精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

大麻が統合失調症を起こす

元アイドルグループの田中聖が大麻所持で逮捕された。

大麻は日本では「麻薬」として違法だがアメリカでは合法とされる州もあり、違法薬物の中では「軽い」方で「強いたばこ」くらいの認識の方も少なくない。覚せい剤など他の薬物と違って「自然」のものだしそれほど危険性はないのでは・・・などと思う人がいてもおかしくはない。先日同じ罪で逮捕された高樹沙耶は「医療用大麻」を合法化する運動をしていた。大麻には精神安定・鎮痛作用があるから、合成薬である現在の安定剤・鎮痛剤の代わりに「自然のもの」使おうという趣旨で理屈は通っておりアメリカでもそのような動きがある。

だが、大麻は「強いたばこ」ではない。その証拠が田中聖の近所の人の「サルの鳴き声のようなキーキーという奇声が聞こえた」と言うものである。タバコを吸ってキーキーと奇声を上げる人はいない。この「奇声」、実は「統合失調症」の症状である。精神安定・鎮痛作用があるだけなら絶対にこのような症状は起きない。大麻の危険性は乱用、依存性だけではなく「統合失調症」を発症させること、要は「頭がおかしくなる」ことにある。

もちろんすべての人にこの現象が起きるわけではない。大麻を経験したことのある人でさえ「大した薬ではない」と言う人も多い。統合失調症が起きる人は「ストレスに弱い遺伝特性」という特殊な遺伝特性を持っている。この遺伝特性を持つ方は大麻を含む麻薬や覚せい剤、精神科の薬が一時的な作用だけではなく半永久的に前頭葉シナプスを崩壊させてしまう現象を起こす。これは最先端の研究によって明らかにされている「事実」である。

さらに、ユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニにはこのストレスに弱い遺伝特性が白人黒人に比べ極端に多く存在する。

日本人は絶対大麻に手を出してはいけない。統合失調症の症状は「幻聴」や「妄想」だけではない。理性・社会性が失われ「性格が悪く」なり、キレやすく攻撃的になり、正常な物事の判断ができなくなって「犯罪者」となるという現象が起きる。高樹沙耶や田中聖が以前とは「別人」のようになってしまったのも「当然」なのだ。

昨年起きた相模原障害者殺傷事件の犯人をモンスターにしてしまったきっかけも「大麻」である。大麻でそんなことは起きないという精神科医はただの「バカ」である。

詳細は下記を参照していただきたい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


大分子ども園襲撃、リンちゃん殺害 共通する「キチガイ病」の正体

大分の子ども園に男が木刀やナイフを持って押し入り子どもや保育士がけがをする事件が起きた。奇声を上げながらめちゃくちゃな暴れ方をしたというこの犯人にはもちろん動機と言える動機などない。頭のおかしな「キチガイ」による犯罪がまた起きたということである。

今のところ精神科に通院していたかどうかは報道されていないが長い間引きこもりだったということからして「精神病」であることは間違いない。

東南アジアには何かつらいことや悲しいことがあってふさぎ込んだ後に周囲の人間を見境なく攻撃するという風土病「アモック」という精神病が存在すると言われてきた。今回の事件がそのものであることは疑う余地がないだろう。「自暴自棄になって」と供述しているという報道があるがこれは捜査員に言わされた言葉であって的が外れている。犯人は正気を失って得体の知れないものに操られるように事件を起こしただけなのだ。

この症状は理性や社会性、人格を司る前頭葉のシナプス構成が崩れることで起きる「統合失調症」の一症状である。脳の精密検査をすれば前頭葉の萎縮や脳波の異常が間違いなく計測される。

ストレスが前頭葉のシナプス構成を崩すのには「シナプスの刈り込み」という作用が関わっていて、ストレス時に過剰分泌される鎮静性情報伝達物質GABAがシナプスの刈り込みを行うことが東京大学大学院の研究ですでに明らかになっている。

この作用はGABAの分解に関わる遺伝子に異常のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、さらに思春期や妊娠出産子育て期に多発する。この遺伝特性には民族的偏りが大きくユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニなどに多く存在する。アモックが風土病である所以であり日本人には少なくとも白人の数倍存在する。

前頭葉のシナプスが崩壊すると物事を正しく認識し判断することができなくなる。脳波が爬虫類の特性を示すことからわかるように「人間ではなくなる」ということであり、この作用が理解不能な凶悪犯罪を引き起こすのだ。記憶や知識には全く異常は見られないので話もできるし携帯も使える。これが「キチガイ」の正体である。

同じ頃千葉県で小学生が誘拐され遺体となって発見された。この犯人が幼児性愛者であることは間違いないだろう。幼児性愛もまた前頭葉のシナプス崩壊によって引き起こされる統合失調症の一症状である。この重大な共通点に精神科医は気付こうともしない。あまりにも頭が悪すぎる。

シナプスが崩壊することは「退化」「幼児化」を示すものである。成長によって形成されたシナプスが消去されるのだから「当たり前」の話でしかない。つまり人間という存在をコントロールするOSである前頭葉が「初期化」されるということである。幼児性愛者は「変態」などではなく、彼らの前頭葉は幼児でしかないということなのだ。幼児が幼児を好むのは「当たり前」にしかすぎない。けして「大人の女性に相手にされない欲求を幼児で満たしている」わけではないのだ。大分の犯人が犯行場所に「子ども園」を選んだのにも「理由」があるということである。

この症状はストレスによっても起きるが睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬といった精神科の薬、麻薬・覚せい剤はもちろん麻酔薬によっても引き起こされることを東大大学院の研究は指摘している。その理由はこれらの薬物がストレスホルモンと同じものだからという「当たり前の理由でしかない。自殺、攻撃性が増す副作用がこの現象によって引き起こされることはもう疑いようのない「事実」である。精神科医療は「殺人産業」に他ならない。

詳細は下記を参照していただきたい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


洲本市5人殺害死刑判決 犯人を殺しても次の事件は防げない

洲本市5人殺害事件の裁判で死刑の判決が下された。精神科に通っていた人間に責任能力があると言ってはばからないのだから精神科医もどうかしているとしか言いようがない。

誰がどう見たってこの犯人は頭がおかしい「キチガイ」だろう。キチガイを死刑にして誰に得があるというのだろう。明確な強い意志をもって犯行に及んだのは間違いないから責任能力があると言いたい気持ちはわかるし、被害者からしてみれば死刑にしてもらわなければ腹の虫が収まらないというのも仕方がないがキチガイを殺してどうする?

この事件は相模原障害者施設殺害事件と類似している。精神科に長年通い措置入院までしているのに「全く良くなることなく」犯行に至っている。精神科医はこの病気を「治せない」だけでなく正体すらわかっていないのだからあきれるしかない。何度も言うがこの犯人を死刑にしても次の事件を防ぐことはできない。この犯人は無罪とされるべきだと思うが犯人を擁護することが目的ではない。私は次の事件を防ぎたいのだ。私ならこの事件も相模原事件も止めることができた。これは嘘でも妄想でもない「事実」である。これからまた起こるであろうこの種の事件を私は世界で唯一止めることができる。

この犯人は「普通の子」だった。はじめはいじめで引きこもりになっていたにすぎない。精神科の治療を受ける中で「キチガイ」に変貌していったのだ。この症状は反社会性人格障害=サイコパスにあたる。何の悪意も持っていない人間に攻撃される、敵視されていると思い込んで犯行に至っている。これは「被害妄想」にほかならず「統合失調症」の症状である。

統合失調症の診断基準には合致しない、と精神科医は言うだろうがどうにでも取れるような診断基準を持ち出して病気か病気でないかを判断するのだからもともと「非科学的」と言わざるを得ない。統合失調症は前頭葉が萎縮することによって「正しく物事を判断することができなくなる」病気である。精密なMRI検査によって前頭葉の萎縮が計測され脳波が爬虫類の特性を示す。検査さえ行われればこの犯人にも間違いなくこの特性を示す。真正のうつ病を除く精神科医療におけるほとんどの「精神病」が統合失調症の範疇であることがすでに明らかになっているのだ。

統合失調症の原因がストレスであることは言うまでもないが精神科の治療薬である睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬によっても引き起こされることが東大大学院の研究で明らかになっている。精神科医が「バカげている」としか言わなかった「自殺」「攻撃性が増す」副作用が「統合失調症」の一症状であり、間違いなく起きることがすでに「明確」になっているのだ。

この病気は日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人、さらに思春期などに発症しやすい。思春期に精神科に連れていかれた犯人は薬によって「キチガイ」にされたのである。

このメカニズムはわかってみればとても簡単で、「抗不安作用」が過剰に起き、シナプスが削除されてしまうことによって起きる。動物実験や臨床試験によって私は簡単にこの事実を証明できる。

この犯人には死刑は抑止になどならない。人の命も自分の命も大して重要なものではないのだ。この理論を確かめさえすれば次の事件を防げる。精神科医の方々、あなた方は「医者」だろう?人の命と人生を救うのが仕事だろう?違うのか?

いったいどれだけの人を殺し、殺人犯にすれば気が済むのだろう。
詳細は下記を参照していただきたい

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



相模原事件 犯人を死刑にして次の事件を防げるか?

相模原事件の犯人が起訴された。昨年の9月から行われた鑑定留置の結果は「人格障害はあるものの責任能力はある」という予想通りのものであり、誰もが極刑を望んでいるだろうから裁判で死刑が確定するのも間違いないだろう。

この犯人を殺して得られるものは何だろう?殺されたり怪我をした障害者の家族の恨みは晴らせるだろうし、こんな男の存在を許す国民もいないだろうから死刑自体は仕方ないのかもしれない。しかしこの男を殺すことが「次の事件を防ぐ」ことに果たしてつながるのだろうか?

死刑が存在するのは刑罰としてはもちろんだが「死にたくないから死刑にはなりたくない」という人間の当たり前の考え方に基づく「犯罪抑止効果」が狙いでもある。確かに「まともな」人間にとっては抑止につながるだろうがこの犯人は違う。

普通の人間は人を殺したいとは思わない。やむにやまれぬ憎しみの果てに殺意を覚えたとして、仮に相手が殺されて当然のひどい人間だとしても殺すには何らかのためらいがあるだろうし、ナイフを刺して血が飛び散れば自分のしたことの恐ろしさにうろたえるのが「当たり前」だろう。そして捕まり死刑になる恐怖に怯え後悔の念にさいなまれるのが「普通の人間」である。

しかし、この犯人は「初めて」人を殺すにも関わらず「ためらうこと」も「うろたえること」もなく笑みを浮かべながら次々と人を刺していった。逮捕されてからも笑みを浮かべ後悔も反省も一切することがない。この犯人は人間の感情を持たないモンスターでしかないのだ。おそらく死刑判決が出ても死刑台に立っても笑みを浮かべることだろうし、死刑を望みさえするだろう。果たして死刑になることを知っていたらこの男は犯行に及ばなかったのか?答えはもちろんNOである。死刑はこの手の犯人にとっては「抑止力」として機能しない。さらに犯人が望む「死」を与えて刑罰になるのか?という疑問が浮かぶ。社会的には死刑以外の選択肢はないが、それは全く「無意味」でしかないのだ。

犯人を極刑にするとともに障害者の生きる権利や差別について議論し、啓蒙することが次の犯罪を抑止すると信じている方もいるが、この事件の本質は全く次元の違うところに存在する。

この事件は池田小事件や秋葉原事件と同じ「キチガイ」(差別用語だというなら反社会性人格障害=サイコパスと呼んでもいい)による無差別殺傷事件である。今回はたまたま犯人に障害者への憎悪があったから障害者が標的になっただけに過ぎない。池田小事件では小学生でなければならない理由、秋葉原事件では秋葉原でなければならない理由があったというだけで基本的に「人を殺したかった」という事件なのである。ゆえにこの事件の本質的な問題は障害者差別というレベルの問題ではなく、なぜこのような「キチガイ」が生まれるのかということである。この問題を解決できなければ次の事件を防ぐことなど「不可能」なのにそれを論ずる専門家は「皆無」でしかない。

このような事件は「自分の置かれた不幸な状況を他人のせいにして歪んだ憎悪を募らせた」というありきたりの心理学者の見解が述べられる。しかし、不幸な状況に置かれた人間は山ほどいるのに「人を殺して笑っている」ような人間になるものが多いわけではない。いくら自暴自棄になったって後になれば後悔するものだろう。

この男が「ある時期」までは普通に社会生活を送っていたことがわかっている。つまり、性格がよかったとまでいうつもりはないが普通の常識が通じるまともな人間が「ある時期」を境に「キチガイ」になっているのだ。歪んだ憎悪を募らせると「キチガイ」になる、という心理学者や精神科医の言うことをあなたは本当に信じることができるのだろうか?

この症状は診断基準を満たしてはいないものの精神病である「統合失調症」の範疇である。ストレスなどの要因によって感情や人格を司る前頭葉の記憶回路「シナプス」の「過剰な刈込」が起きることによって生ずる病気である。前頭葉が顕著に萎縮し脳波が「爬虫類」の特性を示すようになる。この犯人もきちんと検査すれば間違いなくこの特徴が計測される。この現象はストレス適応反応である沈静性情報伝達物質GABAが過剰分泌されることによって働く「抗不安作用」が過剰に働くことによって起きことが東京大学大学院の最先端研究によって明らかにされている。この「抗不安作用」はストレス時に起きるだけではなく「睡眠薬」「安定剤」「抗不安薬」「抗うつ薬」「麻酔薬」など精神科で処方される薬、麻薬・覚せい剤・危険ドラッグなどの違法薬物などによっても引き起こされる。

もちろんすべての人にこの症状が現れるわけではなくCOMT遺伝子多型などの「ストレスに弱い遺伝特性」、さらに思春期、産前産後など多いことがわかっていて、この特徴は「統合失調症」の特徴に合致する。「ストレスに弱い遺伝特性」は白人黒人に比べ日本人には10倍以上存在する可能性が高い

この事件の犯人は「大麻」を使用していたことがわかっている。普通の人間にとっては「大麻は鎮静作用の強い「強いたばこ」程度のものでしかないが「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ方にとっては十分「キチガイ」にさせる薬として作用する。措置入院で躁病と診断され「安定剤」を処方されたことによってさらに症状は悪化し事件を起こしたのだ。この作用は一時的なものではなく「半永久的」なものである。社会を震撼させてきた多くの不可解な事件が精神科の薬によって引き起こされたこの症状が原因であることが簡単にわかる。

少し前まで精神科医は「そんなことはあり得ない」と豪語してきた。しかしここ数年の研究によって十分あり得ることが科学的に証明されている。次の事件を防ぐ唯一の手段はこの事実を公表し精神科医療を根本から変えることだけである。
詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



名古屋女子大生による斧殺害タリウム事件 説明できない精神科医

2015年に名古屋で起きた女子大生が斧で女性を殺害した事件の裁判が始まった。

家庭の不和によって発達障害があったという弁護側と責任能力はあるという検察側が対立するいつもの構図である。

この女子大生が精神に変調をきたしたのは中学生の時であることがわかっている。それまでは「普通の女の子」だったが失恋に伴うストレスで「性格が変わった」ことが家族や友人の証言で明らかになっている。「心は男なのに体は女」だという性同一障害を口にするようになり薬品や殺人への異常な執着が始まったという。

中学生まではピアノの上手な普通の女の子だったのだから特異的な発達障害の傾向はみられない。失恋のストレスで「性格が変わったこと」が明確なのでここで「統合失調症」が起きたことは疑いようがない。シナプスの構成が崩れ「人格」を失ったのだ。

自分が「男」だと思い込んだのは容姿をからかわれたり失恋にまつわるいじめによって「男だったこんな悲しみを背負うことはなかった」という一つの妄想によって支配されてしまったからであり、人を殺してみたかったというのは自分を苦しめた「誰か」に復習したいという「もう一つの妄想」によるものである。普通であれば心の奥底に忍ばせておくこれらの妄想が理性社会性を司るシナプスが崩壊したことによって表面化してしまったのだ。

誰も歪んだ心を修正できないまま大学までに進んだのだろう。

精神科医によって「投薬治療」が始まり落ち着きを見せ反省の言葉も出るようになったと報道されている。しかし、薬で「人を殺してみたかった」心を治すことは100%不可能である。彼女は「興奮」して殺人を犯したわけではないから安定剤(抗不安薬)を処方しても一時的な効果はあっても性格を変える効果は全くない。それどころか安定剤は統合失調症を「悪化」させるのである。つまり結果的に「殺意は増す」のである。このメカニズムは東大大学院の研究によってすでに明らかになっている。同じように人を殺したいと言って安定剤を処方された相模原事件の犯人が何をしたか、もう忘れてしまったのだろうか?

精神科の薬には殺意や犯罪を止める効果はないどころか症状を悪化させるのだ。

精神を安定させる薬、不安をなくす薬が「性格を変える」「統合失調症を悪化させる」はずがないと一般の方も精神科医も思っている。それは統合失調症が起きるしくみを「わかっていない」からに過ぎない。ストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンが抗不安薬と「同じもの」であることを知らないからである。

わかってみれば「当たり前」のことに気付こうともしない精神科医が今日も犯罪者を作り続けている。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ