精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

寝屋川監禁事件 誰が助けられたのか?

寝屋川で統合失調症の娘を監禁していた事件は「両親の虐待」という方向性の報道がなされていて学校はそれを防げなかったのか?という問題にすり替えられているようだ。

両親の虐待の可能性を否定するつもりはないが娘が「統合失調症」であったことと精神科に連れて行ったことは間違いない。監禁と虐待の時系列を丹念に検証しなければ真相はわからない。統合失調症発症の原因が両親にあったのか、学校にあったのか、いじめがあったのか、教師にあったのか、それは今となってはわからないだろう。いつも悲しい顔をしていた、腕にあざがあったという証言もあるがそれが両親の虐待を証明することにはならないだろうし統合失調症の原因かどうかもわからない。

仮に両親の虐待があったとしてどこまでがしつけでどこまでが虐待なのかは「相対的」な問題であり、暴力やネグレクトが確実にあったという根拠がなければ誰かが手を差し伸べるのは難しいだろう。学校も何もしなかったわけではないだろうし「そっとしておいてあげて」というには理由があるはずで「助けられなかったのか?」というのはジャーナリストの思い込みによる結果論でしかない。精神病を発症した時点で助け出し精神科の治療を受けさせても思春期における精神病・統合失調症を精神科医は治せないどころか悪化させてしまう。精神科医は精神病がなぜ起きるか「まだよくわかっていない」と言っているのだ。わからない病気を治せるはずがないし薬による治療が「悪化させる」事実にも気付こうとしない。異常行動を繰り返し暴れる子どもを親以外のいったい誰が面倒見ることができただろう。「かわいそうに」という同情心だけでこの事件を見、「たら・れば」論を繰り広げても何の解決にもならない。もしこの両親が監禁せず、この子が何の関係もない人を殺すような事件を起こしたら「そんな危険な子をなぜ外に出したのか!」とあなた方は両親を責めることだろう。むしろそんな事件をこの両親は防いだとも言えるのだ。

統合失調症を治す方法論さえ知らない精神科医療と精神病患者ケアの体制が整っていないこの国ではこの子を助けることなど不可能でしかない。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

ゲーム依存 「精神病」を引き起こすゲーム=覚せい剤

ネットゲーム依存がWHOによって「病気」として認定されるという新聞記事が掲載された。

はっきり言って「遅すぎた」と私は思う。業界は反発しているというがどれだけの若者の人生を奪っているかという問題を考えた時「儲かるから」「経済効果があるから」ということで済む話ではない。

もちろんゲームをするかしないかは個人の問題で誰も強制しているわけではない。テレビCMでどんなに煽ろうとも「しない自由」も存在し「理性の問題」と考えることもできるが、満足な理性が存在しているとは言えない1020代がターゲットなのだから事は簡単ではない。

ゲーム依存は精神病の一種だと考えられる。この「病気」はなぜ起きるのだろう?大分前に精神科医の岡田尊司氏が「ゲーム脳」という造語を作り出し、ゲームが脳に与える影響について解説している。ゲーム依存は無論パチンコ依存、ギャンブル依存などと同じ原理で起きると考えられていて「報酬系」と呼ばれる脳のシステムが関係しているらしい。対戦で勝利する、ゲームを攻略する、賞金を得るというような成功時に分泌される陶酔感・高揚感をもたらす「脳内情報伝達物質」が中毒症状を引き起こすとされている。

もっともな話のようだがゲーム依存を起こしている多くの人が中毒を起こすほどの「成功事例」を持ち合わせているとは思えない。一度や二度の成功が中毒を起こすと考えるのには残念ながら無理がある。

根本的な問題は実は「成功事例」にあるのではなく「興奮」すること自体に存在している。特に対戦ゲームなどは興奮性が強く、うまく行かなければイライラが募る。日常生活では興奮やイライラが長時間持続することは少ないがゲームをし続ける限りそれが何時間も継続する。この状態が「強いストレス状態」であることはよく考えればわかることだろう。ゲームは「強いストレス状態を長時間継続させる」ということなのだ。強いストレスの継続が「うつ病」や「統合失調症」という「精神病」を引き起こすことは誰でも知っている。ゲーム依存もこの「ストレス性精神病」の一種ということなのだ。うつ病は壮年期に多発する病気だから1020代に多発するゲーム依存は合致しない。ということは思春期青年期に多い「統合失調症」ということになる。統合失調症は幻聴・妄想を特徴とする頭がおかしくなる病気だからゲーム依存は違うだろう?と多くの方は思うだろうしほとんどの精神科医もそのような見方はしていない。

しかし、統合失調症の区分はあいまいなものでしかなく、先進的な精神科医の間では認知機能障害(ものごとを正しく判断する能力の低下)が統合失調症の症状であることが認識されている。つまり「ゲームに夢中になりすぎてはいけない」という理性が欠落してしまうゲーム依存は「統合失調症」の一症状ということになる。1020代という思春期青年期の男性に多いという特徴はまさに統合失調症の特徴でもある。ゲーム依存患者は「性格が悪くなった」「精神的に不安定」「キレやすくなった」「引きこもり」「太った」というような症状を併発している例も多い。すべてストレスによる初期の統合失調症の症状である。

ストレスは脳に何を起こすのか?ストレスは「生命の危機」と脳では認識され、回避するための態勢がとられる。自前の「覚せい剤」でもあるストレスホルモンが過剰分泌され脳や身体や過活動の状態となる。これは敵に遭遇した時に素早く攻撃や逃避という行動をとる為である。通常この状態が長続きすることはないのでストレスホルモンは分解され通常モードに戻る。しかし、この状態が長く続くと過剰分泌状態に順応して受信感度を下げ通常モードに戻そうという仕組みが働く。この働きは薬による「慣れ」と同じで「ダウンレギュレーション」と呼ばれる。うつ病やアルコール・薬物依存などの症状はこの作用によって起きる。

統合失調症が起きる仕組みは全く異なる。統合失調症は「シナプスの刈込」という現象が過剰に働くことによって起きることが最先端の研究によって明らかになっている。ストレスホルモンがGABAという脳内情報伝達物質の過剰分泌を促すことによって起きる。理性・良心・愛情・人格などを司る前頭葉のシナプスがこの作用によって「削除」されてしまうことがゲーム依存の本当の原因ということなのだ。このGABAの分解能力が1020代では弱いことがこの年代に統合失調症が多発する理由であり、思春期の性ホルモンがさらにGABAを過剰分泌させる仕組みもわかってきている。

統合失調症は「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人が発症しやすいこともわかっている。この遺伝特性はユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人に多い。ゲーム依存が特に問題になっているのが韓国、中国、そして日本であることは偶然ではないのだ。

ストレスに弱い遺伝特性を持つ1020代の若者にとってゲームは「選択の自由」という代物ではなく「麻薬」や「覚せい剤」と同じ「薬物」なのだ。これは大げさな例えではけしてない。子どもにお酒を飲ませる人はいない。その理由は脳の発達に重大な影響を及ぼすからである。その重大な影響が「統合失調症」に他ならないのである。

テレビで覚せい剤のCMが毎日流れていると考えたらそれがどれほど恐ろしいことかわかるだろう。ゲーム会社は自分たちが人類に何をしているのか気付くべきだ。その恐ろしさを警告すべき精神科医療は50年何も進化していない「化石」でしかないことが情けなくて仕方がない。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

引きこもりを作り出す精神科医療

年末の朝日新聞に「中年の引きこもり」の特集記事があった。

子どもや思春期のものと思われていた「引きこもり」が40代以上になっても解消しない例が増えていて老いた親を悩ませる現実が綴られていた。私の身近にも中年の引きこもりは驚くほど多い。全く家の外に出ないタイプから買い物や遊びくらいは出かけるが仕事はできないというタイプまで様々だが、確かに昔はそれほど多くはなかったように思う。

なぜ引きこもりは増えたのだろう?子どもの不登校・引きこもりが増えていることは間違いないのだから社会構造の変化が原因なのだろうか?

息子にも引きこもりの時期があった。中学にはほとんど通うことなく専門高校も休みがちだった。その原因はストレスではなく何と精神科で処方された「抗不安薬」だったのだ。

ストレスで発症した神経発作を抑える為に処方されたのだが、薬を飲んだ直後錯乱を起こし、その後まるで別人のように性格が変わり果てた。解離性障害や動物虐待・暴力など、けして薬を飲む前にはあり得なかった精神病の症状とともに極端な「引きこもり」となった。好奇心旺盛で誰にでも話しかけ、物怖じしない性格だったのに、見知らぬ人のいる所、初めて行く場所へ行くことを頑なに拒むようになった。その傾向は長い間続き、10年経ってようやくアルバイトをするようになった今でも尾を引いているように思える。精神科医は引きこもりを治せないどころか「作り出している」のだ。中年の引きこもりの経過を調査すれば多くの方が精神科の通院経験者であることがわかるだろう。もちろん自然に発生することも否定しない。その原因はもちろんストレスである。

お子さんがストレスで引きこもりになったら皆さんはどうするだろう?まずは学校の先生に相談して説得を試みるだろうが、それで解決しない場合は「精神科」に行くことを勧められるだろう。「心の病気」を治すはずのお医者さんである「精神科医」なら治せるかもしれないと思うはずだ。精神科医は引きこもりの原因が「対人不安」であると考えている。誰かと接触することで傷つくことを恐れて外に出られなくなってしまうということだ。したがって不安を無くす「抗不安薬」を処方すれば改善すると思い込んでいるし、教科書にもそう書いてある。立派な大学を出ているにも関わらずこれがとんでもない「勘違い」だということに誰も気付こうともしないのだから困ったものだ。

引きこもりの原因はストレスには違いないのだが、実は「不安」によるものではなく不安を乗り越えて行動するための「好奇心」や「精神力」「行動力」が失われてしまうことにある。ストレスがそれを失わせてしまうメカニズムが「シナプスの刈込」という現象である。これは理性や良心、愛情や人格という「前向き」な感情を司る前頭葉に形成された複雑な神経回路であるシナプスを「消去」してしまう不思議な脳のプログラムである。ストレスから身を守るためのシステムが過剰に働くことで起きるのだが、シナプスの形成によって養われた「精神力」が萎縮し幼児や赤ん坊並みになってしまうことが引きこもりの本当の原因なのだ。幼児の頃に「人見知り」が激しいことは誰でも知っている。その状態に「戻って」しまうことが「引きこもり」を生むのだ。

このシナプスの刈込を行う物質が「GABA」という沈静性情報伝達物質だということが東大大学院の研究によって明らかになっている。このGABAは実は「抗不安薬」に他ならないのだ。引きこもりはストレスによって過剰分泌される自前の抗不安薬GABAによる「抗不安作用」がもたらす現象で、この症状が進むと「統合失調症」が発症する。抗不安薬作用で起きている引きこもりに「抗不安薬」を処方すれば当然「悪化」する。こんな簡単なことに精神科医は気付こうとしなかった。多くの中年引きこもりは思春期に抗不安薬・睡眠薬・抗うつ薬・中枢神経刺激薬などGABAの過剰分泌を促す精神科の薬を処方され悪化した結果なのだ。

GABA1GABA2






























引きこもりは治る。必要なものは薬ではなく長い時間と知識、そして家族の愛情である。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

寝屋川監禁事件 精神疾患の家族は地獄

大阪寝屋川市で33歳の娘を監禁し凍死させたとして両親が逮捕された。娘には精神疾患があり暴れるので監禁していたという。

多くの方は「なんて親だ」と思われるだろうが精神疾患の家族を持ったものの苦しみは当事者以外にはけして理解できないものがある。食事を与えなかった、暖房が無かったというようなことは確かに「虐待」にあたるだろうが、監禁においては「そうするしか方法がなかった」ということもわからないわけではないのだ。

ここでいう精神疾患は「統合失調症」でありとても悪い状態であることは想像がつく。訳の分からない言動、行動はもとより、暴れる、奇声をあげる、暴言を吐くなどその症状は悲惨を極める。夜中であろうがお構いなく徘徊し、何をしでかすかわからないからおちおち寝てもいられない。近所からは好奇の目で見られ家から出すなと言われる。どんなに面倒を見てあげても感謝の言葉を口にすることはなく暴力や暴言にさいなまれる・・・。精神疾患というのは普通の病気とも障害とも全く異なるこの世の地獄を家族にもたらす。その家族を一度は愛した記憶はその地獄をさらに深めていく。統合失調症患者の家族は「ひと思いに殺して自分も死のう」と思ったことがない人はいないし、実際に行動に移してしまう事例も少なくない。自分たちの「生活」を守るためには「監禁」するより方法がないのだ。

「病院に入院させればいいだろう」と思う方もいるだろう。もちろんこの夫婦も発症した当時は医者に連れて行ったはずだ。しかし、良くなるどころか悪化の一途をたどり、時間もお金もかかることに嫌気がさしてしまったのだろう。精神科医は「統合失調症」を治すことはできない。なぜなら統合失調症がなぜ起きるのか「よくわかっていない」からである。処方される薬は「おとなしくさせる薬」だけで永遠に飲み続けなければならないし、逆に症状を悪化させてしまうことに精神科医自身気付いていない。

テレビで見る限り生活に余裕があるようには思えない。通院、ましてや長期の入院に伴う費用負担ができる余裕はないだろう。精神疾患に関しては入院が必要かどうかは判断が難しくよほどでなければ受け入れてもらえないし、入院できたとしても多額の費用がかかる。公的援助が充実しているとは言えない。入院し「暴れて危険」と判断されれば大量の薬によっておとなしくさせ拘束監禁措置がとられる。同じことをしても医者は「治療」親は「虐待」ということになるのはおかしすぎる。

それにしても食べ物を与えない、暖房がない、監視カメラを何台も設置したりするのは「異常」なのではないか?と思うのはもっともだと思う。確かに両親の人格にも問題がある可能性はある。ただそこには要因があるとも言える。

統合失調症を発症しやすい方は「ストレスに弱い遺伝特性」を確実に持っている。同じストレスを受けても平気な人と精神病を発症してしまう人の差は「遺伝」によるものであり、「発達障害」と深い関係がある。娘が統合失調症だということは親のどちらかがその同じ「資質」を持っているということになる。もちろんそうではない人がほとんどではあるのだが「子育てが苦手」「性格が変わっている」「被害妄想が強い」「キレやすい」というような性格である可能性は少なくない。近所の人が両親の顔もほとんど見たことがないという話からすれば「引きこもり」状態であったことは間違いない。

「虐待を受けた子どもは自分の子どもを虐待するようになる」と言われている。心理学上の理由もさることながら子供を虐待してしまう親は「ストレスに弱い遺伝特性」である可能性が高く子どももその遺伝を受け継いでしまうことがもう一つの大きな要因だと私は考えている。
この娘さんが精神に異常をきたしたのは6年生の3学期、息子と同じ時期である。おそらく不登校や引きこもりといった些細なことで精神科に行き薬を飲んだことで本格的な精神病が発症しこの家族は崩壊してしまったのだろう。私たち家族も一歩間違えれば同じ道をたどったかもしれない。

この悲惨な事件を生んだのは間違った精神科医療に他ならない。この親を非難するだけなら誰にでもできるがそれは何の解決にもならない。
精神病の正体とメカニズムを解明した人間がここにいる。詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

不安が理性・良心をつくる!抗不安薬が危険な理由

 人生に不安は付きまとう。不安に押しつぶされそう夜は誰にでも経験があるはず。精神的に追い詰められる不安な思いは出来るだけしたくない。薬で不安がなくなるのならどれだけ楽だろうと誰でも思うだろう。
 だが、よく考えてみよう。不安を感じるからこそ私たちは行動を抑制できるのだ。例えば道路を横切ろうとする時に「車にはねられるかもしれない」という「不安」があるから左右を確認してから渡ろうとする。もし不安が無かったら確認などしないのだ。
 「バカげている!いくら不安を感じなくても車が来るかどうか位確認するだろう?」と思う方も少なくないだろうが脳の論理回路は設定以上のことはできない。不安は「経験」によって積み重ねられていく。子供の飛び出しが多いのは経験が浅く「不安」を感じることができないからなのだ。
 おわかりだろうか?不安な経験を積み重ねていくことでそれを「回避」するための論理回路が設定されるということなのだ。例えばあなたが殺したいくらい憎い相手がいたとしてそれを思いとどまる理由は何だろう。「犯罪者になるから、死刑になるから」「家族が犯罪者の家族になってしまうから」「相手が可愛そうだから」「相手の家族が苦しむから」「人を殺すなんて恐ろしいことはできない」・・・・殺すという先にある様々な「不安」が実行を思いとどまらせるということなのだ。その「不安」が消えたらどうなるか?よく考えればわかるだろう。
 抗不安薬は不安を感じる神経細胞の受容体をブロックし信号を伝わりにくくすることで効果を発揮すると言われている。だがこれは「確かめられていない事実」でしかない。確かに受容体の機能が低下することは間違いないのだがそれが「ブロック作用」によるものだという確証が得られているわけではなく、ある薬に「抗不安作用」があってその効く仕組みを「おそらくそうだろう」と考えたという程度のものでしかないのだ。
 neuron_synapse001-1抗不安薬の効果は「ブロック作用」によるものではなく「シナプスの刈込」の結果であることが東大大学院医学系研究科の研究によってほぼ明らかにされている。睡眠薬・抗不安薬(安定剤)・抗うつ薬・麻酔薬などによって過剰分泌される沈静性情報伝達物質GABAが「シナプスの刈込」を引き起こすのだ。つまり信号を受ける受容体に蓋をするのではなく信号を送る電線である軸索シナプスを「削除」することで不安はなくなるということなのだ。「経験」によって作られたシナプスは再び経験を繰り返さなければ作られることはない。つまり人間の思考・行動を統括する前頭葉が何の経験もない子どもや赤ん坊の状態に「リセット」されてしまうということなのだ。
 とりあえず「今不安で眠れない」という状態はクリアできるが不安によって構成された理性・良心はもとより人格・愛情など「人間」としての感情が「消滅」してしまったらどうなるか?これが「性格が変わる」「犯罪者になる」ということであり、症状が進めば「統合失調症」という精神病になっていく。多くの不可解な凶悪犯罪に睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬が関わっているのはこの理由によるものなのだ。もちろん薬を飲んだすべての人がそうなるわけではなく日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する。GABAの分解能力の差が関係すると私は考えている。ストレスに弱い遺伝特性を持たない人でも「依存症」が生じうつ症状など精神に変調をきたす可能性は大きい。   
 GABAはストレスによっても過剰分泌されるから薬を飲まなくても起きることはもちろんある。ストレスが性格を変え統合失調症を起こすことは間違いないが、薬はその何十倍何百倍という効果がある。不安はないに越したことはないが、あなたの人格はすべて「不安」によって作られていると言っても過言ではない。不安を無くしてはいけない。不安を解消する方法、ストレスから逃れる方法を考えてつきあっていくよりほか道はない。 詳細は下記を参照してほしい。 https://toshioy001.wixsite.com/tougou
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ