精神科医が作り出す「異常性格者」

不可解な凶悪犯罪の驚愕の真相・・・悲しみの連鎖を止めたい

横浜患者中毒死事件 睡眠薬が招く不可解な凶悪事件

2016年、横浜市の病院で患者2人が点滴に消毒液を混入され中毒死した事件で、元看護師の女が逮捕された。

多くの方が考えていたように内部の人間の犯行だったことは間違いないが、睡眠薬を常用していた看護師の犯行に間違いないだろうと私は予見していた。というより、動機・手口・被害者などの不可解な状況から「夜勤があり、睡眠薬を常用している看護師以外には不可能な犯行」だと確信していた。

睡眠薬は性格を変え、不可解・猟奇的な殺人犯を作り出す。馬鹿げた話でも冗談でもなく、最先端の研究によって科学的に解明されている事実に過ぎない。精神科医がそれを受け入れようとしないだけなのだ。

2012年スウェーデンの大学で睡眠薬とほぼ同じ成分の「抗不安薬」が魚の性格を変える事実を突き止めている。魚の性格を変える薬が人間の性格を変えないという根拠などあるはずがない。
1魚の性格が変わる




























2013
年にはその科学的根拠が東大大学院の研究によって解明されている。

GABA1GABA2
































「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きることが統合失調症の原因であり、それをもたらすのが睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬によって過剰分泌されるGABAという情報伝達物質だということである。つまり「性格が変わる」というのは日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きる軽い統合失調症の症状であり、ストレス時に起きる「抗不安作用」という脳の不思議なシステムによってもたらされる、という事実を私は世界で初めて突き止めた。私は精神病・サイコパスを人為的に作り出すことができる。もちろんそれができた人は世界中で誰もいない。

2012年「睡眠薬が性格を変える」という事実を告発した東京新聞の記事は、製薬会社・医療関係者の圧力によってデータベースから削除された。私たちは真実を知る手段もないまま「殺人犯」にされ「標的」にされる。
「何を考えているのかわからないようなところがあった」という病院関係者の証言が「ストレスに弱い遺伝特性」の特徴を示している。けしてすべての人に起きるわけではないが発症率は日本人では全人口比で少なくとも6%以上、10~15人に1人は起きるとんでもない副作用なのだ。

いったいどれだけの人生と命を奪ったら精神科医は本当のことを言うのだろう?それとも本当にこんな簡単なことがわからぬほど「バカの集団」なのか?
詳細は下記動画、ホームページを参照していただきたい。


ホームページhttps://toshioy001.wixsite.com/tougou


大阪弟殺害 睡眠薬が殺人犯を作り出す!

 

大阪で弟に睡眠薬を飲ませ練炭自殺に見せかけて殺害するという事件が起きた。逮捕された姉は否認しているというが状況からみて間違いないだろう。睡眠薬と練炭の組み合わせは2009年に起きた首都圏連続殺人事件と同じで、おそらく模倣犯であろう。先日起きた座間市の連続殺人事件でも睡眠薬が使われた。

睡眠薬を犯罪に使うとんでもない奴が増えたものだ・・・というような簡単な話ではない。睡眠薬は犯罪を誘発するのだ。これらの事件の犯人は睡眠薬を服用しなければ事件を起こすことはなかった。

「何を馬鹿なことを」と思われる方がほとんどだろうがこれは科学的に証明された「事実」である。例えば睡眠薬ハルシオンの添付文書には「重大な副作用」としてこう記載してある。

 

1. 薬物依存(頻度不明)、離脱症状(頻度不明)連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること。

また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には徐々に減量するなど慎重に行うこと。特に、痙攣の既往歴のある患者では注意して減量すること。

2. **精神症状(頻度不明)刺激興奮、錯乱、攻撃性、夢遊症状、幻覚、妄想、激越等の精神症状があらわれることがあるので、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には投与を中止すること。

 

眠くなるだけの睡眠薬にこれだけの副作用が「起きる」こと自体は製薬会社も認める「事実」だ。もちろん起きることは認めても起きたことはけして認めようとはしないのだが・・・。さあ、これらの副作用が起きる理由を説明できる人がいるだろうか?これまでその理由を説明出来た人は世界中で誰もいなかった。私は初めて科学的につじつまの合う形でこの副作用の起きるメカニズムを解明した。

要点は次のようなものである。

・反社会性人格障害・サイコパスと同じ症状

・理性、良心、人格を司る前頭葉の委縮による機能低下が原因

・過剰な「シナプスの刈込」によって起きる半永久的な症状

・統合失調症が起きるメカニズムと同じである

・過剰な「シナプスの刈込」を引き起こす原因物質がGABAであること(東大大学院)

・過剰な「シナプスの刈込」は抗不安作用によって起きること

・睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科の薬はGABAの過剰分泌を促進する

・精神科の薬はストレスホルモンと同じものであり精神病を悪化させる

・理性や良心は「不安要素」で構成されていて不安がなくなれば理性も崩壊する

・過剰なシナプスの刈込が起きやすい「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する

・ストレスに弱い遺伝特性は日本人特異的に多く存在する

私は機会が与えられ、人体実験が許されるのならこの事実をいつでも科学的に証明することができる。

睡眠薬をはじめ精神科の薬は「性格を変え」、普通の人間を悪人に、性格の悪い人を殺人犯に変えていく。ブロガー殺人、立てこもり、警察官殺害とサイコパスによる犯罪が相次いでいる。これらの事件が精神科の薬と関係していないことを願っている。何度も言うが自然発生のサイコパスによる犯罪はごくわずかでしかない。

詳細は下記動画及び本文を参照していただきたい。



ホームページhttps://toshioy001.wixsite.com/tougou


藤枝市小学生切り付け 18歳がなぜ小学校の復讐?

静岡県藤枝市で18歳の少年が小学4年生の頭を切りつけるという事件が起きた。「小学生の時にいじめられた復讐だった」と供述しているという。

18歳が小学校の時の復讐で見ず知らずの小学生を襲うなんてふざけるな!」と多くの方は思うだろうが、この病気の正体がわかればこの供述が「本当」であることがよくわかる。池田小事件の犯人が小学校を襲ったこと、西鉄バスジャック事件の犯人が本当は中学校を襲うつもりだったこと、新潟の事件をはじめ同様の事件の犠牲者に小学生や幼児が多いことは偶然などではない。

この少年は反社会性人格障害「サイコパス」である。この症状が前頭葉の萎縮によってもたらされることが多くの専門家によって解明されている。

サイコパス















この症状はDSMの基準は満たさないものの「前頭葉の萎縮・機能低下によって引き起こされる症候群」という先進的な考え方に照らせば「統合失調症」の範疇である。この病気が「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きることで発症することが最先端研究によって明らかになっている。

脳は脳細胞とそれを結ぶシナプスという複雑な回路によって構成されている。これはパソコンの半導体と回路のようなものでこの構成によって私たちはものごとを考え行動することができる。赤ん坊の時のシナプスはわずかで成長に伴い幾重にも重なる複雑なネットワークが構成されていく。

前頭葉はパソコンに例えるとOSに当たる重要な役目があり、理性・良心・人格・社会性・愛情など人間が人間として存在するための感情を司り、本能や欲望を制御する。

「シナプスの過剰な刈込」が起きるとそれまでに構成されてきたネットワークが半永久的に「消滅」する。これがどういうことか図で説明しよう。

シナプスの形成


















成長とともに構成されたネットワークが消えると・・・「最初の状態に戻る」ということになる。おわかりだろうか?彼らの前頭葉は「小学生・幼児・赤ん坊」にリセットされているということなのだ。小学生が理解できるのは「小学校でいじめられた記憶」でしかないということ、小学生が好きになるのは「小学生」でしかない、という当たり前のことなのだ。幼児性愛は「大人の女性に相手にされない不満を小学生で満たそうとしている心理状態」と精神科医や心理学者は発言してきたが、それは「とんでもない勘違い」にすぎかったということだ。

サイコパスや統合失調症の患者は前頭葉の萎縮と共に赤ん坊や爬虫類に近い特徴を持つ脳波が計測されることが何よりの証拠である。ほとんどの精神病が前頭葉・側頭葉の幼児化によって説明できる。

シナプスの刈込を引き起こす原因物質がGABAという鎮静性情報伝達物質であることを東大大学院の研究チームが解明している。この現象にはストレス後に起きる「抗不安作用」という不思議な脳の仕組みが関係し、日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に多発する事実を私は世界で初めて解明した。思春期に起きやすいことはすでに解明されている事実である。

GABA1GABA2






























抗不安作用が「実は不安で構成されている」理性や良心を奪い、やっと理解できる「小学校でいじめられた復讐」を実行させるのだ。

GABAの過剰分泌を引き起こし抗不安作用を誘発する睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など精神科の薬は当然この病気の発症を促進する。このような事件の犯人のほとんどが精神科通院者なのは「当たり前」なのだ。「精神科に通うような人間だから事件を起こしたのではなく、精神科に薬によって悪化し事件を起こした」というのが真実である。新潟、新幹線、そして今回の事件と青年期の犯人による事件が相次いでいる。自然発生することを否定するつもりはないが私が調べた限り精神科の薬が関係していない事例は極めて少ない。この3件がすべて自然発生である確率はまずありえない。精神科の薬は何の罪もない人を殺人犯に養成し、何の罪もない命を奪い去る。こんな医療が許されてはならない。

わかってみればこれほど簡単なことを精神科医はどうして気付こうとしなかったのか?頭が悪いのかそれとも金もうけしか頭にないのか?そろそろ真実を認めて次の事件を防ごうではありませんか?次の事件の犠牲者はあなたのお子さんかもしれないのですよ!

詳細は下記をご参照ください。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

新幹線無差別殺傷 サイコパスはなぜ生まれるのか?

東海道新幹線で22歳の男がなたを振り回すという無差別殺傷事件が起きた。奇しくも秋葉原無差別殺傷事件から10年という記事が掲載されたばかりだ。

無表情で馬乗りになりなたを振り下ろし、逮捕されても無表情で反省の様子も見られない。彼は典型的な「反社会性人格障害=サイコパス」である。しかし家族からは「どちらかといえば正義感が強く優しく親切だった」という証言がある。まじめで頭もよい普通の人間がなぜ「サイコパス」になったのか?古代からに似たような多くの事件が起きているにも拘らず精神科医や心理学者はその謎を解き明かせていない。報道には「なぜ?」という文字が飛び交う。

普通の人間にはなぜこんな事件を起こすのか全く理解できない。自殺したいのなら一人で死ねばいいし、どんなに不満があっても何の罪もない見ず知らずの人を殺すなんて・・・。残念ながら彼の脳には私たちの世界とは全く別の理解不能な世界が広がっている。彼の前頭葉が委縮し、脳波が爬虫類化していることが精密検査すればすぐにわかる。彼はもはや人間ではなく「爬虫類」にすぎないということなのだ。なぜそんなことが起きるのか?それを説明できる人間がいまだに世界中で私一人なのはどうしてなのだろう?

この事件に薬が関わっているという報道はないし、おそらくは自然発生によるものだろうがこの事件の原因はストレスによる「精神病」である。人間関係に躓き、仕事を辞めた時から彼の脳は狂い始める。

彼は頭もよくおとなしい反面「キレやすい」性格だったという同級生の証言がある。これは「ストレスに弱い遺伝特性」を持っている人の典型的な特性である。この特性を持つ方はストレスによって「シナプスの刈込」という現象が過剰に起きやすく、精神病「統合失調症」を発症しやすい。

わかりやすく説明すれば理性・社会性・人格を司る脳の「前頭葉」の回路である「シナプス」が崩壊しエラーを起こしてしまうということ。「キカイダーが悪魔の笛で良心回路が働かなくなるのと同じこと」なのだ。この事実は東大大学院などの最先端研究によって明らかにされている。

確かに顔色一つ変えず馬乗りになって人を切りつけ続けるのだから「まともとは思えない」が統合失調症は違う病気では?と思われる方も多いだろうが、統合失調症が「前頭葉の委縮によって起きる様々な症候群」であることが先進的な研究者の間では常識になりつつある。前頭葉の委縮はシナプスの刈込の「結果」であり、統合失調症の一つの症状にすぎない。

この現象はストレス時に起きる「抗不安作用」という脳の不思議なシステムが関係している。本来は「不安を和らげる」作用が過剰に働くことで、不安によって構成されている「理性・良心」を崩壊させてしまうのだ。同じ作用を起こす睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬など精神科の薬はこの病気を促進し「殺人鬼」を養成する。タミフルや子宮頸がんワクチンと同じように本来の体の自然な反応を促進させることが副作用を生み出す。「自然にも起きるのだから副作用ではない」というようなたわごとを言う専門家はヒトの体の仕組みを知らない「バカ」にすぎない。この関連を解明したのは私が「世界で初めて」である。詳細は本文をご参照いただきたい。

「無差別殺傷事件」は統合失調症という「病気」によって引き起こされる。残念ながら犯人にも両親にも直接の責任があるとは言えない。本人にはどうすることもできない病気なのだから。もちろんだからと言って無罪にしろというつもりはないしそれでは社会は成り立たないだろう。しかし、病気であれば防ぐこともできるし治すこともできる。次の事件を防ぐために必要なことはセキュリティの強化などではなくこの病気の解明なのだ。

「うまくいかない人生を社会のせい、他人のせいにし、自暴自棄になって起こした身勝手な犯行」という型通りのレッテルが張られ「病気ではあるが責任能力はある」という不可解な精神鑑定によって「極刑」が下されるのだろうがそれでは何も解決しない。

精神科医療の根本的な間違いはサイコパスや幼児性愛が統合失調症と同じ病気であること、それが「抗不安作用」によってもたらされること、精神科の薬がストレスホルモンと同じものにすぎないことに気づこうとしなかったあまりにも単純なミスにすぎない。

詳細は下記ホームページを参照のこと。

https://toshioy001.wixsite.com/tougou

睡眠薬が性格を変え犯罪者を作る!

    521日付の朝日新聞に「妻に睡眠薬を飲ませ性的暴行」という記事が掲載された。先日起きた座間市連続殺人事件でも睡眠薬・抗不安薬が使われた。近年睡眠薬を使った犯罪行為が激増している。

なんというたちの悪い人間が増えたものだ、と多くの人は思うことだろう。しかし、多くの事件の真相は皆さんが思う事実とは全く異なる。

  1. 犯人はもともと性格が悪かったわけではない。

    これらの事件の犯人はもともと「良い性格だった」とは言えないまでも事件を起こすような人間ではなかった例がほとんどで、ある時点から「性格が極端に悪くなった」という事実が存在する。新聞記事の男性ももともとそのような性格なら結婚するようなことはなかったはずだ。

  2. 睡眠薬は最初から事件のためにもらったわけではない

    犯人は自分も間違いなく睡眠薬を服用している。最初に睡眠薬をもらった時期と犯罪に至った時期には「時差」があるはずで、最初は自分の服用の為だったことがわかるはずだ。

それがどうした?と思われるだろうが犯人の「性格が悪くなった」時期と睡眠薬を飲み始めた時期が一致することが調べればわかるはずで、睡眠薬は人間の性格を「半永久的に悪く変えてしまう」ということなのだ。

何バカなことをと思われるだろうが睡眠薬の添付文書には次のような副作用が記載されていることをご存じだろうか?

〇重大な副作用(頻度不明)

刺激興奮、錯乱、攻撃性、夢遊症状、幻覚、妄想、激越等の精神症状があらわれることがある(ハルシオン添付文書)

眠くなるだけの薬にこのような副作用が起きる理由を皆さんは考えることができるだろうか?

睡眠薬で眠くなる作用は鎮静・安定・催眠をもたらすGABAという情報伝達物質の過剰分泌を促すことで起きる。この作用は同じベンゾジアゼピンを主成分とする抗不安薬(安定剤)抗てんかん薬と共通する作用で、実はアルコールも同じ作用を起こすことがわかっている。

つまり睡眠薬で眠くなるのはアルコールで眠くなるのと同じ作用だということである。睡眠薬が依存症を起こすことがその事実を証明している。依存症が起きる仕組みもGABAにある。

アルコールが性格を変えることは多くの人が知る事実である。酒癖が悪く、暴力をふるったり犯罪行為に及んでしまう人も少なくない。アルコールを摂取した時の一時的症状はもちろんだが日常的な性格も変えてしまうことは紛れもない事実である。この症状を起こすのも実はGABAによるものであることが東大大学院を始めとする最先端研究によって明らかになっている。GABAが理性・良心・人格を司る前頭葉の機能を一時的・半永久的に低下させてしまうのだ。この働きは「抗不安作用」という脳の不思議なシステムによるもので、これが過剰に働くと「不安」で構成されている理性や良心を崩壊させてしまうということなのだ。この症状はGABA分泌分解に障害のある日本人に多い「ストレスに弱い遺伝特性」を持つ人に起きやすい。

性格の悪い人間が睡眠薬を犯罪に使う→間違い

睡眠薬が性格を変えることによって犯罪者が生まれる→正解

これは嘘でも冗談でもなく最先端科学が導き出した「真実」に他ならない。

新潟で起きた幼女殺害事件。まじめで優しく人当りもよい青年を悪魔に変えた「原因」が存在する。ストレス、アルコール、麻酔薬、抗アレルギー薬、抗ウィルス薬、違法薬物、睡眠薬など精神科の薬・・・ストレスに弱い遺伝特性を持つ人にとってGABAを過剰分泌させる薬物は「危険」である。

詳細は下記を参照していただきたい。


記事検索
最新コメント
プロフィール

トシオ

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ