精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

監禁せずに殺されるか、監禁して逮捕されるか?精神病患者家族の憂鬱

4月8日の朝刊に精神病にまつわる二つの事件が載った。一つは鹿児島で起きた5人殺害事件。精神病?と思う方もいるだろうが、棒を振り回すなどの「奇行」が見受けられていたことから考えれば程度は軽くても「反社会性人格障害=サイコパス」であることは間違いないだろう。これは人格を司る前頭葉の「萎縮」によってもたらされる症状で診断基準は満たさないものの「統合失調症」の一症状である。理性・良心が欠落し「善悪の判断ができない・怒りをコントロールできない」状態で事件を起こしたのだ。

もう一つは兵庫で精神障害の息子を「監禁」していた事件。少し前に同じような事件が起きたばかりだが今回は健康状態には問題なかったようだ。「あばれるから監禁していた」というこの精神障害は間違いなく「統合失調症」である。

この二つの事件について「家族を殺すなどとんでもない息子だ」「障害があったとはいえ息子を監禁するなんてなんて親だ」などという模範解答をする方は精神病患者の苦しみを何もわかっていないということだ。

監禁せずに我が子に殺され我が子を殺人犯にすることと監禁して事件を防ぎ逮捕されるかの二者択一ならあなたはどちらを選ぶだろう?精神病患者の家族はこの選択を迫られていると言っても過言ではない。

誤解のないようにお断りしておくが統合失調症・精神病の患者が全員犯罪者になるわけではない。もともと持っている性格や負の記憶、負の妄想によって一部の人たちが暴力をふるったり犯罪者になったりするのだが残念ながらその数は少ないとは言えない。

精神科に行けば?と思われる方もいるだろうがおそらくどちらも病院には行っているはずだ。精神科医はこの病気を治すことができない。なぜならこの病気がなぜ起きるか「よくわかっていない」からだ。薬による治療がこの病気を治すどころか「悪化」させる事実を私は世界で初めて解明している。

監禁しなくても他に方法があったはず、などというのは精神病を知らない人のセリフでしかない。何をしでかすか近所にどんな迷惑をかけるかも知れず24時間目を離すことができない。仕事も生活もままならず、何か注意すれば暴力をふるう恐怖に怯えなければならない。病院に行っても治ることはなく入院させるには大金がいる。行政サービスは「暴力などの症状が無い」ことが条件でとても利用などできない。「誰も助けてくれない」というのが「暴れる・暴力をふるう精神病患者」の現実でしかない。

親が逮捕されたこの息子はどうなるのか?施設や病院をたらい回しにされ最終的にはカギの付いた病室に入院させられる。親による監禁とどちらがこの息子にとって居心地がいいのだろう?

多少わがままな所はあっても優しい心も持ち合わせていた息子は精神科の処方した薬によって暴力をふるう悪魔に変わり果てた。薬を飲むまでは間違ってもそんなことをするような子ではなかった。

睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬・抗精神病薬などの薬はストレスと同じメカニズムによって「統合失調症」を発症させる。世界中の最先端研究がすでにそれを証明している。もういいかげん精神科医はこの現実を受け入れるべきだろう。私の理論を受け入れていればこの悲惨な事件を防ぐことができたはずなのに。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

コロンバイン高校銃乱射事件「本当」の真実

1999年にアメリカで起きたコロンバイン高校銃乱射事件についてのテレビ番組が放送された。犯人の一人であるディランの母親が語る「真実」という予告であったがいじめによる「心の闇」が原因というお決まりの結論が出されただけで「真実」には程遠いものでしかなかった。事件から20年近く経つというのにどうして誰も真実を解明できないのだろう?

もう一人の犯人エリックのサイコパスが抗うつ薬「ルボックス」の副作用によるものではないか?という当時アメリカでは大きく報道され裁判も起き一時発売中止に追い込まれた疑いには全く触れられていない。民放で放送されるこのような事件を扱った番組では「精神科に通っていた」「薬を服用していた」「別人のように性格が変わった」というCNNなら当たり前に報道されるような事実さえ意図的に削除される。大広告主である製薬会社に配慮しての事なのだろうがこんな歪んだ事実を「真実」として市民は見せられているのだから本当のことなど明らかになろうはずもない。銃乱射事件の犯人のほとんどが精神科に通っていたこと、日本で起きている「心の闇」が原因とされる多くの不可解な猟奇的事件の犯人が精神科に通院していたことさえ知らない人が多いのが現実なのだ。「精神科に通うような頭のおかしなやつが起こした事件」と考える方も多いだろうが良く調べればそれが全くの見当違いだということがわかるはずだ。

睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬に自殺や攻撃性が増すという副作用がある事自体は製薬会社も認めているが「科学的根拠が不明であり関連が明確に証明されているとは言えない」という現実が疑いの領域を超えられない壁となっていて発売中止に追い込まれたはずのルボックスも復活している。

事件と薬の関連を疑う人は少なくなかったがその科学的根拠を解明・立証できた人はいなかった。それは取りも直さず精神病がなぜ起きるのか「よくわかっていない」という情けない精神科医療の現実によるものだった。

しかし、2012年以降相次いで発表されている世界中の最先端研究によってこの副作用の正体が明らかにされつつある。これまでの常識を覆すその事実を精神科医も一般市民も受け入れられないだけに過ぎない。

この症状には「脳の可塑性」と「シナプスの刈込」というシステムが関係している。人間のOSである前頭葉は成長によって構成されたシナプス回路によって理性・良心・愛情・社会性など「人格」をコントロールしている。この前頭葉は可塑性、いわば「組み換え」が出来るシステムがあり「考え方が変わる」という事が起きる。これは成長における必要不可欠なバージョンアップのためのシステムであり、これをもたらすのが「シナプスの刈込」である。これは新たなシナプス回路を強化するのと同時に古い不必要なシナプス回路を「削除」するという現象である。この現象は思春期に活発となり子どもから大人へと「考え方を変えて行く」重要なシステムだ。

もちろん普通の人に当たり前に起きる分には何も問題が無い。問題は「ストレスがこの現象を過剰に起こす」という事実なのだ。シナプスの刈り込みを行うのがGABAという情報伝達物質であることを東京大学大学院が解明している。ストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンがGABAの過剰分泌を促しシナプスの刈込が過剰に行われてしまうことが理性・社会性を失い性格が変わる「統合失調症」の原因であることを突き止めたのだ。睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬はストレスホルモンと同じ働きをしGABAの

過剰分泌を促す、これが薬がサイコパスを作り出す原理である。

もちろん「薬で良くなっている人もいる」全員にこの現象が起きるわけではない。GABAの分泌分解に問題のある「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する。この遺伝特性は白人に比べ日本人にとても多く存在する。

点と点でしかなかった多くの研究を一本の糸でつなげたのは世界で私が初めてだ。私は精神病の謎をほぼ解明し精神病・サイコパスを作り出すことができる。

エリックは抗うつ薬によって「サイコパス」にされた。ディランはエリックに洗脳されたにすぎない。洗脳は強いストレスを与えてシナプスの刈込を強制的に起こしそこに新しい価値観を植え込むという「脳の可塑性」を利用した古代からある支配法であり、いじめというストレスとサイコパスエリックによる誘導が偶然同じ状況を作り出してしまったのだ。

本当の「真実」はここにある。医療による「殺人」を一刻も早く止めてほしい。

銃規制も重要だが精神科医療規制がもっと重要である。

詳細は下記を参照してほしい。
https://toshioy001.wixsite.com/tougou

動画「治療してはいけない」シリーズを公開

新作動画

統合失調症は「治療」してはいけない

うつ病は「治療」してはいけない

発達障害は「治療」してはいけない

ひきこもり・登校拒否は「治療」してはいけない

を公開しました

特定の症状についてより詳細に解説し精神科の治療が症状を悪化させる事実を科学的に説明しています

「精神科通院後の自殺・攻撃性が増す症状は100%副作用です」も高画質バージョンで更新しました

 

統合失調症は「治療」してはいけない

うつ病は「治療」してはいけない

発達障害は「治療」してはいけない

ひきこもり・登校拒否は「治療」してはいけない

精神科通院後の自殺・攻撃性が増す症状は100%副作用です

フロリダ銃乱射 また起きた精神科医療による殺人

フロリダの高校でまた銃乱射事件が起きた。17人の未来ある命が奪われ多くの負傷者が出た。犯人は19歳のこの高校の元生徒だ。

犯人は精神に問題があったと報道されているから、精神科に通院していたことは間違いない。また同じパターンでの銃乱射事件である。いったいどれだけの命が犠牲になったら精神科医は真実に気づくのだろうか?

精神科で処方される睡眠薬、抗不安薬(安定剤)、抗うつ薬などの薬はストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンと「同じもの」である。精神病はストレスホルモンの過剰分泌によって起きるのだから同じものを足したら間違いなく悪化する。

こんな小学生でもわかるような理屈を立派な大学を出ているはずの精神科医がなぜわからないのだろう?ストレスホルモンと同じ
























この犯人のように理性・良心が欠落した精神状態を「反社会性人格障害=サイコパス」と呼ぶ。もともと性格が悪いわけではない。後天的に起きる症状で理性・良心・人格を司る「前頭葉」が萎縮し機能低下を起こすことで生じる「病気」であり、これは「統合失調症」の一症状である。

統合失調症は「シナプスの刈込」というシステムが過剰に働くことで成長によって育まれた理性や良心・社会性・愛情の回路であるシナプスが半永久的に「削除」されてしまうことで起きることが最先端研究によって明らかになっている。この作用が実は沈静性情報伝達物質GABAによって起きる「抗不安作用」であることもわかっている。精神科の薬がGABAを過剰分泌させることによって効果を発揮するのは周知の事実である。GABA1GABA2
































これが精神科の薬が統合失調症を発症悪化させるメカニズムでありわかってみれば当たり前のことに過ぎない。

この現象が起きやすいのがストレスに弱い遺伝特性を持つ人であり、ユーラシア大陸・北極圏のモンゴロイド、スラブ人、アボリジニに極端に多く存在する。さらに未成年、思春期、産前産後の女性に起きやすい。

この犯人の前頭葉は赤ん坊や胎児程度の処理能力しか持っていない。善悪の判断もできず、生きること死ぬことの意味もわからず、幻聴や妄想に支配され事件を起こしてしまったのだ。精神科の治療が無ければこの事件はけして起きなかった。

私の理論が正しいことを認識しながら沈黙している精神科医の方々、あなた方は19人を見殺しにした。いやあなた方が殺したと言っても過言ではない。

あなた方にも家族がいるはずです。家族が、愛する子供がこんな事件の犠牲になってもあなた方は何も感じないのですか?

心が痛まないのです?人の心を扱うあなた方に心があるのですか?多くの人を殺しても何も感じないこの犯人とあなた方の心は同じなのですか?

どうか次の事件を止めてください。

詳細は下記を参照してください。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



タミフル飲まなくても異常行動?飲めばもっとひどいことに!

仰天ニュースでタミフルなどの薬を飲んでいないにも拘らず異常行動が起きたという事例が紹介された。何だタミフルが原因じゃなかったのか、と思うのはあまりにも早計だ。 息子に起きた副作用をいくら訴えても厚生労働省に報告しようとしなかった医者が自分たちに都合のいい情報だけを厚生労働省と共有して「薬は安全」というでっち上げの情報を流そうとしているだけなのでよく眉にツバをつけておくこと。 薬を飲まなくても異常行動、というのはタミフルが発売させる前からあった「当たり前の話」に過ぎず、それを「タミフルは安全」という根拠に利用しようとしているに過ぎない。 そもそも異常行動が何なのか、なぜ起きるのか解明もできていないのに薬と関係ないなどと結論付けるのは「科学者」のはしくれである医者のすることなのか? この異常行動の謎を解いたのは世界中で私一人なのだが矢原一郎という研究者が細胞学的立場から解明していることが分かった。
サイトカイン





















この異常行動には「ストレス」とインフルエンザ感染時に生成される免疫反応物質「サイトカイン」が関係している。「???」 そう、何を言っているのか多くの方は見当もつかないことだろうが、ストレス時に過剰分泌されるストレスホルモンとサイトカインがとてもよく似た働きをする、ということがすべての原因なのだ。 ストレスを感じるとストレスホルモンが過剰分泌される。そのストレスホルモンが分解されると睡眠作用や抗不安作用を持つ物質に変化する。脳を休めようとする働きとも言われていて、ストレスのあとは眠くなる傾向がある。インフルエンザで熱が出るとだるくなって眠くなることはご存じだろう。これがサイトカインの働きによるもので全エネルギーを発熱に向けて免疫反応を高めるためだと考えられる。似ていることがお分かりいただけるだろう。人間の体はとても不思議にできている。 ストレスが何を起こすか?統合失調症という精神病を引き起こすことはご存じだろう。統合失調症の原因が鎮静性情報伝達物質GABAであることが東大大学院の最先端研究でわかっている。
GABA1GABA2


























GABAは睡眠作用、抗不安作用を持つ物質である。サイトカインも同じ作用を持っている。つまり「異常行動」は「統合失調症」だということなのだ。 何をバカなことを、と言う方は多いだろうが「正気を失っている」「幻聴・幻覚」「暴言・暴力」「記憶が無い」という症状は紛れもなく「前頭葉の萎縮」による「統合失調症」の症状である。一時的症状だけでなく長期的に性格が変わる後遺症が起きているのだが関連性がわからないということで報告されていない。 インフルエンザだけでも異常行動は起きる。サイトカインによってインフルエンザ脳症が起きるのも似た原理である。インフルエンザ脳症が解熱剤によって促進されることはよく知られている。それはなぜか?解熱剤がGABAの過剰分泌を促し、サイトカインの働きを促進してしまうからである。 タミフル(リレンザでも起きる)がこの症状を促進するのは細胞間の情報伝達を阻害する作用が解熱剤と同じでGABAの過剰分泌を起こすから,
あるいはサイトカインの働きを促進してしまうからである。 この症状が起きるのは日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ10代以下、特に男性に多い。インフルエンザ脳症も解熱剤による脳症もタミフル副作用も「日本でだけ多発している」のには理由があるということなのだ。
2タミフルインフルエンザ脳症インフルエンザ脳症2




















テレビの母親は正しい判断をした。薬を飲んでいたら症状はさらにひどいものになっていたはずだからだ。 乳幼児や高齢者を除けばインフルエンザは恐れることはないしタミフルを使っても早く治ることはない。使う意味がないのだから副作用の危険を冒してまで使わないに越したことはない。 詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ