精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

京アニ放火事件 34人の命を奪った精神科医療!

また精神科通院者によるおぞましい事件が起きた。京都アニメーションの放火事件で34人という多くの命が奪われた。この事件を引き起こしたのは41歳の犯人、ではなく精神科医である。

なぜ?と多くの人は思うだろうが理不尽で不可解なものでしかない動機の究明など意味がない。必要なのは「反社会性人格障害」というこの精神病がなぜ起きるのかということだ。反社会性人格障害は理性・社会性・良心・愛情などを司る前頭葉が萎縮することによって起きる。人間として大事な感情がすべて失われることがこの症状を起こす。この犯人も精密検査をすれば前頭葉の萎縮や脳波の異常が計測されるはずだ。

問題は前頭葉の萎縮がなぜ起きるかなのだがストレスがその原因とされているものの詳しいメカニズムは「よくわかっていない」というのが精神科医の現状でしかない。よくわかっていない病気によくわかっていない治療をしているあまりにもいいかげんな精神科医療がこの事件を引き起こしたのだ。

前頭葉の萎縮は「統合失調症」の特徴でもあり反社会性人格障害は統合失調症の一症状である。ストレスがこの症状を起こすメカニズムが最先端研究によって明らかにされている。

この病気には「シナプスの刈込」という記憶を整理するメカニズムが関係していて「前頭葉において情動記憶シナプスの刈込が過剰に起きる」ことが原因であることがわかっている。

このシナプスの刈込に「鎮静性情報伝達物質GABAが不可欠である」という研究結果が東大大学院によって2013年に発表されている。

ご存知の方も多いと思うがGABAは心の安定や睡眠に不可欠なものとされている。そのGABAが統合失調症の発症に深く関わっているというのはどういうことなのか?

東大大学院の研究はそこまで進んではいない(あえて進めていない?)のだが、これが「抗不安作用」と深く関係していることを突き止めた。GABAに「抗不安作用」があるのは旧知の事実である。GABAはストレス時にはCRH2型受容体回路を経由し脳内麻薬と呼ばれるβエンドルフィンを介して分泌され、ストレス後のショックを緩和するためのシステムだと考えられていて「抗不安作用」もその一つである。

ストレスによって記録された「不安」の情動記憶はその後の行動に大きく影響を及ぼし生存を危うくしてしまう可能性があるため、そのストレスの大きさによって情動記憶が削除されるシステムが備わっている。これが抗不安作用で「ほどよく忘れる」システムである。物理的な記憶や知識は削除されないので誤解しないでいただきたい。あくまでも前頭葉における「感情の記憶」が消去されるということだ。

もちろん不安はなければそれに越したことはないと思われるだろうが、実は理性や良心、社会性も「不安」で構成されている。道路を渡るとき左右を確認しない人はいないだろう。その理由は「車が来てはねられるかもしれない」という「不安」があるからなのだ。もしその不安がなくなったらどうなるかよく考えてほしい。

不安は人格の形成に「不可欠」なものでもある。いたずらに無くしてはいけないものなのだ。もちろん普通の人は抗不安作用と新たなシナプスの形成がうまくバランスが保たれているので多少のストレスがあっても大きな問題は起きない。しかし日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」(COMT遺伝子多型=発達障害)を持つ方は「抗不安作用が起きやすい」傾向がある。

抗不安作用は睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬など精神科の薬はもちろん、違法薬物、アルコール、抗アレルギー薬、風邪薬、鎮静剤、麻酔薬などGABA過剰分泌を促す物質によって引き起こされる。

この犯人はコンビニ強盗を働いたころから統合失調症の傾向が見て取れる。ストレスに弱い遺伝特性を持っていることは明らかだ。そこに抗うつ薬や抗不安薬などが処方されれば統合失調症は「悪化する」。嘘でも冗談でもなく精神科の治療は精神病を悪化させるのだ。

精神科の薬に「自殺」や「攻撃性が増す」副作用があるのはこのためだ。一時的な症状の軽減があることは事実だが精神病そのものは悪化していく。精神科の治療がなければこの事件はけして起きなかった。私はこの事実を科学的にいつでも証明することができる。

私は次の事件を止めたいと願っている。こうして失われていく命を救いたいと願っている。犯人を死刑にしても次の事件は止められない。どうか話を聞いてほしい。

くわしいことは下記を参照していただきたい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


引きこもりは精神病 原因は不安ではない 無差別殺傷・子殺しを防ぐには

川崎の殺傷事件から幾日もたたない中で「事件を起こしかねない息子を殺した」として父親が逮捕された。

「なにも殺さなくても・・・」「誰かに相談すればよかったのに・・・」などというのはこのような子供を持ったことのない方の「何もわかっていない」感情論でしかない。

行政?このような問題は家族の問題として踏み込まないのが基本姿勢い、相談窓口があっても警察や病院を紹介されるだけ。警察は事件にならないと動かないし病院はとりあえず「おとなしくさせる薬」を出すだけで治すことなどできないし監禁入院させるには金がかかる・・・世間からは親の育て方が悪いと言われるから何とか自分で解決するしかない・・・というのがこの結果につながる。私も同じ立場なら同じことをするだろう。他人を殺して人殺しの親と非難され首をくくるよりは殺人犯になってでも自分で始末をつけるしかないのだ。

引きこもりの子を持つ親は身につまされるだろう。恫喝や暴力に耐え、いつか自分の子も事件を起こすのではないかとおびえ続けているのだから。引きこもりが事件を起こすわけではないと擁護する方もいるが、残念ながら引きこもりと事件には深いかかわりが存在するのは事実である。

いじめなどが原因で引きこもるのはわかるが「性格の歪み」「家庭内暴力」「事件」になぜつながるのか?疎外感、自尊心のなさ、心の闇・・・などと心理学上の解析はされているものの明確なメカニズムは解明されていない。

引きこもり、さらには「性格の歪み」「家庭内暴力」「事件」も間違いなく同じメカニズムで起きる「精神病」である。親の教育の問題でも考え方の問題でもない。病気なら病院で治せるはずだがこんな簡単なことにさえ精神科医は気づいていないから治せるはずがない。

引きこもりはいじめなどストレスを感じることが不安で外に出られなくなる症状、と誰でも思うだろうがそうではない。

ストレス時における脳の反応を見ていくとストレスホルモンCRH2型受容体回路に「抗不安作用」が発生する。この作用の不足やノルアドレナリンが足りないことが引きこもりの原因ではないかと精神科医は考え抗不安薬や抗うつ薬によって「改善されるはずだ」と思い込んでいる。しかし、引きこもりが改善された事例はほとんどない。どうしてなのか?答えはとても簡単で根本的な考え方が間違っているのだ。

実は引きこもりを起こすのは不安そのものではなく「抗不安作用」なのだ。「何馬鹿なことを」と思う方がほとんどだろうが「抗不安作用」の正体がわかればその言葉は出なくなる、

詳細はこちらの動画を参照していただきたい。すでに最先端研究によって導かれている科学的事実である。

引きこもりは「抗不安作用」をもたらすGABAの過剰分泌によって起きストレス、アルコール、睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬、抗アレルギー薬、鎮痛剤、違法薬物などによって発症・促進される。引きこもりの薬物治療は症状を「悪化」させるのだ。中高年の引きこもりの多くは精神科の治療を経験している。これほど引きこもりを増加させたのはほかでもない「精神科の治療」なのだ。

無差別殺傷事件や子殺しの事件を起こさないためにはもちろん引きこもりを治すことが重要だ。そのために必要なことは

精神科の薬は飲んではいけない

抗アレルギー薬などGABA過剰分泌を促す薬を飲んではいけない

違法薬物はもちろんアルコール、たばこは20歳を過ぎても厳禁

ゲーム、特に戦う要素の強いものは症状を悪化させるのでできるだけ避ける

何も強制せず楽しいことを見つけながら少しづつ社会と接点を持たせる

カウンセリングなどの精神療法は有効

小さい子供を育てるような愛情と見守りが重要

恫喝や暴力は一時的なもので恐れずに向き合えばやがて収まる

脱出には数年以上の長い時間が必要

長期間放置すると脱出は困難

 

早めにメカニズムを知って少なくとも悪化させないように努力すれば社会参加とは言わないまでも家族の負担にはならないはずで、「生き地獄」は避けられる可能性が高い。私はそれを経験している。
精神科治療全般の間違いについては下記を参照してほしい

https://toshioy001.wixsite.com/tougou



川崎市殺傷事件 小学生を襲った本当の理由

川崎市で起きた殺傷事件の背景が次第に明らかになってきた。

犯人は両親の離婚によって叔父叔母に引き取られ育てられた。叔父叔母の実子は襲撃を受けた私立の学校に通っていたが、犯人は公立の学校に通っていたという。つまり実子と差別されていたことになりその恨みなのではないかという声が上がっている。

しかし、

 なぜ今更30年前の恨みで事件を起こすのか?

 なぜ差別したはずの叔父叔母ではなく学校の子供たちが標的になったのか?

という疑問に誰も答えることができない。

 実はこれには明確な理由があり、この反社会性人格障害が紛れもない統合失調症であることの証拠なのだ。

 統合失調症が前頭葉の萎縮によってもたらされる症状であり、その原因が抗不安作用というメカニズムであり理性・良心・人格というような「精神」を司る前頭葉のシナプスが削除されることであることを私は世界で初めて突き止めた。この事件を引き起こした「反社会性人格障害」も「前頭葉の萎縮」が原因であることがわかっている。どう考えても同じ病気でしかないのに精神科医は「違う病気」だと言い続けてきた。

 前頭葉に存在する「精神」は生後、対人関係における「学習」によって複雑なシナプスの構成として形成される。他の領域に記録される記憶や知識とは全く別のものだ。このシナプスが削除されることで症状が起きるのだが、この意味をよく考えてみよう。

 生後積み重ねられた精神を構成するシナプスが失われるとどうなるか?それは子どもに戻るということなのだ。お分かりだろうか?前頭葉が縮む→子供サイズになる、とういうことなのだ。前頭葉の機能はパソコンで言えばOSである。バージョンアップを重ねてきた最新のOSが「抗不安作用」によって「初期化」されるということなのだ。これは本来ストレス後の不安を和らげるための仕組みなのだが、この現象が強く表れるCOMT遺伝子多型という遺伝特性が日本人には多いのだ。

 小学生を襲撃した事件と言えば2001年に起きた「池田小事件」がある。状況はとてもよく似ている。標的は自分が通っていた小学校で、小さなときにいじめられた恨みではないかと言われたがやはり数十年前の恨みをなぜ?という疑問がささやかれた。

 この犯人の前頭葉は「小学生以下」でしかない。つまり「小学生の精神で理解できるのは小学生の時の怒りや悲しみでしかない」ということなのだ。51歳の大人が・・・と考えるとすべてが謎になるが、小学生が癇癪を起して暴れまわったと思えば謎はなくなる。51歳の大人が小学生以下の精神に戻ってしまうことなどありえないと思われるだろうがこれが「統合失調症の正体」なのだ。統合失調症を始め多くの精神病が「初期化」というキーワードで説明できることがその何よりの証拠なのだ。

 叔父叔母はある程度差別することは仕方なかったのだろうが犯人に対してつらく当たってきたわけではなかったと考えられる。むしろ従妹たちによって、あるいは同級生によってその違いを指摘されたことがつらい思い出になっていたのではないだろうか。前頭葉の初期化によって犯人にとっては数十年前のこの記憶が「今現在の怒り」となって事件を引き起こしたのだ。

 抗不安作用はストレスはもちろん精神科の薬、違法薬物、アレルギー薬・鎮痛剤などの薬でも起きる。アレルギーでもわかるように多くの人には何でもない物質がほんの少しで死に至らしめることがある。薬でそんなことが・・・というのは非科学的な感情論でしかない。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


川崎市殺傷事件 抗不安作用が引き起こす反社会性人格障害


 川崎市で通学バスを待つ小学生・保護者の集団に51歳の男が刃物で切り付け19人が死傷する事件が起きた。

また起きた無差別通り魔事件。この事件もまた「反社会性人格障害」という統合失調症の症状が原因であることは間違いない。さらに事件の詳細を見ていくと精神科の薬か違法薬物によって引き起こされたものであることは疑う余地がない。

「薬で殺人事件が起きるはずがない」とほとんどの方は思うだろうが、「この世に精神病が存在する」という現実の中では「非科学的な感情論」でしかないことを自覚していただきたいと思う。

精神病がなぜ起きるか?精神科医は「まだよくわかっていない」としか答えられていない。よくわかっていない医者が病気を診断し薬を出しているのが「精神科医療の現実」だということをご存知だろうか?反社会性人格障害が統合失調症の一症状であることさえ知らない精神科医がほとんどである。

精神病、統合失調症がなぜ起きるか?「原因はストレス」というのが定説である。ストレスがなぜ統合失調症を引き起こすのか精神科医は解明できていない。

統合失調症は「抗不安作用」が過剰に起きることで発症する。???と思う方がほとんどだろうがよく考えてみよう。私たちがどんなに腹が立っても人を殺したりしないのはなぜか?「人を殺したら犯罪者になってしまう」「そんな恐ろしいことはできない」「どんな相手でも殺したらかわいそう」というような「理性」「良心」が行動を抑制するから、ということは誰でもわかるだろう。この「理性」「良心」は実は「不安」で出来ている。この「不安」がなければ私たちは本能的、感情的な行動を止められなくなってしまうということなのだ。

生物にとってのストレスは「生命の危機」である。たとえば敵に襲われ大きな恐怖を味わったとしよう。すると「また敵に襲われるのでは」という不安で外に出られなくなってしまうことになる。しかし外に出なければ生命を維持することができない・・・という状況で働くのが「抗不安作用」である。

抗不安作用はストレスによって構築されたシナプス構成を「縮小」あるいは「消去」することで効果を発揮する。敵に襲われたという物理的な「記憶」を消すのではなく前頭葉に構成された「感情の記憶」を消すのだ。ストレスが多きれば大きいほど抗不安作用も大きくなる。悲しみが日を追うことに薄れていくのもこの作用によるものだ。もちろん通常はバランスが保たれる範囲でしか起きないのだが起きやすい遺伝特性がある。

「ストレスに弱い遺伝特性」が存在し、精神病の素因となっていることは少なからぬ精神科医が知っている。中でも日本人に多いCOMT遺伝子多型に「抗不安作用」が起きやすいことが様々な最先端研究で明らかになっている。この遺伝特性は発達障害、酒乱の特性を示す。その理由はとても簡単で、発達障害の症状が「不安を構築できない」ことによって引き起こされている、ということなのだ。

抗不安作用を引き起こすのがGABAという脳内情報伝達物質であることは研究者の間ではよく知られている。GABAが引き起こす「シナプスの刈込」という現象が抗不安作用であり、この現象が過剰に起きることが統合失調症の原因である。これは最先端研究を持ち出すまでもなく「よく考えればわかる」ことである。GABAはストレス時にCRH2型受容体回路によって過剰分泌される。さらに、アルコール、睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科の薬、抗アレルギー薬、鎮痛薬、違法薬物などによっても過剰分泌が起きる。つまり精神科医は精神病を作り出している、ということだ。

もちろん抗不安作用だけではなく幻覚、幻聴、認知機能障害なども同時に起きるから何が起きても不思議ではないのだ。

 

この事件は

・単独犯でありテロの可能性はない

・動機も目的もない

という反社会性人格・統合失調症の特徴が揃っている

さらに

・自然発生であれば18歳~25歳くらいまでがピークであり51歳という年齢を考えれば自然発生は考えにくい

・自然発生の場合大量無差別殺人に至るケースは少ない

という論理から「何らかの薬による発症」とみるべきだろう

 

この犯人は自殺しているから真相は闇に葬られるだろう。多くの人は「なぜ?」と動機を探ろうとするだろうが動機など「存在しない」のだ。

「自殺したいのなら一人でしろ!」という批判に「社会に恨みを持っているのだから話を聞いてあげることが大切」という方もいるが「的外れ」でしかない。どんなに社会から疎外されても薬がなければこのような事件はほとんど起きないのだ。

何度も言うが、犯人を吊るし上げても死刑にしても次の事件は防げない。人の命が地球より重いと思うのなら私の話に耳を傾けてほしい。次の犠牲者はあなたの家族かもしれない。次の事件を防ぎ、人の命を救いたい、ただそのためだけに私はこの作業を続けている。

詳細は下記を参照してほしい。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou


杉並保育士殺害は睡眠薬の副作用

東京都杉並区のアパートで乳児院勤務の保育士が殺害された事件。一方的な恋愛感情を抱いた末の身勝手であきれた犯行と誰でも思うだろうが真実は全く異なる。

この事件は睡眠薬の副作用、理性良心の喪失によって引き起こされた事件であり、その典型ともいえる特徴がすべて表れている。

1.事件の不可解さ

まず事件の経過が不可解である。二人が交際していた事実はなく「ふられた逆恨み」というわけでもないにも関わらず、アパートの屋根伝いに侵入して待ち伏せするという首をかしげる行動をとっている。凶器を用意しているのだから殺害目的なのだろうがなぜ殺さなければならないのかという理由がなさすぎる。犯行後に犯人を目撃した人によれば取り乱す様子もなく落ち着いていたというが人を殺して平然としていられるものだろうか?

2.評判の食い違い

 ゴミだらけの部屋、アパートの隣人とのトラブルなど悪いうわさもあるものの実家付近での評判は良いものばかりであり、仕事上も「良い先生」という証言さえある。2面性ということだけでは納得できない不可解さがある。

3.逮捕時の表情

 逮捕時の映像を見た方は多いだろう。連行されているにもかかわらず顔も目も伏せていない。これは罪悪感や羞恥心がないことを示している。「ふてぶてしいやつ」と考える方も多いだろうが、一方で目が泳いでいるような不思議な動きをしている。目の周辺の表情を注視してほしい、まるで幼児のような表情でありとても31歳には見えないことがわかるだろう。錯覚などではない。家族なら「まるで別人のよう」というだろう。数年前の写真や映像と比較してみればその違いが明らかになるはずだ。

 

これらの不可解な点が「睡眠薬」というキーワードですべてが腑に落ちるのだ。

1.睡眠薬の服用

犯人が勤務していた乳児院は夜勤があった。夜勤のある病院や介護施設で似たような不可解な事件が起きているのは「事実」である。その犯人にはすべて「睡眠薬」の服用歴がある。これは偶然などではない。

2.睡眠薬の作用

睡眠薬にはもちろん睡眠作用がある。これは鎮静性情報伝達物質GABAの過剰分泌を促すことによって起きる作用なのだが一方でGABAには「抗不安作用」があることが知られている。この抗不安作用はストレスによって形成された不安をもたらすシナプス回路を消去する作用でストレス適応のシステムとしてプログラムされているものである。

不安はないに越したことはないのだが実は理性、良心などの人間性は「不安」で出来ているのだ。たとえ誰かを殺したいと思っても、人を殺すのは悪いこと」「相手がかわいそう」「殺人犯になる」「親に申し訳ない」というような不安が「理性」という役目を果たしたいていの人は犯行に及ばない。

お分かりだろうか?抗不安作用が過剰に起きると理性や良心が欠落してしまうのだ。

GABAがシナプスを消去する「シナプスの刈込」という現象を起こすこと科学的に証明されている。

GABA1GABA2






























3.
精神病

 この結果が「統合失調症」という精神病である。多くの方が統合失調症というと「頭がおかしくなる病気」というイメージを持っていて、計画的な犯行に見えるこの犯人は違うだろうと思われるだろうが、理性、良心、人格、愛情などを司る前頭葉の機能低下によって生じるすべての症状が統合失調症であり、この事件は「抗不安作用」が過剰に起きた典型的な症状なのだ。
4.性格が変わる
 この犯人は「ある時点」で大きく性格が変わっている。実家周辺の評判とアパート周辺での評判が大きく食い違っているのはこのためである。この職場に就いてから、このアパートに越してきてから性格が変わっているのは間違いない。

5.統合失調症の特性

犯人が統合失調症である証拠がその根拠が「表情」である。目の動きがおかしく幼児のような表情、これは前頭葉の上側頭回という部分が萎縮することによって起きる症状である。統合失調症は前頭葉が「萎縮」することによって起きる病気であり、表情の変化はその典型的な症状なのだ。MRIなどで精密検査を行えば間違いなく萎縮が確認できる。

6.雅子様と同じ

雅子様の病気が悪化し悪いうわさが絶えなかった頃同じような表情をしていたことが映像を確認すればよく分かるはずだ。適応障害という初期の統合失調症の症状に精神科医が抗不安薬を処方したことで悪化しこの犯人と同じ状態になったのだ。

7.抗不安薬が魚の性格を変える

 抗不安薬が魚の性格を変えるという記事が配信されている。怪しい記事などではなくスウェーデンの大学による実験結果である。「魚の性格を変える薬が人間の性格を変えない」などというのはあまりにも非科学的な理論である。1魚の性格が変わる1魚の性格が変わる2













































8.ストレスに弱い遺伝特性

 睡眠薬を飲んでも自分には何も起きないから嘘だ、という方もいるだろう。この病気が発症しやすい人とそうでない人がいる。これは遺伝子による違いであり、日本人に多いCOMT遺伝子多型などの「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に発症しやすい。もちろん1か0かではないので連用すれば誰にでも起きる危険性がある。

 

この女性を殺し、殺人犯を作り上げたのは「睡眠薬」である。抗うつ薬、抗不安薬など精神科の薬には同じ作用があり、GABAの過剰分泌を促す抗アレルギー薬、鎮痛薬なども危険性がある。このことは医薬ビジランスセンターの浜六郎氏も「脳症を引き起こす」と警告している。私はこの事実をいつでも科学的に証明できる。

既に科学によって明らかにされているこの事実を精神科医はいつまで知らないふりを続けるつもりなのだろうか?この事実を知りながら沈黙を続けるX先生、Y先生、あなた方は人殺しも同然だ。


記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ