精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

フロリダ銃乱射 また起きた精神科医療による殺人

フロリダの高校でまた銃乱射事件が起きた。17人の未来ある命が奪われ多くの負傷者が出た。犯人は19歳のこの高校の元生徒だ。

犯人は精神に問題があったと報道されているから、精神科に通院していたことは間違いない。また同じパターンでの銃乱射事件である。いったいどれだけの命が犠牲になったら精神科医は真実に気づくのだろうか?

精神科で処方される睡眠薬、抗不安薬(安定剤)、抗うつ薬などの薬はストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンと「同じもの」である。精神病はストレスホルモンの過剰分泌によって起きるのだから同じものを足したら間違いなく悪化する。

こんな小学生でもわかるような理屈を立派な大学を出ているはずの精神科医がなぜわからないのだろう?ストレスホルモンと同じ
























この犯人のように理性・良心が欠落した精神状態を「反社会性人格障害=サイコパス」と呼ぶ。もともと性格が悪いわけではない。後天的に起きる症状で理性・良心・人格を司る「前頭葉」が萎縮し機能低下を起こすことで生じる「病気」であり、これは「統合失調症」の一症状である。

統合失調症は「シナプスの刈込」というシステムが過剰に働くことで成長によって育まれた理性や良心・社会性・愛情の回路であるシナプスが半永久的に「削除」されてしまうことで起きることが最先端研究によって明らかになっている。この作用が実は沈静性情報伝達物質GABAによって起きる「抗不安作用」であることもわかっている。精神科の薬がGABAを過剰分泌させることによって効果を発揮するのは周知の事実である。GABA1GABA2
































これが精神科の薬が統合失調症を発症悪化させるメカニズムでありわかってみれば当たり前のことに過ぎない。

この現象が起きやすいのがストレスに弱い遺伝特性を持つ人であり、ユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに極端に多く存在する。さらに未成年、思春期、産前産後の女性に起きやすい。

この犯人の前頭葉は赤ん坊や胎児程度の処理能力しか持っていない。善悪の判断もできず、生きること死ぬことの意味もわからず、幻聴や妄想に支配され事件を起こしてしまったのだ。精神科の治療が無ければこの事件はけして起きなかった。

私の理論が正しいことを認識しながら沈黙している精神科医の方々、あなた方は19人を見殺しにした。いやあなた方が殺したと言っても過言ではない。

あなた方にも家族がいるはずです。家族が、愛する子供がこんな事件の犠牲になってもあなた方は何も感じないのですか?

心が痛まないのです?人の心を扱うあなた方に心があるのですか?多くの人を殺しても何も感じないこの犯人とあなた方の心は同じなのですか?

どうか次の事件を止めてください。

詳細は下記を参照してください。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



タミフル飲まなくても異常行動?飲めばもっとひどいことに!

仰天ニュースでタミフルなどの薬を飲んでいないにも拘らず異常行動が起きたという事例が紹介された。何だタミフルが原因じゃなかったのか、と思うのはあまりにも早計だ。 息子に起きた副作用をいくら訴えても厚生労働省に報告しようとしなかった医者が自分たちに都合のいい情報だけを厚生労働省と共有して「薬は安全」というでっち上げの情報を流そうとしているだけなのでよく眉にツバをつけておくこと。 薬を飲まなくても異常行動、というのはタミフルが発売させる前からあった「当たり前の話」に過ぎず、それを「タミフルは安全」という根拠に利用しようとしているに過ぎない。 そもそも異常行動が何なのか、なぜ起きるのか解明もできていないのに薬と関係ないなどと結論付けるのは「科学者」のはしくれである医者のすることなのか? この異常行動の謎を解いたのは世界中で私一人なのだが矢原一郎という研究者が細胞学的立場から解明していることが分かった。
サイトカイン





















この異常行動には「ストレス」とインフルエンザ感染時に生成される免疫反応物質「サイトカイン」が関係している。「???」 そう、何を言っているのか多くの方は見当もつかないことだろうが、ストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンとサイトカインがとてもよく似た働きをする、ということがすべての原因なのだ。 ストレスを感じるとストレスホルモンが過剰分泌される。そのストレスホルモンが分解されると睡眠作用や抗不安作用を持つ物質に変化する。脳を休めようとする働きとも言われていて、ストレスのあとは眠くなる傾向がある。インフルエンザで熱が出るとだるくなって眠くなることはご存じだろう。これがサイトカインの働きによるもので全エネルギーを発熱に向けて免疫反応を高めるためだと考えられる。似ていることがお分かりいただけるだろう。人間の体はとても不思議にできている。 ストレスが何を起こすか?統合失調症という精神病を引き起こすことはご存じだろう。統合失調症の原因が鎮静性情報伝達物質GABAであることが東大大学院の最先端研究でわかっている。
GABA1GABA2


























GABAは睡眠作用、抗不安作用を持つ物質である。サイトカインも同じ作用を持っている。つまり「異常行動」は「統合失調症」だということなのだ。 何をバカなことを、と言う方は多いだろうが「正気を失っている」「幻聴・幻覚」「暴言・暴力」「記憶が無い」という症状は紛れもなく「前頭葉の萎縮」による「統合失調症」の症状である。一時的症状だけでなく長期的に性格が変わる後遺症が起きているのだが関連性がわからないということで報告されていない。 インフルエンザだけでも異常行動は起きる。サイトカインによってインフルエンザ脳症が起きるのも似た原理である。インフルエンザ脳症が解熱剤によって促進されることはよく知られている。それはなぜか?解熱剤がGABAの過剰分泌を促し、サイトカインの働きを促進してしまうからである。 タミフル(リレンザでも起きる)がこの症状を促進するのは細胞間の情報伝達を阻害する作用が解熱剤と同じでGABAの過剰分泌を起こすから,
あるいはサイトカインの働きを促進してしまうからである。 この症状が起きるのは日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ10代以下、特に男性に多い。インフルエンザ脳症も解熱剤による脳症もタミフル副作用も「日本でだけ多発している」のには理由があるということなのだ。
2タミフルインフルエンザ脳症インフルエンザ脳症2




















テレビの母親は正しい判断をした。薬を飲んでいたら症状はさらにひどいものになっていたはずだからだ。 乳幼児や高齢者を除けばインフルエンザは恐れることはないしタミフルを使っても早く治ることはない。使う意味がないのだから副作用の危険を冒してまで使わないに越したことはない。 詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


キレる女性が急増!その本当の原因は精神科の薬

仰天ニュースで「キレる女性が急増」という話題を取り上げていた。女性からのDV被が6年間で13倍に増えているというのだという。

番組ではその「心の闇」が「母親からの虐待」による心理学上の理由によるものだと結論付けていたが、行き過ぎた躾、服従、強制というような親の虐待というのは昔から変わらずあることでそれが6年で13倍になることはあり得ない。

女性はもともと生理周期によってイライラしたりという感情変化が大きく一昔前は「女性のヒステリー」という言葉があったくらいだから不安定要素は大きいのかもしれないが、それも昔から変わっているわけではない。

残念ながら私にも経験がある。普段は優しく明るい妻がキレて攻撃的になりひどい言葉や暴力をふるったりしたことが何度もある。どうしてこんなことをされなければならないのか理解に苦しんだ。今はほとんどなくなったし、あっても一時的なものだから驚くことはない。ずっと昔、結婚する前に付き合っていた女性にも暴力や脅迫を受けたことがある。若い時にはとても恐怖だった。

この二人に共通するのが「精神科の薬」である。もちろん若い頃には何も気づくことはなかったが妻の感情の変化に睡眠薬や抗不安薬など精神科の薬が関連していることを突き止め薬を止めさせたところ症状は治まったのだ。

女性の生理周期による感情の変化は卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量の変化が原因だと言われている。私はこの変化が「発情期」によるものだと考えている。避妊手術を受けていない雌猫を飼った経験のある人はお解りだと思うが「発情期」になるとあからさまな変化が起きて困ってしまう。人間も「生物」でありその目的は「子孫繁栄」とプログラムされているから同じことが起きるのは「当たり前」であり、社会性より本能を優先し子孫繁栄につなげようとするシステムが働くということなのだ。

似たようなことが妊娠出産、子育て時にも起きる。これは子育てに適応した変化で「子連れの熊は警戒心が強く狂暴」ということと同じである。この現象が「前頭葉の萎縮」によって起きることがスペインの大学の研究によって明らかになっている。

妊娠




















この変化と同じ変化がストレス時にも起きる。ストレスが生理周期によるイライラを重症化させることは周知の事実である。ストレスは生物にとっては「生命の危機」と認識され、生命の危機を回避するためストレスホルモンが過剰分泌されることによって本能を優先させ逃避や攻撃に備えるシステムが働く。

この「社会性をダウンさせ本能を優先させる」システムは社会性を司る「前頭葉」を委縮させ機能を低下させることによって実行される。ストレス時この指令を行う物質がCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)で、このCRHが過剰分泌されると「キレる」という現象を起こす。この現象は日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きやすい。つまり「キレやすい」人はストレスに弱い遺伝特性を持っている可能性が極めて高いということである。

1ストレス情報伝達































CRH受容体2型























さらにCRHが分解されるとGABAという鎮静性情報伝達物質となり催眠作用をもたらす。軽いストレスは睡眠に良いとされる理由でもある。ところが、このGABAが「前頭葉シナプスの刈込」という現象を引き起こすことが東大大学院の研究で明らかになっている。これが実は睡眠薬・抗不安薬などGABAを過剰分泌させることで効果を発揮する精神科の薬のもたらす「抗不安作用」の正体である。シナプスの過剰な刈込は理性・良心・社会性と言った前頭葉のシステムを崩壊させ「統合失調症」を引き起こすことがわかっている。精神科の薬は普通の人をキレやすく、キレやすい人をさらにキレやすく変え最終的には善悪の判断のできない統合失調症を発症させるということである。「睡眠薬によって性悪が変わる」という記事が2012年の東京新聞に掲載されている。

GABA1GABA2































1.
「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人はキレやすい。

 この遺伝特性を持つ人は虐待やDVを起こしやすい。テレビでの女性の母親もこの遺伝特性を持っていたと考えられ女 
 性はその特性を受け継いでいる可能性が高い。

2.この特性を持つ人は十分な愛情によって育まれないと(ストレス環境下で育つと)社会性が育ちにくい

3.女性は生理周期や妊娠出産で前頭葉の萎縮が起きやすい

4.GABAの過剰分泌を促すアルコールや睡眠薬・抗不安薬(安定剤)・抗うつ薬など精神科の薬は前頭葉の萎縮を促進しさらにキレやすくなり、キレた状態が継続しやすくなる。

5.看護師・夜の職業の方は睡眠薬を多用する
6.出産後の精神的不調を「産後うつ」と診断し抗不安薬や抗うつ薬を処方する

 

キレる女性が急増した原因は精神科の薬にある。DV加害者を調べれば簡単にわかる。「キレる老人」が増えたのも睡眠薬の影響である。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


中学生の通り魔事件 原因は精神科の薬

鹿児島で中学3年生が面識のない女子高生をナイフで刺すという事件が起きた。11月にも札幌市で中学1年生が見知らぬ女性を刺す事件が起きている。 中学生が無差別に人を刺すという行為を皆さんはどう思うだろうか? 親の教育が悪い?家庭の問題?学校でいじめられたストレス? そんなことでこんな事件が起きるとあなたは本当に思うのだろうか?ひと昔前にはこんな事件は起きなかった。ここ20年くらいの間に中学生高校生の猟奇的凶悪事件が激増している。それが家庭や学校、社会の問題だと本当に思うのだろうか? たった一つの共通点、それはこの少年たちが「精神科」に通院していたということだ。今回の事件についてはまだその報道はないが調べれば必ず突き当たる。麻酔薬、抗ウィルス薬、アルコール、麻薬、覚せい剤などの可能性を含めればほぼ100%である。 発達障害の治療として中枢神経刺激薬、引きこもりの治療として抗不安薬などの処方が必ず行われている。精神科の薬は未成年者、特にストレスに弱い遺伝特性(COMT遺伝子多型、発達障害)を持つ人間の前頭葉シナプスを破壊し、理性・良心・社会性・愛情が失われたモンスターを作り出す。これは「薬害」である。「バカげている」とおっしゃる方々、あなたの10代の家族を私はいつでもモンスターにして差し上げられます。バカげていると思うなら実験台に差し出しても大丈夫なはずですよね。 精神科医の方々、あなたの家族で実験してみませんか?面白いことが起きますよ。
私はその瞬間を目の前で見ている。詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

111

人の命よりも製薬会社が大事 厚生労働省の闇

1月9日の世界仰天ニュースで「丸山ワクチン」の真実が特集された。巨大製薬会社の支配下にある民放でこの特集をすること自体驚きだ。まだジャーナリズムが生き残っていたのだろうか?

一人の医師の努力と熱意によって生み出された夢のがん治療薬である「丸山ワクチン」が巨大製薬会社とその支配下である厚生労働省に阻まれいつまでたっても認可されないという不条理を追っていた。「なんてことだ」と思った方も多いだろうが、これは昔の話などではなく今も全く変わっていない。医療行政は巨大な「カネ」を動かす製薬会社、その支配下にある医師会、さらにその支配下にある厚生労働省がすべてを牛耳っている。大切なのは製薬会社がもたらす「カネ」であって「国民の命」ではない。菅直人という「バカ」が大臣にならなければ「薬害エイズ」も闇から闇に葬られたことだろう。

薬は「効く」ことだけが宣伝され、副作用は医師の手によってもみ消されていく。それどころかやっと日の目を浴びた子宮頸がんワクチンの副作用でさえ「でっち上げ」という「でっち上げ」が製薬会社と医師会によってねつ造される始末でしかない。

睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬・抗精神病薬など精神科の薬は「病気なのか性格が悪いのか副作用なのかわからない」という特性が悪用され、9割以上に副作用が起きているにも拘らずその事実が明らかになることはない。

精神科に行って薬を飲めば非常に高い確率で「自殺」するか「精神病」にされ社会復帰できなくなる。精神科医は何が起きても責任を取りたくないから「自然に悪化した」としらを切り続け副作用を報告することが無い。よって厚生労働省は「副作用はごく少ない」という答えしか出さない。

手が付けられない重症でない限り精神科に行ってはいけない。軽い精神病やうつ症状は原因を避けて休養すればほとんどが回復する。薬を飲んで治る事例はごくわずかでしかなく、薬を飲み続ける限り長期的に見ればほぼ全員悪化していく。医者の言うこと厚労省の言うことが「ウソ」でしかないことはこの番組で皆さんは学んだはずだ。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ