物質は神経の情報伝達を鈍らせることによって神経の高ぶりを抑える「沈静」「安定」効果と同時に「鎮痛」作用ももたらす。これは現在大量に処方されている「沈静・安定剤」「鎮痛剤」「抗不安薬」「睡眠薬」「抗てんかん薬」と「同じ効果」であることは間違いない。合成薬と天然の植物ではどちらが体によさそうか?と考えた時「天然の方がよいのでは?」と考える方がいても全く不自然ではない。これらの薬が「合法」とされる限り適切な管理のもとであれば薬用使用を否定する理由はないということになる。

 大麻の作用が鎮静安定などの作用だけなら問題はないように思える。しかしこれらの作用がGABAという情報伝達物質を過剰分泌させることによって起きるということが問題となる。GABAは一方で「シナプスの刈込」という作業を行うことが東京大学大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センターの研究によって明らかになっている。これは理性や社会性・人格というような「感情」を司る前頭葉のシナプスという論理回路を崩壊させ「統合失調症」を引き起こすことに直接繋がる。これは馬鹿げた妄想などではなく最先端の科学によって裏付けられた紛れもない「事実」である。

 GABAによってシナプスを寸断された前頭葉は「統合失調症」という「エラー」を引き起こす。相模原で起きた障害者施設襲撃事件は大麻によって引き起こされた「統合失調症」による事件なのだ。不思議な話ではあるのだが覚せい剤や抗うつ薬など興奮を促進する薬でもGABAの過剰分泌が引き起こされる。

 もちろん大麻やこれらの薬を使っている人がすべて「統合失調症」を起こすわけではない。遺伝的にGABAに関連する物質の分解能力に問題のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、子ども・思春期に多発する。これは統合失調症を「発症しやすい」人である。この遺伝特性は日本人には欧米(白人・黒人)の十倍を超えて6~10人に一人程度存在することを示す根拠が多数存在する。

 合成薬を使う限り大麻も大差はない。しかし欧米では大きな問題はなくとも日本では「統合失調症」を多発させてしまうことは目に見えているし、依存症を引き起こすことも間違いない。大麻も薬も「麻薬」である。麻薬が人の脳に何をもたらすか「まだよくわかっていない」段階で安易に医療利用に踏み切るべきではないと私は考える。
詳細は下記を参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

宇都宮爆発事件 境界性人格障害という統合失調症が事件を起こす

宇都宮市で23日、海外ドラマに出て来そうな爆発事件が起きた。72歳の男が公園で手製爆弾を使って自殺し、同時に車を爆発させ自宅を燃やした。公園で近くにいた市民3名が巻き添えになり重軽傷を負った。

男のDVによって妻と娘が家を出て、離婚調停がこじれて自暴自棄になって起こした事件・・・ということになるだろう。自殺するのなら勝手にすればいいのになぜ他人を巻き込むのか?と誰でも思うが、これがこの手の犯人の特徴で自分の置かれた状況が自分の責任ではないという「被害妄想」に基づいて自殺を「あなた方のせいで私は死ぬのだ」というメッセージを多くの国民に訴えたいという歪んだ思想である。

自暴自棄になって歪んだ思想を実行に移した、という専門家の解説があちこちで聞かれるだろうがこれは「境界性人格障害」という軽度の「統合失調症」による事件である。ブログなどに事件を匂わせる記述はあるものの、前日に近所の人とお茶を飲むなどごく普通の日常生活を営んでいる。

境界性人格障害は「狂気」と「正気」が同居する「病気」で、昨年フランスで起きたドイツ航空機墜落事件を起こした副操縦士と同じものである。完全に「狂気」に支配された相模原事件の犯人よりは症状が軽いのだが一見狂気を見いだせない場合が多いのでとても「危険性」が高い。

性格が悪いだけと思わる方も多いだろうが、事件を起こすような極度に「歪んだ性格」というのは理性や社会性・人格を司る前頭葉の「論理回路」を構成する「シナプス」が崩壊することによって引き起こされる「統合失調症」の一症状である。この病気の正体もメカニズムも現在の精神科医療では「よくわかっていない」段階でしかなく、この事件も明確に説明できる専門家は誰もいない。しかし東京大学大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センター及び国立精神医療センターの最先端の研究によって統合失調症がストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンCRHによってGABAという情報伝達物質が過剰分泌され「シナプスの過剰な刈込」が起きることが原因であることが解明された。同じ作用は麻薬・覚せい剤などの薬物、精神科で処方される睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬、さらには麻酔薬などによっても起きる。もちろん誰にでも起きるわけではなく日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」に多発する。

この犯人はDVによって妻子に愛想つかされた。DVは「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する統合失調症の一症状である。また、娘が精神障害を発症していることもその根拠となるだろう。妻子に出て行かれ離婚調停がこじれて大きなストレスが継続することによってこの事件は起きた、ということだろう。精神科や薬の関連は報道されていないがストレスに悩んでいたことは事実だから睡眠薬などの使用があっても不思議ではないだろう。

この病気の研究が事件を減らす唯一の方法だ。精神科医もジャーナリストいい加減目を覚まして真実を正視すべきだろう。

詳細は下記を参照してほしい。
http://toshioy001.wix.com/tougou

門真市一家殺傷事件 統合失調症が引き起こす惨劇

19日大阪府門真市で近くにに住む24歳の男が住宅に侵入し一家四人を刃物で刺し死傷させる事件が起きた。家族は犯人と面識がなくトラブルもなかった。逮捕された犯人は「はっきり覚えていない。今は動揺している」と話しているという。

18日にも千葉県浦安市で32歳の女が路上で見知らぬ3人を次々と刺しけがをさせる事件が起きている。犯人は「悩みがあった」などと供述しているという。

 これだけの事件を起こしながら「覚えていない」「悩みがあった」などふざけるんじゃあないと誰しも思うだろうがこれは「病気」によるものであって本人に明確な責任能力があるかというのは難しい問題となる。性格が悪いのが病気?と思われる向きも多いだろうが理性や人格という「正気」を司る前頭葉が制御機能を失うことによって起きる「統合失調症」という病気である。このような事件は現在の判定基準では診断できない可能性が高いので精神科医はこの病気を説明することができない。

この病気はストレス及び麻薬・覚せい剤などの違法薬物、睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬などの精神科の薬によって引き起こされる。長い間この関連性は否定され続けてきたが東京大学大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センターの最先端研究によって明確に裏付けられた。精神科の薬は実は「統合失調症促進薬」だったのだ。

もちろんすべての人にこの症状が起こるわけではない。ストレスホルモンの分解に問題のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、思春期に多発する。この遺伝特性は日本人には610人に1人という高確率で存在すると考えられるのであなたやあなたの家族がいつこのような事件を起こすことになってもけして不思議ではないということよく考えていただきたい。とんでもない奴だ!と重罪に処しても次の事件を防ぐことはできないし、犯人もなぜ自分がそんなことをしたのか分らぬまま刑に服すことになる。

この二つの事件の犯人は逮捕後幾分正気を取り戻しているからおそらく原因は何らかの薬物だと考えられるだろう。違法薬物なら仕方ないが精神科の薬なら本人には何の責任もない。真実はあなたが考えるよりはるかに恐ろしい。

お疑いの方は下記ホームページさらに東大のプレリリースをご参照いただきたい。
http://toshioy001.wix.com/tougou
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/29/176/

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ